★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 446.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山本一郎、SEALDs、辺見庸、佐藤優などに関する戯れ言  kojitakenの日記
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/446.html
投稿者 ダイナモ 日時 2016 年 5 月 02 日 22:11:07: mY9T/8MdR98ug g1@DQ4Npg4I
 

しつこく衆院北海道5区の補選にこだわるが、補選の結果が出た2日後(4/26)に、山本一郎がいち早く分析記事を書いていた。それは著者の知名度もあってか、人気記事になっていたようだ。私は昨夜(4/28)読んだ。

・SEALDsは若者にウケず、野党共闘で投票率を下げた(北海道5区選挙結果速報値)(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース(2016年4月26日)

いうまでもなく、この記事は新自由主義系の右派である山本のバイアスを考慮して読まなければならない。記事にはまともなことも書いてある一方、あまりにもひどいトンデモなデタラメも書かれている。

山本が書いた下記の指摘は、「リベラル・左派」の世界においてはタブーとされている気配もあるが、空気を読まない人間である私としては、正鵠を射た指摘であると評価する。

■SEALDsは若者より高齢者にウケる

パネル調査などではかねてから指摘されてきた部分ではありますが、SEALDs自体の活動の良し悪しは別として、これらの活動を支持する母体属性は50代から70代の男性であることが顕著になりました。

(中略)SEALDsなど政治団体に関する知名度は比較的高い一方、これを支持する、SEALDsなど政治団体が支援しているので投票したと回答する割合は残念ながら高くありません。

明確な理由としては、SEALDsなど政治団体の一般的なイメージは別として、かなりの部分が共産党支持者(全体の5.2%から5.6%)と被っているため、これらがこぞってSEALDsなど政治団体を支援した結果、硬い共産党支持層である50代から70代男性が総じてSEALDs支持に乗っかる現象になっていると見受けられます。


SEALDsと共産党との密接な関係はいまや公然の秘密だ。イラク戦争当時にリベラル・左派の教祖的存在に持ち上げられた辺見庸は、現在では主に共産党シンパ系のリベラル・左派によってこき下ろされるか無視されるかしている。辺見の主張はもともと旧民主党や生活の党と(以下略)の支持者たちに受け入れられるものではない。つまりいまや辺見庸は共産党系にとっても民進党系にとっても煙たい存在だ。だから今年に入ってからだけでも辺見の本を6冊読んだ私なども「異端」の部類に属すると思われる。その辺見が、高橋哲哉との対談本で、SEALDsについてこう語っている。

辺見 あれ(SEALDs=引用者註)はひとつの単体による自然発生的なフィノメノンでしょうか? 背後に何があるのか。あるいは自律分散的な現象でしょうか。わからない。かつてポーランドであった自主管理型の思想と組織を持つでしょうか。貧困層、非受益者層の声を代弁し、彼らの訴えを背に受けているでしょうか。戦争を、たんに被害者としてでなく、侵略した側の責任において見つめているでしょうか。「国家は災厄の源」という直観を共有しえているでしょうか。たしかにこれまでの運動現象とは違う。そのわからなさが期待と危惧の両方を生んでいる。危惧のほうについて言えば、一九三〇年代に照らしても、「反ファシズム」と「ファシズム」の距離はじつはそんなに遠くない、ということです。反ファッショはファシズムに容易に反転しうる。あるいは反ファシズムはあらかじめファシズムを内包している。これは主観的な善意や悪意の問題ではありません。自国が他国との武力衝突、戦争に突き進むと社会的フィノメノンは一気に変わるのは歴史が証明している。もう一つ、かつて激しく抵抗すべき時にはなにもせず、いまになって学生たちを御輿に担いではしゃぐオピニオンリーダーたち、流行のシーンに躍り出てきたいまどきの論客たちには、はっきりと怪しいと思うことがある。これは反安保とは関係ないかもしれませんが、たとえば佐藤優という人がよくわからない。

(辺見庸×高橋哲哉『流砂のなかで』(河出書房新社,2015)38-39頁)

流砂のなかで
作者: 辺見庸,高橋哲哉
出版社/メーカー: 河出書房新社
発売日: 2015/12/25

辺見庸がブログでSEALDsを激しい言葉遣いで非難した(現在では閲覧できない)あと、「しんぶん赤旗」のインタビューをドタキャンされた一件が昨年末にあったが、上記に引用した高橋哲哉との対談本は昨年末に発行されているから、対談は赤旗ドタキャン事件の少し前に行われたものと思われる。対談本の第1章は「週刊金曜日」に掲載されたが、第2章以降は「語り下ろし」とのことで、上記の引用文はその第2章に含まれている。佐藤優は「週刊金曜日」とのかかわりが深いから、佐藤優批判が含まれる第2章は、あるいは「週刊金曜日」には載せられなかったのではないかとか、辺見庸と金曜日との喧嘩別れには、赤旗ドタキャン事件のほかにも理由があるのではないかとか、最近になって佐高信が佐藤優との絶縁を表明したらしいこともその絡みではないか、等々、妄想はいろいろと膨らむ。最近の佐藤優は池上彰とつるんで朝日新聞出版からマルクスをダシにした対談本(2015年)を出したのでそれを読んでもみたが、私はもちろんそんな対談本には全然感心しなかったし、かつての金光翔氏による「<佐藤優現象>批判」の頃と比較しても最近の佐藤の腐敗ぶりは底なしの様相を呈していると思っている。一言で言うと佐藤という人間は金儲けになることなら何でもやるという印象だ。たとえばどっかの雑誌が昨年ピケティと佐藤を対談させたが、マルクスを引き合いに出して韜晦しつつピケティを当惑させる佐藤に私は激怒したものだ。そんなこんなもあって、このところの佐藤優の増長ぶりには目に余るものがあったから、情勢判断の甘さに定評(?)のある佐高信も佐藤を見限るほかなくなったのではないか。

佐藤優の悪口はともかく、辺見庸が高橋哲哉との対談の時点で既に、SEALDsと共産党とのつながりを強く示唆していることはいうまでもない。今回の「野党共闘」は共産党の「国民連合政府」の構想に端を発しているが、その発想は、SEALDsを接着剤として民進党などの他の野党と選挙を共闘しようというものだ。その背景には、共産党にもはや自前の候補者を全選挙区に出す資金力が底をついてきた事情があると思われる。そこで共産党以上に顕著な党勢の衰退に見舞われている民進党と野合しようというわけだ。民進党内の旧民主党と旧維新の党も野合なら、野党共闘もまた野合だし、もちろん腐れ縁が長く続く自民党と公明党など野合の最たる例だ。野合と野合との戦い。政治戦とはしょせんそういうものだ。辺見庸は「国家は災厄の源」というが、その通りだと私も思うし、だから私はいかなる政治家や政党に対しても無条件にもたれかかることは絶対にしない。よくブログのコメント欄で「お前はどの政治家(あるいは政党)を支持しているのか」と聞かれるが(その聞き手の多くは「小沢信者」であろう)、いかなる権力も絶対に腐敗すると信じる私は、特定の政党あるいは政治家の「信者」になど絶対にならない。しかし残念ながら同じような考え方をする人間はごく少数であるようだ。

今回の記事は、思っていることを頭に浮かんだまま書き散らしたので、山本一郎の北海道5区の補選の分析からSEALDsへ、そこから辺見庸へ、さらには佐藤優へと脱線の連続になってしまった。だが単なる個人の日記に過ぎないので、混乱したままいったんここで終える。山本の北海道5区の分析の紹介とそれに対する批判については、項を改めることにする。


http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20160429/1461890327?_ga=1.214023316.247353143.1429653931


佐藤優? 喋っている言葉を聞けば分かる。 彼は「ニセ者」である。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月02日 22:31:25 : cwiLekFxr6 : lp3hFnvKhx4[4]
佐藤優はニセモノではなく、インテリジェンス(諜報)なのさw


インテリジェンスは人をたらし込むのが仕事。詐欺師と一緒。

右にも左にも枝葉を伸ばしておくのはだから当然。

胡散臭いと思われてまた当然。むしろそう思われていたほうが実際に会って話すと印象と全然違うと一発で氷解し、たちまちシンパシーが湧き佐藤と昵懇になる評論家や学者が左派から出るのは最初彼らが佐藤を警戒していたゆえの裏返し。

自分をどうやって相手に見せ、相手を誤解させるか?

その落差が大きければ大きいほどこちらの思うつぼ。

ニセもホントもない。佐藤は最初から敵か味方でしか人を選んでないだけ。


それが佐藤優のインテリジェンス。



2. 2016年5月06日 22:33:01 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-786]

5 :Ψ:2016/05/06(金) 11:52:26.40 ID:GORlEYqT.net
23 名前: 16文キック(庭)@無断転載は禁止 [sage] :2016/05/06(金) 11:20:25.14 ID:5glMnJ7B0
http://u1s
okuhou.ldblog.jp/archives/50468426.html

117. SEALDsメンバー 2015年09月23日 20:32 ID:DQcxxDZM0
 いや、後藤宏基っていたとおもうんですけど、
 この男、何を思ったのか

 「領土問題がなんだ! 日本の領土丸ごと韓国にくれてやる!」だの

 「日本がチベットみたいになる? 望むところだ! 日本国民大虐殺、オレが許す!」

 って、ふざけたことよく言ってたんです。

120. SEALDsメンバー 2015年09月23日 20:42 ID:DQcxxDZM0
 ※117の如き事態と成りし暁にゃ悦んで喰われるんじゃねーの
 「欺瞞からの解放、アパァ」とな。


 いや、それはないですよ。だってSEALDsの奴ら(自分もそうですが)は
 「中国とか韓国が日本に攻めてきたら、天皇の首を指し出して向こう側に寝返る。
 女差し出せって言ったら、そこらへんン女子校生指しだす。そうすりゃ俺たちは虐殺を免れる」

 っていってたから

121. SEALDsメンバー 2015年09月23日 20:45 ID:DQcxxDZM0
 SEALDsには合言葉があるんです。

 「いざとなれば中国に天皇の首を指し出せ」

>>23
これマジ?

>>36
これを書いたのはSEALDs脱退者
当事者でないと知り得ない情報がいくつも書いてあるから、
私は事実だと見ている
(上記記事のコメントを参照)

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1462502913/5

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ