★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 418.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
舛添氏は、佐々木弁護士らに、いったい何を依頼したのか(郷原信郎が斬る)
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/418.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 08 日 00:02:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

舛添氏は、佐々木弁護士らに、いったい何を依頼したのか
2016年6月7日 郷原信郎が斬る


舛添東京都知事は、昨日(6月6日)午後4時からの記者会見で、佐々木善三氏ら第三者の弁護士2名による調査結果を公表した。

舛添氏が、自らの政治生命に関わるような調査結果が出ることを覚悟して調査を依頼したとは思えず、どうせロクな調査結果ではないだろうとは思っていた。「違法ではないが不適切」を繰り返した調査結果は、全く予想通りだった。

問題は、「違法ではない」という結論を導くためには、最大のネックになると思われた、正月の家族旅行の費用を、政治資金収支報告書に「会議費」として記載していた問題について、どのような調査が行われたのかだ。

この問題こそが、舛添氏の政治資金問題について、週刊文春が最初の報道で指摘したもので、まさに今回の政治資金疑惑の核心である。「会議費」として記載していたのに、実際に「会議」は行われていなかったとなれば、政治資金収支報告書に虚偽記載をしたことになり、「違法」だからだ。その場合、その虚偽記載(政治資金規正法上は、正確には「虚偽記入」)の主体が誰なのか、舛添氏本人が関わっていたのか、という点の「事実解明」が不可欠となる。政治資金に関する都知事会見での舛添氏の説明が虚偽だったということになれば、即刻辞任に追い込まれることは必至だ。「元特捜検事」に依頼して、「第三者の厳しい目」で調査が行われるのであれば、この点が、最大の、いや唯一の事実解明のポイントだったはずだ。

この点について、私は、【舛添都知事の“拙劣極まりない危機対応”、告発・刑事事件化は必至か】で、舛添氏が、5月13日の定例記者会見での説明で、自ら墓穴を掘ったために、政治資金規正法違反での起訴の可能性も出てきたと指摘していた。

ところが、調査報告書を見る限り、その点についての事実解明のための調査が行われた形跡はない。

「第3 調査結果」の「宿泊費・飲食費」の項目の中で、「調査検討結果を総括すれば、政治活動のための宿泊・飲食が多いものの、一部に家族同伴のものなども含まれており、政治資金を支出したことが適切とは言えないものがある」と述べ、「宿泊費」についての調査結果として、「別表1(宿泊費)」にまとめて記載されているが、肝心の正月の家族旅行の問題については、その「別表1」の中で、それぞれ、数行ずつ記載されているに過ぎない。

平成25年の正月の家族旅行についての記載は、以下のとおりだ。

舛添氏とその家族が1月1日から1月3日まで宿泊した(2泊3日)。舛添氏によると、平成24年12月実施の第46回衆議院議員選挙で結果を出せなかったことを踏まえ、政治家としての今後について判断しなければならない状況にあったため、宿泊期間中、付き合いが長くかねてより相談相手としていた出版会社社長(元新聞記者)を客室に招き、政治家としての今後のことについて相談したとのことであり、面談は数時間程度であったとのことである。舛添氏の説明内容を踏まえると、政治活動に無関係であるとまでは言えない。しかし、全体としてみれば家族旅行と理解するほかなく、政治資金を用いたことが適切であったと認めることはできない。

平成26年の正月の家族旅行についての記載も、ほとんど同様だ。

要するに、この2回の家族旅行の費用をめぐる問題について、調査報告書は、舛添氏の説明どおり、「付き合いが長くかねてより相談相手としていた出版会社社長」を客室に招いて「政治に関する話」をしたという舛添氏の「弁解」を前提に、「舛添氏の弁解どおりであっても、政治資金の支出として不適切」と指摘しただけで、その舛添氏の弁解が「本当なのかどうか」についての調査は行っていないということのようだ。

その「出版会社の社長」が、その日に本当にホテルの客室に来たのかという点について事実を確認しようとすれば、その人物から聴取することが不可欠なはずだ。もし、正月三が日に木更津のホテルまで来たということであれば、その移動経路等について裏付けとなる資料を確認することも必要だ。

しかし、そのような調査は全く行われた形跡はない。

これでは、少なくとも、舛添氏の政治資金をめぐる疑惑に関して、「違法性」の有無を判断する上では、全く無意味な調査だったとしか言いようがない。

ここで重大な疑問がわいてくる。

舛添氏は、佐々木弁護士に、一体何を依頼したのだろうか。

佐々木善三氏は、東京地検特捜部では、真面目で几帳面な性格で、上司からの指示どおり、大変粘り強く捜査・取調べを行うことで、「マムシの善三」などとも呼ばれていた。

今回の調査でも、舛添氏側から依頼されていた事項については、依頼どおり「必要な調査」を行って、その結果を調査報告書にまとめて提出したものと思われる。

その調査結果が、上記のような内容だということは、舛添氏の依頼の趣旨が、そのような「違法性の追及」を含まないものだったからであろう。

正月の家族旅行の際の「会議」の有無について事実解明を行おうと思えば、「出版会社の社長」の聴取が不可欠だが、そのような「舛添氏や事務所関係者」等以外の「第三者」に対する調査は舛添氏の依頼からは除外されていたということだったのではないか。

しかも、「ホテルの客室で出版会社の社長と話をした」という説明は、週刊文春の報道後、疑惑について「精査する」と繰り返し述べた後の5月13日に、都知事定例記者会見で舛添氏が説明した内容とも異なる。

この会見では、舛添氏は、「事務所関係者らと会議をした」と説明していたはずだ。今回の調査報告書での舛添氏の説明では、「事務所関係者」は消えてなくなり、「出版会社の社長」だけとの会談だったような話になっている。

秘書等の「事務所関係者」であれば、当時の行動を記録する資料の提出を求めることは容易なはずだ。携帯メールのやり取り等を確認すれば、実際に、秘書等が家族旅行の際のホテルに赴いたか否かの事実確認もできる。

ところが、舛添氏から「出版会社の社長がやってきて話をした」と説明され、「第三者に対する調査は対象外」だとなると、それ以上の事実解明は不可能だということになる。

しかし、もし、舛添氏の依頼が、第三者にはヒアリングしないというものだったとすると、調査は、自らの政治資金についての重大な疑惑に対して、「厳しい第三者の目」で事実を明らかにすることなど全く想定しない、まさに「都民の目を欺くための調査」だったということになる。

舛添氏は、いったい佐々木弁護士らに、どのような調査を依頼したのか、その依頼の中に、事実解明に必要な「第三者」の聴取を行うことが含まれていたのか。調査を依頼した舛添氏自身が、これから始まる都議会での質疑の中で、しっかり説明すべき事柄だ。

とはいえ、仮に、舛添氏からの依頼事項が限定されたものであったとしても、今回の調査は、「元特捜検事による厳しい調査」にしては、追及が余りに手ぬるく、大甘だったことは否めない。

正月の家族旅行での「会議費」問題について、5月13日の会見での「事務所関係者らと会議した」という説明が、「出版会社の社長」と話をしたという説明に変わった「理由」について、なぜ舛添氏を追及しなかったのであろうか。

そして、さらに疑問なのは、「違法ではないが、不適切」という言葉が繰り返される中で、その「不適切」の中身についての追及が全くないということだ。家族旅行等の費用を政治資金で支出していたことについて、舛添氏は「意図的な公私混同」であったことを認めているのか、それとも、秘書が政治資金の処理を誤ったという弁解を続けているのか、については全く触れられていない。

東京地検特捜部時代には政治権力に対する捜査で「マムシの善三」という異名をとった佐々木氏だが、小渕優子氏の政治資金問題での第三者調査等を行う中で、権力者側から便利に使われる「元特捜検事」になってしまったということなのだろうか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月08日 05:21:59 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-170]

舛添くんが このまま居座るとすれば、教育上の悪影響は計り知れない。

この点、だれも言わないけどね。

それと、刑罰が甘すぎる。

   火炙りの刑、鋸ひきの刑、斬首、打ち首獄門、公開拷問

   等々、復活させるべきではなかろうか。



[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 安倍を辞めさせる会[230] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年6月08日 09:40:09 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[190]
佐々木善三を改名したらいい。たとえば佐々木悪二。佐々木金一。

3. 2016年6月08日 09:55:20 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[855]
無罪にするように問題をすり替えるよう依頼したんじゃないの?大雑把に都知事を続けられるように調査報告してくれと。

4. 2016年6月08日 11:25:38 : yixbFxldkg : mkz_oVj8SAk[1]
見苦しい舛添都知事。気骨も胆力も皆無のチンピラヤクザ以下
のゲスの極み。女房のヒステリー映像も似た者同士だな。

5. 2016年6月08日 15:34:35 : GEn3TuYtQA : LFcerCcVZVI[302]

恐らく、佐々木善三弁護士事務所のパンフレットには

「政治家の歳費・政治資金流用問題が専門です」

「第三者に拠る調査が得意です」

「実績としてドリル優子・ファーストクラス舛添からの依頼です」

などの謳い文句が書かれてるんじゃ〜ネ〜♪


6. ボケ老人[512] g3uDUJhWkGw 2016年6月08日 21:45:07 : nLZD14DWII : 9rxZb60T_X8[34]
まともなホテルなら部外者を客室には入れない。
ロビーで対応させる

事務所関係者らと会談 複数(3人以上)を想像させる。
出版社社長の訪問による相談なら、これは会議でなく面談ではないのか
しかも家族旅行代金以上の出費は無いはず。
これを政治活動費と言うのは不適切ではなく虚偽


    


7. 2016年6月09日 09:12:28 : GEn3TuYtQA : LFcerCcVZVI[311]

6さま 失礼して一言関連コメします。

>>出版社社長の訪問による相談なら、これは会議でなく面談ではないのか

本来、出版社社長の訪問による相談なら当然出版社が会議・会食費用の全額一切を負担するのが「筋」「道理」では?

相談に乗って上げる側が「会議・会食費用」を全額負担する?

だったら五輪招致の際、コンサル依頼した「世界陸連の御偉いさん」から招致委員会は「2.3億円」貰わなけりゃ話の整合性が無いと思いますがネ「マムシの善三」さん〜♪。


8. 2016年6月09日 10:29:27 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[401]
悪評高い佐々木弁護士、ドリル優子を無罪放免にした実績を買われたのでしょう。金の為なら何でもする弁護士。

9. 2016年6月10日 02:45:01 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[125]
『突っぱねられると、思う心の浅はかさよ!』

<郷原氏>の、職業柄控えめ且つ慎重な批判が、実は全てである。

正味では、今追い詰められているのは<利権・自堕落自公>であり<伏魔殿・都庁>なのである。
例えばさぁ、<海外出張費>の贅沢三昧っていうけどさぁ、それは<鼠男くん>が殊更要求してたことじゃないんだよ。<石頭珍太郎くん>時代以来の“伏魔殿慣習”を只只踏襲してだけのことなんだよ。そもそも<都庁>自体の“服務規程”が極めて“ルーズ”ってことさ。要は<珍太郎くん>も<鼠男くん>も所詮は、戦前の<東京市>レベルの、霞ヶ関傘下・言いなり自治体でしかないのである。
その証拠が、実務を差配する“副知事”という存在があるんだが、一名は“都庁プロパー”一名は“霞ヶ関出向”が定番なのである。それは、いくら“都知事”が替わっても、“副知事傘下”の<都庁>の体質が変わらない限り、変革できないのである。例えば<新銀行東京>の無惨な失敗と、700億円の都税を“ドブに棄てた”責任を誰も負わないってことが、この都の、この国の、<ヘドロ姦猟族>犯罪なのである。

教訓@
「<都知事>が横領ケチバカだとしても、<自堕落自公&伏魔殿都庁>がそうではないという保証は皆無である。(同じ穴の狢ってことさ。)」
教訓A
「<自堕落自公>は、<鼠男くん>と<ウソツキしんちゃん>の支離滅裂を巡って五局分解しつつある。改選参院選での過半数割れ=<ウソツキしんちゃん>退陣が、いよいよ見えてきた。


10. 名阪神高速浪速[129] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年6月10日 02:50:04 : Ms985qx2OM : iju1RKDGZsU[2]
わざと、「白か黒かわからない言葉」を並べたんだろうな。

なんかの英文を中学生が翻訳したみたいな。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ