★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202 > 706.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪怖いんですけど≫安倍総理「待機児童ゼロ、必ず実現させる」⇒「子供を保健所に」
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/706.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 13 日 00:03:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【怖いんですけど】安倍総理「待機児童ゼロ、必ず実現させる」⇒「子供を保健所に」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/14166
2016/03/12 健康になるためのブログ



待機児童ゼロ「必ず実現させる」 安倍総理が決意(16/03/11)





安倍総理「保育所」を「保健所」と20160311NEWS23 投稿者 gomizeromirai


以下ネットの反応。
















今回の発言は言い間違いだと思いますが(そうであって欲しい)、「待機児童ゼロ、必ず実現させる」⇒「子供を保健所に」⇒緊急事態条項⇒ガ〇室送りを連想してしまいました。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. むやうのすけ[346] gt6C4oKkgsyCt4Kv 2016年3月13日 05:49:27 : qckb8HpmkU : hHRql9AkK8M[1]
野犬の子犬を保健所に収容するという感覚なのだろう。

2. 罵愚[3350] lGyL8A 2016年3月13日 06:01:08 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[1]
 ブログに「保育園落ちた日本死ね」と書き込んだ母親が希望する幸福ってなんだろうか? 自民党政権が提唱する、女性の社会進出が彼女の人生を豊かにしてくれるんだろうか? お日様が出て、世の中が明るい時間帯を、家族がバラバラになって職場や保育園や学 校ですごし、日が落ちた夜しか顔を合わさない生活が、家族の幸せなんだろうか? 育児を放棄して、仕事をする生活が幸福だと、だれに吹き込まれたのだろうか?

 ついでに言っておくと、ネットの反響の多くも、この価値観に汚染されている。


3. 罵愚[3351] lGyL8A 2016年3月13日 06:02:11 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[2]
 家庭から女性を引きはがして、労働力として活用する政策のはじまりは産業革命だと学校で教わった。職人の熟練から子供や女性に生産力が移って労働問題が併発した。さらに、この傾向に拍車をかけて、女性から育児の負担を軽減して職場にいる時間をつくったのが人民社会主義と国家社会主義の、ふたつの全体主義だった。ヒットラーやレーニンや毛沢東の政策だな。相互に対立したかれらの戦争が終わっても、この経済政策は地球上のすべての政治家に受け継がれて、もてはやされている。
 コミュニズムとファシズムの政策が生き残って、安倍政権に受け継がれてるのだ。

4. 罵愚[3352] lGyL8A 2016年3月13日 06:03:10 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[3]
 昭和30年代、洗濯機、冷蔵庫、掃除機などの電化生活が家事労働から女性を開放して、主婦の生活時間に余裕ができた。テレビのまえで子供と昼寝を楽しんでいればよかったものを、電化製品を買うために外に出て働かなねければならなくなったのは、皮肉であり、悲劇だった。
 高度経済成長を脱して、成熟社会を目前にした現在、家庭を犠牲にした経済社会の矛盾が噴出している。報道される凄惨な犯罪・事件の多くの原因が崩壊した家庭で起きている。家族や家庭の崩壊が原因であることは、事件の加害者と被害者とその血縁のほとんどが、崩壊家庭の家族であることからうかがえる。
 家族の崩壊が社会の崩壊につながってる現実は明らかなのに、さらに家庭崩壊を促進する政策…夫婦別姓、女性の社会進出、男女平等社会がもてはやされている。

5. 罵愚[3353] lGyL8A 2016年3月13日 06:03:55 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[4]
 女性を家庭から引き出して労働力、生産力として利用する政策は、このようにしてファ シズムとコミュニズムと呼ぶふたつの全体主義によってつくりだされ、ふたつの全体主義の崩壊後も、自由主義社会の経済政策としても利用されている。安倍政権の「すべての女 性が輝く社会づくり」や「一億層活躍社会」がその最近例だ。
 主婦の家事を軽くみて、夫の仕事を重視する、封建時代の時代錯誤の価値観がその根底にあることは説明を要しない。封建制度を忌み嫌う民主主義者が、封建主義に心酔してつ くった矛盾に誰も気づかない。
 さらに深層部分には奴隷を人間扱いしないキリスト教の奴隷制度がある。一神教との社会は、一神教に改宗するまえからの奴隷制度から抜けきれなかった。異教徒や異民族を奴隷化するまえから、自国民を奴隷にしてきた。まったくおなじように、ファシズムもコミュニズムも自国民を奴隷化したし、それでも足りない労働力に女性を利用した。
 『保育園落ちた日本死ね』に同情するのは、奴隷化への賛同なのだ。

6. 罵愚[3354] lGyL8A 2016年3月13日 06:04:49 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[5]
 中世のヨーロッパ人にとって奴隷や農奴は家畜であって人間ではない。そしてその家畜が現代では家畜小屋で飼育されるのではなく、一匹ずつ狭いゲージのなかに閉じ込められて飼育されている。ニワトリは母鶏に抱かれて孵化するのではなく、ゲージのなかで生み落とし孵卵器のなかにもっていかれる。
 『保育園落ちた日本死ね』と叫ぶ、日本の母親は自分の産んだ卵がゲージのなかに取り残されたと悲鳴を上げてる雌鶏の鳴き声だ。日本人社会が家畜化してるのだ。

7. 罵愚[3355] lGyL8A 2016年3月13日 06:05:47 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[6]
 つまり、中世を経て、近代をすぎて、現代にいたって、人類は、経済最優先の価値観から人間らしい生活より経済効率を優先する政策のあげくの果てに、国民を白色レグホンとおなじ飼育環境に閉じ込めてしまった。もっと困ったことに、左翼も右翼も、保守も革新も、社会主義も自由主義も、政治家も国民も、ゲージのなかで毎日卵を産む生活が理想の生活だと信じ込んでいるのだ。
 それはちがう。産んだ卵は自分で抱いて孵化させて、生まれたヒナは鳥小屋のなかで一緒に生活するのが自然な幸福なのだと、動物の本能が教える価値観を信じられなくなっている。

8. 罵愚[3356] lGyL8A 2016年3月13日 06:06:46 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[7]
 このように、国民を奴隷化し、家畜化する政策はファシズムとコミュニズムの全体主義から生まれて第二次大戦後の民主主義国に引き継がれている。あからさまな全体主義から民意を尊重する民主主義に変質したとはいえ、その本質の奴隷化、家畜化に変わりはない。
 それを実践する組織が官僚組織であり、予算の裏付けが福祉・教育政策だ。国民の奴隷化・家畜化は福祉・教育政策の美名のもとに官僚組織によって実行に移される。国民は裸の王様だ。民主主義国の主権者とおだてられ、生まれた直後から家庭や両親から引きはがされてゲージのなかに放り込まれて育つ。それが現代人だと信じ込まされ、金の卵の生産を強要され、生まれた卵は福祉と教育に引き取られる。他人とおなじものを食べ、他人とおなじものを着て、他人とおなじ言葉を話す。そのように洗脳されている。洗脳したのが官僚組織であり、その政策が福祉と教育政策だ。両親を忘れ、家族を忘れ、家庭を忘れ、官僚に与えられた教育と福祉を信じて生涯をすごす。
 ちょっとした手違いで卵が保育園に入らなかった。錯乱しためんどりがの『保育園落ちた日本死ね』の叫び声を福祉が上手にからめとろうとしている。 

9. 2016年3月13日 06:17:22 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[113]
バグよ
ご高説はもっともだが
お前の理念を忠実に実行したのが
毛沢東でありポルポトだ
国家主義者の疫人どもが
自分らの既得権益は残したままで
年金3割カットだと
所詮、お前はゲスウヨ
安倍の応援団だね

10. 2016年3月13日 09:42:52 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[124]
何を延々1から8までしゃべってんだか。

 母親が家で子育てできるなら家で育てるだろうよ。
どうしてそうできないか、皆もう知ってる。

目の前で溺れ死にそうな者に説教するのかね。
あきれる。


11. 2016年3月13日 09:44:15 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[980]
なるほど、子供を保健所に送れば、確かに待機児童ゼロが実現されるだろう

12. 2016年3月13日 11:16:55 : cfEXT28DzY : wP4v2C9Cl60[282]
ネットのECDさんはずいぶん難しい本を読むんだね〜。
私は聞いた事もない名前だから一部抜粋して読んでみた。


転載はじめ
S.フロイトの精神分析学
〜精神分析学の創始者〜

【錯誤(しくじり)行為】
 物忘れ、言い間違い、書き間違い、或いは行動の間違いなど、一見偶発的な行為において、無意識的には、忘れたり、間違ってしまった方を望んでいることがしばしばある。すなわち、無意識的な力は、正常な日常生活においても、「うっかりしたはずみ」を利用して現れる。無意識の存在と、その広汎な影響力、そして何気ない行為にも十分意味が有り得ることを、フロイトはこの事実から強調した。

【無意識】
 フロイトは、ヒステリーの精神分析療法、夢、錯誤行為、催眠現象の研究から、人間の心は氷山のようにその一部しか意識的でなく、大部分は無意識であると考えた。感情や観念や思考の生起は、意識だけを見れば、その理由を十分に把握できず不連続であるが、無意識の過程を仮定すると心を厳密な因果律に従うものと考えることができ、科学的研究が可能になるとされる。

【無意識の重要視】
 意識的過程がそれだけで完結した系列を作らないことは、一般に承諾されている。無意識的過程の存在を認め、その働き方を解明し、それを重要な媒介変数として取り上げることによって、意識、行動、身体的過程を含めた全体としての人間存在を、統合的因果的に把握することが出来る。このことは、病理的過程のみならず、知覚や思考を含めて、正常な人間の諸行動についてもあてはまる。
転載おわり

つまり無意識に間違って言ってしまったその「言葉」にこそその人の真実の心があるって事なのかな〜?
すると安倍はいつも朗読中「生まれたばかりのときに子供は本当は保育所ではなく保健所に入れてしまいたいのにな〜」と、本人すら気がつかない潜在的な心を秘めている、って事なのかな?
それが「私の言う事が一番正しい」と思っている日本の総理大臣であると言う事がなお恐ろしい。


13. 2016年3月13日 13:46:44 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[373]
言葉尻とらえてグダグダ言うのはあまり好きではないが、一言。

●安倍は本当に知らないだけだと思う。

安倍は自分にも子供がいないので、「保育所」と「保健所」の違いをマジで知らないと思う。

「保健所」は知ってても、「保育所」って子供がいないと知らない可能性があるよね。

麻生副総理が漢字読めないのとは性質が違うが、世間しらずで2トップを張っていることは悲劇を通り越して喜劇だね。


14. 罵愚[3357] lGyL8A 2016年3月13日 16:29:01 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[8]
Res9.
>お前の理念を忠実に実行したのが
>毛沢東でありポルポトだ

 ちがうよ、わたしの理念がなにかなんて、わたしはまだ話していない。話してないのだから、あなたにわかるはずがない。毛沢東やポルポトは、保育所で子供たちを預かる政策を実行した。それはそれで、まったく悪かったというつもりはないのだ。


15. 2016年3月13日 21:29:57 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[129]
バグよ
お前は文明の進歩により
人間社会の在り方がいびつになったといいたいようだが
知識層が階級分化を進めたとして
毛沢東やポルポトが知識人を
ブルジョアとレッテルをはり
農村に追いやるならまだしも
抹殺を実行した歴史を知らないらしい
つまり原始にもどれば
人は平等になると連中は信じてたんだよ
保育所の問題にかこつけて
女は働かず育児専念すべきだ
と 言ってるようにしかみえないが
どちらにしても退化する実験は
毛沢東とポルポトによって
非人道的なものだと証明されたことは
最低限、非共産主義を標榜する
国家主義者のバグでも認めるだろう

16. 2016年3月14日 01:43:16 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[126]
「保健所で殺処分すれば、待機児童はゼロ」というホンネがポロリ。

さすが、ナチを理想とする政権。


17. 2016年3月14日 03:26:34 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[128]
>>2

>お日様が出て、世の中が明るい時間帯を、家族がバラバラになって職場や保育園や学 校ですごし、日が落ちた夜しか顔を合わさない生活が、家族の幸せなんだろうか?

それ、世界中一般の人びとが過ごしている普通の生活ですけれど?

父親、母親、子どもたち、それぞれが担っている社会的役割がちがうから
お日さまが出て明るい、活動できる時間帯には活動の場所がそれぞれちがう。

日が落ちて、それぞれが家に帰って来て一日の報告をしながら夕食の食卓を囲む。
実に平和で健康で、生産的なくらしだと思うけれど?

家族が、一日中一緒にいて社会的な役割を果たせるのは
ごく限られた家庭だけでしょうに。

ちなみに私も、小学校へ上がる前、保育園で友だちや保育士さんたちと過ごしたが
今思い返しても、実に幸せな充たされた子ども時代だった、と思ってる。
迎えに来てくれる母の顔も、我が子に再び触れる小さな喜びに輝いていた。

罵愚って本当に頭悪いね。


18. 罵愚[3358] lGyL8A 2016年3月14日 06:00:16 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[9]
Res15.
 そうかなぁ? 毛沢東もポルポトも文明の進化ではなくって、食糧増産と重工業を立ち上げるために大量の労働力を必要としており、家庭の女性にそれを求めた。まったくおなじ構図はナチスドイツ、軍国日本でも起きてるし、チャップリンの映画のアメリカでも見られる。つまり支配政権の思想に関係なく、経済成長が女性の労働参加を要請していた。
 社会の状況はまったく変わって、日本は成熟社会…経済的には低成長に悩む時代に入ってるのに、与野党を問わず、おなじ政策をとってるのが、問題の根幹だと思うよ。

19. 2016年3月14日 10:44:16 : VpqbKkIwFc : 9HuNY0oOt0A[74]
保健所に 行くのは 安倍君だろうに

20. 2016年3月14日 11:55:41 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[167]
19さん>>保健所に 行くのは 安倍君>>

その通り!
二度と帰って来れない。


21. 2016年3月14日 15:29:39 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[129]
社会的分業は人類の夜明けからあった。

罵愚がどの程度の過去を「幸せなくらし」としているのか知らないけれど。
生産性の上がらない生きるに精一杯の暮らしだったころには
大人は男も女も精一杯生産活動をしただろうし、
子どもも労働力だったことだろう。
それぞれ、できる仕事によって活動の場が違う。
幼児だって乳離れするや年長の子どもに預けられただろう。
子どもはたくさん生まれただろうが、たくさん死んでもいただろう。

そう言う暮らしを罵愚は「幸せ」というのかね。

一日中子どもに寄り添える「専業主婦」なんて
生産性が上がって余裕ができた現代社会のいびつさの産物でしかない
ということがわからないんだろうなあ。


22. 罵愚[3360] lGyL8A 2016年3月15日 05:27:38 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[11]
Res21
 「生産性の上がらない生きるに精一杯の暮らしだったころ」百姓も職人も商人も職住が接近してたから、両親の視野の中で子供は育っていたわけさ。いわば家庭と職場と保育園が同居していた。そういう暮らしをわたしは「幸せ」と呼んでいる。
 あなたは“生産性が上がって余裕ができた現代社会”で一日中子どもに寄り添える「専業主婦」を“現代社会のいびつさの産物”というが、余裕ができたのに子供に寄り添えない生活の、どこが余裕といえるのかね? あきらかな論理矛盾だよ。
 そりゃぁ。あなたが自己実現とやらで子供を保育園にあずけっぱなしで稼ぐのは勝手だが、それを福祉に押しつけるのは間違いだとわたしは思うのです。他人に育児を押しつけるには、それ相応の対価を自身で支払うべきで、政府に支払わせないのが“余裕ができた現代社会”の常識だろうと思うのです。

一日中子どもに寄り添える「専業主婦」なんて
生産性が上がって余裕ができた現代社会のいびつさの産物でしかない
ということがわからないんだろうなあ。


23. 2016年3月15日 07:18:15 : pDbAn87J3s : CeWXzBGGPFo[1]
>22
 使えない罵愚が妄想を述べ立てるのも結構だが、さて、生ゴミの王安倍晋三様は
>百姓も職人も商人も職住が接近してたから、両親の視野の中で子供は育っていたわけさ。いわば家庭と職場と保育園が同居していた。
世の中を作ろうとしているのかな?大企業を優遇するその政策を見れば極めて疑わしい。
ちなみに、リンク先は使えない罵愚が妄想する家族の赤裸々な実態を表すコメント
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/758.html#c18

24. 2016年3月15日 10:48:22 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[130]
>>22

>あなたが自己実現とやらで子供を保育園にあずけっぱなしで稼ぐのは勝手だが、それを福祉に押しつけるのは間違いだとわたしは思うのです。他人に育児を押しつけるには、それ相応の対価を自身で支払うべきで、政府に支払わせないのが“余裕ができた現代社会”の常識だろうと思うのです

そういうことを言ってる限り
子どもを生み育てたい、と思う女性は増えないし
少子化は決して解消されない、ってことがわからないようですな。

国家が少子化で困っているのであれば、
生み育てやすい施策をするのが行政の役割です。

女性に対してどれだけ「生め!」「自力で育てよ!」と言っても
人口は増えません。


25. 罵愚[3361] lGyL8A 2016年3月15日 11:48:17 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[12]
 全体主義政権の経済政策はヒットラーも毛沢東もレーニンも、働けるものは全員職場に集めて働かせる政策だった。その結果、生まれたのが福祉政策で、保育や介護が行政の役割となった。いわば戦争の準備が女性を労働に駆り出して、保育や介護を代行する福祉が政府の役割に肩代わりした。
 戦争が終わって平和な時代が訪れると、破壊された工場や住宅やインフラなどの復興のために女性を職場に集める政策だけは継続した。日本の福祉政策は大東亜戦争中につくられた仕組みが戦後も機能してるものが多いのは、そのためだ。高度成長期には、戦時とおなじように有効に機能した。
 皮肉にも、冷戦期の東側陣営への親近感の影響だろうが、日本の戦後平和主義勢力にも女性の社会進出は受け入れられて、その傾向の終末現象としての『保育園落ちた日本死ね』なのだ。ここでは戦後左翼と軍国主義とエコノミックアニマルが見事に一致している。

26. 罵愚[3362] lGyL8A 2016年3月15日 13:41:55 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[13]
Res24
 国家の意思や政策で一人っ子政策や産めよ増やせよが、あなたの理想ですか?

27. 2016年3月16日 00:27:25 : yZvW08wBEQ : VVRUTGfL_TU[15]
安倍は官僚の書いた文章の保育所という字を知らなかった
保育所という言葉も知らなかった意味も知らなかった
だから保健所と言ったのだ
これが我が国の総理大臣様だからね〜〜

28. 罵愚[3363] lGyL8A 2016年3月16日 04:31:01 : GNFmZoDNMo : bZEVgR_4Er8[14]
 毛沢東もポルポトも革命直後の社会的混乱の中、食糧増産と重工業を立ち上げるために大量の労働力を必要としており、家庭の女性にそれを求めた。まったくおなじ構図はナチスドイツ、軍国日本でも起きてるし、チャップリンの映画のアメリカでも見られる。つまり支配政権の思想に関係なく、経済成長が女性の労働参加を要請していた。
 社会の状況はまったく変わって、日本は成熟社会…経済的には低成長に悩む時代に入ってるのに、与野党を問わず、おなじ政策をとってるのが、問題の根幹だと思うよ。

29. 罵愚[3366] lGyL8A 2016年3月17日 05:20:08 : A0CDiVfZms : avdixHCN_UY[2]
 つまり、成熟社会とは生産力過剰の社会だ。日本も支那も人口のピークを過ぎて、労働生産人口の減少に悩むと予想する人のいる半面、人間の労働の49%は、ロボットに奪われるという予想もある。いま、ここで、どちらが正しいかの辻占いをしようとは思わないが、女性の社会進出が社会にとって、どうしても必要なことではないことは事実だ。
 支那と日本に共通してるのは、若年人口の減少で、日本は出産数の減少、支那は一人っ子政策が原因だな。欧米でも事情はおなじなんだが、かれらは移民を受け入れることで対応している。そして、その移民の受け入れは、それはそれで、あたらしい社会不安を生じている。
 ひとつ大切なことは、この問題にかぎって、他国の政策は日本の参考にはならないということだ。起きてる現象は大同小異なんだが、その現象が起きているベースとしての社会というか、背景というか、民族性のようなものが日本は特異であって、外国の政策は参考にならない。日本は、日本独特の政策をもたなければならないのだが、それがまた、あたらしい摩擦を生むかもしれない懸念を生むのだ。

30. 罵愚[3381] lGyL8A 2016年3月22日 09:16:28 : xK6VsCB8Zo : 8I20xSQCk7A[1]
 いまもむかしも女性を家庭から引きはがして、低賃金で働かせようとする政策の推進力は官僚機構だ。支配政権がファシズムだろうがコミュニズムだろうがデモクラシーだろうが、その権力を陰であやつり実質的に政治をコントロールしてきたのは官僚機構だ。かれらが失敗した経済政策を埋め合わせするために、女性を引っ張り出してきて低賃金で酷使する。
 革命で政治体制が変わると権力者の交代が起きるのだが、一掃されて入れ変わった権力構造のなかに生まれる官僚組織だけは、いつも、元のものとおなじ官僚機構が再構築される。よく民主主義は最低の政治システムだが、ほかにこれ以上に良いシステムは見つからないといわれるが、それは民主主義もほかの政治体制も、結局は官僚機構にからめとられて腐敗する現実を模写した表現なのだ。

31. 罵愚[3386] lGyL8A 2016年3月24日 06:29:30 : WxRgtY3VHg : BvRdN11DTDA[5]
 反対にもっとも自然で、安定した組織が家族だ。ひとは家族のなかに埋没している時間がもっとも安心できて幸福を感じる。とりわけ日本人は建国神話の時代から、それを知っていて、家族のような国家を理想として、疑似家族国家をつくってきた。
 この疑似家族国家の理念こそが、日本と日本以外の外国を分けている。日本人の民族性であり、神道が民族宗教であり、なにか組織をつくるとき、いつも家族を模した組織をつくる。
 現在の政治は、労働政策にしても、福祉政策にしても、文教政策にしても、この家庭の役割を国家や官僚組織が奪い取る不自然な政治になっている。端的な実例が女性の社会進出だな。

32. 罵愚[3387] lGyL8A 2016年3月25日 06:24:13 : WxRgtY3VHg : BvRdN11DTDA[6]
 幸いにして時代はロボット時代を迎えて、国内の労働力の49%はロボットに置き換えられる時代を迎えようとしている。そのうえ、高齢化社会は多大な老人の労働力を持て余している。60歳定年は65歳、70歳、75歳と後ろ送りされるだろうし、されなくても老人たちは仕事を見つけるだろう。この労働力過剰現象をピンチととらえるか、チャンスにできるのかが政策選択の分かれ道だろう。
 悲観者は仕事が減って賃金が低下し、女性までもが働かなくては生活できなくなると考える。『保育園落ちた日本死ね』の世界だな。反対に楽観者は、女性活躍社会の女性の活躍するフィールドはビジネスの現場にはかぎらないと考える。子育てや近所づきあいや日常生活そのものが活躍のフィールドだと思えばいい。
 裏返すとこれは、労働をなんだと思うのか? 生活資金を稼ぐための奴隷労働、自己実現、生きがい…さらに、個人ではなくて、社会の暗黙の了解としてのコンセンサスとして、労働をなんと考えるのかの答えが求められているんだろう。ひとつの答えとして、社会主義者や共産主義者が、この議論に参加する資格はない。そういう時代ではないのだ。

33. 罵愚[3393] lGyL8A 2016年3月28日 17:12:16 : bnp0X1FLVU : U3qvjanXoNM[1]
 現存する…あるいは過去に繁栄した、あらゆる国家は官僚統制国家だった。専制的な独裁者、皇帝、全体主義、共産主義、ファシズム…そういうものから権力を取り戻そうとしてきた民衆は、結果的にはその権力を官僚にだまし盗られて現代がある。アメリカの金融資本主義だって、金融資本に国家権力を売り渡したのは民主党と共和党の政権スタッフとしての官僚群だろう。
 選挙権が18歳に引き下げられる予行演習として、政治家が高校生に主要政党の政策を説明した後、支持政党をアンケートしたところ、トップが共産党、次席が大阪維新だった。これって、アメリカのトランプ旋風と共通するところがある。
 独裁者、皇帝、全体主義、共産主義、ファシズム…そういうものから権力を取り戻して民主主義をつくりあげた後、民主主義はそれを官僚組織にからめとられてしまった。深層心理のところで民衆はそれに気づきはじめている。官僚に盗まれた民主主義社会が現在で、共産党や維新の人気や安倍政権への期待はそれにつながってるのだと思う。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK202掲示板  
次へ