★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 868.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本農業を悪魔産業に転落させる安倍政権ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/868.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 22 日 12:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

日本農業を悪魔産業に転落させる安倍政権ー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sou0cb
21st Jul 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


異常な都知事選が繰り広げられている。

選挙の告示から投票日まで、メディアは報道に細心の注意を払わねばならない。

7月19日付ブログ記事

「国土の半分で反安倍陣営勝利理由はTPP」

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-4c05.html

に記述したように、公職選挙法第148条に以下の規定がある。

第百四十八条 この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定
(第百三十八条の三の規定を除く。)は、新聞紙(これに類する通信類を含む。以下同じ。)
又は雑誌が、選挙に関し、報道及び評論を掲載するの自由を妨げるものではない。
但し、虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して
選挙の公正を害してはならない。

選挙が告示されてから投票日までは、選挙妨害に該当するような誹謗・中傷は基本的に自粛される。

ところが、今回の東京都知事選では、既得権勢力が

文字通り

「目的のためには手段を問わない」

品格なき選挙戦を展開してくることを再三指摘してきた。

既得権勢力の側が2名の候補者を擁立し、反既得権勢力が候補者を一本化したから、

勝負は基本的についている。

これを転覆させるための工作活動が激しく展開されている。

そのなかには、「不正選挙」も含まれると思われる。

鳥越氏に対する常軌を逸した人物破壊工作は既得権勢力が

いかに追い詰められているのかを示す象徴的な事象である。


この選挙戦のさなか、7月20日に

「TPP交渉差止・違憲訴訟」第5回口頭弁論

が開かれた。

本ブログでの告知も十分にできなかったこともあり、当日の傍聴希望者が100名を下回った。

口頭弁論が開かれる前に東京地裁正門前で門前集会が開かれ、

さらに、衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて、報告集会が開催された。

これらの概要について、ジャーナリストの高橋清隆氏が早速、

ブログ記事を公開されているので、ぜひご高覧されることを推奨する。

「TPP違憲訴訟に黄色信号、次回で結審か=第5回口頭弁論」

http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1907054.html

松本利幸裁判長は次回期日をもって審理を打ち切る構えを示しているようである。

参院選も終わり、政治が空白期を迎える可能性がある。

この状況を睨み、政治権力に支配される裁判所は、権力迎合の行動を加速させる可能性がある。

TPPは日本の司法権を奪うものである。

裁判所自体が原告となって違憲の訴えを起こしても起こしくないような事案であるにも関わらず、

裁判所の問題意識が極めて低いように見受けられる。

TPPはグローバルな収奪極大化を追求する強欲巨大資本のための制度である。

これによって、日本の主権者は大損失を蒙る。

主権者にとっては、まさに「百害あって一利のない」条約である。

しかも、憲法を否定するものであることも明白である。

このような憲法破壊の条約に対して、裁判所が正々堂々とこれに対峙することのない現状が、

日本の没落を象徴している。


このTPPに関して、新潟県のJA関係者からご丁重な意見をいただいた。

安倍政権はいま、JA解体に向けてまっしぐらに突き進んでいる。

日本のTPP参加と平仄を合わせるかのように、

日本の内側から、日本農業の根本を破壊する行動が推進されている。

この現実に対する極めて正当な、そして正鵠を射た問題意識がJA内部で保持されている。

しかしながら、その危機意識が、日本の農業関係者全体に共有されていない。

全中をトップとする農業関係者の組織は、政権与党である自民党の軍門に下っている。

そのために、農業関係者の利益を守る主張さえ示せなくなっている。

全国の各地域で汗を流す農業従事者の多くが、詳細な情報を得ることもなく、

政治権力の軍門に下った農業団体幹部の指示に追従してしまっている。

ごく一部の、真実を探求する力を持つ農業関係者だけが、安倍政権の策謀を見抜き、

農家を不幸にするTPPと、これと表裏一体をなす農協解体策の悪魔性を指摘して抵抗を示している。

農水省の事務次官に農協解体に突き進む人物が起用された。

この人事が安倍政権の策謀を如実に物語っている。

この状態を放置すれば、ほとんどすべての農業関係者が不幸のどん底に突き落とされる。

重要なことはすべての農業関係者に真実を伝えることだ。

自民党を支持し、自民党を支援しても、最後は使い捨てカイロのように捨てられるだけだ。

そのような理不尽に直面して後悔する前に、事実を知らせ、

ほぼすべての農家を不幸にするTPP反対の狼煙を挙げなければならない。


7月10日の参院選では、日本の国土の半分で反安倍陣営が勝利した。

互角の結果となった地域を除く日本列島を、

安倍陣営勝利地域と反安倍陣営勝利地域に区分すると、反安倍陣営勝利地域の方が広い。

安倍支持と安倍不支持は日本を二分している。

とりわけ、安倍不支持が優勢となった地域は東日本に集中している。

西日本では、三重、大分、沖縄で反安倍陣営が勝利し、

茨城、東京、静岡、愛知、京都、広島で安倍支持と安倍不支持が引き分けになった。

これを北海島・奥羽越列藩同盟の勝利と書いた。

地理的には、北海道、秋田を除く東北、新潟、長野、山梨で反安倍陣営が勝利した。

北海道・東北・甲信越で反安倍陣営が勝利したのである。


明治以降の日本は、外国金融資本と結託した長州を中心とする勢力が日本を収奪してきた歴史である。

日本政治の金権腐敗体質も長州が定着させてきたものである。

明治以後の日本を決定づけたのは明治六年政変である。

これは、金権腐敗体質を打破し、民権重視、冤罪防止、司法権独立を目指した江藤新平が、

国権重視、冤罪容認、行政権の独裁を目指した大久保利通によって排除された事変である。

江藤新平が排除されたことで、長州を軸にする金権腐敗体質が温存することになり、

日本政治が汚濁にまみれたものになる道筋が定着されたのである。

長州は実質的に日本を乗っ取り、その乗っ取りを正当化するために皇室を利用し続けてきたのである。

尊王ではなく、皇室の利用が本質である。


その長州閥の流れを引く安倍晋三氏が国際金融資本の命令に従って

TPPを詐欺的な手法で強行推進している。

この売国政策に東日本全体が異議を唱える図式がより鮮明になっている。

TPPによって日本社会は破壊される。

第一に農業

第二に医療

そして

第三は労働

である。

すべてを貫く軸は、

多国籍企業の利益極大化

である。

その裏側で生じることは、

国民の苦役

である。


地産地消、安全な食糧、食料の自給

が破壊される。

日本農業は多国籍企業に支配されることになり、食糧自給は壊滅、食の安全も崩壊する。

これまでの農業を守ってきたのが農協=JAである。

安倍政権はこのJAを破壊しようとしている。

JAの業務から信用事業と共済事業を簒奪する。

信用事業と共済事業を奪われたJAは存立不能になる。

JAを存立不能に追い込み、株式会社化する全中の支店に転換させられる。

この株式会社組織は強欲巨大資本=多国籍企業の下請け機関になる。

遺伝子組み換え種子、農薬という名の化学兵器、営利だけの

悪魔の産業に身を落とす。

その事実を大多数の農家が知らされていない。


JAの信用事業と共済事業に蓄えらえた資金は外資の利益追求だけに投じられることになる。

強欲巨大資本は郵政マネーに狙いをつけて、これを収奪する道筋を強引につけさせた。

その延長線上に、日本のすべての協同組合資金の収奪を狙っている。

JAが集めた資金を収奪しているのが農林中央金庫と全共連であり、

不要なのはJAではなく、農林中金と全共連である。

JAを完全に温存し、日本の地域農業、地産地消、地域共同体、食の安全、食の自給を守る。

これが国民の側に立つ農政である。

安倍政権は経産省による農水相吸収合併を目論んでいる。

日本農業を多国籍企業が支配する悪魔産業に転換させることを目論んでいる。

このような悪魔の政策を日本国民は絶対に許すべきでない。

本当の意味での農業を守り抜かねばならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[2790] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年7月22日 12:28:34 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[394]

農業なんてやった事のない、農業の現場の実情を知らない、お受験だけが目的の
“お勉強エリート”が、この国の農政の“舵取り”をしていることが間違いだ。

1本の大根を作るのに、どれだけの土地、肥料、時間が費やされ、加えて雑草や病害虫との戦いが
繰り広げられるのか、“それ”をお勉強してから、農業や農政を語れと、声を大にして言いたい!!


2. 2016年7月22日 13:32:20 : nNTiIdkrs6 : pS9YAK7XTSA[15]
「悪魔の産業」だって・・・(笑)

なんか、この人の「善悪二元論」的な、サイコっぽい世界観を彷彿とさせる表現だな。レトリックの強度をあげ過ぎると、むしろ滑稽ななるという場合の、良い(悪い)例でもある。「有害産業」くらいにしとけばよいのに。

しかし、この人も都知事選が終わると、「不正選挙派」に参入しちゃうのかな。もう壊れている感じだけど・・・。

で爺


3. 2016年7月22日 14:11:33 : vW7J2lkXCo : VIWwekXlGP4[351]
浅井久仁臣氏
「安倍首相は、アベノミクス の果実はやがて社会全体が享受できると言う。
私の周りには、トヨタの下請けで働く人が多いが、「そんなもん、な〜んもない」と口を揃える。
トヨタに代表される大企業は、果実の一部を社員に与えたが、他は全て「内部留保」。トリクルダウンは実現していない。」
https://twitter.com/asaikuniomi/status/756244740757082112

この元々の「社員を大切にしない風土」+「TPP」で、日本全土がブラック企業化します。オール・ブラックスです。
そうなる前に政権を交代させましょう。

植草氏、がんばってください。応援しております。


4. 日高見連邦共和国[2800] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年7月22日 17:38:46 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[400]

>>02

じゃ、オマエは、ネギ1本、キャベツ1玉、苦労して育てた事があるンかい?

或いは、不意の降雹にオロオロしたり、収穫前の稲が水に浸かるショックを味わったことがあるか?

そうやって維持される農業が、広範な意味で“国土保全”を担ってるって話しだ。

たぶん、言っても分からんだろうが・・・

ば婆


5. 佐助[3680] jbKPlQ 2016年7月22日 18:45:14 : 9zzRTyeBxk : 4eYUJw@wYHY[121]
すべて賛同する特に,遺伝子組み替え作物の安全性とその寿命

これ悪魔だよ,何が有害だ

「悪魔の産業」だよ,。「有害産業」ではないよ,で爺のような人を「この世の偏屈者と言う」
壊れているのはあなたの・あ・た・ま,で爺

2キロ先のJAが,近くから遠方に合併され,20キロ先となる。目の前で破壊されていく姿を見て残念で仕方がない。何も放置していたわけではない,将来は農業の「共存共栄」を考え,10年前から大規模農業化と区画整備の立案を提案し昨年やっと地元で作成し提出してもらった。しかし県も国家も政府も放置したままで,知らんぷり。逆に農業の切り捨てを始めた。多くの農民が反旗をふり,だが選挙になると自民党に入れるのです。自民党ではダメなんだと説得するとそうだそうだの掛け声。選挙になると知らんぷり,しかし選挙が終わると,ワイワイ騒ぐのです。勝手にしろと云いたくなる。最近はトランプ氏に期待し,なんとしてでも米国の大統領になって安全保障やTPPを破壊して欲しいものだ。

もしも朝鮮半島と中国と東南アジア,南シナ海の動乱が発生すると、終戦前後以上の食料危機の発生は避けられない。そして、遺伝子組み替え作物を普及させる。だが、弐ワンの農業政策の試みは失敗し、日本の海外からの輸入依存度を加速するだけだ。

食物の安全性は、分子レベルと細胞レペルごとに、動物実験すれば確認できたが、科学常識は、身体レベルでの現象の結果で判定してる。そのため、狂牛病のように発病してからでなければ確認することができない。

遺伝子組み替え作物は、害虫を殺し、人に役立つ植物の除草剤への耐性をつくるタンパク質を生産して防御するのが目的である。だが、人の、免疫と細菌の関係をみれば分かるように、細菌が細胞と結合して進入するための細胞の表面の分子を反転させて、一度的に防御できても、又、細菌側が反転して接続可能となる。

だから、常に新しい免疫が必要となる。この細菌と免疫の関係のように、遺伝子組み替え作物も、相手の細胞表面の分子を反転させれば、効果はなくなる。自然は生物を、何億年かけて、環境に適応するためには、常に形質を変化させてきた。遺伝子組み替え作物が、太陽光線下で成長するかぎり、永遠の効果は保証できない。

外気からの影響を排除できるLED植物工場だけが、世界と日本を食料危機から救うことができる。そして、食料の原価を、百分の一以下に引き下げることが可能になる。小規模でも初期の植物実験工場は。国家戦略として投資すべきだ。
太陽光発電率に効率は25%以下と低い。常に太陽から放射されている電子の波は、100%の効率で電力と蓄積を放出することができ、半導体のサイズで造れる。そのために産業革命を加速させなければなない,しかし政府や大企業は既得権益を失う為に必死に抵抗し遅延させている。日本の政府と大企業は悪魔だ。


6. 2016年7月22日 18:57:10 : yqDwGpCkLy : TeG4yN0PhFo[7]
>>4
TPPより農薬まみれの日本の農産物では日本の農業は終わってしまいます。青森のりんご、山形のさくらんぼは台湾に輸出できません。りんご、さくらんぼは農業でも過酷です。東北人に過酷な農業を押し付けている日本の農業はおかしいと思います。

7. 2016年7月23日 01:43:09 : MRFO2hNeJk : VaQfEp3R@SA[1]
TPP批准なら、農林水産省業は全て「ブラック産業」となります。植草氏のおっしゃっている事は、つまりそういう事です。

8. 日高見連邦共和国[2811] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年7月23日 06:35:09 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[411]

>>06

りんごは昔から、『農薬漬けの果実』だとは、よく言われてきました。

青森の『奇跡のりんご』は極めて特殊な例だとはしても、『低農薬』への試行錯誤は評価してください。

それに、『育成中』の農薬使用は、使用するタイミングや農薬自体の進歩によて、
『製品への残留農薬』の問題は、ほんとに、かなり、改善されてきています。

輸出農産物の最大の問題は『ポストハーベスト』です。ご理解ください。

それに、東北の農業従者はその“過酷さ”を、結構楽しんでいますから!

消費者が喜んで貰える、その“顔”が見える、それで農業者は報われれるのです。

そういった意味で、私はTPPは“農業の根幹”をブッ壊すもの、だと断言します。


9. 2016年7月23日 08:58:17 : vOMOhw9hhw : 0vsuQzpbe4A[1]

“選挙が始まれば透けて見える腐敗臭のする図式”

<@コメ→Aコメ隷従某党→B某パナマ企業→C幾多の屑ダマスゴミ→D選挙妨害ならびに不正選挙→E米隷従政権獲得>

国民みんな知っている“選挙が始まれば見える腐敗臭のする図式”

良識のある都民も国民もこの図式構造を粉砕する真の政治家の誕生を待ち望んでいる。

鳥越さん、屑ダマスゴミに立ち向かう絶好の好機が到来したではありませんか。

果敢に、毅然として立ち向かって徹底抗戦してください。

良識ある多くの国民があなたにエールを送っています。

まずは、屑ダマスゴミが土下座して謝罪するまでやり上げることです。

そして、屑ダマスゴミに“選挙が始まれば透けて見える腐敗臭のする図式”の構造を国民の前で白状させることです。

やられたらやり返す。

仁義ありし菅原文太さんも天国でそう思っているでしょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ