★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 691.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
都政の闇をえぐり出し始めた小池知事 専門家会議の報告はなぜ無視されたのか?情報の徹底公開を(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/691.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 13 日 00:27:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                 築地中央卸売市場での冷凍マグロのセリの様子(資料写真、出所:Wikipedia)


都政の闇をえぐり出し始めた小池知事 専門家会議の報告はなぜ無視されたのか?情報の徹底公開を
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47871
2016.9.13 筆坂 秀世 JBpress


 もう半世紀も前のことだが、東京都庁が“伏魔殿”と呼ばれたことがあった。いまもその状況は変わっていないのだろうか。オリンピック、パラリンピックの招致をめぐるゴタゴタや知事の豪華海外出張、豊洲新市場をめぐる迷走、そこに「ドン」と呼ばれる都議までが登場する、この光景を見ているとそう思わざるを得ない。

■石原元知事の暴言は小池改革が怖かったから?

 小池百合子知事が選挙に立候補した際、自公が推す増田寛也候補の応援に駆け付けた石原慎太郎元知事は、「大年増の厚化粧がいるんだな、これが。これはね、困ったもんでね」「そこに私の息子もいて苦労してるけど、都連の会合に1回も出てこずにね、『都連はブラックボックスだ』なんて聞いたようなこと言っちゃいけないんだよ」「とにかく岩手県で行政手腕を発揮した増田さんに任せないとね、やっぱり厚化粧の女に任せるわけにはいかないね、これは」などと暴言を吐いた。

 結果は、増田候補の応援どころか、妨害になっただけで、石原氏のみじめな老害ぶりをさらけ出しただけであった。

 そもそも「都議会のドン」なる人物の横暴を許してきたのは、石原氏であった。偉そうなことを言うが、ドンには、指一本触れることもできなかったということだ。桝添前知事の豪華海外出張が批判にさらされ、いま小池知事の下でこの究明がなされつつあるが、舛添氏に勝るとも劣らない海外出張を行ってきたのが石原元知事である。分かっているだけでも15回の海外出張に2億5000万円も使っていた。その他にも、湯水のように交際費を使っていた。

 都庁の役人も、舛添氏も、この石原氏の前例に倣っただけだったとも言える。小池知事には、石原都政時代まで遡って、妥当な海外出張であったのか、妥当な交際費の使い方であったのか、調査してもらいたいものだ。

 石原氏が作った新銀行東京も約1400億円もの都民の血税を注ぎ込んだが、大失敗に終わった。そして豊洲新市場である。豊洲への移転を決めたのは、石原都知事時代である。これこそが、今日の迷走の出発点であった。石原氏には小池氏を汚い低劣な言葉で批判する資格などない。

■論外と言うしかない盛土の嘘

 それにしても東京都庁というのは、どうなっているのか。なぜ豊洲新市場が生鮮食料品を扱っても大丈夫なのか、その大前提となっていたのが4.5メートルの盛り土であり、その上の分厚いコンクリート床であったはずだ。しかし、その盛り土は行われておらず、床下は空洞になっていた。

 2008年7月28日に提出された「豊洲新市場予定地における土壌汚染対策等に関する専門家会議の報告書」は、「食の安心・安全という観点を考慮し、揮発ガス成分(ベンゼン、シアン化合物)が隙間や亀裂から建物内に侵入することによる生鮮食料品への影響を防止する観点から、さらに上乗せ的な安全策が行われること」が必要である、と指摘し、「(1)旧土壌面から2メートルまでの土壌を掘削し、入れ換え。(2)さらに上部に2.5メートルの盛り土」がなされ、「厚さ25〜40センチのコンクリート床または厚さ30〜40センチのアスファルトで覆われる計画である」としていた。

 そのうえで、「盛り土がきちんとなされていれば、地下水から揮発したベンゼンおよびシアン化合物を含む地上空気が人の健康や生鮮食料品に影響を及ぼす可能性は極めて低い」としていた。要するに、「上乗せ的な安全策」が必要不可欠だと指摘していたのである。

 この専門家会議の報告をまったく無視して「大丈夫だ」と言っても、なんの説得力もないことは明白である。仮に盛り土よりも空洞の方が設計として適していると言うのであれば、なぜ建物の建築前に堂々と「盛り土は必要ない」と説明し、公にしなかったのか。そのことを隠し、盛土したかのように嘘までつくというのは、後ろめたさがあったからであろう。

 それにしても悪質すぎる。小池知事は、職員を「粛正」すると述べたが、当然のことである。責任をあいまいにせず、関わった人間の厳しい処分を行うべきである。

■なぜこんな危険な土地を都は購入したのか

 私がよく分からないのは、なぜ東京都がこんな危険な土地を購入したのかということだ。東京ガスの大規模なガス製造工場があった場所の土壌が汚染されていることは、専門家なら誰でも容易に分かるはずである。

 この土地は、豊洲新市場を建設するため、東京ガスから都が559億円で購入している。同時に、土壌汚染対策が必要なことから、その費用の一部78億円を東京ガスが負担するという契約であった。だが土壌汚染対策費は、当初は670億円程度とされていたが、1300億円程度に膨らむと予想されている。

 こんな危険な土地を559億円もの高額で売却できた東京ガスは、ウハウハであったろう。しかも土壌汚染対策費は、わずか78億円で済んだのである。東京都の誰が、こんな決断をしたのか。当時の都知事なのか。

 こんな用地に生鮮食料品を扱う市場を作ろうということ自体が、無謀な計画であった。それにもかかわらず強引に豊洲移転を決めたのは、築地市場を閉鎖し、オリンピック用の道路を通すためである。まさに本末転倒である。

■小池氏の最大の武器は情報公開

 東京都民は、小池氏を知事に選んで本当に良かった。これまではどの自治体と比べても情報公開が不十分だと言われてきたのが、東京都であった。小池知事が“のり弁”と揶揄したように、恥ずかしげもなく大事な部分を隠した資料しか公表してこなかった。

 不正や利権化を防ぐもっとも適切な措置は、情報の徹底公開である。いくら巨大であるとは言っても、東京都は地方自治体である。外交や防衛という任務は持っていない。外交や安全保障には、機密も必要となる。なんでもかんでも公開するというわけにはいかない。だが東京都は違う。機密しなければならないような情報は、ほとんどないはずである。

 小池氏になって、この点が大きく変わろうとしている。後ろ盾となる政党が存在しないなかで、小池氏の最大の武器は情報公開であり、都民注視の中で物事を進めていくことであろう。

 その際、各党都議などからの口利きについても、各部局できちんと記録に残し、その情報公開も行う必要がある。都議会議員であれ、国会議員であれ、口利きなどによって利権を獲得するなどということは、あってはならないことだ。

 東京都では、かつて多くの都議会議員や都庁の幹部が逮捕されたことがあった。いまも都政の利権化が続いているようである。石原、猪瀬、舛添の3代の知事時代には、こうした改革には、まったく手が付けられなかった。猪瀬氏は、ここに手を付けようとしていたが、その矢先に辞任に追い込まれてしまった。この点も、小池氏への期待は大きい。

■小池氏の判断基準は「食の安全」

 豊洲新市場への移転問題も、待機児童問題も、オリンピックの巨額費用や会場建設を巡るさまざまな疑惑も、すべて前の知事が作った負の遺産である。その意味では、小池氏が責任を負うべきものは何もない。もちろん、だからと言って責任を持たなくともよいという意味ではない。ただこの負の遺産を作り、関わってきた人間の責任は厳しく追及しなければならない。

 豊洲新市場には、すでに5000億円という巨費が投じられている。それだけに、“進むも地獄 引くも地獄”という側面がある。中止にしても、移転にゴーサインを出しても、批判の声は避けがたい情勢だ。

 小池氏は、何よりも「食の安全」ということを基準に判断すると述べているが、それがやはり要になると思う。小池氏が「都民ファースト」を貫く限り、毀誉褒貶はあったとしても、都民の多数は支持するであろう。

 週に3日ほどしか登庁しなかった石原氏と違い、小池氏は就任以来、猛烈な働きぶりである。それだけでも頭が下がる。言わずもがなだが、頑張ってもらいたい。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月13日 00:50:55 : 3SIPzBjDf2 : rusY92VWBuI[1]
石原慎太郎閣下、説明責任
厚化粧ババアとかホントのこと公言したら、大変なことになった

2. 2016年9月13日 09:39:31 : 7P3Z42Fg1u : FJtkI4tEzvA[1]
>石原、猪瀬、舛添の3代の知事時代には、こうした改革には、まったく手が付けられなかった。猪瀬氏は、ここに手を付けようとしていたが、その矢先に辞任に追い込まれてしまった。この点も、小池氏への期待は大きい。

===================================

辞任に追い込まれてしまったという表現はまるで猪瀬が嵌められたとでも言いたげだが、猪瀬が釈明した徳州会ら借りていただけだとしても例の5千万円の札束がバッグに入る入らないのやりとりから見て取れる猪瀬の大ポカを、不可解にも辞任に追い込まれたと庇うのは筋が違いやしないか?

猪瀬にも言い分はあるだろうが、石原時代に動きだし建設にGoサインを出したのも石原で猪瀬は副知事の要職にあり、石原が退いて後に就いた猪瀬も基本的に豊洲移転に異論を挟まず、建設中に数々の問題が見つかって建設が一時延期となっても建設自体の中止については一言も言及していない。

つまり猪瀬は石原の路線をただ踏襲しただけで、今起きている問題では建設計画に大いにかかわった石原と猪瀬の責任については一言も言及されていない。
小池百合子は叩けば埃どころか、いろいろなモノが落ちてくると言われるほどの人物。
攻撃は最大の防御でマスコミ都民が小池のやることなすことを正義だと味方についてくれているうちは、前任の都知事たちの大ポカの負の遺産にメスを入れることで自分を守れるわけだ。

小池にとってはひとつの賭けで、今のところは小池の圧倒的な攻勢に都議会都庁はなす術もなく火の粉が降ってこないようダンマリを決め込んでいるが、小池が決定的な決断を示さなくてはならない事態で反転攻勢に出ることは目に見えている。
豊洲移転もオリンピックもいずれかを中止したところで「虻蜂取らず」にしかならないことを誰もがわかっているからだ。
後は移転するだけまでに建設が進んでしまっており、オリンピックの引継ぎにもエビス顔で出席した小池にその決断ができるのか?

誰もがわかっていて、それでも決断しなくては都民が納得しないと言うなら小池は自民党員籍を抜いて、退路を断って一連の問題に手を入れるべきだった。
本籍自民党のままの都知事のパフォーマンスに易々と騙される都民については、マスコミの後押しもあるにせよ、度し難い愚民たちと言うほかないだろう。



3. 2016年9月14日 16:52:52 : MPcxhsBOyo : YoYEUY8OKEM[114]
人は、無くて七癖。

最低誰でも、七つの負い目はある。

しかし、小池知事は、七癖をはるかにしのいで、今や歴史に残る名知事。

都のことは、一年程度で片づけて、首相に交代せよ。

国民firstの国政を、100兆に大きく膨らんだ国の予算を、精査願いたい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ