★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202 > 714.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
暴行を告発された河井首相補佐官の地元で“落選運動”急拡大(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/714.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 13 日 07:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


暴行を告発された河井首相補佐官の地元で“落選運動”急拡大
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177189
2016年3月13日 日刊ゲンダイ



中村氏の左腕に残る痛々しいアザ(左・提供写真)、河井氏の公式HPから削除された抗議文


「週刊文春」(3月10日号)に元秘書に対する「暴力とパワハラ」を報じられた安倍首相の“側近”河井克行首相補佐官。


 本人は公式ホームページで〈記事の内容はその大半が悪意に満ちた事実無根、事実誤認であり、非常に許しがたいものであります〉〈週刊文春への謝罪及び訂正記事掲載等を求める通告書を出した〉と反論したが、11日、ひっそりと“抗議文”が削除された。


 消された河井の“抗議文”に怒りをあらわにするのが、週刊文春に実名告発した元秘書の中村秀雄氏(74)だ。中村氏は1999年4月から7月にかけて河井氏の秘書兼運転手を務めた。その直後から、運転の仕方や言葉遣いが気に食わないと革靴のまま左腕を蹴りつけられ、全治2週間の大ケガを負った。日刊ゲンダイ本紙が入手したのは、その時の痛々しいアザが残る証拠写真である。


「私が河井氏に毎日のように殴る蹴るの暴行を受けたのは、紛れもない事実です。何が事実無根なのか。ウソと言い張るなら、週刊文春に通告書を出す前に、私に抗議すべきでしょう。なんなら、国会に呼んでもらって証人喚問してくださって結構ですよ。あの人はいつも平気でウソをつく。いつでも私に蹴りを入れられるよう、当時乗っていたセルシオの助手席をわざわざ倒すように命じていたじゃないですか。思い出すだけで鳥肌が立ちます」


 中村氏は広島県警に傷害罪で河井氏を2000年12月に告訴。県警はこれを受理したが、河井氏は不起訴処分となった。中村氏は今でも悔いていることがあるという。告訴前のまだ河井氏の秘書だった当時、河井氏の選挙ポスターをカッターナイフで切り裂き、器物損壊で現行犯逮捕されてしまったのだ。


「どうしても河井氏のことが許せずカッとなりやってしまった。そのことは反省しています。しかし、だからといって、私に暴行を加えたことが事実無根ということにはならない。今では、ただただ悔やまれます」


 河井氏の中村氏に対する“暴行”は事実無根なのか。河井氏の事務所は弁護士を通じてこう回答した。


「週刊文春に対して通告した理由のひとつは、記事中の中村氏の逮捕時と告訴時の時系列が違っていたからです。しかも河井氏は不起訴処分になったわけだし、15年以上前の話を今さら蒸し返す目的が不明です」


■地元広島には「嫌いな人」がいっぱい


 中村氏のように河井氏に迷惑を被った人は地元にたくさんいる。今、河井氏の選挙区「広島3区」では、「被害者の会」が結成されようとしている。その名も「広島KKK」。「河井克行が嫌いな会」を略したものといい、元秘書、地元県議、市議、創価学会員、元同級生などがズラリと名を連ねている。参加者のひとりがこう語る。


「私らは、本当に河井氏に辟易しとるんです。次の総選挙で保守系の無所属を擁立し、河井氏を蹴落とすために全力で応援するつもりです。創価学会婦人部も彼の横暴さを毛嫌いしています。約2万票ある学会票も対立候補に流れるように運動しとる最中です」


 地元では急速に落選運動が広がっている。安倍側近で安泰なんて思っていたら大間違いだ。


関連記事
《告発スクープ》安倍首相〈河井克行〉 補佐官の暴力とパワハラ 秘書への傷害事件で刑事告訴も〈証拠写真入手〉(週刊文春)
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/339.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月13日 07:49:01 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[118]
山口県民は
国民を守る気は微塵ともない
ゲス総理を守るというのか
であるなら
山口は管元総理に加え
ゲスの県民性なのか

2. 2016年3月13日 18:31:52 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[191]
ハイ!既に4年前からこの河井には投票していません。

が、なぜか当選する!

腹立たしかった。

ネオコンで弱肉強食だったネ、やっぱり。とんでもない男だった。

ジャパンハンドラ-のアメリカ人と親しく写真撮っておるなんて、ゾ-トします。

いつから自民党は変質したのでしょうかね?

小泉政権から、国民に寄り添った政権でなくなりました。


3. 2016年3月13日 18:44:32 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[192]
私設秘書が250人も辞めている、と書かれていた。
これは異状も異状。

ブラック職場であることは、正しいようです。

政治をしているのでしょうか?。

”県会議員にならんか?何もしなくても1000万の年収はあるゾ。”

これにはビックリ・ポン。

広島県人が泣きますよ。そういえば、この妻が市会議員。

政治界のシロアリ、ダニの部類かもしれません。

政治家は、質が落ちました。


4. 2016年3月14日 07:18:39 : Mz0XqnNMiM : ckkee8p_mbo[110]

●組織的日本国憲法反逆者&組織的日本国憲法否定者証明の証拠・論拠のてんこ盛り〜♪

の★「安倍晋三とバックの新自由主義日本乗っ取り勢力」の最大の弱み〜

 それは、・組織的日本国憲法反逆者、かつ・組織的日本国憲法反逆者のくせに、なんと、★日本国憲法擁護者の偽装をしていることです。
 
 誰だって大嘘だってことは知ってますね。「日本国憲法擁護者・遵守者の偽装」を日本国憲法の正当性の根拠の上で、単純論理でしっかりと組んだ売国奴勢力の偽装証明の材料には事欠かなくなった今日そう難しい作業ではありません。

 日本国に公的責任を担う日本国民ならば、誰だって、この「日本乗っ取り勢力の偽装の証明」くらいできないといけませんよ。たくさんあるのだし、まっすぐに正当に効果的につなぎ合わせていけばよいのです。そしたら、日本国憲法の公的責任全うの一線の向こう側≠ノ安倍晋三看板の新自由主義nwo傀儡勢力側全員の足場があるのがまるわかり〜ではありませんか?
 日本国憲法の責任を負うかどうかという一線で、安倍晋三と賛同者背景一味は全員がなんと向こう側≠ノ足場がある人間達なのです。超違反ポイントに全員をつなげていけばよく見えてくる。誰も日本国憲法擁護遵守の責任を護りません。別の表現で職務放棄責任放棄と言います。
 日本国家の営みの根幹を構成する日本法の日本国憲法に対しての責任を、命がけでも守り抜き、巧妙な薄汚い破壊者どもには徹底的に抵抗するぞ、という人を現在でも私は数多くの人々の顔を思い浮かべることができます。相手は薄汚い狡猾な詐欺師の集まりです。誇り高い真の日本国民が負けてはいけません。

[32初期非表示理由]:担当:同じ事を無関係スレに何度も書くのでアラシ認定で全部処理

5. 2016年3月14日 10:26:04 : cfEXT28DzY : wP4v2C9Cl60[301]
しかし出ますね〜自民党から魑魅魍魎が〜。
なんだかウジャウジャだね。
パンツだの、うちわの携帯読書いねむり大あくびだの、収賄甘利だの、浮気男だの
今度は今度は暴力議員。

うわっ〜!
覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは自民党北海道連の青年局長を務める石狩市会議員の大平修二容疑者。
まで出たー!

安倍晋三は国民ばかりを引き締めて、議員の引き締めが足りなかったんじゃないの?


6. 2016年3月14日 15:59:03 : L2BfDE3boE : BA7llApYqRE[487]
安倍総理の周りは国会議員と言うより右翼、暴力団の人間の集まり、酷さ通り越して空いた口がふさがらない。こんな議員とも呼べない資格のない人間たちに一人1億もの血税がかかっている。本当に腹立たしい。自民党議員は落選させるべき、自民党いらない!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK202掲示板  
次へ