★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 845.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
岡田浩明の野党ウオッチ 甘利バッシングさえもブーメランになってかえってきた民主党に未来はあるのか?[産経ニュース]
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/845.html
投稿者 ニュース侍 日時 2016 年 2 月 08 日 06:12:41: MidD7QyBIEdXI g2qDhYFbg1iOmA
 

【岡田浩明の野党ウオッチ】
甘利バッシングさえもブーメランになってかえってきた民主党に未来はあるのか?
http://www.sankei.com/premium/news/160208/prm1602080003-n1.html

 夏の参院選が刻々と迫る中、民主党は、政党支持率1割以下という超低空飛行を続けている。国会論戦の序盤に浮上した甘利明前経済再生担当相の「政治とカネ」をめぐる疑惑で「反転攻勢のチャンス」と色めき立ったが、世間には「政策論戦そっちのけで疑惑追及に血道を上げている」と映ったのか、支持率は逆に下落してしまった。何をやっても「ブーメラン」。甘利氏の電撃辞任により追及の気勢もそがれ、脱力感だけが残った感がある。

 3日の衆院予算委員会。民主党の岡田克也代表は安倍晋三首相との直接対決で、甘利氏の金銭授受疑惑に切り込んだ。

 「甘利氏はアベノミクスの司令塔、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の最終交渉もした。きちんと検証するべきだ」

 「巨大な権限を持つ人が疑いをかけられていることに、首相は危機感を持つべきだ」

 対する首相は「TPP交渉に影響するわけがない」と色をなして反論し、「影響を与えたというならば、具体的にどの品目に影響を与えたのかを言わないと、無責任な誹謗中傷だ」とまくしたてた。

 「政治とカネ」をめぐる論戦はヒートアップしたが、岡田氏が約1時間の質疑時間のうち疑惑追及に費やしたのは、わずか10分ほど。疑惑解明も必要だが、追及一辺倒では世論が辟易しかねない−。こんな意識が働いたとみられる。

 実際、民主党の追及姿勢について世論は評価していない。むしろ逆効果となった。甘利氏が閣僚辞任を表明した1月28日直後の報道各社の世論調査をみると、その傾向は一目瞭然。民主党の支持率は、共同通信9・5%(前回比0・2ポイント減)、読売新聞7・0%(前回比1・0ポイント減)、毎日新聞は横ばいとはいえ、わずか7・0%にすぎなかった。逆に内閣支持率は軒並み数ポイント増え、5割を回復した調査も少なくなかった。

 1月22日の衆院本会議で甘利氏の経済演説の際に、民主党など野党6党が「甘利氏から明確な答えがないまま演説は聴けない」として、ぞろぞろと退席したことも多くの人の心証を害したようだ。

 自民党の平将明衆院議員が自身のツイッターで、退席の様子を書き込んだ。

 「私も議場にいたが、政策論争ではなく、政局的展開になったとたんに、民主党がガラッと元気になったのをみて、この党の本質をみた気がした。何人かの若手は怒りではなく本当に嬉しそうな顔をして議場から出て行った」。国民からもそんな民主党の体質を見透かされているのだ。

 民主党の長島昭久元防衛副大臣は1月30日の自身のブログで「これ以上、国会の場で甘利問題を深追いしても逆効果になってしまうのではないか。つまり、スキャンダル追及で政権に打撃を与えるという思惑が国民の支持を広げる可能性は高くないどころか、逆に反発すら招く恐れがある」と懸念を示した。

 その上で「野党としてスキャンダル攻撃に血道をあげるより、政策論争で政権を追い詰める方が憲政の常道に叶うし、国民の利益になるはずだ」と続けた。

 長島氏の不安は的中したといえるが、それでも民主党は追及の手を緩めようとしない。

 確かに甘利氏の疑惑に絡む斡旋利得の有無など真相究明は欠かせないが、司直に委ねる部分が多く、立法府での甘利氏不在の追及には限界がある。民主党など野党は甘利氏の参考人招致などを求めるが、与野党会派の全会一致が慣例で、実現の見通しは立たない。

 「うまいこと逃げはったな…」。辻元清美衆院議員は、攻め立てようとしていた矢先に“獲物”に逃げられ悔しさをにじませた。蓮舫代表代行は4日の記者会見で「閣僚を辞めて終わりではない」と強調した上でこう強がった。

 「われわれは行政監視をする国会議員の立場として、民主党のクリーンな政治を求めるという原理原則に照らし合わせて、政党支持率が下がるかもしれないが、それでもやらなければいけないことはやり続ける」

 だが、民主党には小沢一郎元代表や鳩山由紀夫元首相の「政治とカネ」問題が続出した過去を国民はなお忘れていない。蓮舫氏にも「政治とカネ」疑惑があったが、「うまいこと逃げはった」のではなかったか。少なくとも国民は民主党に「クリーンな政治」は期待していない。

 ということで、甘利氏の疑惑という敵失さえ形成逆転の好機にできなかった民主党に勝機はあるのだろうか。維新の党との新党構想で新味を打ち出すのはほぼ不可能。改選1人区での野党共闘も遅々として進んでいない。

 「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい」

 民主党は参院選用ポスターにこんな自虐的なキャッチコピーを掲げた。もはや有権者の「同情票」だけが頼みなのか−。

[産経ニュース 2016/2/8]  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月08日 07:28:29 : FMlXEjS87Q : PP1whaFzfHc[14]
甘利を全く批判せず擁護する産経の記事。ゴミ以下。

2. 2016年2月08日 10:05:27 : xBcuA1oSFw : UluCJzTfBXA[3]
もはや安倍製権にできることは「民主党はだらしないから 自民党に投票するしかない」と
工作することだけ

そのいち「経済悪化で支持率上昇、民主党にブーメラン」とか操作した不自然な世論調査で記事を書くだろう


3. 2016年2月08日 10:53:02 : IuXewAQq1f : f1nx@mjkUsE[1]
>>だが、民主党には小沢一郎元代表や鳩山由紀夫元首相の「政治とカネ」問題が続出した過去を国民はなお忘れていない。

あっせん利得で実際に金を貰った甘利と小沢・鳩山を一緒くたに論ずるこの新聞に知性はあるのか?


4. 2016年2月08日 11:31:40 : vd4SBjvD8Y : wI66Sg2Wmrs[15]
「ブーメラン」という発想自体が、「お前もやってるじゃん」とか
「みんな同じじゃん」という論法なんだから、幼稚極まりない言い訳だ。

民主にも出てきたからと言って、自民党に非がなくなるわけでもないし、
こういうものの重大性には絡んだ人間の地位や不正の規模も影響するので
(五十歩百歩というのは退廃的な思想)
政権側にずっと大きいダメージがあってしかるべき。

この意味のブーメランはネトウヨ用語としておくべきだと思いますよ。


5. 新共産主義クラブ[1839] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年2月08日 12:02:47 : 5gT4uFTqec : EpXROfJnh_A[1]
 
 獲物を仕留めたなら、ブーメランは帰って来ない。
 
 投げただけで、獲物を仕留めていないならば、帰って来る。
 
 いつも「獲物を仕留める」フリだけなら、いずれ正体がバレる。
 

6. 2016年2月08日 14:45:50 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[566]
民主党は8日、安全保障関連法の廃止法案を共産、維新、社民、生活の5党で今国会に共同提出する方針を明らかにした。共産党などから要請を受け調整中。 提出時期は来週以降。(東京新聞)
https://twitter.com/wakamono_kenpou/status/696560378335985664

着々と野党一丸が出来つつありますね。


7. 2016年2月08日 15:00:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[983]
Domestic | 2016年 02月 8日 13:05 JST
安保廃止法案を共同提出へ

 民主党の枝野幸男幹事長は8日、安全保障関連法の廃止法案を共産、維新、社民、生活の計5党で今国会に共同提出する方針を明らかにした。「共産党などから要請を受け、国対で調整中だ」と国会内で記者団に述べた。提出時期は来週以降を見込んでいる。

 衆院で統一会派を組む民主、維新両党は廃止法案に加え、領域警備法案など対案3本を共同提出する意向。両党はそれぞれ党内手続きを終え、提出時期を検討していた。共産、社民、生活の3党は廃止法案のみ共同提出に加わる。

 共産党などはこれまで、参院選での共闘をにらみ「白紙撤回という点では一致できる」として、民主党に協力を呼び掛けていた。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016020801001529


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ