★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 586.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「高橋和巳『憂鬱なる党派』のどきっとした箇所を二箇所引用してみました:内田樹氏」
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/586.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 25 日 00:01:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「高橋和巳『憂鬱なる党派』のどきっとした箇所を二箇所引用してみました:内田樹氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/20066.html
2016/5/25 晴耕雨読


https://twitter.com/levinassien

「心に傷と穢れを持つということは、その人間の精神の構成により豊富な支えが加わったということを意味する。内部により多くの矛盾をはらむ人間ほど、態度は微温であっても精神は強靱であり、行動は持続的である。」(『憂鬱なる党派』から)


「人間という奴はおかしなものでね、本当を言うとおれなどは少年時代、妙に徹底した個人主義者だった。自分さえ銀しゃりを食っておれば人のことなどどうでもよかったし、勉強の方では典型的ながりがり亡者だった。」


「ところが、戦局が不利になり、玉砕が相次ぎ、特攻機が飛び、しかも、待てど暮らせど軍艦マーチは鳴らず、日本の主要都市が次々と焼かれる頃になって、不意に日本は正しいと思いだした。いや、正しいのかどうかは知らんが、敗戦色が濃厚になってはじめて、この祖国を愛しはじめた。」


高橋和巳『憂鬱なる党派』のどきっとした箇所を二箇所引用してみました。


ここに出てくる青年たちは全員が高橋和巳の「分身」たちなんでしょうね。


僕は特攻崩れのインテリ遊び人である藤堂という人物の造形がみごとだなと思いました。


>吉俣 洋 青森の自衛隊員が、安保法制・戦争法の最初の適用になるーーという記事。前々から家族から不安の声が寄せられていましたが、今日、東奥日報が報じました。海外での武力行使を可能にする法律の最初の担い手が青森の青年になろうとしている…



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新しい天使[49] kFaCtYKik1aOZw 2016年5月25日 18:32:55 : FmLcm1OrvL : XYDpjmDQXCE[1]
高橋和巳か。懐かしいし、渋いし、かっこいいね。
高校の時、教科書にあった「自立と挫折の青春像」
というエッセイに感激し、「悲の器」「邪宗門」
「我が心は石にあらず」「憂鬱なる党派」「我が
解体」と立て続けに読んだ。吉川幸次郎の高弟に
して優秀な中国文学者でもあり、同世代の大江健三郎
とは違う、敬愛していた埴谷雄高ばりの観念的な文体
で政治と文学というシェーマを読ませてくれた。
早逝したものの、この人が生きていればどういう
発言をするのだろうかと嘆いた本多勝一をはじめ
戦後日本の言論界へ少からぬ影響を与えた。
内田さんもいい仕事するね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ