★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203 > 172.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪超必読≫ここ数カ月の米大統領選でバレちゃった!「TPPは強者(大企業)のためのもの」というドン引きの事実!候補全員反対
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/172.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 19 日 14:55:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【超必読】ここ数カ月の米大統領選でバレちゃった!「TPPは強者(大企業)のためのもの」というドン引きの事実!候補全員がTPP反対!
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/14497
2016/03/19 健康になるためのブログ



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160317-00088054-diamond-bus_all&p=1

環太平洋経済連携協定(TPP)が、各国の批准を前に、失速し始めた。「21世紀の経済ルールを描く」と主導してきたアメリカで鮮明になっている。オバマ大統領は残る任期で批准を目指すというが、肝心のTPP実施法案の成立は絶望視されている。


大統領候補の指名レースで、「TPP賛成」だった共和党のルビオ候補が地元フロリダで負け、撤退を表明。TPPを担ぐ候補は1人もいなくなった。トップを走るトランプ候補は「完全に破滅的な合意だ」と歯牙にもかけない。民主党ではオバマ政権でヒラリー・クリントン候補が「反対」を表明。追撃するサンダース候補はTPP批判の急先鋒だ。


小国連合だったTPPはアメリカにハイジャックされ、針路が変わった。操縦桿を握るのはアメリカ発のグローバル資本である。


「米国でTPP交渉を担当するのは通商代表部(USTR)。ここは商務弁護士の巣窟でアメリカに都合のいいルール作って世界で覇権を目指す戦略的部門です」


アメリカの都合が優先されるTPPなのに、なぜアメリカで評判が悪いのか。ここにTPPの本質が滲み出ている。


 「アメリカ」と一言で語られるところに盲点がある。アメリカの誰が利益を得るか。アメリカ内部でも利害は錯綜している。


 オバマ政権で国務長官を務め「賛成」のはずだったヒラリーが「反対」に回った最大の理由は、労働組合がTPPに反対しているからだ。自由貿易は外国製品の流入を招き労働者から職場を奪う。1980年代に日米摩擦が吹き荒れたころと同じ論理が持ち出された。当時「雇用の敵」は日本製品だった。今は中国、韓国などアジアからの輸入が心配されている。


政界で大きな顔をしている政治家が、社会の一握りでしかない強者と結びついていることに有権者は反発し、TPP論議に火がついた。


資産家であるトランプ氏、市民から小口の献金を集めるサンダース候補の登場が、タブーを破る論戦を生んだ。


製薬会社が強者の象徴として矢面に立っている。「国民は満足な医療を受けられないのに、製薬会社は高価な薬品を売りつけ大儲けしている」と製薬会社はやり玉に挙がった。ファイザーを始めとする米国の製薬業界は豊富な資金力を使い、TPPを動かす有力ロビー団体だ。交渉の最終局面でも知的所有権問題で、新薬特許の有効期限を長期化するよう圧力をかけ続けた。


既存の政治が自分たちの方を向いていないと気づき始めた民衆が、TPPの胡散臭さにも気づいたのである。


日本はどうか。政府は4月1日、TPP関連法案を閣議で決定した。4月中に国会で審議し、法案を通す構えだ。米国で「反市民的」と見られ始めたTPPが日本では、「成長戦略の要」として吹聴されている。


秘密交渉ですべての資料が非公開とされ、協定全文が「公表」されたものの膨大かつ専門的で読めるものではない。議員や専門家が調べても、細部は分かっても全貌は掴みづらい。。政府は都合よい試算を示すだけで、全体像を分かりやすく国民に示す気はない。国民や国会の無理解をいいことに形式的な審議で国会を通してしまおう、という魂胆だ。


 メディアの動きも鈍い。情報や解説を役所に依存している。TPPで得をするのは誰で、損をするのは誰か。農業の問題はいろいろ議論されたが、農業はTPPの中心テーマではない。


 誰が得をするのか、を探るなら、TPPを推進したのは誰かを見れば分かることだ。


 米国の「TPP交渉推進企業連合」に参加するグローバル企業が旗頭である。これらの企業が何を求め、どれだけ実現されたのか。その結果、日本でどんな変化が起こるのか。将来に向けていかなる布石が打たれたか。


 日本に限って言えば、米国の年次改革要望書に沿った市場開放要求がTPPの骨格になっている。ではその見返りに日本は何を取ったのか。防戦を強いられ、大幅に譲歩した農業分野の陰で、日本は何を失ったのか。その検証が必要だ。米国と同じように、日本のグローバル企業は途上国で活動の自由を広げただろう。しかしアメリカ市場では乗用車の関税撤廃が30年後になったように、抑え込まれた分野は少なくない。


 政府がやりたがらないなら、国会とメディアの出番だが、一部を除いて無気力さは目を覆うばかりだ。このことは改めて書く。


 アメリカでは、強者に丸め込まれる政治に有権権者の怒りが爆発した。TPPまで問題にされた。「21世紀の経済ルール」というもっともらしい表書きの裏に「強者による市場支配」が潜んでいることに市民が気づき始めた。日本はまだそこに届いていない。


以下ネットの反応。












この記事は長いですけど、記事元行ってジックリ読むことをオススメします。


アメリカの庶民の間ではずっとTPP反対活動が行われていましたが、署名・批准という最後の最後で、大統領選という舞台もあり、一気に「TPPは大企業だけが利益を増加させ、かわりに庶民の生活をぶち壊すもの」ということが表面化し、全米の話題になりました。


これを顕著に示すのがクリントンのTPP反対への変節です。大企業の手先であるクリントンまでもがTPP反対と言わなければ、票が集まらなくなったのです。


日本のメディアは大統領候補がTPP反対であるとはかろうじて報道しますが、なぜ全員が反対なのかは報道しません。大企業がスポンサーだからできないんですね。


しかし、ここ数カ月で「大企業の世界支配」というものが一気にあぶりだされ、世界的に表面化したことは本当に喜ばしいことです。「政府のバックに大企業アリ」という正しい構図が見えないと、いろんな問題の真相が見えてこないんですよね。


僕は安倍政権に逆風が吹き、野党が国民寄りになったのもアメリカのこの流れの下にあると思います。この流れをモノにするためにも、この事実「TPPは強者(大企業)のためのもの」を多くの人が知る必要があります。


元TPP大臣のお涙ちょうだいに騙されている場合ではありません。


米大統領選で自壊し始めた「強者のためのTPP」
http://diamond.jp/articles/-/88054


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月19日 15:30:24 : EbJy0ZIsUU : y4Wc_4VFcsk[2]
野党連合は反TPPを鮮明に打ち出すべし!

そして、1000万票と言われる農協票をごっそりと頂きましょう。

農家の本心は反TPPのはずだから、

野党連合が公約として確りと打ち出せば必ず支持を得られる。


2. 佐助[3455] jbKPlQ 2016年3月19日 16:16:56 : 9WzTFdu8Dw : EvnuAppFUfU[171]

99%の不幸と1%の富と「強者のためのTPP」

2008 年のリーマンショック後も、世界の政治と経済の指導者は、自国の農業畜海産と対外競争力の低い中小企業を犠牲にしても、関税障壁を低くし、外資を導入し、土地や株のバブルを復活させれば、恐慌にはならない、と確信したのですが世界恐慌(信用収縮・金融鼠講)では,経済鎖国が有効で,自由貿易主義になると格差を助長させ,国民に耐乏押し付けることになる。この時にトリクルダウンや消費税増税は,貧困化を構築させる。平時の経済学は諸刃の剣となる。

しかもTPPの関税引き下げのように「貧乏人には我慢、金持ちには借金棒引きでは、バブルの発生は避けらないし、回復する時間を長期化する」(注;金持ちの借金棒引きとは、破産は再生機構に移し借金を棒引きし、政府保証で担保なし融資、企業と金持ちの減税や還元や補助金などである。貧乏人の我慢とは、自己破産のハードルを高くし、生活保護を減額し、消費税増税することである。)

世界の信用が収縮しているときに世界的な一括関税引き下げは挫折すると,そのために,すべての企業は,内需の縮小を外需の拡大でカバーすることは,不可能となる。そこで内外の市場は加速される。しかも逆に内閣支持率や政権の支持率が上がると,貿易・外資増加にマイナスに作用するために諸刃の剣となる。

さらに世界恐慌では,これまでと同じやり方,貿易拡大・外資導入・緊縮財政・信用の拡張・補助金などで乗り切ろうとすると経済はますます泥沼化する。2006年にすでに世界的関税引き下げは挫折している。これは世界恐慌の渦中にあることなんです。今もさらにどんどん進行し続けている。


3. 2016年3月19日 17:37:05 : NNHQF4oi2I : p@MqjzZMakU[298]
<<僕は安倍政権に逆風が吹き、野党が国民寄りになったのもアメリカのこの流れの下にあると思います

 野党は TPP反対を 一言も言わない

 消費税も 廃止とは言わない

 裁判官の 腐敗も言わない

 野党も 自民党と同じ 詐欺師

 


4. 2016年3月19日 20:07:59 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[130]
条約の全文を自国語で読める国と自国語の翻訳文書を絶対出さないしマスゴミも伝えない国の違いだろう。

5. 2016年3月19日 21:02:31 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[445]
TPP ヒラリーさえも 顔しかめ

6. 2016年3月20日 17:58:15 : fSU99fip46 : fO6pYJLaF4o[39]
日本では、缶直人が唐突にTPPを平成の開国といい押し進め野田が12年衆議院選の選挙公約がTPP参加であった。
そのくせTPP反対の党は阿修羅では人気があったが実際選挙をやれば大敗。
この国の政治に対する意識はアメリカ国民に比べてかなり遅れている。
対米自立したあとこの国の意識をあげないと大変なことになる。

それとTPPが次期アメリカ大統領によって、つぶされることに感謝それと同時に将来をおもうと不安


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK203掲示板  
次へ