★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204 > 215.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/215.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 08 日 19:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 




安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか
http://lite-ra.com/2016/04/post-2142.html
2016.04.08. 安倍が「TPP反対言ってない」と大嘘 リテラ


               
安倍晋三公式サイトより


 またしても安倍首相がお得意の二枚舌を披露した。昨日、衆院TPP特別委で、民進党・柿沢未途議員から「かつては断固反対と言っていたTPPに活路を見出そうとしているのではないか」と質問された安倍首相は、平然とした表情で、こう言い放ったのだ。


「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから。まるで私が言ったかの如くのですね発言は慎んでいただきたい」


 ……言葉を失うとはこのことだ。柿沢議員は、安倍氏が自民党総裁として立ち、与党に返り咲いた2012年総選挙時の「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」という自民党ポスターを突きつけていたが、それを見ながらなお、安倍首相は「TPP反対なんて言ってない」とシラを切ったのだ。


 ご存じの通り、この総選挙で安倍総裁はTPP反対を公約に掲げ、当然ながら安倍氏自身も「TPP反対」と何回も口にしている。たとえば、2013年2月23日の記者会見でも、オバマ大統領との日米首脳会談について問われ、こう述べている。


「私からは先の衆院議員選挙で聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉に、交渉参加に反対するという公約を掲げ、また自民党はそれ以外にも5つの判断基準を示し政権に復帰をした、そのことを大統領に説明をいたしました」


 また、2013年に発売した自身の著書『新しい国へ──美しい国へ 完全版』(文藝春秋)でも、このように記している。


〈御承知の通り、自民党は「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、TPP交渉 参加に反対」という立場をとっております。なぜなら、あらかじめ「関税ゼロ」であることを呑んでしまっては、守るべきものは守れません。「TPPは第三の黒船だ。開国しないと日本の未来はない」という感情論に流されて、現実を見失うべきではありません。(中略)今、問われているのは、交渉する上での総合力です〉


 選挙のときは、大票田だった農村へのアピールのためにTPP反対を強く打ち出していたのに、与党に返り咲いてしばらく経つと現在のようにTPP賛成へと手のひら返しをした安倍首相。このほかにも「TPP反対」と様々な場面で語っていたが、恐ろしいのはそうした事実が山のように出てくるのを知っていながら、公然と「言ってない」とウソをつけてしまう神経だ。


 実際、安倍首相は今年1月の衆院予算委員会でも、こんな大ウソをついている。


 それは、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)元副代表の蓮池透氏が、著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)で、安倍首相が実際は拉致被害者たちを北朝鮮に帰そうとしていたにもかかわらず、自分が止めたかのような嘘をついていたことを非難。この記述について、民主党(当時)の緒方林太郎議員が国会質問したところ、安倍首相はブチ切れ、「拉致問題を利用したことも、ウソをついたこともない」「私が申し上げていることが真実であることはバッジをかけて申し挙げます。私の言っていることが違っていたら、私は辞めますよ。国会議員を辞めますよ」と宣言した。


 だが、先日、本サイトで紹介したように、安保法に反対する議員に対して「精神鑑定を受けた方がいいんじゃないのか」と暴言を吐いた自民党所属の札幌市議・勝木勇人氏が、じつはいまから13年前にブログで“安倍氏自身が会合で話した話”として、安倍氏が拉致被害者に「とにかく一度北朝鮮に戻れ」と言ったと記述していた。つまり、安倍首相は拉致被害者を帰そうとしたことを、自ら吹聴していたのだ。


 言っていたことが違っているのだから、さっさとバッジを外して国会議員を辞めていただきたいものだが、息を吐くようにウソをつける彼が自身のウソを認めることなどないだろう。


 だが、今回の「TPP断固反対と言ったことはただの一回もございません」というウソは、投票者を愚弄する、あまりに悪質なものである。しかし問題は、この発言を追及するメディアがない、ということだ。テレビにせよ新聞にせよ、安倍首相が2012年の総選挙時、TPP反対と表明していたデータは山ほどあるはずなのに、それを掘り出すことさえせず、昨日の国会での発言すらも取り上げない。


 それは、民進党・山尾志桜里政調会長のガソリン代問題でも顕著だ。ガソリン代は安倍首相のほうが遥かに上回る金額を計上しているにもかかわらず(しかも下野時代の2012年がもっとも高い)、その問題についてはまったく触れず、山尾叩きに走っている。


 はっきり言って、マスコミがこれまで通りに報道していれば、安倍政権はすでに一回のみならず、何回も総辞職に追い込まれていたはずだ。安倍首相の二枚舌はもちろん、アベノミクスの破綻、特定秘密保護法や安保法の強引な採決、甘利明・前経済再生相の現金授受をはじめとする汚職、閣僚たちから次々飛び出す暴言・失言……。だが、マスコミがきちんと報じないために深掘りもされず、そればかりかほとんどきちんと取り上げられることもなく、問題が問題とされないまま流されていってしまう。それがいまの状況だ。


 稀代の大ウソつき総理が安泰でいられる国──。これこそが現在の日本の危機的状況を生み出している原因であり、まさに異常事態と呼ぶほかはない現状なのだ。
(水井多賀子)














 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月08日 19:12:33 : Kr1a5M4juQ : IdnIC7fprxg[9]
拉致問題の話なんで国会で誰も突っ込まないの?

2. 2016年4月08日 19:21:12 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1583]
マスゴミは人間のクズばかりだから。

3. 2016年4月08日 19:24:44 : 5gJ48cHvxM : NE7laqfHXxw[5]
これだね(笑

安倍晋三、毎日がエイプリルフール!


4. 2016年4月08日 19:27:26 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1584]
コレもひどいよ。

荒川強啓氏という耄碌寸前のパーソナリティーが、さんざん宮台真司氏の話を聞いて「よく分からない」で最後をしめるんだから。
http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/miyadai20160408.mp3

お前のような低脳ばかりじゃないから、と言いたいですなぁ…
国民に「ものを考えないのが標準ですよ」と伝えているようなもの。
有害ですね。


5. 2016年4月08日 20:03:21 : NkBjnj9J8M : gStv5DG3YxA[7]
♪そうさジミン党は毎日がエイプリルフールさ♪
誰か歌詞を作ってメロディを付けてくれないかなぁ
制服向上のおねえちゃんたちでもいいわ。

選挙の時に野党候補はそれを流せ
テレビでもスポットで毎日流せば
そのための献金だったらするぞ。


6. 2016年4月08日 20:23:52 : rGYLkZFnII : CJqvf3_WcYU[5]
うそマスコミが支える安倍政権、クソマスコミが支える安倍政権。

うそクソ報道の国、それが日本。


7. 2016年4月08日 20:59:03 : bzHyL24mIo : XrXLep5vAOo[51]
これはヤラセか?
西川公也の出版本も仕込みか?
民進党の緒方質問始まる・・・石原トボケル・・・西川質問しろを繰り返す
緒方キレて民進退席・・・・・審議継続して民進の時間切れ
西川囲んで石原・麻生・他議員の高笑いがスナップ写真で確認
共産党も体積で質問しない
16:30おおさか維新質問・・・国民は民進のこんな暴挙望んでいないとタレカ
言いたい放題NHK中継は無し
コレ自民世耕の電通シナリオかもね
自公やること数を頼んで何でも有り。嘘も矛盾も100貝やれば押し通せると・・

8. 2016年4月08日 21:15:29 : W5bkyLI1Mw : 9wQWX6mSf@w[1]
その内、嘘しかつかない今まで嘘しかついたことがない
自民党を信じる方が悪いって言いそう。

9. 2016年4月08日 21:30:32 : cDPW41ST9k : dhHYWWAuBKc[2]
2013年当時の三橋貴明のブログが面白い。

2012年の選挙公約のTPP反対を反故にしていた自民党が政権を取るや否や、アメリカとのTPP交渉に踏み出した安倍の裏切り(安倍教の三橋はこの時点でも安倍は交渉を進めるためにアメリカと話し合うのではなく、TPP交渉をするのかどうか判断するためにまず交渉するだけでTPP参加表明ではないと反論)をこのような文脈で擁護していた。


歪められる安倍総理のTPP発言
2013-02-24 07:50:35
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11477246988.html

もちろん三橋の期待も虚しく、安倍の方針は前倒れ気味にTPPにまい進していったわけで、その後三橋が安倍に対して恨み節をいくらほざこうが後の祭りである。

西部の弟子でTPP反対の論陣を張った西田昌司も安倍と同じく、4年前は断固TPP反対を唱えていたが今では容認論に落ちついている。もちろん稲田朋美もそうである。

阿修羅にはネトウヨはじめ、少なからず保守派のコメントがつくし保守系のサイト紹介もあるがその99.9パーセントは読むに値しないものばかりだが本当の保守ならこういう物言いこそすべきだというサイトがひとつだけあるので全文紹介する。

非常に長い文章だが、保守派にもこういう考えを持つ人物がいるということを思い知らされる名文だと思うのであえて全貼りしました。

【国賊三部作2】国賊・チャンネル桜
本当に守るべきものは何か。

※この記事は、旧ブログの記事【国賊三部作2】国賊チャンネル桜: 本当に守るべきものは何か(2013年2月25日)を再掲したものです。

まず、私自身、チャンネル桜の番組、特にその質の高い討論番組からこれまで啓発されてきた人間の一人であることを申し上げておきます。

しかし、彼らが執拗にばらまいてきたある倒錯した「価値の優先順位」を精査するとき、私は明らかに次のように申し上げざるをえません。

2. チャンネル桜は「国賊」である。
チャンネル桜は、安倍政権の樹立へ向けて、ある「価値の優先順位」、また「三つのアジェンダ」と呼ぶべきものを私たちに執拗に植え付けてきました。

チャンネル桜に登場する複数の論客が、この同じ「価値の優先順位」を繰り返し、繰り返し、画面を通して私たちに語ってきました。

またチャンネル桜以外にも西田昌司氏のような安倍晋三に近い人々が、判で押したように同じ「価値の優先順位」を繰り返し述べてきました。

その例として三つの動画を挙げておきます。(現在動画は貼られていない)

すべて彼らが繰り返し語ってきたことは、次のような「価値の優先順位」、あるいは「三つのアジェンダ」です。

1. 尖閣諸島問題が緊迫化する中、日米同盟を強化しなくてはならない。 (そのためにはTPP交渉参加もやむを得ない。)

2. 現在は、デフレ脱却が優先であり、参院選までは何が起きても安倍政権の批判を控えるべきである。安倍政権への批判は保守分断と見なすべきである。

3. 参院選に勝利して、憲法を改正し、強い日本を取り戻さなくてはならない。


「そのためにはTPP交渉参加もやむを得ない。」というメッセージについては、論者によって、また時と場合によって、明確に言う場合と言わない場合がありますので括弧でくくっています。しかし、上に掲げた三つの動画では、すべての論者が「日米同盟のためにはTPPはやむを得ない」という趣旨の発言をしています。

特に最初の動画内での水島総氏の発言はかなり異様なものですので、よく注意して聞いてみてください。

(彼は「国民を騙してでも日米同盟を強化しTPPに日本を参加させる役割を安倍晋三がもっている」とすら聞こえる奇怪な発言を行っています。)

三つ目の動画は最近西田氏が挙げた動画ですが、TPPに反対してこられた西田昌司氏すら、とうとう「TPP参加はやむを得ない」という趣旨の発言を始めています。

上の「三つのアジェンダ」を要約すると次のようにまとめることができるでしょう

1. 日米同盟の強化
2. デフレ脱却
3. 参院選勝利と憲法改正


この「価値の優先順位」、「三つのアジェンダ」を複数の論者が繰り返し繰り返し語ることにより、多くの人たちがこの「三つのアジェンダ」を、日本が進むべき正しい方向を示すものとして信じるようになりました。

その結果、安倍政権への批判は封じられ、批判はすべて「保守分断」と見なされるようになりました。

上の「三つのアジェンダ」の中で、今、私たちがどの地点にいるかといえば、1と2の間の段階ではないかと思います。

つまり下のような流れの中に、私たちは誘導されてきたと言ってよい。

尖閣諸島が危ない→戦争の危険性が高まっている→日米同盟を強化しなくてはならない→TPP交渉参加→日米同盟のためTPPもやむをえない

このようにTPP交渉参加による亡国の危機に直面しているにも関わらず、多くの人々は、この先、「2. デフレ脱却」「3. 参院選の勝利」という残りの二つのアジェンダを実現させなければならないと信じているため、安倍政権に対する大きな批判の声が上がらないのが現状です。

さて、上の「価値の優先順位」、「三つのアジェンダ」がなぜ倒錯していると言えるのでしょうか。

それは、私たちが「本当に守るべきもの」を、チャンネル桜は、上の「三つのアジェンダ」を繰り返すことによって、すっかり覆い隠してしまったからです。

私たちが「本当に守るべきもの」とはなんでしょうか。

「国体」とか「国柄」とか、古めかしい言葉を使うのは、ここでは控えておきたいと思います。

私たちが「本当に守るべきもの」とは、私たちが、まさに今ここにおいて、現実のささやかな生活を営んでいる、この「場所」にほかなりません。

ずいぶん損なわれてきましたが、先祖から受け継いだこの「場所」は、世界の標準からすれば、かなり暮らしやすい「場所」です。

外国に比べたら格差も少なく、犯罪も少なく、相互の信頼に支えられ、安全で豊かで清潔で大変暮らしやすい「場所」です。

これからの子どもたちが現実の人生を営んでいく「場所」でもあります。

そして、TPP参加によって、この「場所」は、根底から、そして永遠に失われようとしています。

いったい、尖閣諸島を守るために必要とされている「日米同盟」と、この「場所」を天秤にかけた場合、どちらが私たちにとって大切なものなのでしょうか。

「日米同盟」のために、このすばらしい「場所」を、私たちは本当に失わなくてはならないのでしょうか?

上の一つ目の動画で水島総氏は、私たちは「TPP交渉参加を受け入れても日米同盟を強化しなくてはならない」と発言していますが、本当にそうなのでしょうか。

上の二つ目の動画の中で倉山満氏という方が「TPPなんかくれてやってもいい。争点化すること自体問題である。もっと他に大事なことがある」と発言していますが、本当にそうでしょうか。

上の三つ目の動画の中で、西田昌司氏も、「日米同盟のためにTPP参加はやむを得ない」という趣旨の言葉を述べていますが、本当にそうなのでしょうか。

そんなはずがありません。

くれてやれというのなら、TPPをくれてやるよりは、尖閣諸島という東シナ海の無用の無人島をくれてやった方がはるかにましです。

尖閣諸島を失っても、私たちが受け継いできた、この「場所」はただちには損なわれないからです。

私たちは物事には優先順位があることを知っています。そして何かを守ろうとするときには、他の何かを犠牲にしなければならないことがあることも知っています。

そして、「日米同盟」と、私たちが現実に生きる「場所」を比較したときに、「日米同盟」の方が大事であり、TPP交渉参加によって、私たちの「場所」を犠牲にしても仕方がないなどという主張は絶対に誤っており、倒錯した「価値の優先順位」と言わざるを得ない。

「国」というのは抽象的な概念ではなく、私たちが生活を営む、この「場所」こそが「国」です。

どんな犠牲を払っても、私たちの家族が、子や孫が、そして子孫が生きていくであろう、この「場所」、この「故郷」、この「国」こそが守られなければならない。

英霊たちは、まさにこの「場所」、この「故郷」、この「国」のために命を捧げた。

彼らは「日米同盟」やら「デフレ脱却」やら「参院選勝利」のために命を捧げたわけではありません。

「自民党」や「安倍さん」のために命を捧げたのでもない。

妻や、子や、孫が生きることになる、具体的で現実的なこの「場所」を守り抜くために命を捨てたのです。

(下の動画の冒頭の英霊たちの姿を、何度も、何度も、見返していただきたい。そして彼らの思いに、あなたの思いを重ね合わせていただきたい。)

それなのに、現在、多くの人々が、チャンネル桜を始めとするインチキ「保守」論客に洗脳されてしまい、あらゆる犠牲を払ってでも、この「場所」、この「国」を守ろうとすることよりも、むしろ、この「場所」、この「国」を犠牲にしてまで、「日米同盟」や、「デフレ脱却」や、「憲法改正」や、「自民党」や、「安倍さん」を守ることが自分たちの義務だと信じ込んでしまっています。

これは完全なる、価値の本末転倒と言わざるを得ない。

1. 日米同盟の強化
2. デフレ脱却
3. 参院選勝利と憲法改正


上の三つのアジェンダがおかしいのは、他にも理由があります。

●尖閣諸島を守るのには、日本が長年思いやり予算を支払って支えてきた日米安保の枠組みで十分なのであり、日米同盟の強化を名目にTPPに参加する必要は全くありません。

●日中に戦争が起きても、日米安保は、アメリカの参戦を自動的に強制するものではありません。日米同盟は人々が考えているほど、日本の防衛に役には立っていません。アメリカの消極的な姿をみても、「日米同盟の強化」よりも、日本の力を増強することが優先されるべきであると思います。

●TPPに参加すれば、そもそも「2. デフレ脱却」は不可能になってしまいます。国内産業は空洞化し、経済は疲弊し、国力は弱まり、中国と対峙するどころではなくなります。

●「3. 参院選勝利」のためには、ましてTPP不参加を決定したほうが、1%の人々は怒るかもしれませんが、ほとんどの有権者の支持を得られたはずです。

●TPPに参加すれば、「3.憲法改正」をして独自の軍をもったところで、アメリカの駒として使われ、望まない戦争に駆り出されるだけのものになってしまいます。

●TPPは、デフレ脱却も国土強靭化も憲法改正も無意味なものに変えてしまいます。日本を「強化」するどころか、日本を「弱体化」させる最短距離がTPPです。中国との緊張を煽り、中国と対峙する必要を説くならば、まして「TPPに参加しない」という前提条件をどんなことをしてでも守り抜く必要があるのであり、そのためには「安倍政権を批判してはならない」とか「日米同盟のためにTPP交渉参加はやむをえない」などという倒錯した妄言は許されないはずです。

●チャンネル桜が「安倍政権を批判するな」と言っていた時、実質的には、その背後にあってTPP交渉参加などへの圧力を日本政府に対して執拗にかけ続けているアメリカの意思を批判するなといっていたことと同じことになります。

●チャンネル桜の水島総氏は、対米自立に100年計画でのぞめと上の動画でも述べていますが、TPPに参加して100年も経てば、日本は跡形もなく消滅してしまいます。

●TPP交渉参加どころか、安倍政権は道州制までも導入しようとしていますが、尖閣や沖縄への中国の触手が伸びている現在、沖縄の分離独立を実質的に可能にしてしまう道州制を、なぜやらなければならないのか。安倍政権が「中国との対峙」などまじめに考えていないことは、このことにはっきりと現れていますが、チャンネル桜は、安倍政権が抱えるこの矛盾を取り上げ批判しないのはなぜなのでしょうか。

●TPP交渉参加を決めた(というより始めからそのつもりであった)安倍政権は、そもそもデフレ脱却も、中国との対峙も、本気でやるつもりはなかったことになります。TPPや道州制や消費税増税がそれらすべてを不可能にしてしまう以上、そのように判断せざるを得ません。

私たちや、私たちの子どもが、先祖から受け継ぎ、現実の生活を営んでいくこの「場所」(日本の国体や国柄)を守り抜くことを考えたときに、チャンネル桜が掲げてきた上の三つの「価値の優先順位」「三つのアジェンダ」は全く倒錯しており、私たちの「場所」、つまり私たちの「国」を損なう方向にしか機能しないことが、はっきりとお解りになると思います。

チャンネル桜がまき散らしてきた、この「価値の優先順位」「三つのアジェンダ」こそが、現在の亡国の危機へと私たち国民を誘導してきたと言っても過言ではありません。

したがって、チャンネル桜は、日本の亡国の最大の責任者たる「国賊」であると断じざるを得ません。

いまだに、多くの人々がチャンネル桜の掲げてきた三つのアジェンダを信じ、本当に何を守るべきかを見失っています。

愛国心とは、単に、日の丸を振りかざしたり、君が代を歌うことではありません。

愛国心とは、隣国への憎悪を燃やすことではありません。

愛国心とは、大声で罵倒しながらデモをすることでもありません。

愛国心とはもっと静かで素朴で自然でそして何よりも厳かなものだと思います。

先祖から受け継ぎ、私たちや子どもたちが、現実のささやかな生活を営んでいるこの「場所」をいとおしみ、感謝し、そして守り抜くこと。

それこそが、本当の「愛国心」ではないでしょうか。

日本のあらゆる地域に、社があり祠があるのもこのような意味です。

そこには「場所」をいつくしみ、感謝し、一所懸命に守ろうとする、日本人が営々と受け継いできた願いが込められています。

チャンネル桜は、その日本人の根源的な願いを忘れたのでしょうか。

あるいはそんなもの、彼らは最初から知らなかったのでしょうか。

「日米同盟のためにTPP交渉参加もやむを得ない」などとんでもない話です。

これはどう考えても愛国者の言葉ではありません。

人々の愛国心を利用して「新自由主義」を推進しようとするイカサマな連中の言葉です。

「保守」を名乗ってきた多くの人々の間に、このようなイカサマな連中が今も潜んでいます。
*

http://wjf-project.info/blog-entry-30.html


10. 2016年4月08日 21:32:05 : bzHyL24mIo : XrXLep5vAOo[52]
驚いたネ
一部の強者に利権を集める手順の強行政治
政府:自由貿易の協定結んだので承認してネ
国会:約束した内容を要約してネ
政府:はい、これです。
国会:全部墨塗りだけど?
政府:交渉経過4年間秘密なのヨ
国会:検討できないよ
政府:結果のメニューあるので見て決めて
国会:保険はアフラックになるの?
政府:あら冗談でしょう・・・でも秘密ヨ



11. 2016年4月08日 22:13:32 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[58]
チャンネル桜=統一教会チャンネル(朝鮮キリスト教カルト)=安倍自民の母体

こんなものに騙される馬鹿は滅びればいい。

文句があるなら、

私のサイトに来てコメントすればいい。

「Songcather バビロン」 でグーグルしてみて下さい。

今まで、一度も反論のコメントはきた事がありません。

馬鹿は、安倍と共に、自滅して下さい。


12. 2016年4月08日 22:15:45 : OjUH02PWjs : gFlId0VCsn4[42]
虚言ではなく、本人は本当にそう思っている、

ボケが始まっている、キムジョンイルより危ない。


13. 2016年4月08日 22:58:24 : CTvaeJWecs : jiZlD7AoXmE[9]
早く、精神鑑定や認知症テスト受けさすべきだろう? 自分が白を黒と言えば黒になると本気で思うのなら尚更だ。自分が法なり? 思い上がり&傲慢不遜の極み。 

14. 2016年4月08日 23:38:23 : rGYLkZFnII : CJqvf3_WcYU[12]
三橋君はいつも中国が韓国が破綻するといっているよ。毎日のように。

しかしただ一度もその予測が当たったことはない。それでもまだ書いているということはその手の記事を喜ぶやつが一定程度いるということだろう。

つくずく情けない国に成り果てたものだ。


15. 2016年4月09日 01:26:35 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[52]
『いいですか皆様、<パンパースちゃん>個人は、彼の人生の歩みの中で一度たりとも、物事の由来や是非を考えたことがないのですよ?』

“考える”ことを出来ない、お気の毒な人なんですよ。
だから<ウソツキしんちゃん>と呼ばれても、平然として或いは逆切れしていられるんですよ。
言ってみれば、ある種の“精神障害児”なんです。

従って問題は、このような“精神障害児”を“コピペパペット”として総理大臣に祭り上げ、この国の方向をねじ曲げようとしている“勢力”の実態がどこにあるのか?
これこそが、私たち一人ひとりの国民が、我が胸に手を当てて、よーく自省すべき
喫緊の課題なんですよ。
私見では、「国民の敵は霞ヶ関にあり!」ってことさ。


16. 2016年4月09日 06:32:36 : Cr9Y9d6wMk : gxt_i@Jr338[2]
このウソつき問題も外国特派員協会諸国の報道
を待たないと報道しない日本のマスゴミ度証明

17. 2016年4月09日 08:42:19 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[344]

うそつき内閣の太鼓持ちが

  「読売新聞」と「サンケイ新聞」です。
   つまり系列放送では「読売テレビ、フジテレビ」

      そして安倍さまチャンネル「NHKテレビ」。


18. 2016年4月09日 12:29:57 : 75b9cFpVWI : pZc389uq6zM[71]
嘘で塗り固められた人生を生きてきた安部晋三。

嘘を言いすぎて自分でもいつ何を言ったか判らない。

だからとりあえず今の問題に嘘をつき誤魔化してしまう。

一般の世間ではこんなバカには関わらないのだが、どういうわけだが自民党の2世議員達が自分に自信がないものだから安部の嘘に騙されて総裁にしてしまった。

ヒトラーの人生にそっくりだな。。。

自民党に政権を任せたのが悪かったがこれは国民の責任。

岸家のバカ息子なら関係なかったがこの国の総理大臣になったのが大間違いだった。

だれか安部晋三を何とかしてくれ。


19. 2016年4月09日 13:58:49 : Q0dUcRNdfE : Tl21M2ZPM5c[34]
経済音痴政権に国家の運営をさせてはならない事は周知の事である。政治屋、世襲議員を引きずりおろし99%側にたった野党と国民の側の政権にしていく事が肝要である。補選ではで監視を強化し入り口のカウント、出口調査を行い不正をさせないことも重要である。

20. SIN27321JI[83] gnKCaIJtglGCVoJSglGCUIJpgmg 2016年4月09日 14:37:29 : W2mUC6ExCU : 45IrkUIrMsg[1]
あべし個人をあげつらっても仕方ない。とりあえずの批判の対象は、彼をシャッポに担いでいるジミントウのゲスさでしょう。
他に、コーメートウなどやダマスゴミなど、いろいろたくさんあるだろうけれど…

21. 2016年4月09日 16:41:08 : R6DI45JOg6 : a9KgNGLJZxY[5]

日本のことを日本が決められなくなる T P P !

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-0377.html


22. 2016年4月09日 17:32:03 : L2BfDE3boE : BA7llApYqRE[618]
嘘しかつかない安倍晋三、それにしてもびっくり、ここまで平気で国民の前で自民党総裁として掲げた事を否定するとは、精神異常としか思えない。マスコミもどうかしている。

23. 2016年4月09日 20:04:14 : F3wzprZRMQ : lZGlqfgdYp0[16]
利権屋と宗教に洗脳された馬鹿があへを支持している

24. 2016年4月09日 20:51:50 : L7axKs3dFo : DsxVyTnoy4I[1]
批判なら メディア経営 ヤバくなり

25. 2016年4月09日 20:54:16 : DmpXdNg3rs : iJVNFQNBqec[1]
俺様の言うことが「真実」であり「正義」であり「法」である。「事実は真実の敵だ」ってね。

26. 2016年4月09日 21:00:25 : 0uxFjMJ9r6 : Sb5sJu8LKXc[5]
何故、マスコミがこれをウソと追求できないか。
彼ら自身TPPに賛成なのは勿論
(あの一部左寄りと思われている毎日でさえ、
TPPは不可欠なんて書くくらいだから)
ということだけでなく、民主党が消費税増税を掲げた時に
公約違反を追求しなかったからね。
今更自民党をあれこれ批判する資格も無いと自覚しているのだろう。
今や、マスコミなんて権力に対して何も言えない存在になったということ。
まだ、多数の国民が購読していること自体
この国の国民のレベルを象徴しているが、
自分たちが生死の境まで行かないと目覚めないのかもしれない。

27. 2016年4月09日 21:04:24 : oSse57aIiS : yZ81EDRfyeI[12]
このアベというのは巷ではIQ80程度だと言われているがこれじゃ〜IQ80どころか50ぐらいなもんだろう。

28. 2016年4月09日 22:39:50 : VBEFXvfJJ6 : nxP@HXvyrKg[2]

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

 「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」

これが日本の政治の現実です。
主権者国民は、この現実を十分踏まえて投票を行いましょう!
ともあれ、現政権の壊滅を念じるばかりです。


29. 2016年4月09日 22:43:34 : VBEFXvfJJ6 : nxP@HXvyrKg[3]
「嘘つきの 嘘つきによる 嘘つきのための政治。」は、子どもの教育上にもよくありません。野党は、文か大臣に詰め寄るべきです。

30. 2016年4月10日 04:41:57 : XKrVE7F1Ng : jBRqkKj86lk[11]
今の政治家も官僚もやくざと変わらない。
それが通用すると分かってからはむしろ露骨にその面をひた隠しもしなくなった。
こうなったら相手が民主主義を利用することで押し通すなら、我われは別の手で戦う。
暴力もその一つだ。

31. 2016年4月10日 05:16:22 : 4gQKBWBCfM : M9kLHv6Jd4w[4]
いろいろお詳しい方々が書かれている中で
こんな事を書くのは気が引けるのですが。
記憶が曖昧なので多少時系列が前後しているかもですが・・・。

民主党時代に
菅さんが検討を始め
野田さんが
「環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の交渉参加に向けた関係国との協議」
を始め、経済対策としてTTPの参加に前のめりになる。

で、例の党首討論後に衆議院解散
そしてその時の自民党選挙用の黄色いポスターには

『TPPへの交渉参加に反対!
「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します』

と書いてあります。

その後、自民党は政権を取り戻し
安倍ちゃんはオバマさんとお話し合いに。
そして

「聖域なき関税撤廃が前提ではないと認識に立ちました」

と米国への確認結果を発表。

「米国も守りたいものはあるのでそれは話し合いで」
というような内容を述べていらっしゃったかと。

「聖域なき関税撤廃が前提ではない」
ということは
「聖域なき関税撤廃を前提としていないならばTPP交渉には参加する」
という事で
一気にTPP交渉参加に話が流れていったんでしたよね。

この時に話題になったのは
一旦交渉に参加したら都合が悪い時に途中で抜けることが出来るのか
といった事だったかと記憶しています。
結局、最後までお話し合いしたわけですが。

選挙公約の
『TPPへの交渉参加に反対!
「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します』
のうち
”「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り”
これが安倍ちゃんのアリバイなのでしょう。

この前提が無くなったのでTPPに参加したと。
約束は守っているぞと。
そいう事なんじゃないですかね?

凄い奇妙な感じがしたんですよ、当時。
民主党はTPP参加に前のめりで
小沢さん方はTPP反対だった。
そうしたら「自民党はTPP反対?」
おや?っと思いませんでしたか?

今から思えば
自民党は野党当時から米国との繋がりから
或いは懇意にしている官僚からか
聖域なき関税撤廃が条件でない事を
選挙前から知らされていたんじゃないでしょうかね?
調べようもない事ですが。

「ポスターに(小さく)書いている内容を見落としたのでしょうか?
そして何度も大きな声で
『TPPへの交渉参加に反対!
「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します』
と申していたではないですか?」
と言われたら何も返せなくなるのでは?

まぁ、老練な自民党の上手いところですね。
当時の民主党政権が主要マニフェストを無視し始めて
国民からソッポを向かれ、それがピークに達していた頃ですから
国民もそんなところまで気が回らずあっさり騙されたと。
でも、これも民主主義の結果だったりするわけです。
(因みに、民主党は実現不可能なマニフェストが悪かったような事を
言ってましたが、そうではなく
民主党が語るところの実現不可能なマニフェストの実現を
多くの国民が期待していたのに、それを捨ててしまい、官僚主導の政策に
勝手に転換してしまったのが凋落の主な原因だと私は思っています。
新たな公約を作っているものと思われますが
基本は以前期待されたマニフェストをベースにしたもので
その実行を担保する根拠を提示出来なければ国民の支持・選挙は微妙かと。
民進党に変わっても第二自民と揶揄され国民に評価されていないのも
それが原因じゃないでしょうか?)

なので、山本太郎さんもポスター持って訴えていましたが
あまり自民党的には痛くも痒くもないと。

ただ、その方向で叩くのならば
旧民主党幹部は自分達の非を認めた上で
こういう言葉のカラクリで国民を騙してきた例を幾つも出して
「自民党が語る耳に優しい言葉には必ず裏がある。不誠実だ。」
という事を訴えるべきかと。

後は正攻法ですかね。
黒塗りに固執するのも良いのですが
決めてきた内容に対しダメなものはダメと突き放す。
そして何故ダメなのか徹底的に論理的に訴える。
自民党内では
TPP問題は補選後に回そうか的意見も出ているようですが
これで少し時間稼ぎが出来るかも。


自分的には大きな欲があるわけではなく
平和で穏やかに暮らしたいだけなのに
庶民の暮らしを守るべき政治が欲にまみれてケツを叩く。
国が豊かなはずなのに暮らしぶりが楽にならない。
国内の事も知らんのに世界的な経済など知ったことじゃないが
資本主義はそろそろ限界が見えているのではと思う事はある。
資本主義は努力を促す糧になるが
日本含め世界は緩やかな社会主義的コントロールが必要な状態かと。
カネを持つほどカネへの執着心が強くなる。
そういう意味ではカネは麻薬だ。権力もしかり。
人類はカネ・権力という欲に勝てるか?なんて。
話が大きくずれました。すみません。

ずれついでに
無知な私などよりずっとお詳しい方々がここに集まり
沢山の投稿をなさっていらっしゃいます。
しかし、批判と取られては困るのですが論評・批評が多いのかなと。
莫大な知識をお持ちなのに勿体ないですよね。
問題に対して賛成反対だけではなく
「こうするべきではないか」というような意見があってしかるべきではないかと。
自民党が「対案を出せ」というのとはちょっと違うイメージで捉えて欲しいのですが。

支持している政党だとか無党派だとか関係なく
「自分はこうすべきと思う」
こういった当事者意識を持った自分の言葉で考えた意見を出しあえば
もっと有益な掲示板になるのではないかと思うのですが。
今のままだとあまりに勿体無いなといつも思っていました。
特に今は国の有り様が変わりかねない時期でもあります。

そういった事を目指した掲示板でないならそれでも構いません。
ただ、ここに投稿なさる皆様なら
意識が高い方が多いのかな?と思ったものですから。

今回のTPP阻止に関しても何か別の方法もないか?と思います。
自分はこれは阻止したい。でも単にデモだけでは説得力はないでしょう。
きちんと裏付けのある理由が必要かと思いますが
そういった事が出来るのは正しい知識のある方々かと思います。

長々と駄文を連ねすみませんでした。


32. 2016年4月10日 05:40:32 : 4gQKBWBCfM : M9kLHv6Jd4w[5]
>>31です。
もし、私が認識違いしていたのであれば申し訳ありません。
阿修羅に投稿する時はいつも「迂闊なことは書けない」と
緊張しながら投稿しています。
もっとも、投稿はごくたまにですけれど。
また暫くROMに徹するつもりですが
皆様のご活躍を期待しております。

33. 2016年4月10日 06:11:16 : XKrVE7F1Ng : jBRqkKj86lk[12]
平然と人との約束を破る。
自由勝手に都合よく変更する。
言論を利用し、事実を捻じ曲げ違法なことを平気でやる。場合によっては
人を傷つける。
これはやくざである。やくざにはやくざに対する対応法しかない。

34. スポンのポン[2337] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年4月10日 08:51:37 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[536]
 
 
 
■「日本を取り戻す」というウソで国民を騙し、「利権を取り戻した」自民党。
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK204掲示板  
次へ