★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211 > 839.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「汚染水は完全にブロックされている」ウソ八百ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/839.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 28 日 12:10:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「汚染水は完全にブロックされている」ウソ八百ー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp21r4
28th Aug 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


「状況はコントロールできている。

汚染水の影響は福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」

これは、安倍晋三氏が2013年9月の五輪招致最終プレゼンで発した言葉だ。

この発言に対して、

「もし完全にブロックして外に出ないのならば、港湾内の水位は上昇していくはず。

コップに水を入れ続けると一杯になるのと同じことです。

しかし、現状はそうなっていない。

港湾内と外の水位が同じなのです。

つまり、港湾内の汚染された水は外に流れ出ているということになります」

とする環境水理学に詳しい平田健正・和歌山大学理事の反論もネット上で紹介されている。

港湾の内外を隔てる遮断壁が設けられているわけではない。

港湾内に流入した汚染水は、港湾外の外界に流出している。

誰にでも分かる「ウソ」をついて五輪を招致しようとした。

犯罪級の悪行と言わざるを得ない。

また、本年5月には、当時IOC委員であった国際陸上競技連盟前会長の親族側に

多額の賄賂を贈った疑惑が発覚。

電通の関与も疑われているが、現時点で全容はまだ明らかにされていない。

五輪招致費用には血税が注がれている。

日本の主権者は特定個人に賄賂を贈呈して日本で五輪を開催したいとの意向を有していない。

五輪招致に不正な手段を用いたことが明らかになるなら、日本は五輪開催を返上するべきである。


8月23日付ブログ記事

「国威発揚五輪とあべさまのNHKはどちらもいらない」

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-e19c.html

にも記述したが、

『人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会を奨励する』というオリンピック憲章の精神は、

戦争や独裁政治、国威発揚とは相いれないのであり、

オリンピック憲章第1章には、

「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない」

と明記されている。

安倍首相はリオ五輪の閉会式に登場し、民間業者との癒着の疑いがあるぶざまな見世物を演じたが、

五輪の政治利用以外の何者でもなかった。

NHKは五輪開催のメリットの第一番目に

「国威発揚」

を挙げたが、安倍首相と「あべさまのNHK」の不見識はあきれるばかりである。

秋の臨時国会ではオリンピック憲章の確認を含めて

これらの見識なき行動に対する責任が問われなければならない。

安倍政権は原発再稼働に突き進んでいるが、日本の主権者の過半数は原発再稼働に反対であると推察される。

鹿児島県の九州電力川内(せんだい)原発は九州の活火山に近く、

4月に熊本で発生した大地震の震源と推察される巨大断層帯である中央構造線が

川内原発直下を走っている疑いも強い。

熊本県益城町では1580ガルの地震動が観測されたが、

川内原発の耐震性能基準はこれよりはるかに低い。

鹿児島県知事に就任したの三反園訓氏は8月26日に、

九州電力の瓜生道明社長に川内原発の一時停止と再点検を求める要請書を直接手渡した。

前任の知事は川内原発再稼働を容認し、地震発生後も川内原発の稼働継続を放置したが、

ようやく適正な行動が示されたと言える。

他方、同じ中央構造線が直下に存在する疑いが濃厚の愛媛県所在の四国電力伊方原発の再稼働が

強行された。

伊方原発は狭隘な半島の付け根に位置し、事故が発生すれば原発より西側の半島居住者は逃げ道を失う。

原発事故が発生する局面では半島部からの脱出は極めて困難になることが予想される。

人権無視、人命無視の蛮行と言うほかない。

そして、福島の汚染水。

東京電力は8月22日に福島県を通過した台風9号による降雨の影響で、

福島第1原発構内の「K排水路」を流れる水から、

暫定の警報設定値(1リットル当たり1500ベクレル)を超す

2300ベクレルの放射性物質を検出したと発表した。

さらに、汚染水を遮断するとして350億円の国費が投入されて建設された「凍土壁」が

原発敷地内に流れ込む地下水を遮断する効果を持たないことが明らかにされた。

この福島原発を台風10号が直撃する可能性が浮上している。

自称「晴れ男」の安倍晋三氏を迎えたリオの五輪会場の天候は大雨だった。

「ウソは泥棒の始まり」

と言われるが

「ウソが政権転落の始まり」

になる様相が強まり始めている。


北海道新聞は8月20日付社説でフクシマ原発の凍土壁について次のように指摘している。

「凍土壁は、1〜4号機の周囲1・5キロにわたって地中に凍結管を打ち込み、

冷却材を循環させて土壌を凍らせる工法だ。

ところが、東京電力は18日の規制委の検討会で、

山側の一部が凍っていないため地下水の流入が続いていると報告した。

しかも、凍結による効果などの質問には明確に答えず、

委員から「はぐらかしている。失礼だ」と憤りの声すら出た。

一部の外部専門家が、凍土壁の遮水能力が高いとしてきた東京電力の説明が「破綻している」と

指摘したのもうなずける。

遮水の工法を巡っては、計画段階からさまざまな議論があったことを思い返したい。

凍土壁はトンネル工事などで用いられるが、長期間使われた例はない。

総延長1・5キロという規模の大きさも初めてだ。

廃炉に必要とされる30〜40年にわたる耐久性があるかどうかや、

凍結にかかる多額の電気代も問題視されてきた。

東京電力は、主に3カ所ある未凍結の場所への薬剤注入を進めているというが、

こうした対応で目標の100%凍結を達成し、その状態を維持できるのか。

本来、原発事故の責任は電力会社にあるが、早急な汚染水対策を目指す政府の意向で、

凍土壁の工事には国費約350億円が投じられた。

それなのに、事故の収束のめどどころか、汚染水問題も滞るようでは、避難者の不安解消は遠のくばかりだ。」


福島原発事故が発生した時点で存在した2011年3月11日時点において、

原子力事故が発生した場合の損害賠償について定めを置いていた唯一の法律は

「原子力損害賠償法」(原賠法)に以下の条文がある。
 
第二章 原子力損害賠償責任
 
(無過失責任、責任の集中等)
第三条  原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、
当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。
ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない。
(一部略)
 
第四条  前条の場合においては、同条の規定により損害を賠償する責めに任ずべき原子力事業者以外の者は、その損害を賠償する責めに任じない。

原賠法は、原子力事故が発生し、損害をもたらした場合、その損害を賠償する責めは、事故を発生させた当事者である原子力事業者が負うことを定めている。
 
この責任を負わせない場合があり得る、例外のケースとして、
 
「異常に巨大な天災地変」による場合、
 
「社会的動乱」による場合
 
が定められているが、東日本大震災は歴史上繰り返し発生してきた地震規模の範疇に入り、

「異常に巨大な天災地変」にはあたらない。
 

また、独立行政法人産業技術総合研究所は、2009年段階で、

過去の津波に関する綿密な調査結果を踏まえて、

とりわけ、福島原発の津波対策が不十分であることについて、

再三にわたり、警告を発していた事実も明らかになっている。

フクシマ事故は想定される地震による津波に対する対策を怠ったことによって発生した「人災」であり、

損害賠償責任は東京電力が負っている。

その損害賠償債務は東京電力の純資産をはるかに超えており、

東京電力は事業会社として実質破綻したのである。

したがって、東京電力は「破綻処理」して再生させることが当然の対応方法であった。


ところが、現実には東京電力の法的整理は行われず、株主は国民負担によって株主責任を回避した。

東電株主に対して、日本の主権者が、株価がゼロになることによって生じる損失を穴埋めしたのである。

日本の主権者が東電株主に資金を贈与したことになる。

こうした責任処理の不正がフクシマ事故につきまとう。

企業としての責任を問わず、必要資金を主権者=納税者に押し付ける。

フクシマ処理に巨大な国費が投入されるが、いわゆる「親方日の丸」で、

その処理は無責任=放漫の跳梁跋扈する荒れ地になるのである。


当初から効果が疑わしかった凍土壁に350億円もの国費が投入された。

この事業を請け負った民間事業者にとっては、まさに「原発事故特需」であり、

価格設定も不透明であるから、その資金がどのように不正利用されてしまうのか、疑う余地は計り知れない。

がれき処理を含めて、「震災復興」、「原発事故処理」の名目で国費が際限なく投入されているが、

これらがすべて「巨大利権」になっている現実を見落としてはならないのだ。


フクシマではいまも大量の汚染水が発生し続けている。

「汚染水の影響は福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」

という言葉は、明白な「ウソ」である。

台風10号の影響で、どのような事態が生じるのか。

東京電力、国、メディアは事実を包み隠さず、正確に主権者に知らせる責務を負っている。

フクシマ事故の収束もまったくできていない安倍政権が全国の原発再稼働を強行し、

ウソをついて五輪を招致するというのは、完全に正道を外れる、邪道、けものみちの対応である。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月28日 13:46:07 : y9j1mPUXps : Gte_GZVaDK8[1]
>オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国 家間の競争ではない

であるならば、表彰式での国旗掲揚、国歌吹奏は止めるべきだろう。

そして、選手のユニフォームに国旗をつけることを禁じるべきだ。

試合後、国旗を誇らしく掲げて走り回る選手は

市中引き回しの上、打ち首、獄門の刑に処さねばなるまい。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

2. 2016年8月28日 14:01:37 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[76]
「ウソをついて五輪を招致するというのは、完全に正道を外れる、邪道、けものみちの対応である。」

賛成です。「おもてなし」の基本は誠実さです。それが日本の心なのです。
バレなきゃウソついてもいいだろう。
騙されるのは、騙されるほうがバカだろう。
そういう安倍・山口政権は、日本の心が分かっていません。

今こそ真の日本の心を持った国家を建設しましょう。
それは、もちろんですがアメリカから独立した、独立国です。

植草氏、がんばってください。応援しております。


3. 2016年8月28日 14:10:29 : BBNRbWMApA : 1HIh4aeV04U[4]
メディアが全く報じない汚染水の海への流入。
この件については、主権者国民が各種メディアに対して公開質問状を突き付けるべきだ。
そこを、東京オリンピック開催と絡めて嘘つき安倍政権崩壊の端緒にすべきだ。

4. 佐助[3752] jbKPlQ 2016年8月28日 14:32:55 : rBHHvqtnDk : Hga6Z_yH0D8[3]
ドロボー詐欺国家の典型的なウソと利権にまみれた悪政
こんな政権過去に事例がない,1%の富と99%の不幸のためのデタラメの政権である。

「カネリ」の実験テストやっていないのではなかろうか。鹿島なら政治家や霞ヶ関と繋がっており,初めから利権がらみの実験でしょう,成功したらしめしめと狙っていたのだろう。

凍土壁の失敗は、「カネリ」だと思う。地中は土圧・水圧・水量・温度によって反応時間が遅れると効果が半減する。例えば,薬を飲みます,20℃の常温水なら反応が早く効き目があるが,低温や高温だと反応時間が遅くなるために,そのときに圧力などかかると破壊する。効き目がなくなるのです。

トンネル工事などで用いられる場合,岐阜の国道では薬剤注入は成功している,しかし大阪の東西線(福知山線)の地下では失敗し,地上の道路が陥没している。どちらも20℃の温度でも失敗し成功した。距離体積は小さく影響が少ないときでも成功率は50%でした。東西線は地下水が豊富で動的だったが岐阜の国道では静的状況だと感じている。

冷却水には真水ではなくてマグネシウム(Mg)が使われている。海水にはマグネシウムが含まれている。マグネシウムはリチウムと共にイオン化すると強い共鳴振動数によって容器やパイプを酸化または還元して、穴をあけたり、亀裂を発生させたり、腐食させる。

この原因の75%は原子が分子化される時に発生させる現象である。
そのためにイオン化されたマグネシウムやリチウムを共鳴共振する材料を使うべきでない。従ってすべての原発は、自動停止したにもかかわらず、穴をあけたり、亀裂を発生させたり、腐食すると炉心は水の中でも溶解します。

携帯電話のリチウム電池の、発火は,この分子レベルにおける共鳴共振の原理が原因です。B787のリチウム電池は応力が小さくなるように材料を厚くして設計して逃げているだけです。B787も疲労劣化すれば原発や携帯電話と同じ発火が発生する。


原発は沢山の陽子を核にもつ原子は、電子を激突させなくても自然崩壊し他の原子となる。ウラニウムは自然崩壊しセシウムとプルトニウムになる。電子を激突させると崩壊は加速され原子爆弾のように大量に殺傷破壊させる。だから、原発の燃料棒は濃縮されたままのウラニウムは使用されず、自然崩壊を遅延させるため混ぜ物にしている。だから、混ぜ物を結合させる水素が発生するため、水素爆発や高温の熱での蒸気爆発が避けられない。プルトニウム核が原発基地で爆発したと思えばよい。

日本の原発は定期点検で安全だと思わせてきた。こうして、放射能を含む水素や蒸気漏れが避けられない原発の設計の隠れて見えなかった危険性が、3・11 の地震と津波によって、露呈されバレたのである。

北朝鮮の核なしのミサイルで原発基地を攻撃されたら日本は終ることになる。米国のMRシステムでも妄想に過ぎない,やるとしたら対米従属主義も安保も捨て,日本の自衛隊基地とイージス艦に産業革命で開発したレーザ線を設置すればよい。

だが日本の既得権益側の抵抗とエサと蜃気楼化した経済指数に騙され,あぐらをかいた国民は寛容なので,改善されることはない。

おかしな事例がある
それは原発に猛烈反対している,小泉元総理と小出氏である。
片や総理大臣の在籍中に,原発止められたのではなかろうか?
小出氏なぜ在籍中に設計変更しなかったのだろう。この二人は不思議である。

特に小出氏は
ナゼもっと低い発熱量を放射する原子を燃料棒に採用しなかったのか?
そして共振共鳴振動の発生しない材料での設計変更しなかったのか,不思議な人。

権力と利権,既得権益,食べられないから困るから引退後にわいわいガヤガヤ言っているにスギナイあきれたものだ。こいつらは人間のくず


5. 2016年8月28日 17:46:40 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[915]
五輪問題は横に置いといて
本当に汚染水問題ってどうすれば解決するんだ?

6. 2016年8月28日 19:35:56 : Wnc6oSvgYA : @SAV2f9Nl3c[214]
嘘なんて 百も承知の IOC

7. 2016年8月28日 21:40:38 : wmpQp2uMBc : otG2NMtzfoE[486]
1980年モスクワ五輪西側諸国ボイコット以来の歴史的出来事に発展するのは確実。
開催国家に借金させ、支配層だけが儲ける基地外五輪ピックはもうやめにしよう。
各種プロスポーツや世界選手権が頻繁に開催されている現在では存在意義はない。
古典競技などをヤリタイなら、既存の設備や施設などを補修して今後はやるべき。
今回は現実的にはロンドン開催?今後はアテネで永遠に開催がもめなくていいか。

放射能汚染でほぼ永久的に苦しむ民族にとっては根本的にはどうでもいいこと。
早く中止又は開催地返上を申し出て、これ以上の出費や環境破壊をやめるべき。
米戦争屋機関CIA下部組織電通の最大の錬金術、東京五輪開催はどう見ても無理。
凍土壁も後手後手で真剣に専門家の意見を聞いて進めてきたようには見えない。
除染同様に利権ありきで進めてきた結果では?つつましく暮らしていた人の土地
だけでなく命や健康を奪ってまで進める官製テロビジネスをいつまで続けるのか?


8. 2016年8月29日 09:49:54 : PiRlkkMkRo : 1mTuB86zs6k[23]
今も使っている役立たずの詐欺凍土壁への電気代は、一日いくらですか?

9. 2016年8月29日 11:53:57 : aSA4Pqudn2 : QxQoR1nbz2w[11]
>>08
凍土壁に必要な電力は1万3千世帯分
一世帯あたり一ヶ月6000円程度なら一日約200円
これは一般住宅での計算で、工場等の産業契約ならだいたい150円?
一日150円x1万三千世帯=195万円
一日195万円x365日=7億1175万円

10. 唐行きさん[750] k4KNc4KrgrOC8Q 2016年8月29日 17:42:26 : oPZGM4HvVI : PqrVcYT13xI[29]

「台風10号」は、「神様」かも・・?

「どアホ」の「マリオ」を観て、たぶん「頭」に来たのだろう!

「急」に、「進路」を変えて、「福島」を「直撃」する!

何と「どアホ」は、「天皇」と「神様」を「敵」にした!

やはり・・、「こいつ」は「宇宙一」の「天災アホボン」であります!


11. 2016年8月30日 08:13:55 : 243PxYnnfM : nvd_9uuREE8[20]
それでも安倍を支持する人がいるんだよね
カルト信者と利権に関わる人が

洗脳と金で美しくない国へさらに深化!


12. 2016年8月31日 11:26:52 : Geaz7G4Kvw : nKf9d47TJ28[1]
放射能水の外洋垂れ流しの証拠は、「港湾内の水位が変わらない」なんて状況証拠を言ってるようではダメだ。

3本ある福1の防波堤はすべて海底から捨て石・巴形ブロック・テトラポットを積み上げ歩床面にコンクリート打設しただけの透過堤防(打ち寄せる波を堤体内外を行き来させることで消波する構造)という明白な物的証拠があるんだ。

このことについては、福1建設当時(1967年)の東電福島原子力建設所土木課長佐伯正治が土木建築技術第2巻10号に「福島原子力発電所土木工事の概要(1)、(2) 」として工事レポートを寄稿していて防波堤構造については同概要(2)で解説している。(http://cryptome.org/0004/daiichi-build-02.pdfの4)港湾取水方式の(b)堤防の形状)

その中で佐伯は防波堤構造図を用いて福1の防波堤は透過堤だと明確に言っているのさ。

こういうきっちりした物的証拠を突きつけて下痢ゾーをねじ上げなければダメだって言うんだ!
誰か、この物的証拠を植草氏や孫崎氏や山本太郎氏その他「放射能水は完全にブロック」の下痢ゾー大ウソやオリンピック招致の悪巧みを追及してる者に教えてやってくれ!!



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK211掲示板  
次へ