★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 771.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
曽野綾子氏のコラム「利己的な年寄りが増えた」は典型的な新自由主義的発想だ (月刊日本編集部ブログより)
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/771.html
投稿者 世界精神 日時 2016 年 2 月 06 日 12:59:29: RitahJZV4EHKU kKKKRZC4kF8
 

 曽野綾子氏のコラム「利己的な年寄りが増えた」が物議を醸している。これは一読すれば明らかなように、新自由主義的発想に基づいている。この考えを進めれば、社会に貢献できない人間は全て排除せよ、といったことになりかねない。曽野氏はここでは高齢者を批判しているが、たとえ若者であっても社会に貢献できないのであれば排除せよ、ということになり得るだろう。
 なぜ曽野氏のような新自由主義者が相変わらず論壇で力を持っているのか、我々は真剣に考えねばなるまい。ここでは興味深い曽野綾子氏批判を紹介したい。


月刊日本編集部ブログ
「曽野綾子氏のコラムの問題は何か」より
http://gekkan-nippon.com/?p=8564


<典型的な新自由主義者の発想>
 作家の曽野綾子氏のコラムが再び物議を醸しているようです。曽野氏は1月24日付産経新聞に「利己的な年寄りが増えた」というコラムを投稿し、90代の高齢者がドクターヘリを要請したというエピソードを切り口として、次のように述べています。

しかし最近は、何が何でも生き延びようとする利己的な年寄りが増えた。/人間は平等だから、年寄りでも若者と同じような医療を要求する権利があると考える。できればそうだが、できなければ生きる機会や権利は若者に譲って当然だ。

 曽野氏は『週刊ポスト』(2月12日号)でもこのコラムの続編のような形でインタビューに応じていますが、ここには典型的な新自由主義者の発想が見られます。この考えを進めていけば、労働によって社会に貢献することができない人間は、社会から排除してもよいということになりかねません。これは高齢者だけでなく、中年や若者にも適用されるでしょう。
 新自由主義者は人間を労働力商品に還元するため、人の心の澱や襞といったものを理解できません。他者の気持ちになって考えることができないので、「社会的弱者」に目を配ることもできません。
 この点について、作家の佐高信氏が哲学者の山崎行太郎氏との対談本『曽野綾子大批判』(K&Kプレス)で次のように述べています。

【佐高】 ……曽野は以前『サンデー毎日』に連載を持っていたのですが、部落問題に関する記述をめぐって連載中止になったそうです。問題のコラムは曽野の『運命は均される』という本に収録されていますが、それは「自分は東京生まれ東京育ちだが、日常生活で部落問題が話題になった記憶がない。そんな自分に部落差別について教え込もうとする人たちがいる。差別を知らない人間に同和教育を吹き込むな」といった内容です。
 これは要するに、自分が差別はないと言っているのだから差別は存在しないんだ、ということでしょう。あまりにも酷いからってことで掲載できなかったんでしょうけど。


<日本社会に蔓延する「無思想の思想」>
 また、佐高氏は曽野氏の作家としての資質にも疑問を投げかけています。佐高氏が曽野氏を批判したところ、曽野氏から反論がありました。しかし、その反論がとても反論と呼べるものではなかったからです。

【佐高】 ……曽野は次々と違ったカードを切ってきて、こちらの批判を無視し、問題を逸らそうとする。彼女は自分と相手のどこが同じでどこが違うのか、自分がどういう位置づけであるのかといったことはどうでもいいんでしょうね。
 その意味で、曽野綾子には思想がない。彼女の議論の底が浅いのもそのためでしょう。
【山崎】 曽野が論争から逃げるのは、彼女にサブスタンスがないからでしょう。もし本当にサブスタンスを持っているなら、論争から逃げるわけにはいかないですよ。自らの存在と直結する問題、自らの生命線に突っかかってこられているわけですから、全存在を賭けて一線を守ろうとするはずです。

 これは弊誌2月号で批判した櫻井よしこ氏にも言えることです。その中で、山崎氏は櫻井氏の思想を「無思想の思想」だと述べています。思想がないから、櫻井氏の言論には一貫性がないのです。
 さらに言えば、これは安倍総理や、安倍総理を支持している人たちの多くにも言えることです。なぜ日本社会で「無思想の思想」が力を持つようになってしまったのか、我々は真剣に考える必要があります。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月06日 13:24:42 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[346]
>生きる機会や権利は若者に譲って当然だ

  こりゃ常識だともぉぜ

とにかく糞サヨってのは、物事を極端化するんだよな
上のように言ったからといって、年寄りには権利がないとか、そんな極端を
言っているのではなくて、将来ある若者を大切にしようってゆぅ、老人としての
心構えをいったもんだ。それを極端化してはいかん。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメント多数のため全部削除

2. 2016年2月06日 14:36:14 : 0c4ZmL4o9g : lMFXGgOaf84[61]
▼【ブーメラン】作家の曽野綾子氏(84歳)が「高齢者は適当な時に死ぬ義務あり」と発言⇒逆にネットで「あなたからどうぞ」と反論される!
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/710.html
▼教育再生実行会議委員に曾野綾子、八木秀次ら。安倍内閣の教育部門は統一協会漬け
http://blog.zokkokuridatsu.com/201301/article_7.html
▼曽野綾子さん「高齢者は「適当な時に死ぬ義務」を忘れてしまっていませんか?」
・この人が論壇で一定の地位を築いているというのが日本の問題点ですな。。
・ETV特集「それはホロコーストのリハーサル、障害者虐殺」の録画を見て寒気がしていたところに、新聞の週刊ポストの広告で[高齢者には死ぬ義務がある]曽野綾子、との文字を目にして、吐き気がしてきた。
・曽野綾子さま、ぜひあなたから!
・そんな義務ないし、そんな義務があるとしたら曽野綾子氏自身が記憶喚起のために率先して死ぬ宣言という理解でいいの?
・曽野綾子「高齢者は適当な時に死ぬ義務がある」。自殺を禁ずるはずの自称「カトリック信徒」が、自死の勧奨を仄めかしているということでもあるだろう。
http://matome.naver.jp/odai/2145433826806002201
▼曽野綾子「いじめで自殺した被害者は、自殺したことでいじめ側になった」
冷たいだけでなく、頭が悪い文だと思う〜曽野綾子氏のエッセイ
・希代の大馬鹿・曽野綾子。石原もそうだが、極右ファシストはいつも強いものの味方、弱いものの敵だな。害悪以外の何者でもない。
・加害者の側が被害感情を募らせて、被害を告発する行為に対する一種の憎悪感情を表明しつつ、あたかも自分は同種の被害感情を抱くその他大勢の、マジョリティとしての加害者の意識を代弁しているかのように振る舞い、自分自身の加害者性を希釈するというような話法は、いたるところに見られる。
・曽野綾子の言ってる「自殺した被害者は、同級生に暗い記憶を残したという点で、いじめる側にも立った」ってツイッター上で「差別者への差別だ!」とか言ってる人達とすごい相性いいじゃないですか。
http://matome.naver.jp/odai/2144160149198948501
▼曽野綾子さんの産経新聞コラムがゲスすぎて大炎上
http://matome.naver.jp/odai/2142362219511844501
曽野綾子さんコラムに関するジャパン・タイムズ記事のコメント欄を翻訳してみた
http://matome.naver.jp/odai/2142381553105527001

3. 2016年2月06日 15:07:34 : YIqlnENDMs : tGtN7aLcnVg[1]
 だから、お前はどっだというのだ。

4. 2016年2月06日 15:56:06 : 8rfQzL5Qyw : DnIKgZKyh_U[88]
 曽野綾子という人はキリスト教徒と聞いたことがあるが、彼女の言葉を聞くと「彼女こそ利己的な人間の典型・象徴」と思える。彼女の言動を見聞きしてからキリスト教そのものに「疑問」を感じるようになった。

5. 2016年2月06日 16:10:00 : TdCFmzgckk : 6q9JPktRFEI[2]
"
”84歳”のオバーに”発信力”があるのも”戦後日本”だからこそ!

”戦前日本”なら”ご希望”通りに”裏山”へとっくに”ご登壇”(笑)

個人の生きざまに”口出し”しないのが”近現代”なんだけなー

”ウヨク”は自分のことより”他人”に関心があるらしい

それは、そーと、このバーさん”子女”を”生産”してるのか?

まさか、”無産”階級じゃーねーよなー?(笑)


6. 2016年2月06日 16:10:41 : ksbgNRP0Ag : ihXIurNoqP8[5]
曽野綾子なんて大嫌いだけど、
このコラムに過剰反応するのも馬鹿じゃないかと思うし、
「新自由主敵的発想」と来るに至っては、
「頭、大丈夫か?」と思う。



7. 2016年2月06日 16:21:24 : gMzow7ik8E : anZ1ox6JS2s[7]
キリスト教にもたしか「傲慢の罪」ってのがあったよな。
他人の命のことをかれこれ言うのはそれに当たらないのか?

8. 2016年2月06日 17:25:18 : EPW3B4lvhw : y@NdI1slnpU[1]
曽野なんかにいちいち反応してどうするんだよ。笑
この婆さん、なんの影響力もないだろ。

佐高も頭悪すぎるだろ。部落差別というのは部落が存在しないとやっていけない。部落解放同盟は戦後、部落が次々に消滅していったことで存在価値をなくしている。曽野はそのことをいっただけで「自分が差別はないと言っているのだから差別は存在しないんだ」なんて一言もいってない。

しょせん、佐高も曽野も同じ穴のムジナだよ。


9. 2016年2月06日 17:35:07 : XzuqzT5lBM : QQM0ZlzOj8U[1]
曽野綾子に過剰反応するのはおかしい、どうせ安倍政権はもう終わるなんて言って阿修羅に引きこもっているから、いつまでたっても安倍政権を倒せないんだろうね。

10. 2016年2月06日 18:20:22 : YaegIPKLG2 : Fbydgb5o7yo[320]
昭和の末期、天皇が下血と輸血を繰り返してると報道されて、正直言って「善意の献血がもったいないな」と思ったけど。
曽野綾子、天皇皇后にも言うんだよね。高齢者は死に時があるんだよって。

11. 2016年2月06日 22:02:01 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[5]
正しい。
高齢者は死に時を考えるべきと思いますね。

今の医療制度がおかしいのです。死なせない医療制度はお金ばっかりかかって喜ぶのは医療にかかわる人たちだけでしょう。


12. 2016年2月06日 22:09:20 : GLFIShwE7E : 18opfiqMp2c[30]
>>できなければ生きる機会や権利は若者に譲って当然だ

こんな事を言いながら、高レベル核廃棄物と言う負債を若者や
何世代も先の子孫に押し付けてるんだぜ!


13. 2016年2月06日 22:53:37 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[105]
笹川に 甘やかされた 似非作家

14. 2016年2月06日 23:47:28 : GwMkfpHjSs : c9Cb5GEfusk[4]
生にしがみついてる老婆(84)がこれ言ったら、ギャグにしか聞こえん

15. 2016年2月07日 03:43:23 : LVB2VPe0MS : truK3fRLocA[3]
本物の国士にして愛国者三島由紀夫に、若かりし頃三文作家と切り捨てられたこの婆さん、その反動か、そのひねくれた脳味噌を「エセ愛国保守主義者」として生き長らえいる中身のないヌエのような御人。早くあっちへ逝ってくれませんかね。誰も文句は言いません。

16. 2016年2月07日 18:16:21 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[10]
曽野綾子は哲学したこともない。
特権意識が言葉を紡ぎだしているのに過ぎない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ