★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 169.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
実弾と空包を見分けられなかった自衛隊の劣化  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/169.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 02 日 11:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                誤射があった陸自然別演習場と89式小銃 :朝日新聞


実弾と空包を見分けられなかった自衛隊の劣化
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/06/02/post-4666/
2Jun2016 天木直人のブログ


 きょう6月2日の朝日新聞が、先般起きた、陸上自衛隊の演習で実弾が使われて負傷者が出た、という事故について、「ニュースQ3」という検証記事を掲載していた。

 それを読んで私は驚いた。

 誰もが実弾に気づかなかったというのだ。

 最初の間違いは、弾の誤請求だったという。

 つまり訓練部隊は空包を発注したが、別の部隊を経由して弾薬管理の部隊に届いた時には実弾の発注になっていたという。

 その後も、事故を防ぐ手立てはあったはずだ。

 実弾を発送する弾薬管理部隊は疑問を持たず発送した。

 受け取った時に中身を確認すれば分かったはずなのに、受け取った担当者は、弾数を数えただけで、中身は確認しなかった。

 私は一番驚いたのは、訓練に参加した隊員が、実際に弾を弾倉に込める際に、気づかなかった事だ。

 実弾と空包では、先がとがっている実弾と、丸い空包とでは、形状がまったく違う。

 それにもかかわらず、「空包」と思い込んでいたというのだ。

 きわめつけは、自衛隊幹部が語った言葉の数々だ。

 幹部のひとりは言う。

 「この距離で撃ち合って犠牲者が出なかったのは奇跡。部隊は事故の話題で持ち切りだ」と。

 また、ある幹部は危機感を募らせて言う。

 「どの段階でも防げなかったのだから、単なるミスでは済まされない。現場の力がそれほど落ちている表れと見て、根本的な対策が必要だ」と。

 事故の背景にはこんな深刻な自衛隊の現実があったのだ。

 この朝日の記事が教えてくれなければ、我々は、誰も気づかないままだった。

 そして朝日が書いても、政治家がこの事故について国会で追及しなければ、何もなかったかのようにやり過ごされて終わるだろう。

 安保法の議論もいいが、それ以前の問題として、自衛隊の劣化が進んでいる現実をなんとかしろという話しである(了)


           ◇

空包と誤り実弾配布、79発撃ち合う 北海道の陸自誤射
http://www.asahi.com/articles/ASJ5S4QYXJ5SIIPE01D.html
2016年5月24日21時29分 朝日新聞

 北海道鹿追(しかおい)町の陸上自衛隊然別(しかりべつ)演習場で、北部方面後方支援隊の男性隊員が訓練中に実弾を発射し、隊員2人が軽傷を負った問題で、陸自北部方面総監部は24日、この訓練で計9人が実弾79発を発射していたと明らかにした。空包と誤って実弾が各隊員に配られたという。実弾と空包は先端部の形が違って通常は間違えにくいといい、同総監部が経緯を調べている。

 同総監部によると、訓練は23日、後方支援隊がトラックで物資を輸送中に敵に襲われる、という想定で実施。約30人の隊員が敵味方に分かれ、89式小銃を使って互いに空包を撃つ予定だった。けが人が出て訓練は中止になり、実際は実弾を撃ち合っていたことが発覚した。訓練場所は実弾の使用が禁止されている区域だったという。

 訓練を行った後方支援隊の秋山賢司隊長は「国民の生命財産を守るべき自衛隊がこのような事案を起こし、大変申し訳ない。原因を速やかに調査し、再発防止に努めていく」とコメントした。同総監部は実弾が演習場外に着弾した可能性は低いとしている。

 然別演習場では2001年、重機関銃の射撃訓練中に実弾1発が場外のビニールハウスに着弾する事故が起きている。(横山蔵利)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月02日 11:20:29 : ySvlEFvy6s : dOzTdlLOK3U[10]
(ニュースQ3)空包のはずが… 自衛隊、実弾で撃ち合い
2016年6月2日05時00分 朝日新聞

 陸上自衛隊の演習場で5月、敵・味方に分かれた訓練中の隊員同士が実弾を撃ち合うという「戦闘状態」が発生した。空包を撃つはずの銃から実弾が発射された背景に、何があったのか。

 「想像を超えるような事故」

 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は5月26日の記者会見でこう嘆いた。誤射は同23日午後3時半ごろ、北海道鹿追(しかおい)町の陸自然別(しかりべつ)演習場で起きた。

 ■9人が79発発射

 陸自などによると、トラックを含む車列が待ち伏せ攻撃を受け、隊員が応戦するという想定だった。敵役の隊員を含め計16人の小銃には空包が込められているはずだったが、実際には実弾が入っていた。この結果、敵役2人を含む9人が計79発の実弾を撃ち合ったという。両者の最短距離は約200メートルだったとみられる。

 訓練で使われたのは、1989年度に正式に自衛隊の装備品となった89式小銃(全長92センチ、重さ3・5キロ)。陸自で最も一般的な装備品の一つで、5・56ミリ弾を1分間に最大850発発射できる能力がある。今回の訓練では、空包でも連射できるようにする器具が銃口に取り付けられていたが、実弾が発射されたことで器具が破損。この破片にあたって隊員2人が軽いけがを負った。負傷者が出て初めて、隊員らは実弾だったことに気づいたという。

 ■形状違うのに…

 実弾と空包の取り違え事故は陸自の発足以来初めて。幹部の一人は「この距離で撃ち合って犠牲者が出なかったのは奇跡。部隊は事故の話題で持ちきりだ」と話す。

 原因関係でこれまでに判明しているのは、弾の誤請求だ。訓練部隊は空包を発注したが、別の部隊を経由して弾薬管理の部隊に届いたときには、実弾の発注になっていた。

 その後も事故を防ぐ手立てはあった。空包と実弾では弾頭の形状が違うためだ。空包は丸いが、実弾はとがっている。弾薬授受の際には渡す側と受け取る側の担当者が中身を確認する。しかし、担当者は箱を開けて弾の底側を見て弾数を数えたものの、弾頭側は見ていなかった。さらに、訓練に参加した隊員が弾を弾倉に込める際、気付くことも可能だったという。ところが隊員らは「空包と思い込んでいた」と話したという。

 自衛隊は武器使用には細心の注意を払ってきた。訓練であっても、発射した実弾数と、発射後に銃からはじき出される火薬入れの容器(薬莢〈やっきょう〉)の数が合わなければ、部隊総出で演習場内を捜してきたほどだ。

 ■「現場の力低下」

 ある陸自幹部は今回の事故について「どの段階でも防げなかったのだから、単なるミスでは済まされない。現場の力がそれほど落ちている表れとみて、根本的な対策が必要だ」と危機感を募らせる。

 元実践女子大教授で、人為的ミスの背景に詳しい垣本由紀子・日本ヒューマンファクター研究所顧問は「思い込みは人間の特性だけに、なくすのは難しい」と話す。

 一連の過程で確認作業がどのように定められていたかが重要だという垣本さんは、こう指摘する。「事故後によく出される『注意喚起』はあてにならない。原因分析に基づく具体的手順をチェックリストにして、意識的に必ず確認作業をすることが必要だ」

 (横山蔵利、其山史晃)

http://www.asahi.com/articles/DA3S12388366.html


2. 2016年6月02日 11:20:34 : 600IwltB1p : 7n1WJ7Z3O@0[2]
 
 皇軍の伝承。 自衛隊でなく自決隊。
 

3. 日高見連邦共和国[1849] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月02日 11:31:07 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[116]

>「この距離で撃ち合って犠牲者が出なかったのは奇跡。部隊は事故の話題で持ち切りだ」と。

それ、射撃技術が“ヘボ”ってことではないの?持ち切りな“話題”って・・・


4. 2016年6月02日 11:32:35 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[158]

天木は やはり単純にして素朴すぎる人物だなぁ

  今の防衛省をなめてはいけない

    これはミスなんかじゃない

 実戦経験に近い訓練をしているのだろう

    敵味方 二軍に分かれて実弾を装填する

実包を使用した紅白戦 

    200メートルの距離で79発撃って誰も死傷しなかったのは

      奇跡ではなく わざと外した結果だ 。。。

  

   


5. 2016年6月02日 11:34:32 : iOsBiwcJ9U : ysyLXnXJ50c[18]
これからは訓練も空砲をやめて,全て実弾にすれば間違いは起こらないよ。

格差を拡大して貧困層を増やせば兵隊の徴発にも困らないだろう。

どうせ死にに戦場に行くのだから。


6. 日高見連邦共和国[1855] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月02日 12:18:18 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[122]

>>04

>奇跡ではなく わざと外した結果だ 。。。

防人たる若者の名誉の為、そう信じたいっス・・・


7. 2016年6月02日 12:46:43 : 91avpxHHG1 : 26HlK1e07MM[222]

 70機のヘリコプター 10機しか使い物にならない

 9人の兵隊が 80発発射して 1発も命中しなかった!!

 ===

 この 愚図の自衛官たちが 海外に戦争に行って 何ができるのかな〜〜

 


8. 日高見連邦共和国[1862] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月02日 14:20:37 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[129]

>>07

ええ、それなのに〜、稀代の欠陥品である“ティルトローター機(CV−22)”や、
実践で使えるかどうかも分からない“ステルス機(F−35)”に大枚はたくアホゥな国!

ああ、それなのに、社会保障の充実に回すお金は、消費税を上げなければヒネリ出せないんだって!!


9. 2016年6月02日 15:08:58 : GEp40GNW7E : W73TaNWY_Wg[183]
いいや、これは犯人を匿っている。そんなはずがあるか。箱に書いてあるわい。常装、減装かも書いてある。にもかかわらず関係者一同誰も気付きませんでした、だと?

この破壊工作を実行した者を追求することを避けようとすれば、実包と空砲の区別がつかないユトリ隊員のせいにするしかなかった、ということではないのか。見た目だけでなく音の大きさも反動も違うのにな。

ちなみに犠牲者が出なかった理由の一つには、掩体に隠れて敵は見えないものだということもさることながら「空砲だと狙わないから」という理由もある。狙いを定めて引き金を引くのは実包を使った射撃訓練の時くらいだ。空砲を使った演習の時は、狙いより空砲の薬莢を無くさないように気をつけている。

無くすと後で一列横隊になって見つかるまで右往左往させられるから。だから出てきた空薬莢を見ても気付くはずなんだよ。実包の薬莢が出てくるわけだから。


10. 日高見連邦共和国[1868] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月02日 15:36:52 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[135]

>>09

ああ、そのコミカルな(失礼!)“薬莢探し”は、どこかで聞いたことがあります。

それにしても、貴方の仰られること、とっても説得力がありますね〜。


11. 2016年6月02日 16:39:38 : FuV9BWj6YU : YBgyf7ZWNB0[1]
天木も朝日新聞も空包だが、空砲が正しいのではないでしょうか

そんなことどうでもいい、という人々が社会の主流派になって
安倍や麻生のような連中が蔓延るようになったのですよ


12. 2016年6月02日 17:26:40 : uuZUJHjZDE : ouEJkQ_YQvc[2]
 
 空包は空の弾という物体のことで、空砲は空包を発射する行為のことのようです。
 
 それよりも、ここで安部や枡添と書いているような連中が、安倍や舛添を蔓延らせているような気がしています。
 
 もしかすると、本当は安倍や舛添の一味で、遠慮して安部や枡添と書いているのかもしれませんね!?
 

13. 2016年6月02日 17:27:09 : GEp40GNW7E : W73TaNWY_Wg[185]
空砲は弾を撃ち出さずに発射薬だけ爆発させ音を出すことを指し、空包は弾丸がついていない発射薬と雷管だけの弾薬カートリッジのことを言う。発射に必要なものが一体となったカートリッジを「包」と呼び、弾丸がついているものを実包、ついていないものを空包と呼ぶんだ。この「包」は日本では火縄銃の頃からある。1回分の火薬と弾丸が包みになっていた。読みが同じだからよく書き間違うけども。

14. 2016年6月02日 17:39:25 : FuV9BWj6YU : YBgyf7ZWNB0[3]
成程 勉強になりました 12さん 13さん

15. 2016年6月02日 21:02:20 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[814]
命令に従順な事を再優先に練兵して行くと究極はこの方向になる。
自律した判断力は知性であり知性は命令の正当性や合理性に疑義を挟む。
知性を担保した練兵であれば兵の資質は上がりこう云う事故は当然遠くなる。
トレードオフだ。
専守防衛は後者を育んで来た。件は軍国主義が前者を好んだ結果と言える。
アベ政治を許さない

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ