★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 793.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三宅洋平を単なる「扇動屋」と見抜いた安倍陣営
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/793.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 08 日 01:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

三宅洋平を単なる「扇動屋」と見抜いた安倍陣営
http://79516147.at.webry.info/201608/article_59.html
2016/08/08 半歩前へU


 ハリマオさんが自身のブログで三宅洋平や安倍首相の妻、昭恵を厳しく批判した。洋平は、安倍晋三と携帯電話で短い会話を交わしたとき、「総理、何なら一緒に高江に行きませんか、とは云えませんでした。三宅はまだそんなもんです」と、己の小ささに気がついたとか・・・。もう、ここまでくるとお笑いだ。

以下に“エキス”を掲載する。

*****************

 偶像崇拝のカルトたち・・・しかし、それは三宅洋平という虚像であったという悲劇。もうひとつの「それが選挙ですから」と言ったのは、安倍晋三のイカレた女房、昭恵だ。

 三宅洋平に政治を語る能力がないどころか、単なる扇動屋だと見抜いた安倍陣営が、「安倍自民は圧勝したのだから」と、余裕を持って三宅洋平の取り込みのために近づいてきたのである。

昭恵は、その時のことを、Facebookに書いている。

 彼女が晋三の指示によって、なぜ洋平を誘ったのか、その理由は、最後に書かれてある「なんで多くの人が、三宅洋平を熱烈に支持するのか、わかったような気がします。」という言葉からうかがい知ることができる。

 そのとき、昭恵が洋平に、「大丈夫です、それが選挙ですから」と言って、すぐさま携帯電話で安倍晋三に取り継いだと、洋平はツイートしている。これでも、偶然だと言うのだろうか。

 洋平が、「国を思い世界を憂う国士」だと。究極のナルシズムに世界が笑っている。

 洋平は、安倍晋三と携帯電話で短い会話を交わしたとき、「総理、何なら一緒に高江に行きませんか、とは云えませんでした。三宅はまだそんなもんです」と、己の小ささに気がついたとか・・・

 そして、すっかり昭恵にほだされてしまった。
今日、安倍晋三と彼の官邸の命を受けて、米海兵隊のオスプレイ離発着帯(ヘリパッド)を建設する予定地「高江」に機動隊500人を投入して反対する沖縄の市民たちを強制排除する。

**********************

昭恵は晋三の妻として、立派に内助の功を発揮している

 昭恵が、唐突に三宅洋平に近づいてきたのは、「高江」で起こることを、「なんとかフェス」で拡散させないようにするためである、と考える人が出てきても反論できない。

 なぜ、洋平は、「何なら一緒に高江に行きませんか、とは云えませんでした」なのか。

 機動隊の500人は、地元の人間ではなく、東京をはじめ各地方から私たちの税金で集められた武闘派である。

 沖縄の人々は、三宅洋平という薄っぺらな男の本性を知って、愛想をつかそうとしている。あれほど、沖縄の人々の思いについて熱く語った洋平はウソだったのか。事実は、そうであると告げている。

詳報はここをクリック
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4502.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月08日 01:18:36 : 13VRHPHhaw : YTKheEqmSOU[15]
最初から仕込みだろ

2. あおしろとらの友[11] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2016年8月08日 06:57:31 : PtoxusxSWt : 1MKlSf2jF@o[11]
三宅洋平氏の言動はユーモアです。「国士」という言葉をユーモアとして使っているのです。安倍首相から電話がかかってきて緊張したわけではないと思います。安倍氏に向かって「あなたは国士だ」と言ったら彼が笑うことを知ってのことだと思います。三宅洋平氏さんは自分のユーモアが相手に通じた時に影響を与えられると思っているのです。

3. 2016年8月08日 07:53:20 : qWC8iPENLk : mzcY88rOLRU[4]
>>1
その意見に賛同する
三宅洋平は期日前投票を呼び掛けていた
偽票すり替えを推奨した男
彼は不正選挙に担ぎ出された工作員
小沢や山本も結局、不正選挙に言及しない
連中も所詮は連中の仲間だ

4. 2016年8月08日 08:23:15 : 6CzZLXP57A : tukrusGBnsQ[1]
>三宅洋平に政治を語る能力がないどころか、単なる扇動屋だと見抜いた安倍陣営

おれは三宅があらわれたときから見抜いていたが、何か?


5. 2016年8月08日 09:17:44 : EzWe2f19xc : N@7wQKsn1Ww[9]
少し前に与党も野党もグルという投稿見ました。

民進党の代表選に出馬したレンホウさんの窶れが凄いですね。トップ当選、本当は当選していなかったのではと思いたくなります。

これで生活は代表を森ゆう子さんにして野党統一比例名簿を作らせ共産・社民を壊滅させようとしているように見えます。
    


6. 2016年8月08日 09:44:22 : mfLbK4tq9s : 8J5z82jh2eE[73]
溺れる者は藁をもつかむ心境の「リベラル」派。そこにつけこむ安倍一派さすが。
今度のことで分かったのは、小沢一郎に期待するのは間違いだということ。
三宅の欺瞞性も見抜けない男が、政敵を倒せるはずがないね。


7. 2016年8月08日 10:07:41 : XvlqF4XTTk : CqMcAkNOYIs[1]
小沢氏もグルだと疑わないのはなぜなのか

8. 2016年8月08日 10:18:21 : 8rfQzL5Qyw : DnIKgZKyh_U[561]
 どうでもよいが

 阿修羅も何とかCHと同じレベルになってしまったみたいだなあ。


9. 2016年8月08日 20:22:26 : 44TYUPwxOw : 2yK9kN09dgY[71]
視野狭窄症!「不正選挙」「三宅洋平バッシング」「民新党批判」「小沢信者」「中国敵視」「韓国敵視」などなど。

少なくとも最初から「敵」と決めてかかる偏狭さ。もう少し様子を見ないとわからないことも、率直に不確定要素として扱えない。

ケツの穴が小さいと云うか、最後には国民を愚民扱いだ。
こんな偏狭さが支持されない原因だとは気が付かないのか?もう少し多様性を認め、「国民に寄り添う」天皇を見習ったらどうなんだ!


10. 2016年8月08日 21:07:28 : mfLbK4tq9s : 8J5z82jh2eE[74]
>>9もう少し多様性を認め、「国民に寄り添う」天皇を見習ったらどうなんだ!

多様性といかさまの区別をつけようね。

三宅・昭恵ご両人は国民に寄り添うどころか高江住人の傷口にさらに塩を塗り込んだのだよ。様子を見ないと分からないあなたは、単に判断力が鈍いだけ。


11. 2016年8月08日 22:02:22 : 2FbCg9vijk : ylRMDBXhDG8[310]
改憲の 布教に来たよ 伴天連が

12. 2016年8月08日 22:36:24 : xAUObuAmE6 : C6d_Lj0IDrw[41]
三宅氏を「純情バカ」だと庇う人もいるが、いくら純情でもバカでは政治家は務まらない。また三宅氏のヒゲ面からチェ・ゲバラに例える人もいたが、人間性でも知性でも到底及ばないだろう。

『世界の半分が飢えるのはなぜか?』の著者、ジャン・ジグレール教授はその若き日のチェとの邂逅のことを書いている。当時、新生キューバの蔵相としてジュネーブでの国際会議に参加したチェに会いに行った時のことだ。

キューバに連れて行ってくれと熱心頼む若者にチェは黙ってその肩を抱き、ホテルのバルコニーに連れ出したという。そしてそこから望む幾つかの多国籍大企業の看板を指しながら「君の戦場はここだ。君はここに残って彼らと戦うのだ」と言ったという。この時、チェは三十代前半、今から半世紀以上昔のことである。最近のTPPで明らかになってきたような、各国の国家主権を侵害するほどの巨大多国籍企業の権力の肥大化と、それによる世界支配の可能性をゲバラはすでに見通していたようだった。

(そしてジグレール氏は後に社会学者として、また、一時期は国連の食糧問題担当官として、巨大多国籍資本と市場原理主義が世界に貧困と飢餓を広げていることの告発者となる)

私は「ゲバラTシャツ」とか、心情左派のインテリが偶像みたいに持ち上げるゲバラのイメージは好きではなかった。しかしこの話を読んで以来、彼は本物だったと思うようになった。

日本のチェ・ゲバラを期待するなら、まだ山本太郎氏の方だが、三宅氏を見誤っていたのは残念!


13. 2016年8月09日 00:50:23 : e215b3DsOs : oHsKCPiwWF0[453]
「ゲバラTシャツ」とか「ゲバラバッグ」とかは、別に政治の左右とは関係ない
キューバみやげの代表品ですよ


14. 2016年8月09日 01:24:55 : 6ieaFnmRW2 : IyGnNa713Dg[31]
>>13
今はそうかもしれないけどね。まだ、キューバにホイホイ観光にいけないような時代からあったのは覚えてる。欧州とかでも作ってたんじゃないかな?あっちでもゲバラ人気は高いようだったから。およそ、「革命」なんか賛成しないような金持ちの倅が着てるのはおかしいだろうとか思ったものだが。

15. 2016年8月09日 09:26:32 : CDQyTkJzQU : oKR@Zmk6jE0[14]
ムサシなければ、三宅洋平はどれだけ票を取っていたんだろう?と思わずにいられない。よほど官邸は三宅洋平が怖いと見える。

安倍夫人が権力側から国民側に寝返ったという風に見られることを嫌った連中が基地反対派を分断しようと試みているのがよくわかる。細かいことはいいんだよ。テント張って頑張ってる人たちの声が一人でも多くの国民に届けば。
嫌いな奴の奥さんだから来て欲しくないという感情より、沖縄県民の人権と基地周辺住民の安全の方が大事。三宅洋平はやっぱり面白い。政治の表舞台で活躍させてみたい。


16. 2016年8月09日 12:40:01 : tkx2n0qkXo : 1suTBfcyd6M[17]

山本太郎もだろ?

煽り専門だがな、ここの住人と一緒で


17. 2016年8月09日 17:49:18 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1278]
太郎君には皆が目にして来た通り、とんでもない学習能力が在ったよ。
洋平君は、太郎君が議員になって
物凄い知の吸収(とその実践)をして来たその同じ時間を費やして、何も変わって居なかった。
杉並区から立候補した時街頭で、反原発の弁の中で
「(そんなもの使わなくても我々には)無限エネルギーがぁ!(使おうと思えばあるじゃないか…主旨)」
とか口走ってた。  やばいな…と思った。けどね、
皆は其のスピリチュアル的な如何わしい其れを意に介してなかったし、実際反原発を『心に』訴えるにゃ此れも当座は一つの手だ…そして実際効果絶大の故に放って置いた。
然しこうも思ったよ。
「神話のムラ」を「本物の科学の理屈」で捻じ伏せに行くその時、
妙な「新しい神話」で集まる洋平君とその一群、何れ邪魔になるな…一斉に切り離す時が来るんだろうな、
…然しそれはまだまだ遠い先になるから其れ迄に正しい知識を得る人達を 洋平君も含めて、増えてって貰えばいいのでないかな。…と。

果たして其の時は意外や早かった訳だ。 アッキーとの接触で自爆。往時は想像もせなんだ顛末と来た。(早過ぎだばかめ(苦笑))
…で、悲しいかな此処で打ち止めと来て、
最近、参院選の際に彼が口走った言葉を 流石に最近過ぎて最早忘れ様もない。
こうだ。
「アール水素がぁ」
なんだよそれ(笑)

だめだこりゃ。

太郎君と同じだけの時間過ごして来て、洋平君は何も変わらなかったんですわ。
恐らく罷り間違って当選して居たら、最低保証として太郎君が今迄議員活動やって来たのと同じ時間まるまる、太郎君の足を此の男が
「此の調子」で引っ張りまくる事が保証された様なものでしたものね。
(其の先は知らんけど…)
可哀想なのはそんな洋平君を小沢さん迄引っ張り出して来ちゃって応援しちまった太郎君だなぁ…。

そんなこんなの記憶も遠からん内に次はアッキー絡みでやらかしちまった訳だしねぇ。

 

まぁいいや。
>>16
てなわけよ。
太郎君はそんな具合で煽り専門のあんたや洋平君とは大分違うのはわかってた方が良いと思うよ。
同じぐらいの時間は使って良いから彼ぐらい変わってみ?

太郎君が議員になった頃、あなたどんな具合だった?
今と変わらなかったってんなら意識して相当努力せんとこれから何年洋平君と然程変わらない風てな事ですわよ。
「そりゃ御免だ」ぐらいに思ってくれると良いな。
「まだ本気出してない」「あしたがんばる」は無しね。 それ今迄ずーっとやって来て今だから(苦


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ