★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 762.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小池ファミリー 1日で消えた「3億円融資計画」の不可解(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/762.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 14 日 13:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

    


小池ファミリー 1日で消えた「3億円融資計画」の不可解
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/189757
2016年9月14日 日刊ゲンダイ


   
    都庁の1階にはみずほの支店もある(C)日刊ゲンダイ


「所有不動産につき、事実に反する報道を行った場合、名誉毀損、プライバシー侵害、風評被害による客室損害について、法的措置を検討せざるを得ない」──。後述するA氏は代理人弁護士を通じて、そう警告してきた。日刊ゲンダイは掴んだ「事実」をありのままに伝えることにする。

 小池都知事が“エコハウス”と自慢する都内の自宅に、極度額3億3000万円の「根抵当権」が設定されたのは8月1日のこと。都知事選の投開票の結果、小池氏が300万近い得票を集め、大勝した翌日だった。

 炎天下の選挙戦でメディアの関心を集めたのは、小池氏の選挙資金の捻出方法だ。自民党の意向を無視した強行出馬で支援が期待できない中、“百合子グリーン”に染め上げた選挙活動費をどう用意したのか。スポンサーが存在すれば、その意向が今後の都政を左右しかねない。熱戦を制した翌日、3億円以上の根抵当権が小池邸に設定されたのはなぜなのか。

 登記簿によると、債務者は小池氏の同居人であるA氏で、根抵当権を設定したのは、みずほ銀行の綾瀬支店。自宅の建物は小池氏が5分の4、残りをA氏、土地は半分ずつの共有名義だ。もちろん、小池氏の持ち分も根抵当権の担保に入る。

 A氏について、小池氏は知事就任直後の会見で「母方のいとこ」と説明。長年、自身の政治団体の会計責任者、つまり“金庫番”を任せてきたほか、防衛相時代は大臣秘書官に任命している。

 根抵当権の共同担保目録には、群馬県内の築2年の8階建てマンション1棟と、都心部のマンション2室が列挙してある。いずれもA氏名義の物件だ。

 群馬のマンションを訪れると、県内の主要駅から徒歩5分と恵まれた立地環境。首都圏から離れているとはいえ、魅力的な物件を1棟まるごと手に入れるとは、A氏もなかなかのやり手だ。土地・建物にはA氏が債務者となり、群馬銀行から債権額4億1500万円の「抵当権」を設定されている。恐らく人生最大の買い物なのだろう。

 ところが、だ。小池ファミリーはエコハウスに設定された根抵当権の「抹消」手続きを法務局に申請し、8月18日付で受理された。登記簿によると、原因は〈8月1日解除〉。つまり、たった1日の間に、いったん自宅などに設定された3億円超の根抵当権が即座に解除される。そんな慌ただしい取引が行われたことを意味する。

 根抵当権を設定したみずほ銀行は東京都の「指定金融機関」として、地方税の収納や公共事業の受注業者への支払い事務などを一手に預かっている。その地位は前身の富士銀はおろか、戦前の安田銀行時代から揺るがない。そのため、3年前にみずほグループの暴力団融資が問題となった際は、都が指定金融機関の「見直しを検討」しただけでニュースになった。

 小池氏が都のトップの座を手中に収めた翌日に、1日で消えた3億円。何か特別な事情があったのか。A氏の代理人は文書で回答した。

「みずほ銀行からの融資は一切実行されていません。(群馬の)マンションにかかる群馬銀行からの借入につき、みずほ銀行への『借り換え』を企図し根抵当権設定手続きを行ったところ、群馬銀行より、利率・担保などの条件においてより有利な借り換えの提案を頂いた。そこで、当該提案を採用し、従前の借入先であった群馬銀行において借り換えを行った。みずほ銀行からの借り換えを取りやめたことと、小池氏とは一切関係がありません」

 みずほ銀行は「個別の取引につきましては、回答を差し控えさせていただきます」(広報室)とした。















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月14日 14:21:46 : dw9pkaSuMI : SPaA3N603qE[22]
小池百合子都知事に金銭スキャンダル 当選翌日に不自然な“3億円”
デイリー新潮 9月13日(火)14時15分配信

 今年8月の東京都知事就任以降、その手腕が注目を集めている小池百合子氏(64)に吹き出した “政治とカネ”の問題を、9月14日発売の「週刊新潮」が報じる。

 ***
 
 疑惑が持ち上がったのは、練馬区にある小池氏の自宅を含む、複数の物件をめぐる金銭の動きについてである。

「エコだハウス」と命名されたこの自宅には、現在、小池氏の大臣時代の政務秘書官で、一時は公設第二秘書も務めた水田昌宏氏が同居している。かねてより小池氏の親戚であると述べている水田氏は、政治資金管理団体の代表を務めるなど、小池氏の金庫番といえる人物。「エコだハウス」の共有者にもなっている。

 この「エコだハウス」、そして水田氏が所有する「外神田のビルの1室」「高崎市のマンション」を担保として、みずほ銀行が3億3000万円の根抵当権(複数の債権を担保する権利のこと)を設定したのは都知事選の翌日のことだった。が、「外神田」の物件以外は、その日に根抵当権を解除。資産価値2000万円ほどのビルの1室が、3億円もの担保になっている異様な状態なのだ。

 みずほ銀行は、東京都の指定金融機関でもある。

「都知事のポストを巡り、利権を享受しようとする思惑が本当になかったのか、と都民に疑問を持たれても仕方がない」(政治評論家の浅川博忠氏)

 さらには水田氏の「高崎市のマンション」についても不可解な動きが。9月14日発売の「週刊新潮」では、7ページにわたって疑惑を追及する。

「週刊新潮」2016年9月22日菊咲月増大号 掲載

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160913-00512412-shincho-pol


2. 2016年9月14日 14:35:31 : ZQaUpuhUK2 : cc0dtlqGZdo[23]
▼豊洲問題は大変な大騒ぎに進展するだろう、と、自民都議も慎太郎も考えている。どういう意味か? その背後にあるモノを、政治家ゆえの嗅覚で見据えている、という事だ。で、週刊新潮。小池百合子に「金銭スキャンダル」というんだが、中身は単なる銀行担保設定の入れ替えの話で、具体的にカネが動いたというわけではないようだ。文春はCIA、新潮は公安がネタ元。
http://my.shadowcity.jp/2016/09/post-9910.html

3. 荒熊[20] jXKMRg 2016年9月17日 23:11:19 : ItJiQ8zza6 : ZfxCmuIVdDM[9]
此の問題、舛添氏を上回るビッグな問題!

何故、マスコミを含めて、この事案を、蔑ろにしているのか?

仮面ををはがして、我々は公平に考えなければならないと思う。

今にして思えば、舛添しの事案は誠にいじましく可愛いもの。

今回の記事を見る限り、空ら恐ろしい、政治屋の金の問題(スキャンダル)。

さを感じる・


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ