★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202 > 513.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「4月の衆院補選で、衆参ダブル選挙へ行く」と、小沢一郎氏の断言(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/513.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 08 日 13:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「4月の衆院補選で、衆参ダブル選挙へ行く」と、小沢一郎氏の断言
http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/8697bab23f6441c49e442d6977dbf49f
2016-03-08 10:05:28 生き生き箕面通信


 4月の衆院補選で自民が勝てば、安倍首相は「よし、これで自民も行ける」と、衆参ダブル選挙へ突っ込むつもりのようです。これは、2月に行われた小沢政経塾での質疑応答で出されたものです。

 小沢氏は、「民主が今のような政治を行うなら、イタダキ!」という感じと受け止めています。つまり、消費税増税と原発(エネルギー)の二つで、どちらにもきちんとした方針が出せないなら、安倍首相は「これで、イタダキ!」というはずです。

 4月の衆院補選は、北海道と京都です。しかし、共産党が下りたぐらいではすまないでしょう。なにしろ、民主党は、もともと野田内閣の当時に決めた消費増税です。また、原発についてもあいまいなままです。

 そうなれば、憲法改定のもとも、結局は民主が形を作るということになります。民主が負ければ、それだけ自民が頑張れるからです。

 民主は、すでに維新と合流すればそれだけで「事、足れり」としています。そんな甘いものじゃないですよね。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[504] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月08日 14:04:01 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[445]

ココで間違いなく言える事は『4月解散総選挙』なんて〜のは“無い”という事だけでしょう。

あとは“神のみぞ知る”?(笑)


2. 新共産主義クラブ[1896] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年3月08日 14:40:32 : Sm4yCMIVkk : haaCNsGlLaM[2]
 
 民主・枝野幹事長は、衆院補選と同日の4月24日総選挙の可能性を示唆している。
 
■ 民主・枝野幹事長「総選挙を警戒」 豊岡で講演
(2016/2/27 神戸新聞)
 
 「もしかしたら夏の参院選前にあるかもしれない。私が総理大臣なら4月24日に総選挙を行う。だから警戒している」
 
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008842933.shtml
 
 

3. 2016年3月08日 15:22:10 : fr8jcSOlLU : ODtGQy6W2hM[27]

有権者の7割以上の人達が支持政党なし、「無党派」だと思われます。その人達は・・・

○ 自民・民主の二大政党制は望んでいません!

○ 戦争法案反対だけで、野党連携を賛成していません!

○ オリーブの木に賛同する政党、有権者はいないと思います!

小沢さん、民主・維新中心の野党連携を言い続けたら、「生活の党」の壊滅だけでなく、国民の生活も壊滅してしまいます!!!
     
多くの人達は既存の政党・国会議員には投票しないと思います!  うんざりです!!!
      
      
        


4. 2016年3月08日 15:26:34 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[149]
「国民の生活が第一」の政党が消えたのは誠に残念です。
復活してほしい。

5. 日高見連邦共和国[507] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月08日 16:15:26 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[448]

>>02 『珍共産主義クラゲ』

ほんっとにもう、だから何?宿題は?(笑)

>>03 『カジノ連呼ちゃん』

はいはい。アンタのコメントからは“小沢一郎憎し”の念しか伝わってこないよネ〜。

なんなの、アンタら?


6. 2016年3月08日 19:44:05 : WDVHz77icA : 3gZid7UgW7M[10]
>>3

あんたでは社民党からも相手にされないよ。


7. 2016年3月08日 23:12:00 : woq5glkFvE : zFmO4zvLSP4[2]

そもそも、憲法のどこに
「総理大臣が、勝手に好きな時に国会を解散できる」
と書いてあるんだよ。


おまえら「目を覚ませ」よ!


憲法で、衆議院の解散を具体的に示した条文は、

・「満期終了」(45条)
・「内閣不信任案の可決」(69条)

の、二つだけなんだよ。
野田も安倍晋三も「憲法違反をして国会を解散」したんだよ。

こういった憲法違反を我々国民が許してきたから、狂った政治状況なったんだよ!


・補足:天皇は政治不介入の原則(4条)があるため、7条3項の解散はあくまでも「儀礼」としてを意味する条文であるため、7条3項を根拠に国会を解散することは本当はできない。


8. 2016年3月09日 00:24:12 : gR4SMCzFM2 : N5d4qi5go7c[5]
首相が衆議院解散権を行使して、衆議院を解散する事が可能なら、
内閣が国会より優位となります。

従って、憲法41条が謳う「国会は国の最高機関」に違反してしまい、
「内閣が国の最高機関」となってしまいます。

ので、整合性が取れない憲法解釈となり、初歩的なミスを犯した
判断となってしまいます。

ですから、田中耕太郎最高裁裁判長は判断を避けた訳です。

憲法7条:The Emperor, with the advice and approval of the
Cabinet, shall perform the following acts in matters of
state on behalf of the people:

Dissolution of the House of Representatives.

Performance of ceremonial functions.

和文:天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事
に関する行為を行ふ。

三 衆議院を解散すること。

十 儀式を行ふこと。

上記に「解散権の行使は、首相の専権事項」の文言は存在しません。

が、7条3項に「衆議院解散」の文言があります。

この文言は一から十ある天皇が行わなければならない儀式の内の一つ
と解せますので、3項は、「天皇は衆議院解散の儀式を行う事」となり
ます。

ここから、儀式を仕切るのは、助言と承認を与える内閣であり、その
内閣の長は、首相なのだから、「解散権は、首相の専権事項」となる
論理は、

あまりにも飛躍した論理、こじ付けの屁理屈だと子供でも理解できます。

そもそも、こんなやり方は、真っ当な憲法解釈とは呼ぶことは出来ません。

あたかも、「衆議院解散」という漢字を小学生に覚えさせ、前文から
103条ある日本国憲法にその漢字が見つかれば、「合憲」とするような
ものです。

真っ当な憲法解釈を全く公にせず、こんな小学生の学力でも判断でき
るやり方でお茶を濁し、その上、こんな小学生が判断した「合憲解散権」
を後生大事に、なんと、驚く事に、戦後24回も「合憲解散権」が行使
されました。

この日本は開発途上国かと思わせる蛮行により、有権者(主権者国民
でもある)が保有している選挙権の効力は歪められてしまい、

解散を仕掛けた党が選挙を有利に戦える局面を演出する事に繋がっ
てしまい、750億円かけた選挙費用は、溝に捨てたような選挙に
なりました。

GHQの占領下では、衆議院を解散する場合は、憲法69条の規定に
より「内閣不信任決議案が可決した場合」か「内閣信任決議案が
否決された場合」に限られていました。

至極真っ当な解釈が支配していました、当然です。

なぜなら、日本国憲法は、米国が「押し付けた」憲法なんですから。

所が、鬼(米軍)が居なくなったら、早くも、吉田内閣は「抜き
打ち解散」に打って出ました。

勿論、解散で失職した議員は裁判に訴え、裁判は最高裁まで争われ
ましたが、

最高裁が「衆議院解散という高次元の政治性の高い統治行為に
関わる問題の合憲・違憲の審査をする権限は、裁判所に無い」と
判断し、

最高裁自ら、憲法81条で保障している「違憲審査制度」を完全に
否定続けるどころか、

違憲審査権も否定する蛮行により、憲法32条が保障する「裁判アク
セス権」も否定されました。

こんな子供騙しな「合憲」がその後も一人歩きし、「解散権の行使
は、首相の専権事項」が「政治の常識」となってしまっています。

こんな蛮行が罷り通るのは、「判断を回避すれば、合憲」となる
日本独自の悪習です。

そして、その悪習を当たり前のように報道する電通マスゴミNHK
の「取り繕い金太郎飴報道」がなければ、こんな子供騙しなやり方
が慣習と成り得ません。

兎に角、、「判断を回避すれば、合憲」となる日本独自の悪慣習を
多用したのが、

あの悪名高き田中耕太郎最高裁裁判長ですが、この御仁は、東大を
主席で卒業できる学力の持ち主でしたので、

「衆議院解散権裁判」や「砂川裁判」では恥ずかしくて、真っ当な
解釈を提示したくなかったので、判断を回避したのですが、

何れも、電通マスゴミNHK及び法曹界の後押しのお陰で、今尚、
「合憲」が一人歩きしています。


9. 2016年3月09日 16:09:38 : JFhRM4WdGY : rpudECH5lgE[42]
コメント諸氏の言うように、憲法の恣意的拡大解釈と、反面での憲法精神の制限解釈が、憲法制定以来続いてきたことは認めるし、それに国民が無自覚だったこともそうだと思う。
この責任は最高裁にあるが、最高裁判事は三権分立を建前に終身職と化している現在、それを是正するには、国会が積極的に裁判官弾劾権を行使することでしかできないのではないか。
もとより、司法府は他の権力より独立したものとされているが、一方では、国会は国権の最高機関と定められているし、司法の独立と言っても、憲法解釈の権限は最終的に国民にあるのであり、国民の意に反する憲法解釈を行った裁判官は罷免できると考えなければ、国民が主権者、という憲法の基本的な規定に反する。
多分穏健な小沢氏の主張とは相いれないだろうが、ここまで憲法の形骸化が進んでいる現状では、それくらいのことをしなければ民主主義は取り戻せないのではないか。
所詮、国会も数の論理で決められているし、マスコミもそれを助長してきた。
多数派の「横暴」をある時は非難しながら、ある時は「粛々と」決めよと後押ししてきたマスコミなどに何も反論する資格はない。
国権の最高機関である国会、唯一直接選挙で選ばれたこの機関は、憲法条文通りに解釈すれば強大な権限が与えられているし、それが本当の民主主義だろう。

10. 2016年3月09日 17:54:28 : mrOmmyjcGo : ZOIYIoyJz4M[5]
カメレオンムネオも北海道補選は娘の為必死だな。
奴もガンだから、最後の裏切り者カメレオンだな。

11. 2016年3月09日 19:17:41 : OwwF3WOycc : xAWyFBMsSJ8[23]
この情報はほんとうです。野党がいまのままなら、衆参同時選挙で与党大勝利、憲法改正、消費税値上げを強行できます。国民は貧乏で、希望もない暗い日々を送るしかないでしょう。

12. 2016年3月09日 21:11:27 : GpSMCDee4A : _vbI47n3AJI[35]
自公が勝ったら、平和憲法が戦争憲法になり、戦争準備が始まります。戦争準備にはたくさんの税金が必要です。
自公が負ければ、とりあえず戦争準備開始は先送りになります。心配しなくても個別的自衛権はもともとあります。
無党派層でもわかるでしょう。


戦争の作り方という動画がありました。ちょっと拡散。

https://www.youtube.com/watch?v=cUGu73hnjdY


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK202掲示板  
次へ