★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201 > 245.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「共産、参院1人区で候補取り下げ拡大 野党一本化優先」の「日経」記事は事実無根/日本共産党、「日経」に抗議し訂正要請。
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/245.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 2 月 13 日 08:59:42: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 

次の記事は誤報でした。 ⇒  
 
共産、参院1人区で候補取り下げ拡大 野党一本化優先 
2016/2/12 1:11 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H1Y_R10C16A2PE8000/
http://blog.livedoor.jp/gataroclone/archives/46812304.html 


 
View image on Twitter











 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月13日 09:08:19 : NNHQF4oi2I : p@MqjzZMakU[194]
民主党は もう 消えるから

 共産党は 消費税廃止 司法改革(裁判官 福島瓦礫処理労働義務か 検察官の採用 道徳感の調査)など

 税金の上限をGDP*0.08%と 上限制を設ける
 当然 公務員 政治家 官僚の報酬もスライドする制度を設ける

 国家の危機には みんなで英知を出し合う制度を作らなければならない

 国家が危機でも 公務員が天国の様な制度では 公務員が努力しなくなる

 


2. 2016年2月13日 09:21:34 : JD1AOkLyl2 : 0LlzOn2mJE4[3]
日本の新聞を見ていると間違った方向に誘導さえる。ニュースの内容を反対にしてしまう。安部自民党も同じで言葉自体を言いかえてしまう。

武器・兵器   は  防衛装備
戦争法案    は  平和安全法案
国民総背番号  は  マイナンバー

実質増税なのに    軽減税率

騙されないようにしましょう。


3. 2016年2月13日 15:06:48 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1096]
2016年2月13日(土)
日経報道は「事実無根」
野党共闘 小池政策委員長が会見

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-13/2016021302_01_1.jpg
(写真)記者会見する小池晃政策委員長=12日、国会内

 日本共産党の小池晃政策委員長は12日の国会内での会見で、参院選1人区での野党共闘をめぐって、同日付の「日経」が「共産、候補取り下げ柔軟に」との見出しで、党幹部が他の野党に「(安保法制=戦争法案の廃止)法案の共同提出を大義に選挙協力を柔軟にできる」と伝えたとする記事について、「このような事実はまったくない」と否定しました。

 小池氏は、同じ記事で「共産党中央委員会はこのほど、各県の委員会に候補取り下げもあり得るとの方針を通知した」と報じていることについても、「事実無根だ」と指摘しました。

 小池氏は「1人区で選挙協力するためには真剣な協議と、しっかりとした合意が必要だと繰り返し述べている。現時点で、民主党からわれわれの提起に対する回答がないというのが現状だ」と説明しました。

 その上で、「(戦争法案に)反対した5党で廃止法案を出すことは重要だが、選挙協力ではそれとは別に真剣な協議が必要だ」と改めて強調。民主党に対しては「われわれが問題提起し、呼びかけていることを真剣に受け止めて答えを返してほしい」と語りました。
「日経新聞」に抗議、訂正要請
共産党広報部

 日本共産党中央委員会の植木俊雄広報部長は12日、日経新聞社を訪れ、同紙12日2面掲載の記事「共産 候補者取り下げ柔軟に 参院1人区」について、事実と異なることを前提にしたもので、日本共産党の方針を大きく歪めているとして抗議するとともに、訂正記事掲載を求める書面を提示し、要請しました。日経新聞社からは編集局政治部次長の四方弘志氏らが書面を受け取り、検討しますと答えました。

 植木氏は、「野党の選挙協力」について志位和夫委員長が1月14日の記者会見で、その重要性を強調するとともに、その実現のためには「しっかりとした合意が必要であり、協議抜きの一本化はできない」「真剣な政党間協議を呼び掛ける」との方針を明らかにしてきたこと、この呼びかけに民主党から応答はないが、この立場に変わりはないことは、記者会見でも繰り返し明らかにしていると指摘しました。

 そのうえで、「日経」記事では「共産 候補者取り下げ柔軟に」との見出しで、日本共産党が独自候補を取り下げる調整に入ったとして、二つの事実を記述しているが、そのような事実はないこと、また事前にその事実確認を求めることもなかったことを指摘しました。

 事実ではない2点とは、(1)共産党幹部が11日までに他の野党幹部に、安保法廃案の共同提出ができれば「廃止法案を大義に選挙協力も柔軟にできる」と述べたとの記述(2)「党中央委員会は各県の委員会に取り下げもありうるとの方針を通知した」ということです。

 植木氏は「安保法の廃止。立憲主義回復」の実現を求める多くの人々が、大義にたった野党の選挙協力と、党と党の真剣な協議を求めており、この「日経」記事はこうした人々にも重大な誤解を与えるものとなっていると指摘。抗議と訂正の必要を強調しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-13/2016021302_01_1.htm


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK201掲示板  
次へ