★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 867.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
National Review の記事から「ファシズムに向かう日本」(内田樹の研究室)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/867.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 7 月 22 日 11:33:50: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 




2016.07.18

National Review の記事から「ファシズムに向かう日本」 (内田樹の研究室)


JOSH GELERNTER July 16

http://blog.tatsuru.com/2016/07/18_0943.php

日本の政治に津波

今週、日本の自民党とその連立パートナーは参議院で3分の2を制した。衆議院ではすでに3分の2の議席を擁している。国会両院の3分の2は日本国憲法の改定プロセスを開始するのに必要とされる議席数である。改憲は自民党綱領の中心的項目の一つである。
憲法は第二次世界大戦後にアメリカによって日本に押しつけられ、以後一度も改定されたことがない。なぜ、今改憲されなければならないのか?ブルームバーグによれば、自民党は「現行憲法条項のいくつかは自然権としての人権についての西欧的な理論に基づいているので、これらの条項は改定が必要だ」と指摘してきた。
自民党が反対している「自然権としての人権についての西欧的理論」とは何のことかと読者は当然疑問に思うだろう。お教えしよう。自民党の議員たち、大臣たち−安倍晋三総理大臣を含む−は日本会議と呼ばれるラディカルなナショナリスト組織のメンバーである。この組織は(最近まで文科相であった下村博文によれば)日本は第二次世界大戦中に犯した戦争犯罪を認めるという「自虐史観」を捨てなければならないと考えている。
日本会議の見解では、日本は戦争について不当な扱いを受けている。米議会のリサーチサービスによれば、日本会議は第二次世界大戦中に「日本は東アジア諸国を解放したことについて称賛されるべき」であり、「東京裁判は違法」であり、南京虐殺は「誇張され捏造された」ものであると信じている。日本会議は帝国陸軍による中国人朝鮮人“慰安婦”の強制的売春も否定している。そして、日本は現行憲法では憲法違反とされている軍隊を再び有すべきであり、天皇崇拝体制に戻すべきだと考えている。
ナチに類する非道な戦争犯罪に対する憤りゆえにアメリカは日本がリベラル・デモクラシーの政体になることを強要し、あわせて日本の天皇に自己の神格を否定する以下のような宣言をなさせた。「私と国民との間のむすびつきは、専ら相互の信頼と敬愛とによるものであって、単なる神話と伝説によって生まれたものではない。天皇は神であり、かつ日本国民は他民族に優越した民族であり、世界を支配すべき運命を有するとの架空なる観念に基づくものではない」。
だが、日本会議のメンバーの暴走は続いている。2013年、安倍晋三の新内閣の閣僚18人のうち15人が日本会議関係者であったことを祝うパーティではかつての「日章旗」が振られ、「戦後レジームからの脱却」が誓言され、国歌(たいへん短いものであるが、これまで論議の的になってきた)が斉唱された。日本の国歌は天皇に捧げられたものである。「あなたの治世が千年、八千年も続きますように。小石が苔の生す巨岩となるまで」。
自民党の改憲草案は政教分離原則を排除して、国家神道と天皇崇拝に戻る道をめざしている。
改憲草案はまた「日本国民は国権の発動たる戦争と武力による威嚇または武力の行使は国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という条項と、「陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない」という条項も廃棄する。日本はこれまでのところこの特異なルールに従ってきたが、クレディ・スイスの戦力インデックスによれば、日本は現在世界第四位の軍事力を有している。これはアメリカ、ロシア、中国に次ぐものである)。
新憲法はまた政府は「公益及び公の秩序に違背する場合は」言論や表現を規制しうるとして、言論の自由も廃している(実際に、日本政府は過去何年か言論の自由には圧力を加えて続けている)。
『ジャパンタイムズ』によれば、2014年に総務大臣は、放送局に対して政府が「政治的に中立性を欠く」と判断した番組については放送中止を命じることができると警告した。日本の公共放送の会長−安倍総理の友人である−はNHK(日本におけるBBCに当たる)は「報道において政府の立場から離れるべきではない」というのが彼の立場であると公言した。
この五年間で日本の報道の自由ランキングは−国境なきレポーターが格付けするものだが−は世界11位から72位にまで転落した。
新憲法草案は「自由と権利の代償として責任と義務を負うことを自覚しなければならない」としている。この「義務」の中には新憲法の遵守義務と国歌尊重義務も含まれている。また、「国民は公益と公の秩序に従わなければならない」「非常事態」において「国民は政府の指示に従わなければならない」とも定められている。
しかし、すべての国民がこの義務を課せられているわけではない。天皇だけは憲法遵守義務を免ぜられる。天皇は新憲法下では内閣からの「助言」を求めることになっている。現行憲法では「内閣の助言と承認」である。
もし新憲法が国会の3分の2の賛成を得た場合、その採否は国民投票での単純過半数で決される。51%の日本の有権者が自分たち自身の市民権を制約する憲法に投票するというようなことを誰が予測ができるだろうか。そもそもそれ自体が不条理な話なのだが、にもかかわらず日本の有権者は自民党と改憲勢力に両院の3分の2を与えたのである。
五年前にオバマ大統領は「アジア旋回」政策を掲げた。中国が南シナ海を支配し、軍事化しており、北朝鮮は新たな核兵器のために運搬システムを実験しているおり、かつわれわれの最も重要なアジアにおける同盟国でありかつ自由世界で二番目に富裕な国がファシズムに方向転換しようとしている以上、アメリカが拱手傍観しているわけにはゆかないだろう。


オリジナル英文記事はこちら ⇒

Japan Reverts to Fascism
NATIONAL REVIEW by JOSH GELERNTER July 16, 2016 4:00 AM
http://www.nationalreview.com/article/437950/japans-new-fascism 

http://www.nationalreview.com/article/437950/japans-new-fascism 

Tsunami in Japanese politics.

This week, Japan’s Liberal Democratic Party and its coalition partners won a two-thirds majority in the legislature’s upper house, to go along with their two-thirds majority in the lower house. A two-thirds majority is required in each house to begin the process of amending Japan’s constitution. And amending the constitution is one of the central planks in the LDP’s platform. The constitution was imposed on Japan by the United States after the Second World War; it has never been amended. Why should it be amended now? As Bloomberg reports, the LDP has pointed out that “several of the current constitutional provisions are based on the Western European theory of natural human rights; such provisions therefore [need] to be changed.”


What has the LDP got against the “Western European theory of natural human rights”? you might ask. Well, dozens of LDP legislators and ministers — including Japan’s prime minister, Shinzo Abe — are members of a radical nationalist organization called Nippon Kaigi, which believes (according to one of its members, Hakubun Shimomura, who until recently was Japan’s education minister) that Japan should abandon a “masochistic view of history” wherein it accepts that it committed crimes during the Second World War. In fact, in Nippon Kaigi’s view, Japan was the wronged party in the war.

According to the Congressional Research Service, Nippon Kaigi believes that “Japan should be applauded for liberating much of East Asia” during WW2, that the “Tokyo War Crimes tribunals were illegitimate,” and that the rape of Nanking was either “exaggerated or fabricated.” It denies the forced prostitution of Chinese and Korean “comfort women” by the Imperial Japanese Army, believes Japan should have an army again — something outlawed by Japan’s current constitution — and believes that it should return to worshipping the emperor.

When, in the wake of Nazi-level war crimes, the U.S. forced Japan to become a liberal democracy, it also forced Japan’s emperor to issue the following statement denying his divinity: “The ties between us and our people have always stood upon mutual trust and affection. They do not depend upon legend and myths. They are not predicated on the false conception that the Emperor is divine, and that the Japanese people are superior to other races and fated to rule the world.”

And members of Nippon Kaigi are still mad.

In 2013, at a Nippon Kaigi party celebrating Shinzo Abe’s new appointments to his cabinet — 15 of whose 18 members were Nippon Kaigi-niks — the old imperial “Rising Sun” flag was flown, pledges to “break away from the postwar regime” were made, and the (very short and controversial) imperial national anthem was sung. The lyrics are addressed to the emperor:

“May your reign Continue for a thousand, eight thousand generations, Until the pebbles grow into boulders Lush with moss.”

The LDP’s draft for an amended constitution would eliminate the prohibition on imbuing religious organizations with “political authority,” clearing the way for the return of state Shintoism and emperor worship.

The draft would also repeal the provision that the “Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as a means of settling international disputes,” along with the provision that “land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained.” (Not that Japan has, hitherto, been too strict about this particular rule: According to the Credit Suisse Military Strength Index, Japan currently has the fourth-strongest military in the world, behind only the U.S., Russia, and China.)

The new constitution also repeals the right to free speech, adding a clause stating that the government can restrict speech and expression that it sees as “interfering [with] public interest and public order.”

(In fact, Japan’s current government has been working on the free-speech problem for a few years now: According to the Japan Times, in 2014, the internal affairs and communications minister warned that broadcasters could be shut down if they aired programming that the government deemed was “politically biased.” The director of Japan’s public broadcasting corporation — a friend of Prime Minister Abe — has said publicly that it was his policy that the NHK (Japan’s BBC) “should not deviate from the government’s position in its reporting.”

In just the last five years, Japan’s press freedom — as ranked by Reporters without Borders — has fallen from 11th globally to 72nd.

The new draft constitution adds a warning that “the people must be conscious of the fact that there are responsibilities and obligations in compensation for freedom and rights.” These “obligations” include the mandate to “uphold the [new] constitution” and “respect the national anthem” quoted above. Also that “the people must comply with the public interest and public order,” and “the people must obey commands from the state” in times of “emergency.”

But not everyone is bound by these obligations: The Emperor is exempt from the requirement to uphold the constitution. Likewise, the Emperor is required, under the new constitution, to seek “advice” from the cabinet — but not, as he is currently required, to seek “advice and approval.”


If the new constitution is approved by two-thirds of each house of the Japanese legislature, its adoption will be voted on in a national referendum requiring a simple majority. Who can say if 51 percent of Japanese voters would vote against their own civil rights? On the one hand, it seems absurd; on the other, they did give the LDP’s coalition a two-thirds majority in both legislative chambers.

Five years ago, President Obama called for a foreign-policy “pivot to Asia.” With China seizing and militarizing the South China Sea, and North Korea testing delivery systems for its new nuclear weapons, it would probably be a good idea — “pivot to Asia”–wise — not to stand idly by while our most important Asian ally, and the second-richest democracy in the world, reverts to fascism.

— Josh Gelernter writes weekly for NRO and is a regular contributor to The Weekly Standard. He is a founder of the tech startup Dittach.



 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月22日 12:12:53 : NMmmRX3hHg : 9k6Pt1xBEos[5]
憲法改悪で全権委任法のような緊急時法制を組み込んだら最後、トルコ政権の非常事態宣言のような状況に日本は突入し、議会解散も禁じられて好き勝手な法律がどんどん生み出され国民奴隷化のオンパレードとなるでしょう。

2. 2016年7月22日 20:37:13 : u3RvHMlZ4w : a_XfJLeAxPc[91]
ファシズムに 舵を切らせる 黒幕が

3. 2016年7月23日 01:12:07 : e215b3DsOs : oHsKCPiwWF0[357]
これって自民党の改憲草案の批判ですね

たしかにあの草案はこんなことを言われても仕方ない代物


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ