★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 678.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 忘れないでほしい 舛添氏は自公が推して知事になった男(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/678.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 26 日 21:10:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


中間管理職になり下がってしまったか(C)日刊ゲンダイ


室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 忘れないでほしい 舛添氏は自公が推して知事になった男
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182181
2016年5月26日 日刊ゲンダイ P8 文字お越し


「東京都という日本の首都のトップに立つ者としては、それなりの居住まいというものがなければならない」


 今月17日、自民党の谷垣幹事長が、政治資金をデタラメに使っていた舛添都知事について、記者会見で語った言葉だ。


 えっ? なに言っちゃってんの。舛添さんは、あんたら自公が推薦し、担ぎ出した男だろう。なぜ選挙前に彼の人となりをよく調べておかなかった? ちょっと調べれば「それなりの居住まい」があるかどうか分かっただろうに。


 舛添さんの進退について谷垣さんは、


「国政をやっている私が先走った発言をするのは差し控えたい」


 そう答えて逃げた。じゃあ、お仲間である国政に出ている政治家はまともなのかというと、そうでもなかった。


 買春ホモ疑惑、SMクラブで会議、賄賂斡旋、ヘイト団体を陰で応援、メディアを恫喝、動物園のような騒がしさである。


 谷垣さんは運はあまり良くないとしても(下野した時の党首で、はじめのマスコミアピールで自転車に乗ってこけ、デコをケガしたり)、自民党の中では思慮深いまともな人だと思っていた。けど、朱に交わって赤くなってしまったのだろうか。彼が最近、なんで政治家になれたか分からないような、脳みそのシワが少なそうな後輩どもを怒った、なんて話は聞こえてこない。彼はもっともそういうおばかが許せないタイプだと思っていたが。


 残念よ、「あんたが大将なんだから」と泣いていたあの頃の熱さは、もう残っていないのか? 日和見の中間管理職のオヤジになり下がってしまったか?


 巷のみなさん、絶対に忘れないでいただきたい。舛添氏は自公が推して知事になった男である。


 そして、ニュースが彼一色になり、喜んでいるのもその人たち。自分らの問題がうやむやになり、ウッシッシって思ってる。


室井佑月 作家
1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。













 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月26日 22:49:19 : rGT9z24w76 : E1gnitVyu0E[62]
振り上げたのは拳ではない、金を掴み取った手だ。

2. 2016年5月28日 14:36:14 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[314]
谷垣幹事長は舛添氏の事は言えないほど政治資金8億円?を私物化しているそうだ、何故か安倍総理側近はマスコミもスルー、検察もスルー自民党清話会に関わる議員はノーチェック、この国の法はどうなっているのか

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ