★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211 > 470.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小林節「自民党改憲草案を糺す」 <3>野党が「及び腰」だから憲法問題に国民の理解が深まらない(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/470.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 19 日 12:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

     


小林節「自民党改憲草案を糺す」 <3>野党が「及び腰」だから憲法問題に国民の理解が深まらない 
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188009
2016年8月18日 日刊ゲンダイ 文字お越し


   
    小林節氏(C)日刊ゲンダイ


 自民党は憲法改正を目的として結成された政党である。だから、1955年の結党以来一貫して、同党は自主憲法の制定を追求してきた。

 その自民党は、既に平成24(2012)年4月に日本国憲法全文の改正草案を決定し公表している。そして今回、改憲を自分の使命だと考えている安倍首相の下で改憲賛成派が衆参両院それぞれで3分の2以上の議席を確保するに至った。

 対する野党は、まず、頑固な護憲派である共産党と社民党は、現行憲法の全文を堅持することと、そして何よりも自民党の政策〈例:海外派兵(集団的自衛権行使)の解禁、「新自由主義」という名の弱肉強食の経済政策による福祉国家の後退等〉を撤回して日本国憲法を完全に実施することを求め、基本的には改憲論議に応じない姿勢を示している。さらに民進党は、「憲法改正」(つまり憲法の改良)の可能性は否定するものではないが、何よりも安倍政権が立憲主義(つまり、憲法は権力を縛るものだ……という大原則)を認めることと、9条には触れないことを条件に、改憲論議には応じてもよいという姿勢のようである。

 そのような野党の及び腰に対して、強気の自民党は、常に「対案を出せ」と余裕の構えである。

 確かに、現行憲法の制定後70年も経過して、冷戦後の国際情勢(安全保障環境)は複雑化しているし、科学技術の進展に伴い、環境権、プライバシー等、人権状況も変化し、二院制や地方自治の見直しにも正当な関心が寄せられている。

 だから、このような背景の中で、憲法全文の改正案を公にしている自民党に対して、野党が「逃げている」ような印象は否めず、それが、憲法問題に対する有権者の正当な関心を遠ざけてしまっているのではなかろうか。

 しかし、自民党の草案は実質的には「大日本帝国憲法」の復活(つまり「憲法」概念の否定)に等しい。

 だから、野党がやらないのであれば、私が改めて自民党草案の問題点を指摘し、主権者国民が理解を深める一助としたい。(つづく)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月19日 13:12:31 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-840]

糞爺のツラ 大写しにして どこがなになんだよ ったく

はきたくなる


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 2016年8月19日 13:46:12 : 8rfQzL5Qyw : DnIKgZKyh_U[590]
>>1さん

 はきたくなるのは「あんたのくそコメント」の方だよ。

 まったく、いくら毎日暇を持て余しても、他人に不快感をもたらすことを楽しみにしているなんて、余りといえばあまりな(甘利は仮病が回復したがな)人生だな。


3. 2016年8月19日 16:13:10 : VYkWRQSsIo : oh1Yio8Q2cc[-239]
01>てめえのような朝鮮ルンペンが生意気に寝言ほざくとぶのめしたくなる。

おっさんたいがいにしとけよ!

[32初期非表示理由]:担当:言葉使いで処理が大量にあるので全部処理

4. 2016年8月19日 16:15:22 : 4qU0QcGXGk : NKu1mnIyn1g[26]
理解も何も憲法学者の小林節と違って国民は日々の生活に追われて憲法には関心ないよ

5. 2016年8月19日 16:20:59 : aIAG0AdQiQ : XWpOmJYl25A[15]
野党の、自民党草案危険性の宣伝が足りないことは確かだろう。

とりあえず、国民は中学校で憲法の基礎知識は習っている。

わかってない人が多いのは、テレビなどはもちろん教えないし、反自民側の宣伝が足りないのだ。

ぼくも、野党に、さっさとポスターを貼れ、国民全員に小冊子を配れ、とメールしたんだが、ちゃんとやってほしい。

予算が足りなければ、カンパを募ってもいいのだ。

小林先生も、しっかり野党幹部にハッパをかけてほしい。


6. 2016年8月19日 19:12:02 : vTYEtTd4cc : iFsRUROyKqQ[59]
憲法はいずれ改正しないといけません。
例えば9条は国家の自衛権を否定するものなのでいずれ改正は必要でしょう。
だからといって自民党案のような基本的人権を否定するような憲法改正案は認められたものではありません。
野党は憲法9条で思考停止するのではなく、戦前の軍部の暴走を鑑み確固としたシビリアンコントロールを徹底するとか9条改正と引き換えにそういったことを主張すべきです。
また、天皇に関しては国家元首とした方がいいでしょう。
その代わり国民主権はそのまま残すという方向で。
あと人権の公認、法の支配、社会福祉制度の充実、権力の分立といった権力から守られるべき国民の権利、いわゆる「堅固に保護された条項」(永久条項ともいう)はいかなる場合においても守られる(変えてはいけない)というコンセンサスが必要です。
安倍総理の憲法改正案はここを変えて国民を奴隷のように支配したいのです。
私の出身大学は明治時代の法律学校を前身にしているにですが建学の精神を顕した次のような言葉があります。
「正義を権力より護れ」


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK211掲示板  
次へ