★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 801.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ヒラリーと中国の「黒い関係」に日本は警戒が必要だ(ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/801.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 08 日 08:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ヒラリーと中国の「黒い関係」に日本は警戒が必要だ
http://diamond.jp/articles/-/97964
2016年8月8日 北野幸伯 [国際関係アナリスト] ダイヤモンド・オンライン


ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの対決となった米大統領選。過激な発言のトランプよりは、ヒラリーに当選してもらいたいと考える日本人は多いが、実はヒラリーは長年、中国から金銭支援を受け、「黒い関係」を続けてきた人物だったことが明かされている。


■尖閣どころか鹿児島近辺まで侵入!
 エスカレートする中国軍艦の挑発行動


 ヒラリー・クリントン前国務長官(68)は7月28日、民主党大統領候補としての指名を受諾した。これで米大統領選挙は、共和党ドナルド・トランプ、民主党ヒラリー・クリントンの一騎打ちとなり、11月の本選で決着がつく。どっちが勝つかは、誰も正確には予想できない。では、「日本にとって都合が良い方は?」という質問ならどうだろうか?


 よく知られているように、トランプは「日本がもっと金を払わなければ、在日米軍を撤退させる!」と恫喝した男だ。そればかりか、「日本の核兵器保有を容認する」「朝鮮半島で戦争が起こっても米国は関わらない。日本と韓国は、『グッドラック』だ!」など、衝撃発言をいくつもしている。



 普通に考えれば、「やはりヒラリーがいい」となるだろう。


 しかし、事はそう単純ではない。ヒラリーは、過去に「中国と黒い関係にあった」ことが明らかになっているのだ。


 まず、「日本にとって都合が良い米国大統領」の条件について考えてみよう。

「日本最大の問題は?」との問いには、人によってさまざまな答えがあるだろう。筆者が考える「日本最大の問題」は「中国」である。なぜなら、中国は、「日本には尖閣だけでなく、沖縄の領有権もない!」と宣言しているからだ。(証拠記事はこちら)


 そして中国は、口でいうだけではなく、実際の挑発活動も繰り返している。たとえば、以下3つの事実、皆さんはご存知だっただろうか?


 まず、中国の軍艦は、尖閣どころか鹿児島県付近まで侵入している。(太線筆者、以下同じ)


<中国軍艦が一時領海侵入 口永良部島周辺海域 海警行動は発令せず

産経新聞 6月15日(水)11時7分配信
 防衛省は15日、中国海軍の艦艇が鹿児島県の口永良部島周辺の領海に入ったと発表した。
同海域の領海に中国艦が入るのは初めて。
 中国艦はすでに領海を出ている。
自衛隊に対して海上警備行動は発令されていない。>




 中国は、海だけでなく空の挑発も激化させ、そのせいで航空自衛隊は、今や毎日平均2回も緊急発進しなければならない。


<対中緊急発進200回 4〜6 昨年同期比1.7倍、最多

産経新聞 7月1日(金)7時55分配信

 自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は30日の記者会見で、今年4〜6月に日本領空に接近した中国軍機に対する航空自衛隊戦闘機の緊急発進(スクランブル)の回数が、昨年の同時期に比べ80回以上増えたことを明らかにした。
自衛隊は四半期ごとの緊急発進回数を定期的に公表しているが、統幕長が会見で発表するのは異例といえる。
 昨年4〜6月の中国機に対するスクランブルは114回で過去最多だった。今年はその1・7倍以上の約200回となる。>


■日本にとって都合が良い米大統領とは
 中国の脅威を共有してくれる人物


 中国の挑発により、「戦闘一歩手前」までいくケースも出てきた。


<中国軍機と追尾合戦か=空自機が一時、東シナ海で

時事通信 6月29日(水)17時9分配信
 萩生田光一官房副長官は29日の記者会見で、中国軍機が17日に日本に向けて南下し、航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)していたことを明らかにした。
 その際、「近距離のやりとりがあった」と説明。
複数の政府関係者によると、両機は互いの背後に回ろうと追尾し合う「ドッグファイト」のような状態に一時、陥っていた。>


 つまり中国は、まず「日本には尖閣ばかりか、沖縄の領有権もない!」と宣言し、次に尖閣を奪うための具体的行動を起こしているのだ。これらすべての動きを無視する人は、よほどの「平和ボケ」か、中国との「親密な関係」を疑われても仕方ないだろう。


 ここまでで、「中国問題」は「とても切迫している」ことを、ご理解いただけたと思う。そして、日本一国で中国の脅威に立ち向かうことは、非常に困難だ。よって、日本にとって「良い米国大統領」とは、「中国は、大きな脅威であるという認識を日本と共有している人物」ということになる。


 トランプは「反中」といわれているが、発言は「経済問題」に限定されており、中国を「安全保障上の脅威」と認識しているようには見えない。彼は、「日本、韓国、NATO加盟国に『もっと金を払わせろ!』」という話ばかりで、そもそも安全保障政策自体に興味があるかすら疑問だ。


 では、「やはり国務長官だったヒラリーか!?」という話になるのだが…。


 日米関係、米中関係の本質を知りたい人にとって、米国在住政治アナリスト伊藤貫氏の著書「中国の『核』が世界を制す」は必読である。(伊藤氏は「核武装論者」だが、「核反対論者」が読んでも十分興味深いはずだ。それほど驚愕の内容が多い)

 伊藤氏によると、クリントン夫妻は、中国から金を受け取っていた。しかも、1980年代から。


<クリントン夫妻とリッポ財閥の腐敗した癒着関係は、少なくとも一九八三年から始まっている。>(「中国の『核』が世界を制す」261p)


 引用部分に出てくる「リッポ財閥」とは何だろうか?


<中国共産党と人民解放軍は、クリントン夫妻に対して多額の贈賄をするパイプとして、インドネシア・香港・中国に拠点を持つリッポ・グループ(力宝集団)を使用した。リッポ・グループはインドネシアの華僑財閥・リアディ家が所有する企業集団であり、銀行業・不動産業・流通業・観光業等を経営している。>(同上260p)


 「多額の贈賄をするパイプ」として利用される企業。なんとも「中国らしい」話だ。

<ヒラリー夫人が上級パートナーを務めるアーカンソーの法律事務所は、この時期から、リッポグループの「顧問」として高額の報酬を得ている。FBIは、「クリントン夫妻と人民解放軍スパイ機関との協力関係が始まったのは、たぶんこの頃だろう」と推定している。>(261p)


■幾度も中国から金をもらいながら
 なぜか罪に問われなかったクリントン夫妻


 この部分は、かなり衝撃的だ。なんとFBIは、「クリントン夫妻と人民解放軍スパイ機関が協力関係にあることを知っている」という。では、なぜヒラリーは、オバマ政権で国務長官を務め、民主党の大統領候補になれたのか?この答えは後述する。ここではさらに同書で描かれているヒラリーと中国の関係を押さえておこう。


 ヒラリーの夫ビルは1992年、「中国の金も」使って大統領選で勝利する。さらに1996年、またもや「中国の金も」使って再選を果たした。


<クリントン夫妻は一九九二年の大統領選に出馬したとき、リアディから少なくとも(後に判明しただけでも)一二五万ドルの賄賂(違法な政治資金)を受け取っている。
一九九六年の大統領選挙では、リアディ(リッポ・グループ)からクリントン夫妻へ、はるかに巨額な賄賂が動いた。>(261p)



 そして驚くべきことに、「クリントン夫妻が中国から金ももらっていたこと」が「公」にされた。しかし…。


<一九九七年にこの事実が明るみに出たとき、クリントン夫妻は、「われわれはカネを受け取ったかもしれないが、何も憶えていない。誰がカネを出したのか、われわれは何も知らない」と言い張って、逃げてしまった。>(261p)



 ここで、再度疑問がわく。なぜクリントン夫妻は、中国から違法な金をもらい、しかもFBIがそれを知りながら、罪に問われないどころか、出世し続けることができたのか?


<一九九二〜九六年のFBIとNSAの盗聴活動により、中国政府の首脳部が米国政界に対して大規模な贈賄工作を実行していることは明らかであったが、国務省・ペンタゴン・司法省・CIAは、この大規模な贈賄工作を止めることはできなかった。たぶんこれらの組織は、政治的な理由から動けなかったのだろう。>(278p)


「FBI」「NSA」は知っていたが、「国務省」「ペンタゴン」「司法省」「CIA」は、「政治的な理由」から動けなかった。(!)


 伊藤氏は、さらに解説をつづける。



<米民主党の政治家たちが中国から収賄しているというニュースがアメリカのマスコミに載るようになったのは、一九九六年後半である。(中略)この大規模な贈賄工作が、中国政府のスパイ組織による深刻な外交問題であるという解説記事が米マスコミに載るようになったのは、一九九七年の春以降のことである。>(279p)


 これを受けて、FBIは事実関係の調査に乗り出した。ところが…。


<しかしFBIと連邦政府検察官による贈賄事件の捜査は、数か月しか続かなかった。
一九九七年初頭、ホワイトハウスの命令を受けた司法省が、この件に関する捜査を打ち切る決定を下したからである。>(279p)


 しかも、「露骨な圧力」があった。


<この事件の捜査を続行するために独立検察官を任命することを主張したキャリア検察官、チャールス・ラベラは、即刻、解雇された。他の検察官たちはラベラが即座にクビになったのを見て、「この事件には、深入りしないほうがよい」と理解した。>(279p)


 ここで分かるのは、「米国は三権分立の確立された理想的な民主主義国家」というのが「幻想だ」ということだろう。米国においても、中国やロシアと同様、「政治」が「司法」より強いのだ。


■私用メール事件でもおとがめなし!
 またもやヒラリーはFBIの追求を逃れた


 あまりにも想像を絶する話だ。「本当だろうか?」「トンデモではないのか?」と疑われる読者もいるだろう。それは、筆者が字数の関係で「一部を抜粋せざるを得ない」からだ。興味のある方は、ぜひ伊藤氏の著書を実際に熟読して欲しい。決して、「陰謀論」や「トンデモ系」ではないことを、ご理解いただけるだろう。


 さて、ここまでで分かったことはなんだろうか?


 ・ヒラリーは、中国から金をもらっていた。
 ・FBIもそのことを知っていた。
 ・しかし、誰もクリントン夫妻には手を出せなかった。


 そういえば、ヒラリーは、つい最近もFBIの追求を逃れている。そう、国務長官だった時代に「国家機密を私用メールで送っていた」件だ。


<「クリントン氏、訴追相当せず」 FBI長官が会見

朝日新聞デジタル 7月6日(水)1時54分配信
 米大統領選で民主党の候補者指名を確実にしたクリントン前国務長官(68)の私用メール問題で、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は5日に会見し、「捜査の結果、訴追には相当しないと判断した」と発表した。メールには機密情報が含まれており、「非常に不用心だった」としつつも、過去の機密情報をめぐる事件と比較し、「常識的な検察官ならば訴追しない」と述べた。>


「メールに機密情報が含まれている」ことを認めながらも、「常識的な検察官ならば訴追しない」そうだ。「常識的」に考えて「おかしい」と思うのは、筆者だけではないだろう。このようにヒラリーは、中国と長く、深く、黒い関係にあった。現在はどうなっているのかわからないが、十分警戒する必要があるだろう。


 それでは日本は、具体的にはどうすべきなのか?


 もっとも大切なことは、中国を米国以上に挑発しないことである。


 米国は、「梯子を外す」ことが、しばしばある。たとえば、米国の傀儡政権だったジョージア(グルジア)は08年8月、ロシアと無謀な戦争をし、その結果、南オセチアとアプハジアを失った。(二共和国は、ジョージアからの独立を宣言し、ロシアは国家承認した)。この時、米国はジョージアを助けなかった。


 さらに14年2月、ウクライナでクーデターが起こり、親ロシアのヤヌコビッチ政権が倒れた。誕生した親欧米政権は、クリミアを失った。さらに、ロシアが支援するドネツク州、ルガンスク州も事実上失っている。この時も、米国がウクライナを十分助けたとはいえない。


■米国抜きで中国と対立することは
 日本にとって自殺行為に


「中国が尖閣を侵略した時、米国は日本を助けるのか?」−−。この質問には、「助ける派」「助けない派」で、さまざまな意見があるが、筆者は「時と場合による」と考える。たとえば、その時の首相が「米軍は沖縄から出ていけ!」と主張する、鳩山氏のような人物だったらどうだろうか?米国が日本を助ける筋合いはないだろう。


 あるいは、ヒラリー・クリントンのように、長年中国と「黒い関係」にあった人物が米大統領であれば?「アテにならない」と考えるべきだろう。


 日本は、先走って中国を挑発し、米国抜きの「日中戦争」になるような事態を回避しなければならない。ジョージアやウクライナのように、米国から「梯子を外される」危険性があることも、決して忘れるべきではない。日本が目指すのは、あくまで「米国を中心とする中国包囲網」であり、「主人公は米国」であるべきなのだ。


 では、ヒラリー大統領が、「米国は中国と競わない」「米国は、アジアにおける覇権を望まない」と心から宣言したら、日本はどうするべきだろうか?その時は、日本も中国との和解に動くしかないだろう。そうでなければ、「米国なしの日中戦争」が起こり、おそらく日本は敗北する。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 再生不可能energy[3] jcSQtpVzicKUXGVuZXJneQ 2016年8月08日 10:28:01 : hvwqnp4lFk : wRh9tRvxzPE[97]
ヒラリーとトランプ
どちらにしても対日攻勢は強まるだろう。

より警戒すべきは中国との関係が深いヒラリー。
米中連携しての対日攻勢になるだろう、

ルーズベルトの昔から欧米人の召使として働いてきた、華僑中国人。
今やその資本力は無尽蔵に見える。

昔は貿易黒字の継続の結果として支配力を強めた帝国主義。
今現在は資本交換で支配することが可能になった。

アベノミクスによる海外投資はその同額が外国人による日本投資となる。
何年も前から可能になった株式交換を含めて、
日本を支配する気になればすぐにでも可能だろう。

日本人の貯金が海外に投資されることで、
日本国内への投資は外国からの資金で賄われるようになる。

外資に頼らなくても郵便貯金を国内投資に回せば十分な資金になると思うのだが、
日本政府はマスコミはそれが気に入らないらしい。
日本人の貯金は海外に、
そして国内投資は外資が来てくれるようにお願いする。
「日本はこんなに素晴らしいんですよ、来てください」

何のことやらわからない。


2. 2016年8月08日 13:06:22 : QllRtThtxY : 1wv4Gd5lb9M[3]
「反中」しか頭にない人が何か書いている。どんな発言も事象も反中の観点からしか考えられない。

3. 2016年8月08日 13:06:53 : db1NDX6eUY : 4ZcAGfDiWEk[1]

そんな他国のことを気にしても仕方がないし、
中国もアメリカも、日本が「警戒」したからと方針を変える筈がなかろうが。

そんなことより慎太郎とヘリテージ財団の関係でも真面目に洗って、何で安倍が新組閣でも石原ノブテルを辞めさせられないかを調べたらどうだ?
http://esashib.com/syudantekizieiken01.htm

先ず我が日本とアメリカ軍事財界との真っ黒い関係を調べることが先決だよ。
宣伝リンク認定28008219.html
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20160702-00059530/
    ↓
http://tamutamu2011.kuronowish.com/yumikotyannjikenn.htm
          ↓
http://vn-hochiminh.seesaa.net/article/166055185.html

日本の軍事費は実質6兆を軽く超えて、税収の15%であり、毎月毎月5000億円もの巨額税金が自衛隊と軍事財閥に盗み出され、一人頭は中国の9倍にもなり国民生活はボロボロで保育所さえ足りない発狂軍事国家といわれる。
(近年は国交省などの予算に軍事道路港湾などの予算や文部科学省には宇宙関連予算を紛れ込ませ真の防衛費は総税収39兆円の内8−9兆円ではないかと言われる。
国民生活が戦時中と同じにボロボロになるのは当たり前の構造なのだ。
若者たちは結婚はおろかデートすらまともに出来ない貧乏に叩き落されている。貴重な青春時代にバイトしなければ大学に行けない信じられない奴隷状態に落とされている社会は軍需経済の拡大によるものなのだ。)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html



4. 2016年8月08日 14:28:52 : nekecSPgFg : nZOpZ5FAYwE[2]
日本や西側の報道はウソばかりで、洗脳され続ける日本人。

しかも、税金で食べている官僚や政治家は国民を守ることはせずに、大企業やアメリカだけに目を向け、零細企業や低所得者いじめをしている。

マレーシア航空機撃墜をロシアのせいにして制裁をしているが、貿易封鎖で不利益を受けて困っているのは近隣の国々で、次々に制裁を解除して、ロシアに摺りよっている。
プーチン大統領は「財政難でも、福祉予算は削れない。」と演説した。

アメリカの破綻を救ったのは中国で、イギリスがEUを離脱したのは、中国についた方が得だからで、殆どの国がAIIBに加盟している。

ロシアと中国が中心になって世直しをしているというに、なぜ、日本はアメリカに逆らうことができずにAIIBに加盟しないのか。

国民に嫌われている不正選挙による安倍政権が崩壊する日を心待ちしている。


5. 2016年8月08日 15:00:51 : nekecSPgFg : nZOpZ5FAYwE[3]
小泉・竹中・安倍が戦争屋に貢いだ額は日本国民一人当たり1千万円になるという。
金欠病の戦争屋はさらに、小泉進次郎を使い、農協マネーを狙い、「70歳に年金支給を引き上げる」と言わせて、今まで奪った年金に上乗せしようとしている。

こんな売国奴・詐欺師の小泉親子が人気があるのが不思議。

TPPは日本破滅計画の最終目的で、農業だけではない、日本の財産を根こそぎ奪うのが目的。
だから、世界中にいる日本人が警告している。


6. 2016年8月08日 20:15:43 : EGxB2LrF1s : RQm5FvLl22k[17]
歴史的には琉球は中国の属国であったのは間違いない

それはさておき、ヒラリ−アメリカは絶対に日本と一緒に中国と戦はしない 武器は供給するだろうが

アメリカの御機嫌ばかりとる自民党はアメリカが本当に日本の味方になると思っているのか?それとも脅されて言うとおりにしているのか?いや、もしかして単に馬鹿なのか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ