★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 226.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2036年にNHKという「放送局」は存在するのか インターネットを無視するテレビ局に未来はない(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/226.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 02 日 00:37:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

              NHK放送センター(出所:Wikipedia)


2036年にNHKという「放送局」は存在するのか インターネットを無視するテレビ局に未来はない
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47789
2016.9.2 池田 信夫 JBpress


 NHKは東京・渋谷にある放送センターの建て替え計画を発表した。それによると1700億円かけて今の放送センターを順次建て替え、2036年に新しい放送センターが完成するという。今の建物は最も古いものでは築50年以上たっており、耐震性などに疑問がある。

 これを更新する計画は以前からあり、今のセンターを売却して別の場所に新しく建てることが検討されていたが、適地が見つからず、今の建物を使いながら20年もかけて建て直すことになった。しかし2036年にNHKは存在するのだろうか?

■「テレビ」は20年後も存在するのか

 まず問題は、今の形の「テレビ」がいつまであるのかということだ。今の若者の部屋には、テレビはない。彼らの通信手段は圧倒的にスマートフォンで、1日中テレビを見るのは老人だ。この傾向が逆転することは考えられないので、2036年にはテレビ放送が存在しているかどうかが疑問だ。

 もちろん動画を見る「モニター」はなくならないだろう。しかし今でも日本以外の先進国では、テレビ番組はケーブルテレビやインターネットで見るのが普通で、放送局が特定の周波数を独占する制度はなくなりつつある。

 BBC(イギリス放送協会)は10年前からiPlayerというネット配信を始め、ヨーロッパ最大のネットメディアになった。BBCの「ライセンス料」は、テレビとネットを問わずBBCの視聴者すべてに支払いを義務づけ、「BBCはもはや放送局ではない」と宣言した。

 デジタル放送にするとき、BBCは放送設備と電波を通信会社に売却してデジタル化の費用をまかない、その設備をリースバックして使っている。テレビ局が占有している電波は通信にも共用でき、技術はメーカーが運用すればいいので、NHKが技術部門をもつ必要はない。メディアが多様化した時代に、NHKだけがテレビ・ラジオ合わせて7チャンネルも持っているのも多すぎる。

 したがってNHKの建て替え基本計画(http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20160830.pdf)に書かれている放送設備や電波は民間に売却し、NHKは「情報棟」のニュースセンターなどの業務に特化すればいい。NHKのインフラと電波なら1兆円以上で売れて、建て替えコストはゼロになるだろう。

 このようにコンテンツとインフラを水平分離し、娯楽番組も民間に売却して、NHKはニュースに特化すれば、職員も今の5分の1で十分だ。これはインターネットでは常識で、グーグルもフェイスブックもネットワークを所有してはいない。オープンなインターネットが、最大のユーザーに届けられるからだ。

■モバイル端末から受信料は取れない

 しかし今の受信料制度では、こういう改革はできない。それはすべての「受信機を設置した人」に受信契約を義務づけているので、ネット配信すると受信料が取れないからだ。

 携帯電話の「ワンセグ」の受信料をめぐる訴訟で、さいたま地裁は8月26日に「放送法の『設置』という言葉はテレビを念頭に置いており、携帯電話の所持は受信設備の設置にはあたらない」ので、受信契約の義務はないという判決を出した。

 NHKの受信料は「受信契約」を義務づけているだけで、その罰則もない。昔は特定の人に電波を止めることができなかったので、こういう変な制度にせざるをえなかったが、今はB-CASを使えば、受信料を払っていない人には見せない有料放送ができる。

 ところがNHKは、地上波にはB-CASを使わない。見た人からだけ受信料を取る仕組みにすると、NHKを見ていない人から料金を取れなくなるからだ。同じ理由で、ネット配信にも消極的だ。

 だがネット配信の流れは止まらない。NHKの番組も、いずれモバイル端末のネット配信が中心になるだろう。そのとき前時代的な受信料制度では、モバイル端末から受信料は取れなくなる。端末を問わないで、B-CASで視聴料を取るしかないのだ。

 これは別に新しい制度ではない。世界の有料放送はみんなCAS(制限つき視聴システム)で料金を取っており、日本でもWOWOWやスカパーはB-CASで料金を取っている。NHKもBSは事実上の有料放送だ。それを地上波にも適用するだけである。

■テレビ局の未来はインターネットにある

 民放も含めて、テレビという20世紀のビジネスモデルは終わった。アメリカでは、UHF帯の電波をテレビから通信に移すインセンティブ・オークションが進行中だ。これはテレビ局から電波をFCC(連邦通信委員会)が「逆オークション」で買い上げて通信会社に売却するものだ。

 その電波はモバイル端末に使われるが、テレビのコンテンツ配信もできる。携帯の基地局は全国にくまなくあるので、放送局が独自に中継局を建てる必要はない。今までは電波を独占していることがテレビ局の強みだったが、今はスマホでHDTV(高精細度テレビ)も配信できる。

 日本でも、アナログ放送の引っ越した「跡地」のVHF帯は60メガヘルツ空いたままなので、テレビ局はここに引っ越し、UHF帯をオークションで通信会社に売却すれば、180メガヘルツぐらい開放できる。

 ではテレビ局はなくなるのだろうか。そんな心配はない。地上波局のようなコストをかけた番組は、ネット配信ではできない。競争が激しくて、高い広告料が取れないからだ。よくも悪くも地上波の特権はインフラ独占によるもので、今からまねできない。

 テレビ局の競争優位は、このコンテンツ制作能力なのだ。それはネット時代にも生きる。特にNHKの場合、娯楽番組はつまらないが、報道は圧倒的に評価が高い。娯楽部門を売却してニュース専門チャンネルにすれば、CNNのように世界に配信することも可能だ。

 民放や新聞の質が高くないことから考えても、報道だけは公共放送でやる意味がある。その場合もインフラをもたないで24時間ニュースを有料放送すれば、超優良会社になるだろう。CNNに対抗して日本から情報発信できるのは、NHKしかない。

 実はこうした計画は島桂次会長の時代にあり、NHKの孫会社が24時間ニュースを世界に放送するGNN(グローバル・ニュース・ネットワーク)という構想を島は発表した。GNNの発信局として建てられたのが、今の千代田放送会館だ。島が失脚してすべて白紙になったが、今あらためて彼のプランを見直す価値はある。

 今回の建て替え計画は、20世紀の古いビジネスモデルを2036年まで延長しようというもので、オリンピックが終わったら行き詰まるだろう。2020年代以降のNHKのビジョンは、インターネットを知っている世代が立案すべきだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. クールクール・K[101] g06BW4OLg06BW4OLgUWCag 2016年9月02日 02:03:06 : 3eyVFVE6Qc : 4ITerbtfGWw[9]
NHKが生き残るカギは「ローカル」だと思うな。むしろ今だからこそ。

2. 佐助[3761] jbKPlQ 2016年9月02日 08:20:06 : rBHHvqtnDk : Hga6Z_yH0D8[12]
テレビは壁型,大型スクリーンは,ボケなしメガネなし焦点のない立体画像に遅れると,衰退する。しかも地上波デジタル放送はインターネットテレビとのデメリット、メリットを明確にしないとインターネット衛星テレビに敗北する。

自民党も末期的だが大マスコミ、NHK、民放テレビ、大新聞らも末期的です。4大マスコミ、新聞、雑誌、ラジオ、テレビの時代は終わりつつある。 新聞社も毎日新聞などを筆頭に数社が合併とか、倒産になるでしょうし、雑誌は廃刊など日常茶飯の時代です。

世の中はすでに、テレビ・新聞といったマスメディアが、かつてない事態に直面している。若者を中心としたテレビ離れ・新聞離れが懸念され、また景気の悪化により広告収入も減少、アメリカでは、経営難に陥るマスメディアが相次いでいる。

地上波デジタル放送はインターネットテレビとのデメリット、メリットを明確にしない。このことで新聞テレビは未曾有の地獄絵図を体験する。私は「マスメディアや国検察を信用しないのはいい傾向だ」と思った。今の市場ではインターネットテレビが普及する兆候なのかもしれないだろう。

マスメディアは特にNHK・読売・産経・日経など真実情報を伝えないで、歪めた情報を意図的に流すテレビ・新聞は粗大ゴミで、国民が逃げるのは当然だ。国民を騙す放送や報道を繰り返すテレビ・新聞は、退場あるのみだ。

国民にとって重要なことは報道せず、国民をだますための憶測・創作(捏造)報道を繰り返す横並び大手マスメディア(テレビ・ラジオ・新聞)。この事実を全国民が了解しなければ、日本の真の独立と経済発展はありえない。

日本では司法=裁判所は検察とグルである,国民の意思をもって検察・警察・最高裁の改革を政権にやらせねばならないし,でっちあげられた事件が多発しているので,検察マスメディア改革を緊急にやって貰わなければならない。

そこでインターネットテレビと『在庫・店舗・商品レス』の流通の将来を予測する。

【在庫・店舗・商品レス】のインターネット流通システムが王座を獲得する
2000年からやんわりと始まり2040年,インターネットの普及により『在庫・店舗・商品レス』の流通システムがあらゆる商品アイテムで王座を獲得するはずです。

日本型カタログ販売ブームは終わったが、インターネット販売ブームは継続する,なぜならインターネット販売ブームは「陳列レス」だけでなく「商品レス」「小売レス」の新しい流通システムとルールを誕生させていくからである。そして「在庫レス=産直オーダー」革命によって2040年には流通の王座を獲得する。従って2020年までに映画、音楽、出版を先頭に、あらゆる商品アイテムで在庫・店舗・商品レスの流通システムがスタートする、流れに乗りムダを省くと、メンデルの法則から売り上げと収益を3倍にすることが出来る。

しかし地上波デジタル放送はインターネットテレビとのデメリット、メリットを明確にしない。このことで新聞テレビは未曾有の地獄絵図を体験する。私は「マスメディアや国検察を信用しないのはいい傾向だ」と思った。すでに市場ではインターネットテレビが普及する兆候になっている。

2000年代から始まった店舗レスは2020年までにはあらゆる商品(映画・音楽・出版を先頭に)アイデムで在庫レス・商品レス・小売レス・店舗レス・の流通革命がスタートする。2040年代には在庫レス=産地直送オーダー革命によってその王座を不動のものとなる。

実績から有線と無線が40年周期で交互に訪れていることが分かる。現在の携帯無線通信時代から有線通信ケーブル(光)中心のIT電話が到来した。その次の時代は衛星通信時代で無線が来ることになる。

そしてテレビ離れ・新聞離れが加速するが,テレビや大型スクリーンは,ボケなしメガネなし焦点のない立体画像時代が到来する。


3. 2016年9月02日 09:19:51 : gB9qmIOpJs : Y6vdkO6_bhU[1]
 
はよ
 

4. 2016年9月02日 14:00:42 : MPcxhsBOyo : YoYEUY8OKEM[93]
>>2さんの投稿、しっかり読みました。

わたしの買い物も、今やアマゾン。

テレビは、38型から20型にsize down、内容の偏向がひどすぎるので、長々見る気にならず。

視聴料などは、とうの昔に契約解除。

新聞は、何年も前に、廃止。

私の生活は、貴殿の将来予測に沿ったものに、変わりつつあります。

電力会社も2年後発電、送電に分離されるが、これも原発東電からエネオス電気へ変更済み。

現政治に望むものは、国民firstです。(小沢氏支持)


5. 2016年9月02日 14:49:13 : ftC0gbSfow : 93hrMl6pYUs[5]
池田ノビ―の言うNHKの報道番組の質は高いというのは何時のことを言っているのだ?


6. 2016年9月02日 15:41:49 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[58]
多くの日本人は、テレビや新聞の情報を
常に正しいと信じ込んで鵜呑みしているから、
安倍将軍様の悪政がいつまでも続いているのでは?
その将来、そんなに日本人の体質が劇的に変わるとも思えない。

NHKがあの様な渋谷の一等地に存在しなければならない理由は何もない。
渋谷の土地を全部売り払って、たとえば、
アクアラインを使えば都心とそんなに離れていない千葉県の木更津に移れば、
1700億円なんかかかる訳がない。
むしろ逆におつりが出るくらいだ。


7. 2016年9月02日 19:57:06 : Wnc6oSvgYA : @SAV2f9Nl3c[295]
未来なき ゾンビは税を 喰って生き

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ