★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203 > 785.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日米韓の結束強化を強調するだけで終わった核サミットー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/785.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 02 日 14:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

日米韓の結束強化を強調するだけで終わった核サミットー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1soh0qa
2nd Apr 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


私が予言した通り、安倍首相の今度の核サミット外遊は、

日米韓三カ国の同盟強化を強調する以外、何ひとつ見るべきものはなかった。

 それどころか、日米首脳会談では、

「辺野古が唯一の解決策だ」といいながらなぜ和解したのか、とオバマに詰め寄られ(4月2日朝日)、

核サミットのタイミングに合わせて実施された日本からのプルトニウム返還は、

まるで核がテロに渡る事を防ぐための成果だ、と言わんばかりだ。

 日韓首脳会談では、日韓で合意したはずの元慰安婦を支援する財団設立や、

ソウルの日本大使館前にある少女像移転について、具体的進展は何もなかった。

 そして、日韓間のもうひとつの懸念である歴史認識・領土問題については触れなかった(4月2日日経)。

 唯一の成果は北朝鮮を抑止する日米韓同盟の結束強化だ。

 しかし、それをあざ笑うかのように、タイミングを合わせて北朝鮮は挑発行為を繰り返す。

 こんな応酬がエスカレートして不測の事態に発展すればどうするのだ。

 これほど不毛で、間違った日米韓同盟の結束強化はない。

 ところが、それを指摘するメディアは皆無だ。

 それどころか、いまでは朝日よりもリベラルと評価される東京新聞ですら、

日米韓首脳会談を「東アジア安定の礎に」と題する社説を掲げる始末だ(4月2日社説)。

 ここまで日米韓三カ国の同盟強化が喧伝されては、私が間違っているのか、と思ってしまう。

 もちろん、そんな事はない。

 北朝鮮に対する制裁には厳しく臨むが、北朝鮮を追い詰めるべきではない。

 これこそ、安倍首相の日本が率先して唱える事なのに、習近平の中国に先を越されてしまった。

 その事を何も書かない日本のメディア。

 間違っているのは安倍首相の日本とそれに迎合する日本のメディアの方である。


           ◇

日米韓首脳が会談 東アジア安定の礎に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016040202000166.html
2016年4月2日 東京新聞社説

 日米韓の首脳は北朝鮮の核・ミサイル問題などへの対応を協議した。混迷する東アジア情勢を安定させるため、いっそうの対話と連携が必要だ。

 日米韓首脳はワシントンで会談し、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議や各国独自の制裁を徹底するよう確認した。日米韓が安全保障分野で協力を強化することでも意見が一致した。

 北朝鮮の軍事技術はどこまで進み、何が脅威になるのか。

◆北朝鮮の暴走止めねば

 最終目的は米本土まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発だ。核兵器の小型化、ミサイルの固体燃料開発や、大気圏再突入の実験に成功したと主張するが、多くの専門家はまだ開発途上だと分析する。訓練の内容や画像を盛んに公開するが、「威嚇のパフォーマンスが、手の内をさらす結果を招いている」(韓国紙・朝鮮日報)との見方もある。

 だが、中、短距離ミサイルは移動式発射台を使ったとみられ、米韓当局も事前探知が難しかった。既に実戦配備され、射程に入る日韓両国には深刻な脅威になる。

 三首脳は安保協力の強化を確認したが、北朝鮮の動向に関する正確な情報交換、分析がスタート台になる。連携して北朝鮮の暴走を止めなくてはならない。

 朝鮮半島では米韓の合同軍事演習が四月下旬まで実施され、対抗して北朝鮮も挑発行動を続ける。一方が相手の行動を誤って認識、判断して、偶発的な衝突が起きることが何より懸念される。米韓両軍は北朝鮮を抑止しながら、自らの行動にも抑制的な姿勢が求められる。

 北朝鮮は五月に労働党大会を開催する。金正恩第一書記は権力基盤を固めるとともに、新たな経済政策を打ち出すとみられる。国際社会による制裁が効果を挙げ、北朝鮮が経済支援を求めるようになれば、各国との外交に乗り出す可能性が出てくる。日本を含む関係国は、党大会後の動きを注視する必要がある。

 安倍晋三首相が一連の会談で強く打ち出したのはアジア・太平洋地域の安全保障に関し、積極的な役割を果たすという姿勢である。背景には、先月二十九日に安保関連法が施行されたことがある。

 「専守防衛」を国是としてきた日本は、朝鮮半島など周辺地域で武力紛争が起こった場合の安保・防衛協力について、後方地域での支援にとどめてきたが、安保法施行で、日本が直接攻撃されていなくても、日本の存立が脅かされる「存立危機事態」と政府が認定すれば、集団的自衛権の行使が認められ、自衛隊が米軍などとともに戦えるようになった。

 しかし、集団的自衛権の行使が憲法九条に違反すると指摘される状況に変わりはない。北朝鮮や中国に対抗する形で、軍事協力をことさら強化すれば、地域の軍拡競争を加速させる「安全保障のジレンマ」に陥る可能性がある。

◆軍事のみに偏らぬよう

 地域の安定に向けて関係国が連携を強めるのは当然としても、それが軍事面に偏らぬよう、慎重な対応が必要だ。

 日米首脳会談では、沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への「移設」計画をめぐる裁判で、日本政府と、計画に反対する県とが和解したことも議題となった。

 オバマ大統領が計画の遅れに懸念を示したことに対し、首相は「『急がば回れ』の考え」と、計画推進の立場に変わりはないと強調した。

 とはいえ、在日米軍専用施設の74%が集中する沖縄県内で米軍基地を「たらい回し」する辺野古への移設では、基地負担に苦しむ沖縄県民にとって抜本的な負担軽減にはつながらない。

 首相はなぜ、普天間飛行場の国外・県外移設を提起しなかったのか。米大統領の「懸念」を理由に県内移設を強行するなら、失うものの方が大きい。

 日韓の首脳会談では、昨年末の慰安婦問題に関する合意を着実に履行することを確認した。

 韓国政府が被害者を支援する財団を設立し、日本政府が十億円を拠出することで合意した。朴槿恵政権は十三日の総選挙終了後、本格的に動きだす見通しだ。

◆慰安婦被害者の理解を

 存命の元慰安婦は四十四人。韓国政府は二月初めまでに二十人から意見を聴取し、うち十六人が日韓合意を評価したという。支援団体と行動を共にする元慰安婦たちは聴取に応ぜず、日本政府に謝罪と国家賠償を求めている。

 韓国世論は日韓合意に反対論が多いが、元慰安婦の平均年齢は九十歳に近く、残された時間は多くはない。まず韓国政府が被害者たちと向き合って財団設立に理解を求めてほしい。同時に日本側も面会などを通じ、謝罪といたわりを伝える努力が必要だ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月02日 15:16:34 : R8A81QhGFI : zfLxttV4ej4[2]
>ところが、それを指摘するメディアは皆無だ。

−−メディアの記者は管理者ではない。
  天木氏に指摘されるまでもない。

  雇われ社員は国民の目線で記事を書き
  報道してこそ視聴率購読者を増やし
  
  給与を貰えるのでは?ヒラメを卒業して
  頑張れサラリーマン諸氏。
  


2. 2016年4月02日 15:27:52 : rjXGDn84NE : uAYUJy2XC40[5]
日米韓首脳会談、北朝鮮めぐり連携確認 安保分野で協力
2016年4月1日14時02分 朝日新聞

 安倍晋三首相とオバマ米大統領、朴槿恵(パククネ)韓国大統領による日米韓首脳会談が3月31日午前(日本時間同日深夜)、米ワシントンで開かれ、3首脳は北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり安全保障分野で緊密に連携する方針を確認した。安倍首相はその後、朴大統領と日韓首脳会談を行い、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意を着実に履行していくことを確認。拉致問題の情報共有を進めることでも一致した。

 日本政府によると、首相は日米韓首脳会談で「北朝鮮の挑発行動に歯止めをかけるため、日米韓の安全保障、防衛協力の強化が喫緊の課題だ」と述べ、3カ国の安保・防衛協力の具体化を進めるよう事務当局に指示する考えを示した。首相は北朝鮮に対する国連安全保障理事会決議の採択に向けた米国の取り組みを「国際社会の断固たる姿勢を示すことができた」と評価。3首脳は、北朝鮮による拉致問題やテロ対策でも3カ国の連携を確認した。

 その後、約20分間にわたり日韓首脳会談となった。日本政府によると、首相は日韓合意について「両国内で様々な問題を抱えているが、リーダーシップを持ってこの合意を着実に実施していきたい」と表明。朴氏も合意を誠実に履行していくとの認識を示した。日韓合意には元慰安婦を支援する財団に日本が10億円を拠出することや、韓国が在韓日本大使館前にある少女像の問題解決に努力することなどが盛り込まれたが、今回の会談で具体的なやり取りはなかったという。

 北朝鮮問題について朴氏が首相と2度にわたり電話協議したことに触れ、「国連安保理決議などに良い影響を与えた」と指摘。首相は「日韓、日米韓の安全保障協力を様々な形で一層深めたい」と応じた。

 北朝鮮による拉致問題をめぐっては、朴氏が「韓国も同様の問題を抱えている。互いに協力し、(被害者)家族の皆さんに寄り添って協力していきたい」と語り、解決に向けて連携していく考えを表明した。(ワシントン=池尻和生、東岡徹)

http://www.asahi.com/articles/ASJ414F2WJ41UHBI00C.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK203掲示板  
次へ