★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 496.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
谷亮子氏、生活から不出馬=統一名簿難航で−参院選≪16参院選≫(時事通信)
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/496.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 09 日 17:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                 谷亮子参院議員


谷亮子氏、生活から不出馬=統一名簿難航で−参院選【16参院選】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060900392&g=pol
2016/06/09-15:12 時事通信


 生活の党の谷亮子参院議員(比例代表)は来月の参院選に同党から出馬しない意向を小沢一郎代表に伝えた。谷氏が9日、国会内で記者団に明らかにした。小沢氏が進めていた野党による比例統一名簿構想の展望がないことを理由に挙げた。

 谷氏は他党からの出馬について「話は全くない」と述べた。その一方で、「政界引退も選択肢の一つだが、政治家を続けたい気持ちはある」とも述べ、今回は出馬を見送っても、将来の政界復帰には含みを残した。

 谷氏は柔道家で、2000年のシドニー五輪、04年アテネ五輪で金メダルを獲得。10年参院選比例代表で旧民主党から初当選し、小沢氏とともに離党した。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[1980] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月09日 17:34:53 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[756]

主浜さんに続き、寂しい限りですが、今まで有難うございました、と心から言わせて頂きます。

私や生活の党・小沢一郎サイドに“含むところ”は全く有りませんが、
谷さんの方にこそ“含むところ”がない事を、切に祈らせて頂きます。

お疲れ様でした。


2. 真相の道[968] kF6RioLMk7k 2016年6月09日 17:51:36 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[345]

谷亮子は小沢一郎に見切りをつけたわけですね。

そして生活の党では勝てないと判断し、出馬を辞めた。
賢明な判断です。

これで生活は政党要件(国会議員5名以上)をなくすでしょう。
  
    
  


3. 日高見連邦共和国[1986] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月09日 17:59:45 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[762]

>>02 『遁走の道』

はい、いつも私の『質問』からお逃げになって、お疲れさん!(笑)

少政党の政党要件がドーとか、どんだけ脳内空間狭いネンっ!!

今般の選挙は『安倍政権の信を問う』、稀有な“参院選挙”だ。

小沢一郎も、我々岩手の支持者も、『生活の党の存亡』など掛けていない。

只唯一、“国民の生活が第一”の政策の実現を見据えているんだ。

私は岩手の田舎者だが、オマエはその“田舎者以下”だな。いや、烏賊か?(笑)

イカくせーっつか、栗の花くせーっつか、クレンザーくせーっつか・・・



4. 2016年6月09日 18:11:24 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[532]
この6年間、国会の何処に居たのかついに姿を見ることが無かった谷議員、まだ選挙に出る募りなのか。

5. 佐助[3557] jbKPlQ 2016年6月09日 18:29:27 : 9WzTFdu8Dw : EvnuAppFUfU[268]
谷亮子さんの不出馬表明は
資本主義・民主主義政治の終焉が近い事を意味する

政治の原点は定数削減させて少数党に有利な比例配分方式こそ、民主主義政治を延命させる駆け引きに貢献する。ところが一党独裁政権は,軍国時代と同じである。

民主主義の多数決のルールは、王政でも独裁制でも採用されてきた。歴史をひも解くと、少数派の意見が時間と共に多数派の意見になり、政治のルールは変化してきた。だが、どんな少数派の意見が多数派になるのか、あらかじめ判定することは難しい。だから、少数意見はひとまず多数意見に従い、多数意見は少数意見に耳を傾けるルールが誕生したのだ。故に、多数意見は常に正義で絶対服従沈黙せよとの先輩の意見は軍国時代と同じで、少数意見尊重こそ民主主義です」

日本の大政翼賛会は、一党独裁に反対する人が立候補できぬ選挙制度ルールで独裁権力を国民の総意だと思わせた。そして一党独裁の国家は、80 年目に確実に自壊する。従って中国は2025年までに間違いなく自壊する。

政治現象は、民主・民本主義政治体制と、そうでない体制とが対立していると信じられている。だが、民主主義はルールにスギないため、どんな政治体制も、多数決を集団の総意として利用してきた。だから、多数意見は正義・善であり、少数派の意見は間違っているので、転向しなければ抑圧排除してもよろしい、という常識は間違っている。

民主主義はルールではなく、自由・平等と同じような政治的理念だと仮定して観察すると、政治のルールの基本対立要素とその周期が、全く見えなくなる。政治家は当選した瞬間、その政治のルールの中に思考と行動は閉じ込められる。そして、ルールのコップの中で権力争奪のため、離合集散する。その駆け引きは、現実に次々と発生する問題解決を論じながら、実際には、応急手当の試行錯誤を攻撃し、互いに足を引っ張りあう。それなのに、政治家は国民と国家の利益のためだと確信することができる。そのために、根本的解決を常に先延ばしされるだけなので、いっそ古いルールをブチ壊した方が手っとり早いと、ルールをブチ壊せと怒号する思考と行動の独裁者を待望する。

これを読み解くと2030年まで二大政党制のは機能不全になること,そして既成政党,政権与党の腐敗・不振から,得票数を減らし続ける。この現象は世界各地で発生する。そのために一党独裁下の国家・企業・個人が、利己的に防衛思考し行動する法則の作用から逃れることはできない。資本主義国家でも、官僚支配するビジネスに参加するにはコネと賄賂が絶対必要である。社会主義政治体制は官僚支配なので、どんな開放政策にも認可権がつきまとう。そのため、自由経済システムそのものも腐敗堕落が避けられない。

米国も日本もこのままでは医療、年金の崩壊や消費の節約モードから環境汚染などで資本主義は爆竹のように弾けて終焉する可能性が高く、米国の大統領選の結果次第で弱者を救う黄金の世紀がトランフ氏やサンダース氏やX氏によって開花する、Prout共存共栄(農業)、自給自足(工業)の時代が到来する可能性がある、


6. 2016年6月09日 18:41:02 : yFfZVe1rHg : JfL1fKeYgfY[1]
民進党に入れてもらえなかったのかな。
これで生活は比例に候補を出さないでしょう。
出すようなら、小沢の言葉とは裏腹にメンツにこだわっていることになる。
珍奇な党名を受け入れてまで、山本と組んだのだから、少なくとも小沢は政党要件にこだわっているのは確か。この件で谷と溝ができたという話もあったが。
とはいえ、木戸口と森がスムーズに入党できれば、5人は維持できるがね。

7. 2016年6月09日 19:21:56 : WqamaBOeWg : iwqu4cEWKSM[2]
生活の党では当然は無理ということだろうね
しかし、当選するために今まで何をしてきたかの
問題が先にあるだろうね
活動して期待に答えてきたら 今頃そんなこと言わなくても
十分当選できるはずなんだがね

他人には厳しいが、己には甘い典型だね


8. 2016年6月09日 19:25:23 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[497]
生活の党、全国区でだめなのか?

全国区なら、生活の党に投票するのだが、、


9. 2016年6月09日 19:41:13 : me0ZL81EJ6 : PmHV9jxRIss[4]
谷亮子議員が7月の参院選に生活の党からは出馬せず
日刊スポーツ 6月9日(木)13時32分配信

 生活の党と山本太郎となかまたちの谷亮子参院議員(比例代表)は9日、国会内で取材に応じ、改選を迎える7月の参院選に、同党からは出馬しない考えを明かした。

 同党の小沢一郎代表が進めている、比例代表での野党統一名簿が、難航していることを理由にあげた。生活の党として、単独で選挙戦を戦うのは難しいとの認識を示した。小沢氏には8日、直接会って、自分の考えを伝えたという。

 今後、他党から出馬要請があった場合は、柔軟に対応したいとしている。もし、他党からの出馬要請がなかった場合は、任期満了をもって、今期限りで「引退」となるが、将来的な政界復帰も「有力な選択肢の1つ」と述べた。

 谷氏は10年参院選で、小沢氏の要請を受け、民主党から比例代表に出馬。初当選した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000094-nksports-pol


10. 2016年6月09日 20:49:40 : FbBFDZXOVv : pqHnTvH8E6U[177]
>生活の党からは出馬せず

=生活の党からは以外から出馬

ってことかな?


11. 2016年6月09日 21:31:25 : jmEwyHI3Wc : 5qgu5WPEh1s[1]
>>10
そんなゲテモノ好きな政党はないだろ。

12. 2016年6月09日 21:32:39 : eCRMPgvrig : AadKLdQtH_s[2]
小沢氏、統一名簿構想を断念=生活、改選2議席確保へ全力【16参院選】
時事通信 6月9日(木)19時56分配信

 生活の党は9日、7月の参院選の比例代表選で目指していた野党各党による統一名簿構想を断念した。民進党など他党の理解が得られなかったためで、生活の小沢一郎代表は同日、国会内で記者団に「(参院選では)残念ながら結果としてできない」と明言した。生活は、今後の国政選挙でも同構想の実現を目指すが、参院選には単独で臨む。

 一方、同党の谷亮子参院議員(比例代表)は9日、参院選に同党からは出馬しない意向を表明。これについて小沢氏は、記者団に「確実に当選させられるから出てくれと言えば出たかもしれないが、絶対大丈夫だと言うわけにもいかない」と語り、谷氏の意向を尊重したことを明らかにした。

 同党所属の衆参議員は谷氏を含め5人で、参院選で2人が改選を迎える。政党要件の「国会議員5人以上」の維持に向け、改選2議席確保に全力を挙げる構えだ。ただ、全国的な知名度を誇る谷氏の不出馬は、同党にとって痛手となりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000150-jij-pol


13. 2016年6月09日 21:33:55 : rGT9z24w76 : E1gnitVyu0E[91]
来る者拒まず、去る者追わず、人気者になりたければ芸能界へ。

14. 2016年6月09日 23:45:35 : eCRMPgvrig : AadKLdQtH_s[5]
生活、参院選統一名簿断念 谷亮子氏は他党で立候補模索
朝日新聞デジタル 6月9日(木)21時42分配信

 生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表は9日、野党各党の参院選比例区候補が同じ政治団体に結集する「統一名簿」を断念すると表明した。今回の参院選比例区は単独で戦うが、今後の国政選挙では野党各党が統一名簿をつくる「オリーブの木」構想を引き続き模索するという。国会内で記者団に語った。

 小沢氏は、断念の理由について「民進党が最終的に決断しなかった。野党第1党が決断しなければオリーブにならない」と述べた。

 一方、生活の谷亮子副代表はこの日、参院選に同党から立候補しないことを表明。他党からの立候補を模索する考えで、すでに小沢氏に意向を伝えた。

 谷氏は野党の統一名簿が実現した場合は、参院比例区での立候補を希望していたが、「生活の党単独となると現状としてなかなか難しい」と説明。ただ、他党から擁立の打診があった場合は「柔軟に対応したい」と述べ、出馬に含みを持たせた。今回は立候補を見送った場合も、将来的な政界復帰については「選択肢の一つ」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000047-asahi-pol


15. 2016年6月10日 02:39:29 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[898]
>>2
書き方は知ってる様だけど、日本語の読み方をもっと覚えましょう。

16. 2016年6月10日 03:26:55 : 9gfIivvtuc : m7oobwy12eE[52]
おおさか維新から出りゃいいやん

17. 2016年6月12日 16:31:38 : qSSBPTLEis : H5Zrlc7CTio[54]
安倍首相は谷氏をスカウトすべきですね。
野党のネガキャンを百万遍唱えるよりインパクトありますよ。

生活の党の存亡と国民の生活が第一は関係ない、
とか強がってる方がいますが、これ、大有りでしょ。

小沢さんてブレインと支持者がもうすこし出来る方々だったら
ここまで零落しなかっただろうにね。

ご本人のためにも、日本のためにも残念です。


18. 日高見連邦共和国[2031] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月13日 17:57:55 : lt7TdFOYcQ : Br9qzPsZN0k[89]

>>17

オマエは誰?(笑)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ