★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 111.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政界地獄耳 舛添迷走辞職の裏に五輪利権ドロドロ(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/111.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 18 日 09:45:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

政界地獄耳 舛添迷走辞職の裏に五輪利権ドロドロ
http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1665024.html
2016年6月18日9時2分 日刊スポーツ


 ★都知事・舛添要一の辞職劇にはまだ謎の部分が多い。なぜ辞めることをかたくなに拒んだのか。なぜ急きょ辞職になったのか。不信任が通れば都議会解散の可能性もあった中、知事と自民党都連の間には一体何があったのか。一番解せないのは辞職を拒否していた舛添が「今年9月まで」と時期にこだわりを変えたことだ。辞めることは認めるが9月までは職にとどまりたいと都議会に懇願までした。これはリオ五輪閉会式に行きたいからとの説明で、舛添の権力欲が理由と伝えられた。しかし現実はどうなのか。

 ★都連関係者が匿名を条件に重い口を開く。「今後、東京五輪の会場費で再度、都は負担を強いられる。この分担金の問題は組織委と都知事、都議会の間で調整が図られていた。これをまとめないと今後の準備のめどが立たないと考えた舛添は『9月まで』と懇願したのだ。加えて、『それをまとめるまで頑張れ』と元首相・森喜朗や都議幹部から励まされていた。それを支えに踏ん張っていたが、自民党総裁特別補佐・下村博文がテレビで、根回しなく唐突に『都議会自民党が不信任案に乗る』と示唆したことで、流れが変わり全部の計画が崩れた」。

 ★下村が誰かの指示で発言したのかどうかは分からない。しかし、森や都議幹部の顔をつぶし、舛添を追い込んだのは間違いない。この下村のフライングから舛添辞職の迷走が始まった。自民党中堅幹部は「五輪利権の構造的問題が裏にあったのではないか。ただ、それによって今はポスト舛添で都連は再び迷走中だ」。何やら舛添辞職は禍根が残りそうだ。(K)※敬称略  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ