★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 357.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
相手の土俵に乗ったらおしまいだ! 
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/357.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 05 日 08:26:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

民進党代表選への立候補届け出後、そろって記者会見にのぞむ、手前から、蓮舫、前原誠司、玉木雄一郎の3氏=2日午後、東京・永田町の党本部、仙波理撮影 :朝日新聞


相手の土俵に乗ったらおしまいだ!
http://79516147.at.webry.info/201609/article_27.html
2016/09/05 00:12 半歩前へU


 物事は相手のペースにはまり込んだが最後、そこから抜け出せず、ズルズル深みに足を取られる。安倍晋三が意欲を示す改憲について、民進党の代表選に立候補した3人は議論に積極的に取り組む姿勢を示した。

 平和憲法のどこがいけないのか?この憲法のおかげで日本は戦争に巻き込まれず、71年間にわたって戦火と無縁に暮らすことが出来た。その憲法に手を突っ込み、かき回す手伝いをしようと言うのか?

 現民進党代表の岡田克也は、安倍政権下での改憲に反対してきた。その路線を転換しようというのか。憲法について「議論」することぐらいはいいだろう、などと考えていたら大間違いだ。

 「議論」などという「耳障りのいい言葉」に騙されてはならない。相手の土俵に乗った時点で、「外堀を埋められた」も同然で、気が付けば内堀、ついには本丸まで攻め込まれるのは時間の問題だ。

 私はもともと民進党が好きではなかった。所属する議員の多くが疑似自民党だからである。本心は「こんな腐った政党は解党した方がましだ」と常に思っている。

 健全野党は憲法擁護、原発再稼働反対、専守防衛、戦争反対を基軸にすべきだ。間違っても日本の宝、守護神である平和憲法に手を付けるなどもってのほかだ。

*************

 朝日新聞によると、日本記者クラブでの討論会で、蓮舫氏は国会の憲法審査会について「当然、審議にはのっていく」と表明した。

 前原氏も「安倍首相が審査会に来て、どういう点を変えたいと思っているのか堂々と述べるべきだ。合わせて各党の党首が党の考え方を述べる」と語った。

 玉木氏も「憲法審査会は条件が整えば積極的に議論を進めていくべきだ」と述べた。

続きはここをクリック
http://www.asahi.com/articles/ASJ9255L4J92UTFK012.html


民進代表選3氏、憲法改正議論に前向き 岡田路線転換へ
http://www.asahi.com/articles/ASJ9255L4J92UTFK012.html
2016年9月2日20時23分 朝日新聞

 2日告示された民進党代表選では、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正について、立候補した3人が議論に積極的に取り組む姿勢を示した。安倍政権下での改憲に反対としてきた岡田克也代表の路線は、誰が代表になっても転換することになりそうだ。

 日本記者クラブでの討論会で、蓮舫氏は国会の憲法審査会について「当然、審議にはのっていく」と表明した。前原氏も「安倍首相が審査会に来て、どういう点を変えたいと思っているのか堂々と述べるべきだ。合わせて各党の党首が党の考え方を述べる」と語った。玉木氏も「憲法審査会は条件が整えば積極的に議論を進めていくべきだ」と述べた。

 ただ、9条をめぐっては討論会前の共同記者会見で、言いぶりが分かれた。

 リベラル派で旧社会党出身の赤松広隆前衆院副議長のグループの支援を受ける蓮舫氏が「憲法9条は守りたい」と主張。玉木氏は「制約のないフルスペックの集団的自衛権、海外での自衛隊の武力行使を認めるような9条の改正には反対だ」と述べた。

 これに対し、保守派の長島昭久氏らの支援を受ける前原氏は「憲法が公布された後に自衛隊がつくられたが、自衛隊の位置づけがない。これについてはしっかり党内で議論すべきだ」と強調。9条に自衛隊の存在を明記する改正を議論する必要性を訴え、蓮舫氏や玉木氏との違いが際立った。

 9条以外では、蓮舫氏は「地方自治のあり方」、玉木氏が「憲法裁判所の必要性。衆院と参院の関係。地方自治など統治機構のあり方」などの論点を列挙。玉木氏は民主党の2005年の「憲法提言」を挙げ、「ああいったものを民進党でも1年ぐらいのめどでまとめるべきだ」とも述べた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月05日 11:52:51 : prNduNeLmY : zp9NlbfkbRw[1]
民進党代表選 民共共闘・補選対応も差 福岡で演説
産経新聞 9月5日(月)7時55分配信

 民進党の岡田克也代表が進めてきた共産党との共闘路線の継続か見直しか−。その行方を占うのが、衆院福岡6区と東京10区の両補欠選挙(10月23日投開票)の対応となる。民進党代表選に立候補した蓮舫代表代行、前原誠司元外相、玉木雄一郎国対副委員長の3候補は4日、福岡6区の中心都市・久留米市で街頭演説などを行った。代表選の勢いを議席奪取につなげたい考えだが、共闘路線をめぐる温度差がみられた。

 「新代表は(補選に)勝つための全ての知恵を総動員すべきだ」

 蓮舫氏は久留米市で開かれた共同記者会見で、補選での民共共闘について、こう強調した。「民進党が選挙の争点の軸を一番早く掲げ、各野党がどう判断するかは口を出さない」とも述べ、共産党が自主的に民進党候補を支援することは拒まない考えを示唆した。玉木氏も「より大きな敵に向かっていく際、一致点をできるだけ見つけていくことも大切だ」と述べ、歩調を合わせた。一方、消極的なのが前原氏だ。会見で「野党共闘ありきという岡田路線はリセットすべきだ」と持論を述べた上で「われわれの理念、政策に共鳴していただけるかが判断基準だ」と強調した。前原氏は4日のNHK番組でも天皇制や自衛隊など4項目で基本理念が一致しない限りは共闘を控える考えを示した。

 福岡県は衆院全11選挙区で自民党が議席を独占している保守王国。特に6区は平成26年の前回衆院選で、旧民主党が死去した鳩山邦夫元総務相への対抗馬すら立てられなかった地域だ。ただ、補選では鳩山氏の次男で福岡県大川市長の二郎氏と、自民党の蔵内勇夫福岡県連会長の長男、謙氏の2人が自民党に公認を申請し、保守系が分裂。民進党は在チェンナイ日本総領事館元職員の新井富美子氏を公認し保守分裂の間隙(かんげき)を突こうとしている。そのため、共産党の組織票に期待する向きもある。共産党は党筑後地区委員長の小林解子氏を公認しているが、小池晃書記局長は8月29日の記者会見で「ぜひ野党協力という形で取り組みたい」と述べ、候補取り下げも示唆している。

 蓮舫氏ら3候補は4日、東京10区補選の公認候補、鈴木庸介氏の事務所開きにもそろい踏みし、新代表の初陣となる2補選の必勝を誓った。新代表が補選でどう対応するのか注目される。(清宮真一)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00000042-san-pol


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ