★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 876.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鈴木宗男と佐藤優が外務官僚から追放された本当の理由−(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/876.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 16 日 21:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

鈴木宗男と佐藤優が外務官僚から追放された本当の理由−(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp424h
16th Sep 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


きょう9月16日の東京新聞「本音のコラム」で、佐藤優が「鈴木宗男事件」と題して書いている。

 ウラジオストクで行われた日露首脳会談に関して新聞、テレビ、週刊誌の記者から

何度も取材があったが応じなかったと。

 その理由がふるっている。

 過去の経緯について勉強せず、自分から説明されたことをそのまま記事にしようとする記者を

自分は相手にしないというわけだ。

 いかにも「知の巨人」を売り物にする佐藤優らしいこけおどしだ。

 そこで佐藤優があげている、「記者が知っておかなければいけない過去の経緯」は次の三つだ。

 すなわち、一つは日本が1951年のサンフランシス講和条約で千島列島を放棄したこと、

 二つは1956年の日ソ共同宣言で平和条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を

(返還ではなく)引き渡すことにしたこと、

(筆者註:佐藤優は、この違いの重要性をご丁寧に次のように解説してみせている。

つまり「返還」なら領土を返すことになるが「引き渡し」なら善意で贈与するという説明が可能になると)

 そして三つ目は、二島返還を主張したために鈴木宗男と自分が外務省から追放されたこと、である。

 もちろん佐藤優がこのコラムで言いたかった事は三つめの経緯だ。

 つまり彼がきょうの本音のコラムで言いたい事は、

いま安倍首相がやろうとしていることは二島返還先行だ、

まさしくそれは鈴木宗男がやろうとしたことのコピーである、

先見の明があった鈴木宗男(と自分)が、なぜあの時国賊と叩かれ逮捕までされたのか、

それに片棒を担いだメディアが反省もせずによくも俺に取材協力できるものだ、

勉強し直してから来い、というわけだ。

 そして佐藤優は、それを恨むでもなく、

「14年経って領土交渉のスタンスがまともになったのでよかったじゃないか」と本心から喜ぶところに

鈴木宗男氏の魅力がある、とそのコラムを締めくくって、利用し続ける鈴木宗男に義理を果たしている。

 このコラムを読んだ読者は、なるほどそういうことなのか丸め込まれるに違いない。

 しかし私をごまかす事は出来ない。

 確かに北方領土2つ返還を唱えた鈴木宗男を当時の外務省は警戒した。

 しかし外務省が鈴木宗男と佐藤優を排斥しなければならなかった本当の理由はそれではない。

 本当の理由は、二言目には、俺の言う事を聞かなければ首にすると脅す鈴木宗男と、

その鈴木宗男の威力を利用して増長した佐藤優を排斥しなければ、

外務省という組織が崩壊すると危機感を持った外務官僚の組織防衛だったのだ。

 いまも昔も、鈴木宗男と佐藤優は何も変わっていない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月17日 10:03:45 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[1502]
で外務省官僚の組織防衛の意味とか正当性?!はともかく二島返還実現の意味はマタ次元が違うと思うけどコッチの方は天木サンの意見はどーなの? 佐藤氏ウンナンいやウンヌンより今論じるべきはコッチじゃないの? 政治って結果というけど鈴木氏みたいに
“まあいい方向になってよかったヨカッタ”とか大きい視野で見るのはヤッパだめなの?                   /嫌な奴がイイこと言うと余計ニクイよな;2チャン的考察の会

2. 2016年9月17日 10:45:24 : VcZcyVCPnQ : Kp4lOPcR490[177]
外務官僚の組織防衛本能が深層の因との見解には納得し同意できる。

3. SIN27321JI[129] gnKCaIJtglGCVoJSglGCUIJpgmg 2016年9月17日 11:01:09 : Ad5KGr1Z7o : h0@Dkbf2q4s[1]
どうも、サト―氏を単なる正義漢ではなく、今一つ胡散臭いなと思っていた疑問が解けた。別に、そういう生き方がいいとか、悪いとかの問題ではないが・・・

4. 2016年9月17日 11:24:33 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[1503]
  「ってかロシアみたいな強豪国相手は内向き組織防衛イノチみたいなタイプばっかでなく骨太悪人顔のタイプもいていいんじゃないの?」 「 つーか、キャリアでもなく毛色違うのがウロチョロして目障りで、オマケにトラみたいなのに隠れて余計ハラ立って」                   /アリヨシさん、その気持ちモワカリマス コーナー

5. 2016年9月17日 11:36:43 : c7mISwIG9Y : PDAqOO@uZ7k[15]
当時の対立は、
世襲派(役人上がりに過ぎない日本の外交官を外国のように上流階級代表にするため
代々特別な試験で採用して日本の上流階級を養成しようとしていた人々)と
成り上がり派(世襲でないのに外務省に紛れ込んだ人たちやノンキャリア)の対立で、

やはり卑賤の出である鈴木が後者を利用し、
前者に対しては暴力を振るったりネクタイ掴んで振り回したりして前者を僻んでいた後者の歓心を集めた、
という構図だったはず


6. 2016年9月17日 13:17:57 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[619]
まあ、でも二島先行返還論こそ現実的判断だろう。

今はどういう見解をもっているのか知らないが、かつて四島一括に固執していた櫻井よし子の主張には現実性が著しく欠如していた。
ただ旗幟を掲げる事のみが目的の返還論から前進したのは確かである。


7. 2016年9月17日 16:33:06 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[211]
『相も変わらず“オメデタイ”ねぇ、<甘きちゃん>!』

キミは<ヘドロ害務省>の出であり、それなりのプライド(エリート意識)を持って発言してるんだろうが、逆に<ヘドロ害務省>のトンチンカンさだけが、クローズアップ現代されてしまってるよ。
ここで、<佐藤優・旧ラスプーチン氏>が述べている<北方領土返還問題>の経緯は正しい。ロシア側の戦略・態度は今でも殆ど変わっていない。抜けているとすれば<橋龍・エリツィン会談>の成果である。
<日露両政府>は<二島(先行)返還」>で折り合いをつけ「日露平和条約」に漕ぎ着けようと努力してきたのだが、それに強行に反対してきたのは実をいうと<アメリカ様>なのである。「日ソ共同宣言」に猛烈に反撥し、だったら「沖縄は返さねぇぞ!」って恐喝してきたのは当時の<米酷国務長官・ダレッスくん>なのである。で、、<アメポチ・害務姦猟共>は震え上がって「日ソ共同宣言」」を封印してしまったのである。
<橋龍・エリツィン会談>後も、<CIA筋>の強引な妨害工作が入り、両者共失脚させられている。
こうした事情を<甘きちゃん>が、知らない筈が無い。にもかかわらず『本当の理由は、二言目には、俺の言う事を聞かなければ首にすると脅す鈴木宗男と、その鈴木宗男の威力を利用して増長した佐藤優を排斥しなければ、外務省という組織が崩壊すると危機感を持った外務官僚の組織防衛だったのだ。』なーんてな、意味不明の嘘っぱちを書いてるから、皆様から“胡散臭ぇ〜!”って思われちゃうんだよ。
要は、<害務省>という組織が“アメポチ化”し、“ロシアスクール”も“チャイナスクール”も<アメリカ様>の命令によって、徹底的に排除されちまった、ってことなんだよ。


8. 2016年9月17日 17:07:32 : 1rBjvOaqbA : SWN19uwAdsk[52]
巨人かどうかはさておいて、甘き先生より佐藤優の知的度が数倍上であることは確かである

9. 2016年9月17日 18:02:13 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[1506]
 キャリアでもないのがミニ角栄みたいな怒鳴り虎と一緒にコザカシク動いたり偉そうにバンバン本出したりして面白いハズがない方々の気持ちは痛いほどわかりますが国益や世界潮流見測る視点はヤッパというかモット重要ナンジャネという一節デス。                   /風を読み潮を見る、そんなオヤジが
イトオシイ;ムラキのオヤジの海    

10. 2016年9月17日 18:48:51 : FQhPhu3PcY : 7ti_U4pfh_A[10]
新閣僚で資産トップ 稲田大臣 「防衛関連株」 を大量保有

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190139/
 
これは酷い。


11. 2016年9月17日 19:27:48 : aXYm3OCiVk : 4LIRWnFuOrM[74]
テレビ、ラジオ、本一冊ごと、全て、違うようなことを言っていると、

感じますが?なんか、胡散臭い佐藤優

鈴木宗男も、娘、自民移籍で、がっかり、が、しかし

蓮舫、野田で、一言、あ〜いやだ、どっちも。


12. 2016年9月17日 20:43:21 : ShYIBRJLEA : qCv88@FifOw[121]
鈴木宗男も佐藤優と言う人間も根性はきっと変わらない。鈴木宗男は今を見れば政治家でなく金の為なら何でもありの政治屋、嫌らしい人間、佐藤と言う人も何か胡散臭さを感じるのは昔から、特別調べ上げなくても長く生きていれば肌で感じる。

13. 2016年9月17日 21:04:12 : XdxlUAqbFg : l2e3LzvX@6M[11]
きつい事さらっと言いますね。
まあ、大方そうなんだと思いますけど。
内容よりも、態度が悪かったんですね

14. 2016年9月17日 22:51:31 : P4yQyvkioc : HO9lYOTf4Ws[6]
アメリカさまの意向じゃないの?

15. 2016年9月18日 00:17:53 : edNLgkmutI : jM3TyrPfAgg[40]
>しかし私をごまかす事は出来ない。

思わず口に含んでいた酒を、漏らしてしまったではないか。

その前に人を迷わすような記事を書くことが多い、自分のことを反省しろよ。
 
あ〜あ、酒が勿体ねえ。
 


16. 2016年9月18日 07:58:22 : 9agijVp4DA : 1q0Yg7IYrRo[34]

   天木さんムネオも優もアチラ側の人ですよ外務官僚もアチラ側です



17. 2016年9月18日 08:20:05 : 9JzzprlCSg : 7J05@kFi8r4[26]
最後はアメリカ様が決める事。

18. ボケ老人[742] g3uDUJhWkGw 2016年9月18日 08:25:55 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[147]
7.KAHImNPipgQ さん

同意。天木(外務官僚)の限界だな。

外交とは金をバラマク事と考える安倍が2島先行論でうまくいくとは思わないが
アメリカ様の了解を得られてなければ墓穴を掘るだろう。

鈴木宗男(佐藤優)の横暴もあっただろうが、本質はそんなところではない。
そもそも、国後択捉を含む千島列島を放棄させられたのは米国の意向であった。
放棄してしまった国後択捉は南千島であって千島列島ではないなどと言うのは詭弁。
冷戦構造の最中(サナカ)、ダレス一派が日本封じ込めとして近隣諸国と手を結べないように仕組んだのが
南千島の分離(ソ連との軋轢)
竹島の韓国による武力占拠
尖閣の領有権のあいまい化
である。
鈴木宗男が歯舞色丹返還でソ連の譲歩を引き出す見込みありと察知した米国が激怒して4島一括返還を強行に日本政府に押し付けたのだ。
歯舞色丹は千島列島ではなく、根室半島の延長であり北方4島と一括りするのが間違いである。
何度も言うが北方4島とは米国による造語であり、当時、根室の人達でさえ
キタカタ4島とはどこのこと?という川柳に興じたというではないか。
プーチン−安倍会談で決まることではなく
米国との根回し済んでいるかが最重要点である。
これがうまくいっているなら
国富消耗大好きの安倍がまたぞろバラマキをするだろう。

   


19. taked4700[5653] dGFrZWQ0NzAw 2016年9月18日 09:50:30 : hp2QjTTI3o : iagwdBJMIt8[9]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%AE%97%E7%94%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6
>2002年1月、田中真紀子外務大臣への野上義二外務事務次官からの報告としてアフガン会議においてNGO代表が参加拒否された問題に自由民主党の鈴木宗男衆議院議院運営委員長が関与した疑惑が浮上。鈴木はこの問題に対して全否定をし、鈴木と田中の争いに発展。田中外相、野上次官は小泉純一郎内閣総理大臣の裁定で更迭され、鈴木は衆議院議院運営委員長を辞任して自民党を離党した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA_(%E4%BD%9C%E5%AE%B6)
>2002年に鈴木宗男に絡む疑惑が浮上したことに連座する形で、2月22日に外交史料館へ異動。4月に外務省を混乱させたとして給与20%・1カ月分の懲戒減給を受ける。
>同年5月14日に鈴木宗男事件に絡む背任容疑で逮捕される。同年7月3日、偽計業務妨害容疑で再逮捕。512日間の勾留の後、2003年10月に保釈された。

2002年が鍵!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3
>1999年12月31日のボリス・エリツィンの大統領辞任により大統領代行を務めたのち、2000年ロシア大統領選挙に勝利して正式に大統領に就任した。2004年の大統領選挙では再選を果たし、2008年5月7日まで大統領を務めた。そして後任の大統領であるドミトリー・メドヴェージェフの指名により同月8日に首相に就任した。
>8年間のプーチン政権でロシア経済は危機を脱して大きく成長し、ロシア社会から高い支持と評価を受けている。国内総生産 (GDP) は6倍に増大(購買力平価説では72%)[3]し、貧困は半分以下に減り[4]、平均月給が80ドルから640ドルに増加し、実質GDPが150%になった[5]。
>その一方で、第二次チェチェン紛争での人権侵害などにより、ロシア国外の政府や人権団体からロシアの人権と自由について追及されている。また、非民主的(反民主的)で、非合法な(謀略的な)手法で支配力を行使し政治を行っていることも様々な調査で明らかになっている[6]。また統計上は良くなったともされるロシア経済についても、その実態としてはウラジーミル・ヤクーニンのような一部のプーチンと親密な関係にある人物たちによって統制が行われてしまっていることがマスメディアの取材で明らかになっている[7][8]。こうした統制は、ボリス・ネムツォフらプーチン政権の反対派によって厳しく批判されている[9]。

2002年は、プーチンにとって、試練の時期であったはず。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%A3%E7%B6%9A%E7%88%86%E7%A0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6
>ロシア高層アパート連続爆破事件は、1999年にモスクワなどロシア国内3都市で発生し、300人近い死者を出した爆弾テロ。同月に首相となったウラジーミル・プーチンはチェチェン独立派武装勢力のテロと断定。この大惨事となった事件と、チェチェン武装勢力のダゲスタン侵攻を理由にチェチェンへの侵攻を再開し、第二次チェチェン戦争の発端となった。プーチンの対チェチェン強硬路線は反チェチェンに傾いた国民の支持を集め、彼を大統領の座に押し上げた。
>後述する「リャザン事件」等において、ロシア連邦保安庁(FSB)による関与の可能性を指摘する意見も存在する。
>2002年、イギリスに亡命していたロシア連邦保安庁(FSB)の元職員アレクサンドル・リトビネンコは自著 『Blowing Up Russia:Terror From Within』のなかで、「事件は、チェチェン独立派武装勢力のテロとされたが、 実は第2次チェチェン侵攻の口実を得ようとしていたプーチンを権力の座に押し上げるためFSBが仕組んだ偽装テロだった」と証言している(その後、リトビネンコは2006年、亡命先のロンドンにて、(放射線被曝による)不審死を遂げた)。

リトビネンコ氏による告発は2002年。

全てはプーチン政権を安定させるためであったはずで、そのための工作が日本でこういった事件を起こしたことの意味が問題。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ