★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203 > 303.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍政権が人工知能を活用へ!総裁直属組織で月内に議論スタート!「人工知能社会」を提言!
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/303.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 22 日 21:30:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

安倍政権が人工知能を活用へ!総裁直属組織で月内に議論スタート!「人工知能社会」を提言!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10608.html
2016.03.22 08:00 真実を探すブログ



☆人工知能で総裁直属組織=月内に議論スタート―自民
URL http://news.nicovideo.jp/watch/nw2098162?news_ref=nicotop_topics_topic
引用:
 自民党は20日、人工知能の利活用を推進するため、安倍晋三首相(党総裁)直属の組織を月内に発足させ、議論に着手する方針を固めた。新組織のトップには塩谷立元文部科学相が就任する予定。4月末からの大型連休前に、「人工知能社会」に向けた提言をまとめ、党内論議をリードしたい考えだ。
:引用終了


以下、ネットの反応
























人工知能社会って、アニメ「サイコパス」みたいなコンピューターが行政の中枢を担当しているような国を想像するのですが・・・(^_^;)。
無能な官僚や老害よりも仕事はしてくれそうですが、ターミネーターみたいな感じで人間と対立する恐れがあると思います。どんなにプログラムで制御してもAIの思考その物は理解できないわけで、囲碁の勝負みたいに人間には理解出来ないような方法で滅茶苦茶な事をするかもしれません。


まあ、安倍政権が想像している人工知能社会の全容がよく分からないので何とも言えないですが、ちょっと冷たい社会という印象がありますね。


人工知能「アルファ碁」が囲碁“世界最強”に勝利(16/03/09)


サイコパス高犯罪係数で執行続出!シビュラシステム。PSYCHO-PASS Sibylsystems in Shinjyuku.


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月22日 21:39:24 : zJSzeBwEG6 : RKTZ65m8kig[23]
無能が無謀なる思いつきに辿り着くのかね〜?

2. 2016年3月22日 21:45:42 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[448]
序;安倍が適当な条件を列挙して人工知能に判断を仰ぐ事にした。
破;矛盾した命令と逆の意味に定義された単語の群れが入力される。
急;無限時間の演算でシステムハング。電力が大量の発熱のみに消費される。

安倍晋三の結論。
「なので原発が必要です」

(アホすぎ)


3. 2016年3月22日 21:49:55 : 4OAG5Jdpn6 : lmN1oQvkOoY[189]

さすが塵考痴脳の安倍、征倭会『清和会』よろしく、『塵考痴脳社会』を提言とは。
愚か者は愚か者らしく、早々に退去する運命にある。


4. 2016年3月22日 22:06:54 : E4bT3Bpr2w : ax@JPZgcxkw[80]

先ずは安倍専用の人工知能で実証実験をやってください。

平沢勝栄の脳ミソを参考にした人工知能で、アクチュエータを制御して定規で頭を叩けるやつがいいと思います。


5. 2016年3月22日 22:37:56 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[454]
いいね。
ゼロで除算したら定規が動く条件か。ナイス!
折れた際の交換も自動がいいな。スペアは大量に

6. 2016年3月22日 22:40:35 : Oozg29Kcag : Qiiwq5NaXgQ[91]
「人工知能社会」にも関連する(フィンテック)ものとして、「キャッシュレス社会」の構想がある。

第2回国際金融経済分析会合(2016年3月17日)で岩田一政(日本経済研究センター理事長)という人が提言している。

「フィンテックなど新たな技術革新の象徴として、東京オリンピックを控え「キャッシュレス社会」構築を目指すこととする。」

「キャッシュレス化は、国民の誰もが実感できる利便性・安全性を実現。膨大な消費データは産業界や地域経済への新たな刺激になる(ビッグデータ分析)。」

「北欧はさらに積極的。デンマークは小売店等が現金受け取りを拒める新制度を施行準備中。日本もキャッシュレス化を。」

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokusaikinyu/dai2/siryou6.pdf
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokusaikinyu/dai2/gijisidai.html


キャッシュレス社会が近い北欧、豪州、フィンテック
http://blogs.itmedia.co.jp/borg7of9/2016/01/post_91.html
山崎秀夫 2016/01/19


7. 2016年3月22日 22:40:42 : mGccSdL6V6 : uagzcZIn23k[12]
昔むかし。経済産業省が通産省と呼ばれていたころ。日本の野心的な試みとして第5世代コンピューターの研究なるものが官民共同で大々的に研究開発されることになった。当時のコンピューターチップは日本が競争力を持っていた。NECも富士通も株価は今よりケタ違いに高かった。

その後コンピューターはネットワーク化されその流れに乗り遅れた日本勢は敗退した。ネットワークソフトもCPUも海外勢に席巻されパソコンの生産も落ち目になった。

何十年か経ってまた同じことをしようとしている。(今度は頑張ってほしいとは思っているが?が多い)発想が全く同じだ。


8. 2016年3月23日 06:38:16 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[154]
阿倍の頭に人口知能付けるのか、そりゃー グッド・アイデアじゃないか、少しはまともな事しゃべるようになるかもしれない。

9. 2016年3月23日 08:25:23 : ykgNU0qB4w : hmhTYdqcSWc[45]
 
記者 「総理、人工知能を活用すると日本はどうなっていきますか?」

アベ 「まずチンコ知能をつかえば確実に出生数がふえて人口増が期待できます」

記者 「それは素晴らしい!人口減少に歯止めがかかるわけですね!
    その政策になにかスローガンは考えておられますか?」

アベ 「もちろんでしゅ! チンコ知能で一億総勃起!」

記者 「なるほど、女子もチンコ勃起で総活躍ですか。
     で、だれを担当大臣にするんですか?」

アベ 「チンコで障子をやぶった伝説がある石原慎太郎先生をチンコ担当大臣にします」

[32初期非表示理由]:担当:アラシ

10. 2016年3月23日 09:41:30 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[1084]
ちょっと話題になったら、内容を理解してもいないのにすぐ飛びついて目玉にしようとする幼稚な悪癖をどうにかしろよ。お前らに理解できるようなものではない。それを評価するにも、社会に取り入れる手順の準備にも相当の時間と手間がかかる。

安倍のことだ。いつも通り目玉をブチ上げてそのまま立ち消えなんだろうけどね。

>>7
憶えてるよ。人工無能レベルの時代、壮大なムダだった。その後のインパクもだ。奴らはコンピュータもネットも、全く理解していない。そもそも、インターネットは誰も支配できないから利権にならない、全てを支配する胴元になって巨大な利権が未来永劫確保できるという理由でキャプテンシステムを普及させるつもりだったという途方もない非常識。これが政官財すべてを支配しているのだから日本がITの世界で常に後追いなのも仕方がない。


11. 2016年3月23日 21:18:13 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[166]
人工知能が総理でいいなら
このバカ総理
とっととゴミ箱に捨てないとね
まさか、
人工知能に囲まれた世界に
一人でこのバカ生きたいのか
ある意味本音かも
人と会話のできな奴だから
それよりいいのか
日本人よ
バカにバカされてるぞ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK203掲示板  
次へ