★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 667.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
追悼・加藤紘一元自民党幹事長との思い出−(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/667.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 12 日 13:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

追悼・加藤紘一元自民党幹事長との思い出−(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp3k6m
11th Sep 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


フーテンが政治家加藤紘一を取材した最初は36年前の1980年である。

大平内閣の官房副長官だった加藤氏を政治部記者としてではなく春闘を担当する社会部記者として取材した。

春闘は総資本対総労働の闘いと思われているが、全体像を指揮統括するのは官邸にいる官房副長官である。

ストライキを打たせるかストなしで終わらせるかはすぐれて政治的であり、そのさじ加減は官邸に委ねられる。

当時フーテンは昼間は労働組合を、夜には経営者宅を回り、

さらに深夜になると議員宿舎に加藤官房副長官を訪ねて話を聞いた。

その年の春闘はそれまでの労働運動の常識を覆した。それまで労働側は国鉄と私鉄の労組が共闘し、

全国的な交通ゼネストを構えて賃上げを迫る戦術だった。

ところがこの年は私鉄が始発だけでストライキをやめ、国鉄は午後までストライキを打つことになる。

それが後に「総評」の解体と「連合」の結成につながるのである。

ある晩加藤官房副長官が「国鉄と私鉄が異なる対応をしたら何が起こるかな?」とフーテンに聞いてきた。

それがヒントとなり、新聞とテレビ各社が「交通ゼネスト必至」と報道する中で、

TBSだけは「スト中止の可能性」を報道し続けた。

そして当日の早朝に私鉄はスト中止を決め、「スト突入」の見出しを掲げた新聞は恥をかいた。

当選2回で官房副長官に就任した加藤氏が大平派(宏池会)の輝けるホープであることは誰の目にも明らかで、

当時から将来は総理になる人だと思っていた。

その加藤氏はフーテンがアメリカの政治専門局C−SPANと提携し、

日本に「国会TV」を作ろうとすることに強い関心を示した。

1990年にワシントンからC−SPAN社長などを招いて開いたシンポジウムを、

後藤田正晴氏とともに最前列で聞いてもらい賛意を表して頂いたが、

しかし「国会TV」を立ち上げるには「電波利権」を巡る複雑かつ壮絶な既得権益との闘いがあり、

スタートまでには8年の月日を要した。

その間に宮沢政権が誕生し加藤氏は官房長官となる。

すると92年の通常国会で宮沢総理がマネーゲームに踊るアメリカ経済を批判したことが

「アメリカ人は怠け者と発言した」と報道され、アメリカ議会を激怒させる事件が起こる。

「怠け者が戦争に勝てるのか」、「日本は戦争に負けたことを忘れている」、

「もう一度原爆を落としてわからせろ」などアメリカ議会では過激な発言が相次いだ。

背景には経済でアメリカを上回る勢いの日本に対する妬みがある。

フーテンは宮沢総理の真意をC−SPANを通して全米に放送したらどうかと提案したが、

外務省やNHKの反対で実現しない。そこで衛星ビジネスに進出しようとする伊藤忠商事と組み、

全米1000局と日本の80局のケーブルテレビを衛星で結び、

視聴者が電話で参加する双方向の討論番組を企画し、加藤官房長官に出演してもらった。

加藤氏は自身のハーバード大学留学中の思い出を語りながら、

アメリカ民主主義の素晴らしさを訴え宮沢政権に対する怒りを和らげようとしたが、

電話で意見を述べるアメリカの視聴者はこちらが拍子抜けするほど冷静だった。

「騒いでいるのはメディアと政治家だけ。

メディアと政治家の発言を信ずるのは危険」とアメリカの視聴者から言われ、

加藤氏もフーテンもアメリカ民主主義の奥深さを改めて感じさせられた。

93年の宮沢内閣不信任案可決によって自民党は分裂、

日本の政治は政権交代可能な政治体制を求めて波乱万丈の時代に突入する。

それも「国会TV」の実現にはマイナスに作用した。

CSでようやく放送を開始できたのは97年末である。

しかしアメリカと日本の放送の仕組みには違いが多く、C−SPANを真似た「国会TV」は経営的に難しかった。

その頃、自民党幹事長となった加藤氏に呼ばれ「国会TV」の状況を聞かれた。

加藤幹事長は「日本政治に必要なメディアだ」と言い自民党として支える考えを表明されたが、

間もなく橋本政権の幕引きとともに幹事長を森喜朗氏と交代する。

ところが森幹事長は加藤氏とは対照的であった。

一時期、「国会TV」を経団連と連合が共同で出資し、フーテンが中心となって運営する構想があった。

与党と野党に政治献金をしてきた経団連と連合が献金をやめ、

国民に政治情報を公開する仕事に金を回そうとする考えである。

「国会TV」の費用など政治献金に比べれば微々たるものだが、

森幹事長は「いずれ経団連の政治献金を復活させる」と言い、

それには「国会TV」が邪魔になるという姿勢だった。

その森氏より先に総理になると思われていた加藤氏は、しかし森氏に先を越された。

2000年4月、自民党内の「密室の協議」で

小渕政権に対立した加藤氏より小渕政権を支えた森氏に総理の椅子が与えられる。

しかし「密室の協議」から生まれた森政権は初めから終わりまで国民に不人気であった。

11月9日、森政権に対する加藤氏の不満が「加藤の乱」となって爆発する。

森内閣不信任案に加藤氏が賛成するのかどうかが注目された11月20日の衆議院本会議、

「国会TV」はその模様を生中継していた。他のテレビは全く放送していない。

すると夜の8時過ぎ、松波健四郎衆議院議員が演壇から議場の議員にコップの水をかけて

審議が中断された。審議再開がいつになるかが分からず、放送の再開も未定となる。

その時、湾岸戦争で多国籍軍がバクダッド空爆を始めた時に、

C−SPANが徹夜で視聴者による電話討論番組を放送したことを思い出した。

私がスタジオにいてカメラは私だけを映す。

その私が視聴者に加藤氏の行動に対する賛否を電話してくるよう呼びかけ視聴者同士の討論を始める。

日本でそんな放送が成り立つかどうかわからないがやってみた。

放送を見ている人がいるかどうかもこちらは分からない。

しかし呼びかけて1分が経った頃電話がかかってきた。

加藤氏の行動を支持する電話だった。すると次から次へと電話がかかってくる。

「反逆するなら離党してからやるべき」、「私は山形出身だけど誇りを感ずる」など電話はとまらなくなった。

そのうち「みなさん年齢を教えてください」と提案がある。

20歳未満の若者から老人までみんなが溜まっていた政治に対する思いを電話で番組にぶつけてくる。

加藤氏の行動に賛成する者も反対する者も相手の誹謗や侮蔑の発言はない。

次第に電話をしてくる者同士の連帯感のようなものが湧いてきた。

こうして午前2時まで電話討論は続けられた。

「加藤の乱」の失敗で加藤氏の政治力は失墜した。

フーテンは加藤氏に「平時のエリート」を感じていた。

戦うなら自民党を割って出てもやる覚悟がなければ戦いにならない。

乱世には向かないひ弱さと甘さが加藤氏にはあった。

しかしだからと言って加藤氏が政治家として無能というわけではない。

世が世であれば立派に総理を務められたと思う。

加藤紘一元自民党幹事長の訃報に接し、一日中さまざまな思い出が甦ってきて終わらない。

ここに書いたのはそのほんの一部である。合掌。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月12日 18:26:51 : dw9pkaSuMI : SPaA3N603qE[1]
加藤紘一氏死去 リベラル、強烈な自負心 「自民の先々心配」
産経新聞 9月11日(日)7時55分配信

 訃報に接し、平成13年2月、山形県鶴岡市の地元事務所を訪ねた際、揮毫(きごう)してもらった色紙を自宅の机から引っ張り出した。

 「真実一路」

 昭和47年に33歳で初当選して以降、「宏池会のプリンス」として官房長官や自民党幹事長などを務め、あと少しで頂上に手が届くところで足元の加藤派を固めきれず、あえなく挫折した「加藤の乱」から約3カ月後のことだった。

 こうと信じるところが「真実」であり、貫き通していこうという覚悟のほどがうかがえる。一敗地にまみれ、たどり着いた心境ではなかったか。

 その政治手法をめぐり、快く思わない勢力からは「怜悧(れいり)」「冷淡」「自分勝手」「優柔不断」などと批判された。ただ、東北人にありがちな「照れ」や「つつましさ」という性格の裏返しという面もあった。

 一方で、自民党を牛耳っていた旧経世会(竹下派)に対抗しようと、小泉純一郎元首相、山崎拓元自民党副総裁と結成した「YKKトリオ」で指導的な役割を果たすなど、現状に小細工なしで風穴をあけようとする強さも併せ持っていた。

 政治理念としていたリベラルについては、その重鎮としての強烈な自負心を持ち続けていた。振り返るに、加藤氏のリベラルとは「他人に対する思いやり」ではなかったか。

 数年前、都内で食事をともにする機会があった。体調を崩しており、数センチの段差につまずいて私の左肩に弱々しくもたれかかった。不意に政治向きの話題になったとき、こんな不満を漏らした。

 「自民党には信念を持った『リベラル』派がいなくなった。先々が心配だ」

 矜持(きょうじ)は最後まで揺らがなかった。(松本浩史)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000064-san-pol


2. 2016年9月12日 19:00:56 : ko7D6voqkE : MqUbGQI7@3Y[44]
「追悼・加藤紘一元自民党幹事長との思い出」には、肝心の事が書いてない。

「超売国奴の加藤紘一が死去」なる記事があるが、確かにその通りである。
加藤紘一の「金正日は天皇陛下みたい」に同意する日本人は殆ど居ないだろう。
このような人物が首相になっていたらと思うとぞっとする。

超売国奴の加藤紘一が死去・「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった」・「金正日は天皇陛下みたい」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6361.html
加藤紘一
「中国人民抗日戦争記念館に来るのが長年の願望だった!」
「靖国神社がA級戦犯の位牌を合祀!戦争責任の問題。参拝は条約無視!」
「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった!」
「金正日総書記は、天皇陛下みたいな立場の人だ!」
「日本も核武装するようなことは絶対に言ってはならない!」
「憲法改正を争点にすると選挙に負ける!」

加藤紘一
「中国人民抗日戦争記念館に来るのが長年の願望だった!」
「靖国神社がA級戦犯の位牌を合祀!戦争責任の問題。参拝は条約無視!」
「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった!」
「金正日総書記は、天皇陛下みたいな立場の人だ!」
「日本も核武装するようなことは絶対に言ってはならない!」
「憲法改正を争点にすると選挙に負ける!」


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ