★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 476.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「国民怒りの声」代表、社民・生活とは共闘せず (読売) : 小林節が 社民と「生活」を 切り捨てた
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/476.html
投稿者 真相の道 日時 2016 年 5 月 22 日 12:46:27: afZLzAOPWDkro kF6RioLMk7k
 

   
[私のコメント]
   
   
> 参院選比例選での候補擁立を目指す政治団体「国民怒りの声」代表の小林節・慶大名誉教授は19日、東京都内で記者会見し、社民、生活両党と共闘しない方針を明らかにした。
   
  
社民党も、山本なんちゃらの党も支持率がほとんどない泡沫政党。
小林節がハナから相手にしないのももっともなことです。

とは言っても小林節は共産主義者ではなく、憲法についても共産党とは真逆の改憲論者。
さすがに共産党とは連携しないだろうと思ったら、共産党とはドップリなようで不思議な展開。

小林節は道化役になって野合野党を引っ掻き回すのが目的なのかもしれませんね。

いずれにしても、小林節が 社民と山本なんちゃらの党を切り捨てたことで、この2党の存在感はさらに地に落ちることとなりました。


[記事本文]

参院選比例選での候補擁立を目指す政治団体「国民怒りの声」代表の小林節・慶大名誉教授は19日、東京都内で記者会見し、社民、生活両党と共闘しない方針を明らかにした。

 両党は比例選で、小林氏の団体との統一名簿を模索しているが、小林氏は「小さくても単独で戦ったほうが我々だけでも浮く。(両党の所属議員が)個人で来たら歓迎する」と語った。

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news1/20160519-OYT1T50113.html
  
     

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月22日 13:25:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[3268]
{中継配信}5/22 14:00〜 政治を市民に取りもどす 福島みずほ×内田樹
http://www.ustream.tv/channel/iwj-hyogo1

2. 2016年5月22日 13:52:12 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2417]
志位和夫氏
「衆院小選挙区での野党共闘の体制を一刻も早く作ることに全力を挙げたい」
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160521/ddm/005/010/029000c

衆参両院での一本化が進んでいけば、国民怒りの声(小林節氏)は出馬をやめるかもしれませんね。会見でもそうおっしゃってましたし。


3. 2016年5月22日 16:36:11 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2422]
志位和夫氏
「正直に言うと、提案した時はここまで実現すると思っていなかった。嬉しい想定外です。香川では共産党の候補です。ここまで来たら勝たねばならない。全選挙区で勝つ!ダブル選は邪道だが、安倍さんは邪道を邪道と思わない。充分な備えが必要。もしそうなったら衆参まとめて勝つまでのこと!」
https://twitter.com/freie_Herz/status/734271485863297024

やる気まんまん。


4. 2016年5月22日 16:42:37 : FEC2VmUkl2 : @qdgvYvYfhw[3]
必死だな真相。

驕っている暇があるのかよ。

公明頼りの自民党のくせに。


5. 2016年5月22日 19:08:42 : HNV1VCk7PQ : Eigr9r9kViE[1]
あたりまえだろう。
保守層の票を狙っているのに社民党などと共闘したら意味がない。
それだったら民進で充分。

6. 2016年5月22日 20:25:25 : uNjbaO14N6 : DEvDaeMqjFs[38]
自民が嫌いで、民進は信用できなくて、共産は無理って層にアピールするんだっけ?
そんな条件に合う奴が日本に何%いると思ってんのかねあの爺さん

7. 2016年5月22日 22:34:58 : 8vlWUL4Ywv : nyxGgZ0hTkY[10]
これって、自民党真相の道がそんなに喜ばなければならないような記事か?

8. 2016年5月22日 23:00:08 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-864]

【沖縄】神奈川新聞「在日米軍人はビジネスマンや留学生とは違う。米軍人の事件は1件たりともあってはならない」
beチェック
1 :神のみそ汁 ★:2016/05/22(日) 20:18:23.31 ID:CAP_USER*.net
1件たりとも、あってはならない 沖縄・米軍属逮捕
カナロコ by 神奈川新聞 5月21日 23時18分配信

「基地の外でマンションを借りたら、両隣だけではなく上下階の部屋にもあいさつを」

米海軍横須賀基地では、日本に初めて赴任してきた米軍人向けに、日本の社会規範や法律を講義するオリエンテーションを開いている。
かつて講座をのぞかせてもらったら、日本社会のマナーもテーマに上がっており、若い兵士がまじめに耳を傾けていた。

終了後、新兵たちと話をした。
全員が志願しての日本赴任だという。
「日本のアニメが大好きでした」。
19歳の女性兵は「日本の人たちと交流するのが楽しみ」と笑った。

「基地の街」横須賀では、市民と米軍関係者の交流は多層的だ。
基地前の飲食店街「どぶ板通り」が米兵らでにぎわう様子は、その一部に過ぎない。

地元のイベントや社会活動で日米の参加者が汗を流す。
肌の色の違う子どもたちが、おそろいの学帽をかぶって地元の小学校に通っている。
若い米兵がボランティア参加しているサークルの主催者は、「彼の評価が上がるように」と感謝状を部隊に送っていたー。

政治や安全保障論とは別の次元で、米軍基地を現実として受け止めながら、草の根の相互理解に貢献している事実を、この街を訪ねれば感じることができる。

●ビジネスマンにあらず
だが、そうした「基地の街」だからこそ、米軍人の事件は1件たりとも起きてはならないのだ。

何故か。
いかに市民レベルの交流が深化しようとも、在日米軍人はビジネスマンや留学生とは違う。
基地が、そして彼ら一人一人が、日米両国が利益を目指して結んだ条約に基づいて、日米両国の意思を体現している存在だからだ。

「国民の平和な暮らしを守り抜く」。
日米関係強化を狙った安全保障法制の意義を強調するときに、安倍晋三首相が繰り返した言葉だ。
日米関係を象徴する彼ら軍人が、基地の周辺住民に危害を加えることの重大さは計り知れない。

それなのに、日米安保体制の現場≠ニもいえる沖縄で、平穏な生活を送っていた市民が、また犠牲になった。

行方不明になっていた20歳の女性が遺体で発見され、元米海兵隊の軍属の男が死体遺棄容疑で逮捕された。
暴行と殺害をほのめかす供述もしているという。

男は元海兵隊員で、今は嘉手納基地で働いていたという。
今なお過重な基地負担にあえぐ沖縄で「基地がある限り事件はなくならない」との怒りが爆発しているのも当然だろう。

政府には国民を守る責務がある。
日米同盟はそのために選んだ道ではなかったか。

国内に長い議論を抱えながらも、目前に基地が広がる事実と向き合っている住民がいる。
その生活が脅かされるのなら、その危険は安保政策の代償ではなく、「基地の街」の宿命でもない。
安保体制と米軍駐留の目的が達成できていないことの証左であり、両国政府が解決すべき責務でもあるはずだ。

●政府は責務果たせ
米軍基地を抱える地元が犠牲を強いられてきた歴史は長い。
1995年に沖縄で少女を海兵隊員らが暴行した事件は全国に衝撃を与えた。
横須賀では2006年と08年に、米兵が相次いで強盗殺人事件を起こしている。
事件のたびに日本政府が抗議し、米軍当局が綱紀粛正を約束してきた経緯がむなしい。

今回もまた、両政府は抗議と謝罪で終わらせるのか。
それとも真の再発防止に向けて外交的な労力をいとわず、駐留のあり方を見直す議論に入るのか。
必要となれば、沖縄にのしかかる基地負担の抜本的な縮小に踏み込むのか。

神奈川をはじめ、基地を抱える全国の地元が、政府の責務の果たし方を見ている。
単なるセレモニーの再演は見たくない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00009304-kana-l14


13 :名無しさん@1周年:2016/05/22(日) 20:21:01.34 ID:LgEvWfQG0.net

神奈川新聞「それ以外の外国人なら少々の犯罪は受け入れよう」

24 :名無しさん@1周年:2016/05/22(日) 20:22:28.38 ID:2l+ZSYo50.net
>>1


在日朝鮮人ゴキブリはビジネスマンでも
留学生でもない

犯罪は1件たりと有っては成らない

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1463915903/

阿修羅掲示板に神奈川新聞の関係奴絶対にいるだろ



[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示

9. 2016年5月22日 23:56:20 : wuNaPKJY0Z : fdGdNUL6FmA[2]
>>7
>小林節は道化役になって野合野党を引っ掻き回すのが目的なのかもしれませんね。

ネトウヨ・ネトサポお得意の妄想でホルホル


10. 大和狼[516] keWYYZhU 2016年5月23日 06:16:38 : 1hTYD6Y7o6 : OvL5FO82O2o[37]
小林節も野党共闘、統一候補のようやく実現した大同団結の第一歩を分断する反自民の国民の思いと行動を分断する自民党の隠れ工作員だろ、そのこうどうじゃあな。

所詮改憲論者は限界がある。
改憲しなくても有事には軍事力を行使して自衛することは当然だ。
中国赤軍の邪悪度に応じて軍事的防衛力を強化することは現行憲法では禁止していない。と解釈すればいいだけ。

阿倍の憲法解釈、朝鮮ファシスト憲法改竄など 絶対やらせないぞ。


11. 日高見連邦共和国[1581] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月23日 15:24:17 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[589]

必死だな、『チン相の無知』。

この一連の事象の、事の真相を教えてやろうか?

社民党サイドが“結構マジ”で、参院選での『現有議席維持』に危機感を持ってるのは間違いない。

その上で、やはり『比例統一名簿』こそが“与野党逆転の正道”であることは間違いないので、
『生活の党=小沢一郎』が『社民党=吉田党首』を慮って、一緒に『共闘を誘いかける』形にした。
(もっと砕けて言えば、吉田さんだけに“恥をかかせない”カタチになった訳だ)

当然、生活の党は、選挙においては『自党の現有議席維持』には“まったく拘らない”。
実際、W選になったとしても、衆参の『生活系候補』の中で、『生活公認』を掲げるのは小沢一郎だけだろう。

何故ならば、“野党共闘”を戦い抜くに当って、その方が“戦う力”を糾合しやすい、からだ。

その上で、『社民』、『生活』は、『国民怒りの声』にしっかり“共闘”の意思表示を行った、
カッコ悪かろうがなんだろうが、とにかく必死に、どんな形であれ“野党共闘”を進めていくゾ・・・
という決意表明なのである。国民へ、というよりは、『民進党』の中の方々へのネ・・・

同じ『必死さ』でも、オマエのその“脂っこく汚らしい形相”とは雲泥の差だ。鏡を見てご覧。(笑)


12. 2016年5月24日 13:24:24 : 3SVq4rLRHU : CnCU2uq6fUU[1]
結局ガス抜き要因なのか?

13. 2016年5月25日 09:12:33 : ZFhxSsviuN : X6APjWeX5@s[2]
せっかく野党がまとまろうっていう時に何考えてんだろうね・・。
個人主義は結局終始非力な泡沫で終わるだけなのに。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ