★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201 > 639.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オールジャパン連帯で安倍政治を打破しよう!ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/639.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 22 日 00:01:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

オールジャパン連帯で安倍政治を打破しよう!ー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sobj98
21st Feb 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


2月20日から21日にかけて社会民主党の党大会が開催された。

この党大会に野党4党の党首や幹事長が出席し、野党5党連携の重要性が強調された。

2月20日夕刻には

「社会民主党20周年 交流の夕べ」

が開催された。

私も招待を受けて出席させていただき、祝辞を述べさせていただく機会を賜った。

安倍暴政に対して憤りの念を抱く主権者は多い。

原発、憲法、TPP、基地、格差

の各問題において、主権者多数の意思に反する政策が強行されていると判断する主権者が多い。

国の根幹、国民生活の根幹に関わる重大問題が、主権者多数の同意をも得ずに、

独裁的に決定され、実施されている現状を、許せないものであると判断する主権者が多い。

このなかで、2016年は参議院通常選挙が実施される。

衆議院総選挙が実施される可能性がある。

国会は国権の最高機関であり、主権者がその意志を国政に反映させるためには、

主権者の意思に沿う国会の議席構成を構築しなければならない。

主権者の意思に沿う政治を実現するために、何よりも重要なイベントは選挙である。

私はスピーチの機会をいただいたので、三つのことを話させていただいた。

第一は、「政治は誰のためにあるか」という問題だ。

「政治は弱い立場にある者のために存在する」

というのが私の考え方である。

20世紀的な判断である。

世界の富の48%が世界の人口の1%の人々に握られていると言われる。

かつて日本は「一億総中流」と呼ばれたが、いまでは、世界有数の格差大国になっている。

このなかで、安倍政権は「強者のための政治」を熱烈推進している。

大資本の利益を極大化させること。

これが安倍政権の政策運営を貫く基本である。

弱肉強食を推進する。

「弱きを挫(くじ)き、強きを扶(たす)く」

のが安倍政権である。

対論に

「弱きを扶(たす)け、強きを挫く」

という考え方がある。

国民が1%の富裕者と99%の下流層とに二極分化されている。

「1%のための政治」ではなく「99%のための政治」が求められていると考えられる。

第二は、「政党ではなく政策」である。

主権者にとって重要なことは「政党」ではなく「政策」である。

安倍政権の政策の基本は「戦争と弱肉強食」である。

これに対峙する政策の基本は

「平和と共生」

である。

どちらの方向を目指すのか。

決定する権利を有するのは主権者である。

私は「平和と共生」の政治を実現することを求める。

5つの基本問題について言えば、

原発稼働、憲法破壊、TPP参加を許さない!

辺野古基地、格差拡大を許さない!

ことを求める。

政治過程において重要であるのは、

政党や政治家が公約を明示し、その公約を吟味して主権者が議員を選択すること、

そして、政権を委ねられた政党と政治家は、公約を遵守する。

このプロセスが何よりも重要だ。

第三は、「主権者多数による決定」

である。

2014年12月の総選挙で、自公の与党に投票した主権者は、主権者全体の24.7%だった。

自公以外の政党の得票率は28.0%だった。

ところが、議席数は自公が68.4%、非自公が31.6%だった。

主権者の4人に1人しか投票していない自公が、衆議院議席の約7割を占有し、

重要政策を独裁的に決定して実行している。

非自公が3割の議席しか獲得できなかった最大の原因は、候補者の乱立にある。

「安倍政治を許さない!」

と思う主権者が連帯して行動すれば、必ず現状を変えることができる。

主権者の25%が連帯して行動すれば、

「戦争と弱肉強食」の日本政治を「平和と共生」の日本政治に変えられるのだ。

これが

「オールジャパン平和と共生」25%連帯運動

https://www.alljapan25.com/

の考え方である。

「オールジャパン平和と共生」は3月18日(金)午後6時半より、

文京シビックホールにて、参院選に向けた市民連合構築を目指す集会を開催する予定である。

追って詳細を紹介したいが、1人でも多くの主権者の参集をお願いしたい。

「オールジャパン平和と共生」25%連帯運動は、昨年6月12日に、

ウェブサイト上に立ち上げた運動である。

その後、昨年2月と6月に「国会議員と市民の勉強会」を実施してきた、

私も参画してきたグループが、「オールジャパン平和と共生」に賛同して、運動に加わることになった。

この運動の基本事項と基本理念はウェブサイトに明記している。

この市民連帯運動は、

安倍政権の基本政策理念である「戦争と弱肉強食」に反対し、

「平和と共生」を基本理念とする政治を実現するための

主権者による連帯運動である。

より具体的には、

原発稼働、憲法破壊、TPP参加を許さない!

辺野古基地、格差拡大を許さない!

の基本方針を確認し、この基本方針に賛同する主権者の連帯の輪を広げることを目指すものである。

他方、運動の形態については、基本事項に明記してきた。

各種各様の市民運動の形態があるが、

【オールジャパン平和と共生】

においては、かみ砕いて言えば、

資金集めはしない

役職を置かない

事務所は持たない

方式で、運動の賛同者のボランタリーな、自主的な行動によって、連帯の輪を広げるというものである。

集会を開催する際に、カンパをお願いするが、必要最小限の費用をそのカンパで賄う。

また、カンパ資金の使途については、ウェブサイト上に1円単位で公開もしてゆく。

このような基本事項を運動を立ち上げた時点で明確にしておいた。

今後もこの基本事項は遵守してゆく方針である。

この点を再確認するために時間を要したため、3月18日集会の告知が遅れてしまったことをお詫びしたい。

主権者にとって重要なのは

政策

であって

政党

ではない。

主権者が求める政策の実現を目指す。

これが第一の基本である。

したがって、基本として党派を問わない。

選挙の際に、党派の利害がぶつかり、

類似する政策公約を明示する候補者が乱立して主権者の投票が分散し、

その結果として自公候補が当選してしまうことを防がねばならない。

衆議院総選挙の小選挙区および参議院通常選挙の1人区においては、

とくに、選挙協力、選挙共闘が重要になる。

党派の壁を超えて、選挙において、

主権者が求める政策を公約として明示する候補者の当選を実現することが何よりも重要になる。

超党派で対応する。

これが第二の基本である。

政治は主権者のためにある。

そして、政治を担う中心は主権者である。

これが国民主権の政治だ。

したがって、望ましい政治を実現するために、主権者が主導的な役割を果たすことが求められる。

政策基軸、超党派、主権者主導

で、日本政治を刷新する。

「戦争と弱肉強食」の政治を

「平和と共生」の政治に

刷新する。

これが目標である。

これまでも指摘しているように、政策を基軸に考えるときに、

政策があいまいな政党が散見される。

政策があいまいでは、主権者は、その政党に全面的な信頼を置けない。

とくに、野党の中核に位置する政党にこの傾向が強いことは問題である。

しかし、本年7月の参院選においては、

改憲勢力が参議院3分の2以上の議席を占有すると、

いよいよ憲法改定の行動が現実化する危険が大きい。

この現実を踏まえれば、細かな問題があるにせよ、

とにかく、安倍政権与党勢力、改憲勢力の伸長を食い止めなければならないのである。

原発・憲法・TPP・基地・格差

問題の重要性は訴え続けるが、まずは、反安倍政権の一点で共闘・連帯することが重要であると考える。

32ある参院選1人区で、

「安倍政治を許さない!」

と考える主権者の投票を1人の候補者に集中させることができる状況を生みだすことを求め、

また、誘導していかねばならない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月22日 00:48:41 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[775]
「非自公が3割の議席しか獲得できなかった最大の原因は、候補者の乱立にある。」

賛成です。棲み分けの考えで行動しましょう。
野党5党が共闘したのはとても良いことです。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2016年2月22日 07:04:51 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[780]
民主、共産、維新、社民、生活の野党5党の幹事長・書記局長が23日に会談することが分かった。関係者が21日明らかにした。夏の参院選に向け、32ある改選1人区をめぐる候補者調整を本格化させるとみられる。29の選挙区で独自候補を擁立している共産党の対応が焦点となる。
http://ryukyushimpo.jp/kyodo/asyuracom-225557.html

いよいよ本格化ですなぁ…


3. 2016年2月22日 20:27:12 : 8hoNl2VIyY : hfPobn8O6_4[7]
>大資本の利益を極大化させること。これが安倍政権の政策運営を貫く基本である。

どうなんだろう。財界に媚を売るのは、民主も維新も同様なのだが。更に経済・金融政策にも大きな争点がない。
言うまでもなく、これらは改憲政党でもある。
今日の対外政策の起点は、民主党政権下の日本会議所属外相から始まっており、現政権の軍事政策は、それを踏襲延長したものに過ぎない。
国民の在り方が現状のままなら、進む方向に変わりはないだろう。


4. 2016年2月22日 23:02:50 : J2ECvm5566 : Cn@9Bt8vMA4[28]


確かに、夏の参院選はラストチャンスですよね。泣いてもた笑ってもこれで最後…自民公明大阪維新が圧勝すれば、憲法改正、戦争する国づくりは確実だ。


5. 安倍を辞めさせる会[158] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年2月23日 15:27:06 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[118]
ろうそくが消える前に一時的に炎が明るくなるのと同じように安倍政権も消える前に勢いが強くなるように見える。アメリカも21世紀初頭にはアメリカに一人勝ちと盛んに論評されたのもろうそくの火のごくである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK201掲示板  
次へ