★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 662.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
戦争内閣の正体露呈 稲田防衛相とは背筋も凍るおぞましさ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/662.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 05 日 00:04:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


   


戦争内閣の正体露呈 稲田防衛相とは背筋も凍るおぞましさ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/187085
2016年8月4日 日刊ゲンダイ 文字お越し


   
    危険なナショナリスト(C)日刊ゲンダイ


 3日、第3次安倍再改造内閣が正式に発足。パッとしない顔ぶれが並ぶ中、「目玉人事」とされるのが、稲田朋美前政調会長の防衛相就任だ。

 稲田は当選4回にして、すでに行革担当相、政調会長を歴任するなど安倍首相に重用されてきた。再入閣で、小池百合子都知事に続く女性で2人目の防衛相に抜擢されたが、安保・防衛分野の経験は乏しい。

「本人はもちろん、秘書にも安保・防衛が分かる人がいない。そのため、党の政調会長室にいた職員が党本部を休職し、稲田大臣の政務秘書官として勤務することになりました。総理のお気に入りに傷をつけられませんから。ド素人の防衛大臣につつがなく務めてもらうよう、官邸、自民党が丸抱えということです」(自民党関係者)

 稲田といえば、伊達メガネと網タイツにピンヒールというファッションがトレードマーク。ある防衛省職員は「もしミニスカ網タイツで登庁されたら、あまりに場違いだ」と嘆息していた。

「今回の改造内閣の顔ぶれを見ると、適材適所ということではなく、信頼できる人を重要ポストにつけて、残りを入閣待機組で埋めた布陣です。安保関連法が施行され、今後は集団的自衛権を行使していく。衆参で3分の2の議席を得て、憲法改正も視野に入った。そういうタイミングで、安倍首相と国家観を同じくする稲田さんなら、その道の専門家でなくても、安心して防衛相を任せられるということでしょう」(政治評論家・有馬晴海氏)

 防衛相への起用については、さすがに大メディアも「(防衛は)得意分野とはいえない」「不安の声も上がる」などと疑問を呈していたが、この程度の論評で済ませるのは甘過ぎる。

■国民に「命を捧げる覚悟」を求める

 就任当日に北朝鮮がミサイルを日本海に発射。治安悪化で在留邦人が退避した南スーダンでの自衛隊活動も、1日から再開されたばかりで、経験不足の大臣に対応できるのかという不安があるのは確かだ。しかし、経験・知識の多寡より、もっと根源的な問題がある。

 過去の言動から、稲田は安倍を凌駕するタカ派とみられている。強硬なナショナリストを敢えて防衛相に据えたという事実に戦慄する。剥き出しになった戦争内閣の正体。これが目玉人事なんて冗談じゃない。目ン玉が飛び出るどころか、背筋が凍る思いがするのだ。政治評論家の本澤二郎氏が言う。

「彼女はタカ派というより、ゴリゴリの極右政治家です。憲法9条を変えて国防軍を創設することを主張しているし、『国民は国のために血を流すべし』などと発言してきた。ナントカに刃物じゃありませんが、こういう極端な思想の持ち主に自衛隊を預からせたら、すぐにも戦争を始めかねないと、自衛隊員の家族は大きな不安を感じているのではないでしょうか」

 動画サイトのYouTubeでは、講演会などでの稲田の物騒な発言がいくつも確認されている。「自分の国を守るためには、血を流す覚悟をしなければならない」「この国のために命を捧げる覚悟をもう一回取り戻そう」「国民の生活が大事なんて政治はですね、私は間違っていると思います」――。本当にこんなことを言う政治家がいるなんて信じ難いが、演説の動画がしっかり残っている。 

 産経新聞(06年9月4日号)でも、〈(エリートの条件は)いざというときに祖国のために命をささげる覚悟があることと言っている。そういう真のエリートを育てる教育をしなければならない〉と主張していた。

 国を守るために血を流し、祖国のため命を捧げろと訴える防衛相。その一方、〈私にも大学生の息子がいますが、赤紙で徴兵されるのは絶対に嫌です〉(「女性セブン」16年5月26日号)とも言っている。身内に対しては、「真のエリートを育てる教育」をする気がなかったのだろうか。


   
    狂乱人事が止まらない(C)日刊ゲンダイ


「靖国神社は不戦の誓いをするところではない」と断言

 安倍政権を支える右派組織「日本会議」の中で、思想的な中核をなす宗教団体「生長の家」との関係も深い。生長の家の創始者・谷口雅春氏の思想に傾倒しているという稲田は、「月刊『谷口雅春先生を学ぶ』平成二十四年七月号」に登場。〈私は、谷口雅春先生の教えをずっと自分の生き方の根本において参りました〉と語っている。

 谷口氏の教えのひとつに、「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」というものがある。仮に戦争崇拝者が防衛相に就くとなれば、誰しも衝撃を受けるのではないか。世間はそれを許すのか。

「彼女を防衛相に起用したのは、ポスト安倍として経験を積ませるためという話もありますが、こんな神懸かり的な極右政治家が首相候補に育っていくなんて、考えただけでおぞましい。参院選で勝利した安倍首相は、ますます暴走してブレーキが利かなくなっているように見えます。秘密保護法に始まり、解釈改憲や安保法制の整備で進めてきた戦争準備の総仕上げが、稲田防衛相の誕生です。この狂乱人事を止める人はいなかったのでしょうか。諸外国から見たら、いよいよ日本は理性を失ってしまったと異端視され、警戒されてしまいます」(本澤二郎氏=前出)

 稲田は14年、日本のネオナチ団体代表と国旗の前で一緒に撮った写真が、英紙「ガーディアン」など複数の海外メディアで報道された。同じくネオナチ団体代表と記念写真に納まっていた高市早苗総務相とともに、国際的に問題視され、物議を醸したのだ。

 靖国神社にも毎年参拝してきた。就任会見で、今年の終戦記念日の対応を問われると、「心の問題であり、行くとか行かないとか、行くべきとか行かないべきとか、言うべきではないと思っている」と話したが、かつて月刊誌「WiLL」(06年9月号)では、こんな思いを吐露していた。

〈靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、「祖国に何かあれば後に続きます」と誓うところでないといけないんです〉

 行革担当相の時も靖国参拝を決行し、周辺国の反発を招いた。

■戦争屋からすれば最高の防衛相

 歴史認識をめぐっても、稲田は「歴史修正主義者」と批判されてきた。11年8月には、ヒゲの隊長こと佐藤正久参院議員らと竹島北西の韓国・鬱陵島視察を計画。混乱を懸念した韓国政府から、反韓活動者として「ペルソナ・ノン・グラータ(外交上好ましからざる人物)」通告を受け、金浦空港で入国を拒否された経緯がある。

 そんな稲田の防衛相就任は挑発と受け取られ、周辺国との関係が、ますます悪化する可能性が高い。「それこそが真の狙いではないか」と、元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう分析する。

「昨年の安保関連法成立後、与党幹部で初めてワシントンを訪問したのが稲田氏でした。アジア太平洋担当のシアー米国防次官補をはじめ、アーミテージ元米国務副長官ら複数の米要人と会談した。その“面接”でお墨付きをもらい、米国の後押しで防衛相に就任したと考えられます。彼らは、稲田氏の言動が、中国との対立を深めることを期待しているのです」

 もっとも、米国の北東アジア戦略の基本は、米日韓の連携にある。だから、稲田も韓国に対しては強硬な発言を控えることになるだろうと、孫崎氏はこう続ける。

「米国の希望で、韓国とは今後、軍事協力を強めることになるでしょう。一方で、中国とは一層の緊張をつくり出し、国民の中国に対する懸念を増幅させ、それによって集団的自衛権の行使をスムーズにしていく。中国の脅威をあおることで、防衛費の増額や沖縄の辺野古基地の建設、憲法改正なども進めやすくなる。つまり、安倍政権や米国の戦争屋からすれば、稲田防衛相は実に使い勝手がいい。最適の大臣なのです」

 国民にとっては、最悪の閣僚人事だ。早晩、本当に血を流す覚悟を強いられかねない。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月05日 00:25:49 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-697]

支那人や朝鮮人と同じ立場でのものの見方だな。


「靖国神社は不戦の誓いをするところではない」こんなこと、朋美たんが言わなくとも、あったりまえのこと。んなこといったら英霊たちに申し訳ないと、なぢぇ
気がつかんのかねぇ



[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 2016年8月05日 01:02:25 : VYkWRQSsIo : oh1Yio8Q2cc[-197]
01>こら〜おっさんおんどれいつになったら戦争に行くんや!しばきまわすぞ!

おまえが朝鮮人や!どあほ!

[32初期非表示理由]:担当:言葉使いで処理が大量にあるので全部処理

3. 2016年8月05日 02:08:15 : jBXdBvcmPY : loViQ5cnqVw[234]
カルザイ元アフガン大統領がこう言っている。

「NATOはここに14年駐留している。何らかの改善はあったか?我々はより安全になったか?とんでもない!つまり、何かが間違っているのだ」

14年戦い続けて何も変わらない。それどころかますすま危険は増している。これはなぜか。軍事行動によって安全が確保されることなどありえない。それを証拠にアメリカを見よ。世界最強の軍隊をもってしても、いつまでたっても安全を確保できないではないか。

では何もしなければ?
その場合はテロも戦争も起きずに平和であり続けたろう。
当たり前だが戦争を決意した瞬間に平和は奪われる。


4. 2016年8月05日 02:28:47 : BHgiZnwM44 : BAAymCmA9hk[16]
野党議員は臨時国会の場で稲田に対し、
「あなたの息子さんは、大学を卒業したら当然自衛隊に入隊し、最前線部隊に志願されるのですよね。稲田さんの息子さんですから、隊員は皆首を長くして待っていますよ。」
と質問を浴びせるべきだ。

5. 2016年8月05日 04:24:27 : FQ2Rt3PUPs : vUsfIbTYKv0[6]
http://tamutamu2011.kuronowish.com/yumikotyannjikenn.htm
「祖国のために命を捧げても、尊敬も感謝もされない国にモラルもないし、安全保障もあるわけがない。そんな国をこれから誰が命を懸けて守るんですか」(稲田朋美議員「致知」2012年7月号・致知出版社)

宣伝リンク認定28167334.html
稲田朋美は“命を捨てて国を守れ”と繰り返し口にしてきた。
「国民の一人ひとり、みなさん方一人ひとりが、自分の国は自分で守る。そして自分の国を守るためには、血を流す覚悟をしなければならないのです!」(講演会での発言)
祖国のために命を捧げても、尊敬も感謝もされない国にモラルもないし、安全保障もあるわけがないと稲田が言う「モラル」「安全保障」とは東京大手町の三菱重工顧問室に秘書付きでトグロを巻く男たちのヤニの臭いのことである。
国のモラル、国の安全保障とは大手町・三菱(軍事・原子力)財閥の顧問室に天下ることなのだ。
2012-2月24日の閣議決定答弁書で、
「西部航空方面隊司令官」「呉地方総監」「陸上幕僚長」「航空集団司令官」「第一師団長」などそうそうたる自衛隊幹部が三菱(軍事・原子力)財閥の「顧問」として天下りしていることが分かった。
若者の生活が破壊される恐るべき癒着構造である。
ひとりアタマ数百億円の国民の血税(防衛予算)を軍事財閥に持参して天下る、信じられないような腐敗構造なのである。
国民や貧乏若者をコケにした他では有り得ない腐敗の極みの税金泥棒構造なのだ。

日本の軍事費は実質6兆を軽く超えて、税収の15%であり、毎月毎月5000億円もの巨額税金が自衛隊と軍事財閥に流し込まれ、一人頭は中国の9倍にもなり国民生活はボロボロで保育所さえ足りない発狂軍事国家といわれる。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-15/2012091514_01_1.html
平成の今、この日本で「命を捨てて国を守る」ということは一握りの高級幹部が数百億円の防衛予算を持参して軍事財閥へ秘書付き天下りをする犯罪公務員に手を貸すということである。



6. 2016年8月05日 04:53:58 : qyczUn9c1U : 5J7Qm59iSMs[19]
>>1
馬鹿神の言ってる事は正論だ。
靖国は不戦の誓いをする場所ではない。
戦争を肯定し死んだ屑を讚美する場所であり、いやいや死んでいった者たちの怨霊を封じる所だ。

7. 2016年8月05日 08:44:23 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[152]
ならば、北朝鮮に一役買ってもらうのであれば、何も核実験なんかしなくても、朝鮮総連を通じて、この日本会議が自ら弾薬1万発でもイスラム国に持っていくのであれば、中国からお金を貰い、このお金を使ってアメリカから購入しますから、韓国軍にでも護衛を頼み込みますので、イスラム国に、この弾薬1万発を送り届けて下さい」ということで、働きかけて貰いましょうか?

イスラム国としては、日本会議から弾薬1万発をありがたく受け取りましたら、アサド大統領におかれましては、アメリカに対して軍事介入を唆して貰うならば、この日本会議を血祭りにして、イスラム国と共倒れさせるということで「オペレーションマヌケ」とでも称する軍事作戦として展開してもらう様に、そっと静かに働きかけたいところですね。


[32初期非表示理由]:担当:スレ違い

8. 2016年8月05日 10:19:42 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[852]
舌が回らない政治家が、突進せよ!と言っても誰も動かんだろう?

愛国者?;稲田が、最前線で旗を振り、突進する覚悟あるか?

突進するわけ無いわな〜、言うだけよ!

こんな女に誰がついていくのか?

アホな安倍くらいだろうな〜、

が安倍も銃後で、怖い、死にたくないと泣き叫ぶ口だぞ。

戦争した位政治家は、自ら最前線に出て戦闘行為に入れ!

その覚悟はないだろう、貧乏人を戦闘員に送り込むだけだろう。


9. 2016年8月05日 13:02:28 : TeE5GWG41s : Xv8FQzV3Yro[2]
稲田朋美は、
「自分の国を守るためには、血を流す覚悟をしなければならない」「この国のために命を捧げる覚悟をもう一回取り戻そう」という一方で、
〈私にも大学生の息子がいますが、赤紙で徴兵されるのは絶対に嫌です〉ともいっているとのことだが、これからわかるのは、この矛盾に気がつかない間抜けな政治家ということだ。

政治家として、国民に血を流す覚悟、命を捧げる覚悟を求めながら、自分の息子だけは、命を捧げるなんて嫌だ、などという理屈が通るわけがない。それを公然としゃべるというのは、稲田は三流以下の政治家ということ。それを自ら証明している。


10. 2016年8月05日 13:17:39 : r0tAqJVHEY : P2bTJlxcJx4[2]
国民に血を流せと言う国は悪魔帝国である
人権も自由もない邪悪な国だ
国防は血を流すことではない
殺さず殺されずこそが国防だ

11. 弘前の押忍くま[14] jU@RT4LMiZ@URYKtgtw 2016年8月05日 18:36:51 : E9HaOajlSr : YEd8F_I4Tfk[14]
ヌーランド朋美か-
9月の露中軍事演習の時が見ものだなー

12. 2016年8月06日 18:20:02 : unA9hWYW1I : ZvrK62aHhUQ[149]
>> 01 ( 図に乗るな超アナクロ外道ゾンビ野郎!!)

●いわゆる「靖国の英霊」の、一体どこの誰が、自分たちの悲痛極まる犠牲の後に、又ぞろ続けなどと期待したり、願っていると云うんだ!!

●いわゆる「靖国の英霊」を、平然と身勝手なダシに悪用し、不遜極まる冒涜妄言を吐く、将に許しがたい最たる極右外道女!! フザケルナ稲田朋美!!



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ