★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 470.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
やくざ・麻薬・米兵の沖縄悲劇<本澤二郎の「日本の風景」(2362) <女性にとっての戦場だ!> <やくざ跋扈の基地>
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/470.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 22 日 10:37:54: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52138289.html
2016年05月22日 「ジャーナリスト同盟」通信

<女性にとっての戦場だ!>

 紛争地域では、レイプ・強姦事件が頻繁に起こっている。アフリカのコンゴ民主共和国では、20万人の女性が被害に遭遇している、と専門家が指摘している。女性虐待地帯は、女性にとっての戦場なのだ。推論だが、背後に麻薬が介在している。覚せい剤が強姦・レイプ誘引剤だ。この麻薬・覚せい剤の密輸拠点が、沖縄であることも分かってきた。米軍基地のある沖縄は、女性にとって二重三重の戦場なのだ。悲劇の島なのだ。昨日、島袋里奈さんの葬儀に参列した中谷防衛大臣は、自衛隊の力でもって、やくざ・米兵の麻薬犯退治をする覚悟があるだろうか?

<覚せい剤600キロの意味するもの>

 もともと沖縄・琉球は平和の島である。いまは入れ墨やくざが跋扈する島である。入れ墨米海兵隊員がたむろする、女性にとっての危険地帯なのだ。麻薬・覚せい剤が、強姦・レイプ事件を誘発している。誰も書かないが、だれもが知っている現実である。
 最近、沖縄で600キロの覚せい剤が、当局によって摘発された。末端価格420億円。戦後最大の押収量という。
 どこから持ち込まれたのか?台湾である。ヨットで密輸された。香港からの空からのルートだと、これほどの大量持ち込みは不可能である。船による台湾経由が、一般化していることを裏付けている。17年前は鹿児島沖で564キロが見つかって、押収されている。

 沖縄ルートが大量の麻薬密輸基地なのだ。中国では、発覚すれば死刑だ。それでも、経済発展の大陸に大量の麻薬が持ち込まれている。当局の取り締まりは、一段と強化されているようだ。死刑になった日本人やくざもいた。日本は、いま台湾を迂回しての大量密輸ルートに注目すべきだろう。根っこを絶たねばならない。
 自衛隊の本来任務は、中国船の監視よりも、漁船を含めた不審船の監視の方がはるかに重要なのだ。沖縄を麻薬の巣から返上させる必要がある。

<やくざ跋扈の基地>

 このままでは、たとえ米兵を追い返したとしても、麻薬の地として温存するようなことになれば、女性にとっての戦場に大きな変化はない。
 麻薬の受け手はやくざ・暴力団である。彼らは中国・台湾・香港・ASEANと幅広い麻薬入手ルートを構築して久しい。
 やくざのいるところ、必ず麻薬がある。麻薬による犯罪は、第一にレイプ・売春強要である。強姦女性のほとんどが歓楽街に送り込まれて、売春を強要されている。これに真正面から手を付けようとしない保守政権によって、やくざと麻薬による構造的な犯罪は、途方もなく拡大している日本だ。
 その被害者は芸能界やスポーツ界だけではない。一般の主婦にも魔の手は及んで久しい。やくざは、性ビジネスに役立つと思われる女性を、常時標的にしている。

 「木更津レイプ殺人事件」の追及取材で判明した現実である。周辺に悲劇の女性を目撃しない限り、警察もジャーナリストも、本当の恐怖を感じないのが、無念の極みである。

<麻薬に手を出す米兵>

 島袋さんをレイプ殺人へと追い込んだ元海兵隊員は、覚せい剤に手を出していなかったろうか?犯人は家庭があった、それでも性的凶悪犯罪に手を出した。元巨人軍選手の清原も、家庭を持っていた、それでも覚せい剤の重症患者になった。SEXと覚せい剤に呑み込まれる人間は、芸能・スポーツ界だけではないだろう。

 なぜ沖縄が麻薬の巣に選ばれたのか。空の窓口・成田の麻薬犬の活躍で、大きな量の持ち込みは成功しない昨今だ。少量を、運び人を使っているとみられるが、これでは膨れ上がる需要に追い付かない。清原のような麻薬中毒犯はゴマンといる日本である。
 その点、船を利用しての沖縄は、かなり自由に、大量に持ち込むことが出来る。日本の刑罰は軽すぎるほど軽い。逮捕されても死刑にはならない。日本ほどおいしい場所はない。しかも、麻薬をさばく相手先がたくさんいる。

 そう米兵だ。海兵隊ならすぐ手を出すだろう。そのための使用人をやくざは、大量に用意する。沖縄の女性は、米兵の前にやくざに狙われて、歓楽街に押し込められる。麻薬は瞬く間に米兵をむしばんでゆく。やくざと米兵による強姦事件の連鎖である。

<やくざと覚せい剤とレイプ事件>

 やくざハマナによる「木更津レイプ殺人事件」を追及してゆくと、必然的に麻薬・覚せい剤犯のやくざハマナが見えてくる。
 そうした視点から、覚醒剤犯の清原事件に注目した。麻薬に無知なジャーナリストも、覚せい剤とSEXの関係を、ようやく初めて知ることが出来た。その先に、レイプ・強姦事件へと発展する因果関係が存在することがわかってきた。

 振り返って、なぜ清国がアヘン戦争に立ち向かい敗北したのか。列強がアヘンで大陸を抑え込み、関東軍も同じ手口で侵略戦争を強行した。いまCIAも、と指摘されている。戦場に麻薬は不可欠なのだ。
 麻薬は人間の心を滅ぼす魔力を有している。やくざと麻薬と強姦事件には、明々白々の因果関係がある。傍観者でいると、身近なところで悲劇の女性がいることに気付かない。被害者が、声を出して叫ぼうとしないからである。 

<沖縄の3悪>

 麻薬の沖縄・やくざの沖縄・米兵の沖縄である。この3悪は連携している。これこそが沖縄の悲劇である。女性にとって沖縄は、最悪の戦場なのだ。
 沖縄人に叱られるかもしれないが、筆者にとって沖縄はずっと遠い世界だった。詳しい歴史など、教えられなかったこともあって、傍観者の本土人でしかなかった。いまは詫びるしかない。

 文化的には中華圏にはいる沖縄である。彼ら次第では、沖縄独立論が浮上しても不思議ではない。彼ら自身に選択する権利がある。それでいて、なぜ70年もの間、結果的には沈黙してきた沖縄が理解できない。

 沖縄の3悪と対決しない沖縄が不思議なのだ。犯人は麻薬・やくざ・米兵であるが、米兵問題は政府と日本国民の責任である。しかし、やくざと麻薬は沖縄人が総力を挙げれば、解決可能であろう。正義の沖縄人がいるはずなのに。

<列島も女性にとっての戦場>

 レイプされ続ける紛争地域の女性たち、紛争地域でない日本も、女性にとって安全ではない。やくざと覚せい剤によって、危険にさらされている日本人女性だとすると、日本列島全体が戦場なのであろう。

 明治の先覚者は公娼制度の廃止を叫んだ。選挙権獲得に立ち上がった女性もいたが、やくざと麻薬と強姦問題に立ち向かった女性運動家は、いまだかつて一人もいない。

 まじめで、美人の女性が、やくざの標的にされてきている日本である。その源流が沖縄なのであろう。日本人は、島袋さんの悲劇を繰り返さないために、死に物狂いで米軍と米兵を追い出す作戦に戦わねばならない。同時に、麻薬とやくざを退治することを忘れてはならない。本末をわきまえての闘争に、日本人すべてが歩調を合わせる時でもある。

2016年5月22日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月22日 19:15:16 : iWkDkQhXxg : w2vcAwSeRjw[57]
米軍と 持ちつ持たれつ 裏社会

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ