★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 631.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
天皇が生前退位したら公務は? 続けるかもしれない公務、引き継ぐ公務〈AERA〉
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/631.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 11 日 16:40:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                全国豊かな海づくり大会も、毎年天皇が出席 (c)朝日新聞社
 

天皇が生前退位したら公務は? 続けるかもしれない公務、引き継ぐ公務〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00000207-sasahi-soci&pos=5
AERA 2016年9月12日号


 逝去を待たずに天皇が退位し、皇太子が新天皇になる──。シンプルなことのようだが、近代日本では直面したことのない事態。退位後は、公務を一切やめてしまうのだろうか? 専門家に疑問をぶつけた。

 憲法が定める天皇の「仕事」は、「内閣の助言と承認」のもとで行う内閣総理大臣の任命や、国会の召集などの国事行為だが、実際には天皇はほかにも、公的行為などさまざまな公務を行っている。

 静岡福祉大学の小田部雄次教授(日本近現代史)は言う。

「公的行為については、実際には厳密なルールはなく、まず天皇が行うべきことが決まったのち、他のどの皇族がどの公務を行うかを慣例に準じて宮内庁内で調整し、決めることになるでしょう。国民体育大会の開会式や、終戦記念日の全国戦没者追悼式への出席、災害慰問などが、天皇が率先して行うことになるだろう公的行為です」

 退位後の現天皇は一部の公務を続けるのではないか、というのが小田部教授の見方だ。

「天皇、皇后がこれまで熱心に取り組んできた『全国豊かな海づくり大会』『ハンセン病療養所慰問』『慰霊の旅』などは、退位後もご体調の許す限り行われるのではないか。一方、象徴天皇として思いを込めて臨んできたであろう『慰霊の旅』については、自身も続けつつ、次世代に継承してほしい思いがおありではないか」

 東京大学の三谷太一郎名誉教授(日本政治外交史)は、退位後は「きっぱり身を引かれるのでは」と考える。

「陛下は曖昧なことをなさらず、けじめをつける方だという印象があります」

 退位後は一切の公務から退き、象徴天皇がどういった公務を行っていくかを含め、全面的に次世代に委ねられるのでは、と。

「住まい」についても、公務を行うなら東京のほうが便利だと指摘する小田部教授はさらに言う。

「公務をあまり行わないなら、大正天皇が病気になった折に日光や沼津の御用邸を使ったように、季節に応じて那須御用邸や葉山御用邸に住むかもしれない」

 23年にわたり宮内庁に勤務し、現在はBSジャパン「皇室の窓」の監修などを務める山下晋司氏は、機能から分析する。御所も東宮御所も規模と部屋数は異なるが、私的な居住空間と公務を行える公的スペースを一体化している。退位後の天皇は、国事行為がなくなり公務も少なくなるが、即位する新天皇の仕事量は皇太子時代に比べて増える。

「皇室の本拠は皇居にあるべきですから、皇太子殿下が即位すれば皇居に移るのが自然。東宮御所が空きますが、皇太子殿下の公務を秋篠宮殿下が引き継ぎ、公務が増えるだろうことも予想されます。秋篠宮殿下が皇太子あるいは皇太弟になるかどうかについては法改正も必要なので現段階では何も言えませんが、増える公務とサポートに必要な人員から考えて、秋篠宮邸は確実に手狭になるのではないでしょうか」

 退位後、現天皇が公務を控えるなら、現皇太子家が御所、秋篠宮家が東宮御所、現天皇が秋篠宮邸、という選択も合理的だという。

「吹上大宮御所は老朽化が進み、使うには建て替えに近い改修が必要でしょう。皇居内にこぢんまりした住居を新築する可能性もあるかもしれません」(山下氏)

(アエラ編集部)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ