★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 765.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マスメディアがソッポ向く、小林節新党「国民怒りの声」だが…(世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/765.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 10 日 10:06:18: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/c9305aaededdc86ac12ba03d98b44454
2016年05月10日

先ずは、見出しの前に、陛下の公務の一部取りやめるいう形で、見直された。日本国憲法の皇室典範では、皇位継承は崩御を前提としているため、天皇の生前退位という規定はない。ただし、摂政もしくは国事行為臨時代行が置かれて代行は出来る。おそらく、皇室典範において、人間の寿命が平均年齢90歳に前後のなることは想定していなかっただろうし、今上天皇が、80歳、90歳、100歳になることを想定していない。筆者は、皇室典範の見直しが、ある段階で必要になるのだと思っている。ただ、現在の、日本会議系政治家が跋扈している時期に、その議論は差し控えるべきものと考えている。

≪ 両陛下、公務の一部取りやめに 負担軽減で見直し  約7年ぶりに見直されました。

 宮内庁は、天皇皇后両陛下の負担軽減のため、公務の一部を取りやめると発表しました。両陛下は80歳を超えた今も年間270件以上、国内外の要人と面会 されています。このうち、警察本部長や市議会議長との面会など、10件程度を取りやめます。小中学校の校長との面会など、一部は皇太子ご夫妻に引き継がれ ます。公務の見直しは2009年以来で、宮内庁は3カ月ほど前から両陛下の年齢にふさわしい公務を検討し、両陛下に相談をしたうえで取りやめを決めたということです。  ≫(テレ朝ニュース)


では、本題について、考えてみよう。ネットの侃々諤々な意見をみても、賛成反対が拮抗している。ただ、民進党が現状のような政治家構成で今後も行くのであれば、この新党には、大いに意味はあると理解する。野田、前原、細野のような輩がデカイ面をし、既得権益内の「連合」という組織なしには成立しない政党に、反自民公明を期待するのは、あまりにも心細い。それは、かなり明白な事実だ。反自民に入れたい有権者の受け皿が不明瞭になっていると云うことは、浮動票を動かすモチベーションがないと云うことだ。

田中龍作氏が、小林節氏の記者会見の模様を伝えている。概ね、正しい方向性を出しているが、課税と再配分、経済政策など、国民が最も興味を示す部分に触れていない点が物足りない。ここを埋めるべき、人材のリクルーティングは必須だと思う。筆者は、水野和夫、植草一秀氏や白川前日銀総裁などが有力なのではないかと、個人的に思う。おそらく、この小林氏の動きは、オリーブの木構想、さくらの木構想を具体化したわけで、民進党が、危機感なしに、準自民党という路線に拘泥するのであれば、明確にカウンターとなりますよ、というメッセージと捉えて良いだろう。

民進党は、歯牙にもかけない振りをしているが、内心は戦々恐々である。亀井静香、小沢一郎、小林節の人脈によっては、次々と大物を擁立する可能性があるだけに、参議院比例区にとって、有名人の立候補は、民進党にとってかなりの脅威だ。マスメディアが大きく取り上げない理由の一つが、現行の日本のエスタブリッシュメントにとって不都合な政党の誕生だろうから、トピックス扱いしない話題と云うことだろう。明日の「パナマ文書」一部公表と同時に、中々面白い成り行きになってきている。

個人的趣味でリクルーティングして貰いたい人々は、「新自由主義から共生社会を目指す」の立場から、亀井静香、田中康夫、吉永小百合、膳場貴子、国谷裕子、石田純一、益川敏英、上野千鶴子、三宅雪子、細川護熙‥等。まだまだいるだろうが、速攻で浮かばない。兎に角、些か品がないが、著名人が比例区は、有利であるし、自民党支持者の中から、このような政策であれば、流れてくる可能性はあるだろう。社民、生活も乗れる可能性はあるし、共産党も乗らないとは限らない。日本の良識に、取りあえず戻ろう運動のようなもので、安倍日本会議政治が壊し、世界の笑われ者になっている日本を、先ずは取り返すことである。陛下にも投票権があれば、歓んで一票投じるような気がする。

まあ、小林氏のインタビューを聞く限り、気負いはない。一定の野党統一の流れが出来たら、引っ込んでも良いと云うスタンスだ。ただ、この流れのままで行くと、民進党離れが酷すぎて、自公与党を利する。無党派層を投票所に向かわせる方法しかないのだから、手段として理解出来る。ただ、小林氏には野心はないので、流れが出来なければ、素直に時期をみて引っ込むだろうし、橋渡し役に徹することもあり得る。現状は、フレキシブルだと、自らも認めている。

≪ 新党「国民怒りの声」 憲法学者の義憤が立ち上げた

 安保法制は違憲であると唱え続けてきた小林節・慶大名誉教授が、「99%」のための新党を立ち上げた。党名は「国民怒りの声」。

 今週中に東京都選挙管理委員会に政党としての届け出を出し、正式に発足する。
 参院選には10名の候補者をまずは比例区に立てる方針だ。党代表となる小林氏も立候補する。

 「自公と大阪維新に3分の2を取らせない。願わくは参院選で勝ってねじれ を作る」。小林代表は選挙にかける意気込みを語った。

 基本政策は―
1、言論の自由の回復(メディア、大学への不介入)
2、消費税再増税の延期と行財政改革
3、辺野古新基地建設の中止と対米再交渉
4、TPP不承認と再交渉
5、原発の廃止と新エネルギーへの転換
6、戦争法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換 / 改悪労働法制の改正等により共生社会の実現
7、憲法改悪の阻止

 小林氏はきょう午後、プレスセンターで記者会見を開き、党の理念や新党立ち上げに踏み切った理由などを説明した。

 「国がブラック企業化している。新自由主義によって1%が豊かで他(99%)はおこぼれが来るなんて失礼な話です」。アベ政治への怒りは憲法破壊に対してだけではなかった。

 選挙戦に必要な資金はクラウドファンディングで集める、という。99%の人々のために立ちあがり米大統領選に旋風を巻き起こしたバーニー・サンダース氏の手法と同じである。

 田中が「サンダース氏の影響か?」と聞くと、小林氏は我が意を得たりの表情で答えた。

 「(サンダース氏には)大変影響を受けた。(クラウドファンディングで)票と心をもらっているんです」と。

 基本政策の一つに「改悪された労働法制を改正して共生社会を実現する」とある。99%の人々を守るためだ。

 「共生社会」は小泉・竹中政治の登場ですっかり姿を消した、本来の保守政治の理念でもある。  大新聞の記者から「野党同士で食い合うことにならないか?」と質問が出た。

 小林氏は「食い合うくらいなら(そんな野党は)死んだ方がいい」としたうえで「裾野を広げなくちゃいけない。中間層の受け皿が必要・・・投票率を上げる装置が必要」。

 新党「国民怒りの声」は、1人区には原則として候補者を立てない。ただし推薦してほしいという人が現れた場合、政策が合致し納得が行く人物であれば、推薦を出す方針だ。

 官邸の意向を忖度するマスコミが指摘するように野党共闘を妨げたりはしないのだ。

 「参院選の比例区は統一名簿方式で戦うよう野党に呼び掛けてきたが理解が得られなかった」−小林氏は新党設立の やむなきに至った苦しい胸のうちを明かした。

 政党を立ち上げ、選挙に出ようというのに小林教授にぎらついた表情はなかった

 明治憲法に回帰しようとする改憲勢力が王手をかけた後の日本で繰り広げられる光景はどんなものか。小林教授にはその姿が見えているはずだ。

 法治国家の瓦解、人権蹂躙、親を戦争で殺され泣く子供たち・・・

 小林教授が悠々自適を捨ててまで訴えたかったものは、これが本当に最後のチャンスだよというメッセージではないだろうか。

 「統一名簿方式ができれば旗を降ろす。選挙に出るのが目的ではないから」。老憲法学者は結んだ。   〜終わり〜
 ≫(田中龍作ジャーナル)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月10日 10:47:14 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2180]
各紙の扱い。

朝日:4段
毎日:4段
東京新聞:第2面で半ページ(7、8段)
日経:無視
読売:4段(ネガティブに)
産経:4段囲み(ディスリ調)
https://twitter.com/tanakaryusaku/status/729836008548777986

そういう言論空間ですよ、と。


2. 2016年5月10日 10:49:31 : MPcxhsBOyo : YoYEUY8OKEM[55]
当初はやむを得ず新党でも良いが、最終的に、小沢氏、共産党、社民党など同政策の政党と、同一化することが求められる。

小林節新党「国民怒りの声」の全政策に賛同する。


3. 2016年5月10日 12:05:45 : xM05bDnG9Y : gHaWXxEGgOY[225]
日経、ゴミウリの反応は思った通り。3Kは新聞ではなくヘイトビラなので無視。

4. 2016年5月10日 14:20:59 : 63s7wBtkQQ : 9gTB4aGzszQ[6]
読売、産経は続報は載せないか。

5. 2016年5月10日 14:46:28 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[703]
新聞の扱いなど折込済。知る人ぞ知れば良い。斯くしてその様に動き始めた。順風だ。
方や自公を慢心に走らせ、方や民進党が泣きついて来さえすれば良し。さあどう出る岡田

6. 罵愚[3486] lGyL8A 2016年5月10日 17:08:28 : kr4pcGtz3c : pJv2PqJLFdQ[10]
Res2
 「当初は新党でも良いが、最終的に共産党、社民党と同一化が求められる」なら、野党の統一候補を立てているいまの状況はなんだろうか? 言ってることとやってることがハチャメチャな野党と ★阿修羅♪

7. 反イルミナティー主義[2107] lL2DQ4OLg36DaYNlg0KBW47li2A 2016年5月10日 19:01:02 : m23Zv1Qo6U : uGPwlRgcomI[-11]
行っていることがハチャメチャオレオレ詐欺な自公政権と
身勝手な屁理屈と強弁を垂れる>>6馬糞をはじめとするエセウヨキムチ
の自称日本人。アベノミクスの恩恵が全国民に行き渡ったら
ホームレスはいなくなって待機児童もいなくなるだろうが。
幼稚な屁理屈の論点のすり替えは許さん!!


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
8. 2016年5月10日 21:13:22 : MPcxhsBOyo : YoYEUY8OKEM[56]
>>06への回答

分かっていると思って書いたが、分からないようなので付け足すと、野党を増やすなということと、野党統一候補として、その輪の中へ入れということだ。

つまり、野党の票を分断してはならないということだが、分かったか?

>>07さん、コメントありがとう。


10. 罵愚[3489] lGyL8A 2016年5月11日 04:19:23 : kr4pcGtz3c : pJv2PqJLFdQ[13]
Res8.
>野党の票を分断してはならないということだが、分かったか?

 だから新党創立はその趣旨に反する。“分かったか?”


11. 2016年5月11日 06:50:03 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[500]

 読売:4段(ネガティブに)
   産経:4段囲み(ディスリ調)


    ↑保守新聞の権化ですからね〜


12. 名阪神高速浪速[122] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年5月11日 08:19:18 : eqxsi9P0o2 : JbFUGWIVu_4[2]
皇室典範を早急に破棄せよ❗

皇室が「男尊女卑」と「軍国主義」の片棒を担がされた、「皇室の歴史の中で、最も暗い時代の法令」を「昭和22年施行憲法」のスタートと共に全面廃棄しなかったのは「気違い沙汰」。

穿った見方をすれば、「皇室を戦前からパーペキに脱却させる」のを妨害して、左翼を誹謗中傷する道具に使う為の陰謀かも知れません。

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い

13. 2016年5月11日 09:27:13 : Hxrcp3RsaI : NCo3TX2Cs5I[170]
あくまでも野党結束への過程であろう。野党乱立となれば弾力的に動ける組織であろうから。教授の気持ちはわかる。読売や産経はこれを潰す報道をするだろうが無視するのが良い。小沢さん活躍の道が閉ざされている現状は民進党が原因だが彼らは参議院選挙で崩壊するかも。

14. 安倍を辞めさせる会[196] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年5月11日 11:43:20 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[156]
普通政党が政権をとったら強みになるものであるはずだが,民進党の場合足枷になっているところが面白い。消費増税しかりTPP問題、安保法制も腰がひけていた。

15. 斜め中道[270] js6C35KGk7k 2016年5月11日 17:23:35 : 460ZVzz1ys : 8oca@IpCA1U[239]
現在のマスコミに嫌われりゃ本物ということだ。
日刊ゲンダイ以外は、まともなマスコミじゃないと安倍さんもいってたしね。

ところで「罵愚」は、あいかわらずうるせぇな。
お前ぇ、こないだ、俺に、
“いやぁ、わたしは保育園の先生になった気持ちでね、幼児のレベル(の ★阿修羅♪)にはつきあいきれないが、愛情をもって育ててあげようかと…(笑)”
・・・って言ったばっかしだろ。

10>みたいな口のききかたしてりゃ、保護者に殴られるぞ。

失せろ!


16. 一主婦[1841] iOqO5ZV3 2016年5月11日 19:01:03 : VnFJmFJ1dU : lf4ifphGfA0[306]
阿修羅には、小林氏の「国民怒りの声」の記事のスレットが沢山挙がっていますが、このあいば氏のスレット記事が一番、私の心にストンと落ちる内容になっています。ですので、この記事に沿って、私の想いを書かせて頂きます。この小林氏の動きに対して、何かと批判的なコメントが多い様ですが、私はこの動きに賛同しています。


>民進党が現状のような政治家構成で今後も行くのであれば、この「新党」には、大いに意味はあると理解する。野田、前原、細野のような輩がデカイ面をし、既得権益内の「連合」という組織なしには成立しない政党に、反自民公明を期待するのは、あまりにも心細い。それは、かなり明白な事実だ。反自民に入れたい有権者の受け皿が不明瞭になっていると云うことは、浮動票を動かすモチベーションがないと云うことだ。


↑で、あいば氏も仰っていますが、やはり、この野党連合に水を差しているのが「民進党」なのだと思います。例え政権交代を果たしても、その政権運営を難しくするのも民進党なのだと思います。反自民の有権者の誰もが期待しない自民党と同じ政策ばかり掲げている第二自民党化した民進党では、投票率が挙がらない結果も当然だと思います。民進党を野党と認め野党連合に混ぜるなら、民進党が原点に帰るか、それが出来ないのなら、民進党の自民党化している腐れ集団を切り離すかしなければ、野党としての本物の器にはなり得ないと、私も思います。

北海道5区の例からも、それは明白に成ったと思います。芝居がかった野党連携を演出し、共産党と民進党のクーデター組みの、意外な人物との手つなぎアピールや、鳴り物入りの有名人参加のアピールでも結果は投票率50%台でした。やはり民進党の自民党化が無党派層の投票行動にストップを掛けているのだと思います。2009年時の投票率は70%台でした。そこまで投票率を上げなければ、野党の政権交代は無いと言う事だと思います。その点でも、今回の(前回でのさくらの木構想も)小林氏の動きは、その無党派層を取り込むための動きですから賛同できます。


>概ね、正しい方向性を出しているが、課税と再配分、経済政策など、国民が最も興味を示す部分に触れていない点が物足りない。ここを埋めるべき、人材のリクルーティングは必須だと思う。筆者は、水野和夫、植草一秀氏や白川前日銀総裁などが有力なのではないかと、個人的に思う。おそらく、この小林氏の動きは、オリーブの木構想、さくらの木構想を具体化したわけで、民進党が、危機感なしに、準自民党という路線に拘泥するのであれば、明確にカウンターとなりますよ、というメッセージと捉えて良いだろう。


↑、そうですね、小林先生は憲法学者様ですから、経済の部分とか税の再配分の部分は、少しお寒い感じが、素人の私にも感じられました。出来るなら、経済学者の植草先生の「オールジャパン・平和と共生」とも連絡をとって、ご一緒に薦めてほしいと思います。両方とも掲げられている主要政策もほぼ一緒ですから・・・でも、小林先生は後発で、先発の構想をジャマしない様に、参院選の比例区を特化しての動きですから、単独行動をとられたのでしょうか?

衆参同一選挙も考えられますから、出来たなら、植草先生の会と小林先生の会とご合流して頂き、その政策に賛同出来る既成政党の議員たちを「政策中心」で寄せ集めて、さらに、特別会計等の構造改革を目指している小沢氏とも組んで戴けたなら尚良いと思います。そうしたなら、無党派層も夢を託して投票できる器になると思います。


>亀井静香、小沢一郎、小林節の人脈によっては、次々と大物を擁立する可能性があるだけに、参議院比例区にとって、有名人の立候補は、民進党にとってかなりの脅威だ。マスメディアが大きく取り上げない理由の一つが、現行の日本のエスタブリッシュメントにとって不都合な政党の誕生だろうから、トピックス扱いしない話題と云うことだろう。明日の「パナマ文書」一部公表と同時に、中々面白い成り行きになってきている。


↑、やはり、これですね。行き着く先は、小沢氏と、植草先生と小林先生の構想を合体していただければ、政策も、構想も、政治姿勢も、国民側の器になると思います。合体して大きな力にしてほしいと思います。こうなる可能性があるので、マスコミも恐れが先立ち、握りつぶしてしまいたい思いが報道無視になっているのですね。ホント判り易い日本のマスコミですね。さすが世界報道番付で最下位に近い順位を取るだけの要素満点ですね。

私は、小沢支持者ですが、小沢氏の薦める「オリーブの木」構想には疑問が有ります。既成政党枠で、政策抜きの野党連合には疑問があるのです。それでは政策が何しろ自民党と同じの民進党中心の政権交代になってしまうからです。野党連合を組んだ「オリーブの木」で当選を果たし、その後は、各政党の器に帰ると言う事ですが、そこが納得できません。

それでは、あの民進党の自民党化した政策が有効に作用してしまいます。野党連携で民進党議員を大きく増やしてしまったなら、国会での採決では、民進党の自民党と同じ政策に「党議拘束」をかけられて採決投票されますと、自民投票をさらに増やして、安部悪政の数々を「自公+民進」で、採決されてしまう結果になると思うからです。

その点、植草先生と小林先生はシッカリと「政策」を掲げて、政策中心の器を示しておられますので、有権者は政策に賛同して投票しますので安心して投票できます。政策も反自公の政策になっていますから投票率も上がる結果になると思います。小沢氏の薦めるものは、選挙の時だけ選挙協力し、当選後はそれぞれの既成政党に帰ってしまうと言うもので「政策は抜き」と言う事のようですから、その点がなんとも不安です。目隠しされて製品を吟味せずに料金を支払わせられると言う感じで、なんとも納得いきません。

きっと無党派層の方がたも、同じ気持ちを持っていらっしゃるのでは無いかと思います。北海道5区の選挙のように、野党連合の形を華々しく見せても、結局は投票率は上がらないと言う事実は、その辺りの矛盾を解決しなければならないという事を示唆している結果だと思います。今回の小林先生の動きも「野党連携さえすれば安倍を倒せる」と言う考え方と、実際の投票率の矛盾との解決のための動きだと思います。器は造っても、有権者が動かない器では、目的が達成できないと私も思います。


>社民、生活も乗れる可能性はあるし、共産党も乗らないとは限らない。日本の良識に、取りあえず戻ろう運動のようなもので、安倍日本会議政治が壊し、世界の笑われ者になっている日本を、先ずは取り返すことである。


↑のようになって欲しいですね。やはり、器造っても有権者が動かない器では仕方が無いと思います。小沢氏のオリーブの木構想に、植草先生と小林先生の政策中心の集合構想が合体したなら、あの、2009年時の70%越えの投票率も可能だと思います。安倍悪政で嫌気が指している多くの有権者はその様な器を首を長くして待っていると思います。私も私達の仲間もそれを熱望しています。


> 小林氏は「食い合うくらいなら(そんな野党は)死んだ方がいい」としたうえで「裾野を広げなくちゃいけない。中間層の受け皿が必要・・・投票率を上げる装置が必要」。新党「国民怒りの声」は、1人区には原則として候補者を立てない。ただし推薦してほしいという人が現れた場合、政策が合致し納得が行く人物であれば、推薦を出す方針だ。


↑、やはり小林先生は、良く分かっていらっしゃるのですね。小林先生の動きを野党分断とか、自分が選挙に出たいが為とか批判的なコメントが多いですが、やはり自民党も民進党も嫌だという方がたの受け皿がない事が問題なのです。それが投票率低迷の基になっているのです。ですから、小林先生は、老後の安定を投げ出しても、その方々を取り込まなければ政権交代は難しい事をよく知っていらっしゃるからこそ、今回の動きにでたのですね。私は、小林先生の今回の動きに賛同します。受け皿がない事には投票率は上がりませんし、目的も達成できませんから。北海道5区が良い例ですよね。


>小林教授が悠々自適を捨ててまで訴えたかったものは、これが本当に最後のチャンスだよというメッセージではないだろうか。 「統一名簿方式ができれば旗を降ろす。選挙に出るのが目的ではないから」。老憲法学者は結んだ。  


↑も納得です。小林先生の動きを、自分の選挙の為とか、野党分断とかと言う批判も散在しますが、小林先生は、ちゃんとした野党の器が出来るなら「私は降りる」と仰っていますね。野党分断では無いですね。先生は、老後の生活も安泰なのでしょうから、わざわざ選挙に出てという自分自身のためのお考えでない事は私も察しが付きます。なにしろ無党派層が夢を託して投票できる器がない事で、仕方なく小林先生は動かれたのですね。わたしは、小林氏の無党派層のために動かれた想いをありがたいと思います。

出来たなら、参院同時選が噂されていますから、参院選の比例区だけでなく、その先生のお考えと政策で参院同時選にも対応できる人選と器を造っていただきたいです。植草先生の会と、小沢氏などとも協議なさって、合流していただきたいです。無党派層も総動員できる投票率も上がる、国民のための本物の器を期待しています。小林先生、植草先生、小沢さんどうぞ合流願います。


17. 2016年5月11日 22:28:07 : jqrTHfaxH6 : u_anhjkxb@Y[359]
大学の先生が現状を踏まえた上で出した苦肉の結論に無職がわかったような口を利く。
まあ俺の考える事ぐらい考慮した上で決めたのだろうという発想がない。

18. 2016年5月11日 22:49:32 : 7LS2t5Osdw : aRfaQEObVx8[4]

「国民怒りの声」のWebが立ち上がりましたね。

http://kokumin-no-koe.com/

Facebook

https://www.facebook.com/kokuminikarinokoe/


19. 北の吟遊詩人[598] lmuCzIvhl1aOjZBs 2016年5月11日 22:53:54 : o0flt10WyM : 6CtPrns1c0A[36]
節先生は功成り名遂げた人で別に政治家にならなくても生活できる人。
野心もなく本当に国を憂いている憂国の士。

自己保身しかない民進党の政治家に爪の垢でも煎じて飲ませたいわ。
民進党の小心者たち!少しは見習え!!

そんな私利私欲で生きてるから政権交代に失敗し
支持率の低下は止まらないし

あんたらのせいで安部が暴走しているんだよ!!!
全部民進党のせいだ。せこい、ほんとうにせこい。

節先生全面支援。


20. 2016年5月11日 23:42:09 : iuOq1ZFTDY : aOHnbp1eDik[5]
小林、植草さんなど人望があるらしい。私的には、彼らがどのあたりで、火病をおこし、物事を見ようとしない態度を皇帝化(肯定化)させるかなど、彼らの限度について前もって知っておきたいのだ。

21. 罵愚[3499] lGyL8A 2016年5月12日 05:02:44 : kr4pcGtz3c : pJv2PqJLFdQ[23]
 5月4日のプライムニュースは『立憲主義と権力の解釈 首相が狙う改憲の真意』と題してゲストは自民党から伊吹文明で護憲学者から小林節 慶應義塾大学名誉教授と石川健治 東京大学教授 の二人だった。
 面白かったのはふたりの護憲学者が2/3条項をとりあげて小林が厳格に憲法を守って2/3を達成できれば改憲を容認するのに対して、石川は憲法の骨格となる規定の改正は国家理念の否定につながり、革命を意味するから変更はできないといっていた。つまり2/3条項をクリアできても改憲は不能というのだが、それって護憲派による2/3条項を否定した、憲法破壊なんだよね。
 もうひとつ、二人の憲法学者のご意見が通用するのは平和憲法のかぎりであって、二人の意見を明治憲法から平和憲法に改正した過程に適用すると、平和憲法はあきらかに憲法学者の学説に違反して成立していることになる。言い変えると日本の憲法学とは、現行の平和憲法では通用するが過去や未来の憲法には通用しないし、他国の憲法にも通用しない平和憲法に特化した憲法学ということらしい。
 どうってことはない、御用学者のたわごとが証明されたものだった。

22. 2016年5月12日 08:05:40 : lD6gMP56BE : pwUH_cXN9cs[3]
安保法案の、廃止を求める護憲派の署名運動、合計で 1200万筆に
反対集会には約5万人が参加 「市民と野党で共闘を」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11353.html
 
当然ですな。
 


23. 一主婦[1842] iOqO5ZV3 2016年5月12日 19:11:58 : VnFJmFJ1dU : lf4ifphGfA0[307]
小林氏が「国民怒りの声」の新党を立ち上げた事に異を唱えている方がたの主な理由に「野党分断」がありますね。でも、小林先生は無党派層(棄権層)の取り込み・投票の裾野を広げるという理由でこの新党を立ち上げられましたので、野党の分断ではなく、無党派層を救い上げで裾野を広げ投票率アップを目指す構想です。私は小林先生の、この行動を支持します。先ず↓古賀さんの呟きをご覧下さい。


※古賀茂明
NHK世論調査 各党支持率 自民37%、民進8.2%、無党派35.9%
民進支持広がらず。選挙のために反安保法を装い、原発も実は推進で自民と同じ。自民も民進もダメ、共産は嫌で無党派へ。


↑の古賀さんの呟きにもありますが、無党派層が約36%もいるのです。自民党の支持率とほぼ同等です。この層は自公政権が嫌、そして民進党も嫌、共産党も嫌と言う層になると思います。そこをすくう器が無い事には投票率は上がりません。例え、小沢氏の薦めるオリーブの木が出来たとしても、その中で一番大きな野党第一党の民進党が自民党とそっくりの政党だったなら、やはり、その方がたは動かない事になると思います。


北海道5区でも、共産・民進・社民・生活・の野党連合はできあがりました。東京からの有名人による応援も華々しく繰り広げられ、候補者も素晴らしい人物でした。でも、無党派層の方々が動かず、投票率も50%と低投票率だったため15000票もの差で負けました。やはり、野党連携と言う器だけでは、その無党派層の取り込みが無理であると言う事だと思います。野党第一党の民進党が、自公政権と政策の旗色がまったく同じでは、いくら小沢氏が薦める野党連合の器が立派に完成しても、その器の内実は自民党と同じ集まりと見られてしまうのだと思います。


事実、オリーブの木構想では、野党第一党の民進党議員は、共産党さんの身を削る協力で勢力を増大しますが、選挙後は自分の所属する民進党に帰ってしまいます。野党連合時には「国民側」を装っていても、民進党に帰れば自民党そっくりの自民党二軍の政策に「党議拘束」をかけられて、自民党と同じ政策に国会決議では賛成票を投じる議員になるのです。これでは、自民党議員を増やしてしまう事と同じだと思います。2009年時の投票率は約80パーセントに近かったと聞いています。その時には、野党連合も無く、民主党単独での政権交代でした。政策と政治姿勢、議員の国民目線が有権者から信頼されての政権交代だったと思います。中身のある器だったからです。


やはり、その野党連合の器の「中身無視」では、有権者も無党派層も動かないのだと思います。実は、私も私の仲間もその中身重視なのです。小林氏の掲げられている政策は、やはり有権者が欲している政策を掲げられていますから、小沢氏の「政策無視」の野党連合とは、意味も形も違うと思います。ですので小林先生は独自の動きになったのではないかと思います。私は、小沢氏の器よりも小林氏の政策をシッカリと掲げた器の方を信頼し支持します。↓の呟きでもその事の関連コメントがされています。参考まで。


※壺井須美子 ‏
「いくら野党統一候補といわれても、脱原発ひとつ、消費増税凍結ひとつ言えない民進党になんか投票するものか。仮に野党が政権とったとしても、それじゃあ自民党と同じじゃないか。それくらいなら選挙区は棄権して、比例で共産党に入れるよ」70代友人男性の意見。小林オリーブ立ち上げに喜んでいた。

※無外流の狼 ‏
憲法学者の小林節氏は「国民怒りの声」の設立を発表。自民党にも民進党にも共産党にも共感できない有権者の「代弁者たらんとして第三の旗を立てることにした」と訴えた。「野党共闘の先頭に立つべき民進党の動きが遅く、このままでは時間切れになる。既成政党に不信を抱く無党派層に関心を持ってもらうため、旗を立てたい」

※Miho Ohtsuka ‏
小林節先生が参議院選挙に打って出る決意を。これも民進党に対する失望があると思うよね。民進党に国民を守ろうという本気度がまるで感じられないし、危機意識の欠乏もここまで来ると「こんな政党いらない」ってことよ。共産党、社民党、生活の党と、小林節先生の候補者を統一候補として戦うべきです。

※mm*オリーブの花会員*
野田氏や管氏がのうのうと生き残っている民進党は自民党より劣化していると思う。やることなすこと理解できません。


↑やはり、皆さん、民進党が問題とおっしゃっていますね。ここ7年間も野党統一の器作りを野党同士で試みてきていながら、今なお自民党化した民進党が野党連携の邪魔をしています。衆参同時選挙も噂されていながら、その器作りも、その形をも成していません。痺れを切らして小林先生が動かれた意味は理解できます。小沢氏や志位氏に相談するとかしないとかも、何しろその野党連携の形の想いが違っているようですし、取り残される大票田の無党派層の取り込みを目指しているようですから、小沢氏、志位氏とは形が違うのですから、小林氏は、その様な単独発表になったのだと思います。


一番良いのは、小沢・志位構想に、無党派層を動かすような政策の中身も備わる小林構想、植草高層がドッキングする事だと思いますが、無党派層取り込みに関しての策が一向に講じられないまま、民進党も愚痴っていて野党構想がまとまらないで、衆参同時選挙になるという実態もあり、時間が迫っている中で、仕方なく、後発で小林氏は無党派層の大票田を救う動きに出たのだと思います。何しろその大票田を動かし取り込まなければいけない事は、ど素人の私にもわかります。


小林氏は、それでも、先発の小沢氏や志位氏の構想の「選挙区」のジャマにならない様に、後発としての礼儀で「比例区」限定で動かれた事も小林氏の配慮を感じます。今は、小沢氏の構想も、どの方法も行き詰っていますから、良いと思う方法があるのなら、ドンドン声を上げてみて、一番良い形に集合する方が良いと思います。7年たっても良い形にならない方法に、どちらが先だから一言断らなければならないとか、先に立ち上げた方に協力すべきとか、そんな事に拘っていないで、やれるとおもう構想ならドンドン立ち上げて欲しいと思います。後から立ち上がったものの方が、より信頼して動けると言う事もあり得ます。


民進党が変らないままでの取り込みでの野党連合では、政権交代の意味も薄れます。無党派層も動きません。オリーブの木だけに拘らずに、良いと思う方に集合した方が良いと私は思います。衆参同一選に備えて、より良い器作りと無党派層を取り込める、そして投票率アップが望める政策政治集団の器作りが望まれていると思います。7年も掛けて駄目なものはだめと言う踏ん切りも必要だと思います。有権者が望む反自公の器は、投票率アップにもつながるはずです。


何しろあの民進党の政策では自民党を選ぶに等しいですから、結局は、小沢氏の薦めているオリーブの木構想は、アメリカ様の進めている二大政党制の形に結果的になってしまうと思います。帰るべき政党をそのままと言うオリーブの木構想では、民進党の政策と政治姿勢が生き残ってしまいますから、アメリカの望む二大政党制の形になってしまうと思います。


24. 2016年5月12日 22:50:08 : dfXnCDxPoI : CVvDzI6b2c8[6]
>>10

いまどき「比例代表制」と「一人区」や「小選挙区制」のシステムに違いがあることを
理解していない奴が、いるもんだね。

もし本当に理解していたら、「10」で書いているような事なんか、とても恥ずかしくて言えないよね。


25. 2016年5月13日 10:16:47 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[146]

《私の身に何が起ろうと国民は私の屍を乗り越えて政権交代を成し遂げて欲しい》

この言葉は2009年政権交代以前小沢氏が語っていた言葉です
  (以前引用しましたが)
2009年総選挙後民主党の大勝が確定した後小沢さんは
開票センターに姿を現わしませんでした 
これは石井紘基氏同様暗殺を危惧しての事と思います

この時点で利権集団は彼らの玉手箱特別会計にメスを入れられると考えたと思う
それからのメディア法務官僚トロイの木馬議員を総動員しての
小沢攻撃はみなさん御存知の事と思います

何が言いたいかと云うと口で言うのは簡単ですが実現行動するのは非常に難しい
我々国民は政治の内情は解からない訳で自分の信ずる政治家に
ついていく事しか出来ない訳です 

参考になるのがメディアのその政治家への対応だと思う次第で(リトマス試験紙)
その意味では保守政治家でありながら過去これ程メディアから
ネガティブ攻撃された政治家はいません

何故彼らにとって最も警戒すべき危険な政治家であるからですよ
逆に云えば多数国民にとってこれほど信頼信用できる政治家は居ない訳で
口で大層な御託を並べるよりも遥かにそれらを凌駕してると判断すべきです

人生で最も重要な能力の一つは判断力ですこれが間違っていると
トンデモナイ事になります

それと御用メディア(NHKを含む)の調査と称する洗脳世論誘導操作を信用して
参考として引用するのはいい加減に止めませんか
もうその時点でアチラ側に取り込まれてる事を自覚しないとね。



26. 罵愚[3510] lGyL8A 2016年5月13日 14:26:31 : kr4pcGtz3c : pJv2PqJLFdQ[34]
  ★阿修羅♪の住民のノーミソは『安倍 Vs 反安倍』のイメージしか浮かばないようだが、自民党内にもアンチ安倍はいるし、民進党内にも安倍シンパはいるんだから、『保守二党 + 売国左翼』って近未来もありうるんじゃぁないかなぁ?
 言っても無駄か??

27. 2016年5月13日 14:38:06 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[147]
 
    ↑

  ん・・・むだ!  解かってるじゃないか、

 君の言う事は阿修羅のみなさんは聞く耳もたずです。


28. 罵愚[3513] lGyL8A 2016年5月14日 05:08:04 : kr4pcGtz3c : pJv2PqJLFdQ[37]
>君の言う事は阿修羅のみなさんは聞く耳もたずです。

 そうだろうね。同病相憐れむっていうか、傷をなめあってる ★阿修羅♪の入院患者たち、



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ