★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 199.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
石原も承認して契約書に押印〜盛り土なし案は09〜10年に決定。小池が当時の関係者の聴取を進める(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/199.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 9 月 20 日 11:06:52: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://mewrun7.exblog.jp/24669165/
2016-09-20 07:59

 リオ五輪、パラリンピック、無事終了しましたね。選手をはじめ関係者の皆様方には、本当におつかれさまでした。m(__)m

 一時はリオ五輪は本当に開催できないんじゃないかとか、会場その他の準備が間に合わないのではないかとギリギリまで案じられていたのだけど・・・。
 選手村の不備には目を瞑るとすれば(後半は改善したらしい)、開会式や閉会式、競技運営には見習うべき点が多々あったといい評価を得ているようだ。(・・)

 あと今回のリオ五輪の太陽のオブジェをつけた聖火台は、本当にステキでオシャレだったと尾見ません?(mewが今まで見たことある聖火台の中で一番ステキだったかも。)"^_^"

 しかも、あの聖火台には、今回のリオ五輪のテーマ「環境保護」を反映して、化石燃料の使用や温室効果ガスの排出による地球温暖化を抑制しようというメッセージを込められていて。台のフレームが風力で動き、火力を強める構造になっており、五輪史上最も燃費性能が高いエコな聖火台であったという。(・o・)
 
 今、2020年の東京五輪の聖火台に関して、競技場の中や上につけるのが難しいとしてアレコレもめているようだけど。さすがは日本と言われるような「シンプル」「エコ」「でも、やっぱセンスいいね」と国民が本当にに誇りに思えるような&世界各国の人の心に残るような聖火台、そして開閉式にしてなるといいな〜と願っている。(++)

* * * * *

 東京の小池百合子知事は、パラリンピックの閉会式にも出席して、大会旗を受領。21日に東京に帰国後、いよいよ本格的に豊洲市場の盛り土カット問題に取り組むことになる。(**)、

 この問題には(最近では、有難いことに)メディアも積極的に取材に取り組んでいるので、調査が進むのも実に早いのだが。<安保軍事とか国政の重要政策、安倍閣僚の問題でも、この1/5でいいから動いて、国民にわかりやすく説明して欲しいものだ。(・・)>

 そのメディアの取材や過去の市場長などの発言から、おおよその経緯をまとめてみると・・・。
 08年7月に、専門家会議が盛り土案が提言したたものの、09〜10年の間に、盛り土を使用しない案が都庁内で台頭。最終的には、建物の下には盛り土はしないという線におさまって、11年にその案に沿った設計を依頼し、それに沿って建設を行なった・・・ということになると思うのだけど。

 そんな中、昨日、複数のTV局が当時の契約書を入手。11年8月、豊洲新市場の建物の下に盛り土をしない工事の契約がかわされ、石原元知事が承認をしていたことが判明した。(・o・)

 尚、小池知事は、既に09〜10年当時にこの計画に関わってた都の職員、関係者への聴取をスタートしているとのこと。
 場合によっては、当時の知事だった石原慎太郎氏にも話をきくことがあり得ると語っていた。^^;

* * * * *

『豊洲市場 09?10年の担当職員聴取 都、経緯調査

 東京都の築地市場(中央区)からの移転が延期された豊洲市場(江東区)の主要建物下に土壌汚染対策の盛り土がされなかった問題で、2009年7月?10年7月に担当部局「中央卸売市場」に所属していた職員を中心として、都が聞き取り調査に乗り出していることが都幹部への取材で分かった。「盛り土計画」はこの時期に変更されたとみられることが、都関係者の証言で判明している。都も認識している模様で、計画が変更された経緯や目的を詳しく調べている。【円谷美晶、森健太郎、川畑さおり】

 築地市場の移転先となる豊洲市場の土壌汚染対策や建設計画、工事発注、外部有識者の会議の事務局などは、中央卸売市場が担当した。問題の時期は石原慎太郎氏が知事で市場関係の担当副知事は佐藤広氏、部局トップで都の局長級の市場長は岡田至氏が務めていた。豊洲市場を主に担当するのは管理部だった。

 岡田氏の前任で06年7月?09年7月に市場長を務めた比留間英人氏によると、工法を検討する専門家の技術会議が09年1月の会合で敷地全体に盛り土をする方向性を確認した後は建物下を空洞にする案が検討されることはなかった。一方、市場に関わった都幹部によると、10年7月時点で既に建物下を空洞にすることになっていた。このため09年7月?10年7月の間に計画が変更されたとみられる。

 都も把握しているとみられ、この間に中央卸売市場に所属していた職員に対し、数日前から本格的な聞き取り調査に着手した。建物下に盛り土をしない判断をした経緯や計画変更を有識者の会議や都民に公表しなかった理由などについて岡田氏らから事情を聴いている模様だ。結果は、外部有識者の「市場問題プロジェクトチーム」にも報告される。
 岡田氏は18日、「結果が出されるまでは個別の取材は控えさせていただく」とコメントした。(毎日新聞16年9月19日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 尚、石原都知事に関して言えば・・・前から書いているように、石原知事は13年の在任していた間、自分が特に関心のある分野以外は、すべて「よきにはからえ」モードで、副知事や周辺スタッフにお任せにして、ほとんど都庁に来ず。おそらくはほとんど部下の報告もきいておらず。
 週に1〜3回、執務室でろくに書類の中身もチェックしないまま、署名、押印の事務作業を行なっていたと思うので、この契約書の押印に関しても、「知らない」「覚えていない」と言っちゃうかも。(~_~;)

<まあ、大きな自治体や企業の長の大部分は、すべての報告を受けてはいられないだろうし。すべての書類の中身をチェックして署名押印しているわけではないと思うけど。石原都知事は、そういう中でもダントツに、都政の細かい試作、事業はほとんど知らないままやってた人かも。(>_<)>

* * * * *

『建物下に盛り土なし工事、石原元知事が契約承認

 豊洲新市場の盛り土問題について、小池知事へ週内に調査結果が報告されます。一方、2011年8月、豊洲新市場の建物の下に盛り土をしない工事の契約がかわされ、石原元知事が承認をしていたことがわかりました。
 「答えない。面倒くさい。同じことだ」

 18日、取材には答えないと話す石原元都知事。その石原元都知事の印鑑が押された工事契約書。タイトルは「豊洲新市場土壌汚染対策工事」。費用は333億4275万円、日付は2011年8月30日です。契約書に記された内容は・・・

 「豊洲新市場予定地における施設建築物の建設エリア以外の」
 「盛土」
 「汚染のおそれのない土で埋め戻すこと」

 新市場の建物以外に盛り土をする、つまり建物の下の盛り土を行わない契約書なのです。

 「私は下から聞いたことを皆さんに報告しただけ」
Q.下というのは?
 「市場長でしょ」(石原慎太郎元知事 今月15日)

 石原元知事は当初、2008年に市場長から、建物の地下を、盛り土ではなく、コンクリートの箱にする案を提案されたと主張。しかし、当時の市場長が反対に「石原知事から提案された」と主張すると、一転して自らの指示だったことを認めたのです。

Q.2、3聞きたいことが・・・
 「いいんです。同じことを繰り返すつもりはないから」(石原慎太郎元知事 18日)

 結局、この地下コンクリート案は採用されなかったものの、今回、2011年8月に豊洲新市場の建物の地下に盛り土をしない契約書を石原氏が承認していたことがわかりました。資料を入手した一級建築士の水谷和子氏は・・・

 「建設エリア以外については埋め戻すが、建設エリア以内は盛り土をしないということがここに明記されている」(1級建築士 水谷和子氏)

 契約書の日付については・・・

 「平成23年8月30日になっています」
Q.この時点では盛り土はしないと決まっていた?
 「そうです。それがあって、この契約に至ったということ」(1級建築士 水谷和子氏)

***

 19日、リオパラリンピックの閉会式後に小池知事は石原元都知事について・・・

 「当時のご担当の方の発言ということで、その意味では情報として意味があるのだろうと。私の出張中にこれまでの経緯を調べるように指示していたので、戻り次第、調査結果を知りたいと思っています」(東京都 小池百合子知事)

 新市場の移転に影を落とす地下空間。2009年7月まで市場長だった比留間英人氏によると、自分の任期中に地下を空間とする案はなかったといいます。地下を空間とする基本設計ができたのは2011年6月、そして、同じ年の8月、当時の石原知事が建物の地下に盛り土をしない契約書を承認。この間にどんな経緯があったのか、都は2009年以降の担当職員を中心に聴取を進めています。

 小池知事が直接、石原氏と話すことはあるのでしょうか。

Q.石原さんと話す?
 「結果を見て必要性あればと思うが、まずは結果を見ていきたい」(東京都 小池百合子知事)

 小池知事は、21日にリオから帰国、週内に調査結果の報告を受ける予定です。(TBS16年9月19日)』

* * * * * 

 というわけで、今週21日からこの件の調査がどのように進むのか。また、ここまでじっと大人しく問題の推移を見守って(?)来た自民党の都連、都議会(バックの自民党本部、森元首相ら)がどのような発言や動きをするのか、興味深くウォッチしたいと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 荒熊[22] jXKMRg 2016年9月20日 13:17:26 : ItJiQ8zza6 : ZfxCmuIVdDM[11]
この話題。相当に多くの時間・報道番組で取り上げられたが、冷静に考えれば、東京都の関係部署が夫々の専門的知識・立場・職掌に基づいて計画・承認・実施された「正式な工事事案」。世間で騒がず「東京都庁内部」の事実確認・認識だけで済む内容ではないかと思う。

「工事案件」の最終仕様条件(環境基準・建屋仕様)を満たして居れば、其れで良いのではないのかと思う。都民・国民は、機能が満たされて居れば、「卸市場の建屋建築構造の詳細」を知る事は、余り必要性・妥当性が感じられない。

環境改善の為の手段として、種々の手段・工法が在るはず。

敷地全体の、環境改善に、先ず大切なことは「汚染土壌の除去・撤去」。此れは、完全に完了されて居る筈。其の、除去された空間を「埋め戻す」作業工事が為されて「実用平面用地」が確保される段取りと思う。

然し、建屋部の地下部分には埋め戻しが無かったのは、建屋の建築設計の関係技術者が、専門性に裏付られた知識・経験・義務により、最適な方式に集約した結果が、建屋建築部分は、基礎工事・建屋ユティリティを考えて、地下部を強固で「汚染物質の遮断性」を兼ねた「コンクリート躯体」で構成する方式が採用されたと思う。従い、その空間に「埋め戻し土」は無意味であり不要な事が理解出来ると思う。チエノブイルの原子炉のコンクリート石棺も同じレベル。

事実、共産党議員の方を含めて複数の採取した水の安全性は確認されており、食の安全性云々の問題とは無縁の様である。


その事実を、今回の「地下空洞部の存在」として、話題に為った折、早い段階で、都庁関係者から適切に説明が在れば、我々は安心・納得したと思う。


問題の取り上げ方・報道の在り方の凄まじさから、関係者が、萎縮して仕舞ったのではないかと思う。

我が国の選ばれた建設技術・都庁所管部の誇りの為にも、本件の的外れの騒動の締め括りを願う次第。

「盛り土」は、単なる、汚染土の除去した後への「埋め戻し」であり。コンクリート躯体に依る遮断工事部へ、土を入れても効果が無い事を、早い段階で、素人の我々に誤解を与えないでほしかったと思う。


2. 2016年9月20日 14:38:49 : m4PGkxwlCE : FnkfuCQSang[1]
 この投稿の前段にあった、リオ・オリンピックのこと、オリンピックは何とか…の状況でも開催されればいいんです。財政危機だったブラジル、大統領がごちゃごちゃの状況だったけれど、頑張った。

 リオがそうだったというわけではないけれど、オリンピック道路とやらが開通しなくても、ほかの道路でぐるっと回って目的地に到着できればいいんです。道路が渋滞でもいいんです。五度ほど、オリンピック観戦の貧乏旅行に行きましたが、みんな、そう。渋滞が心配だったら、早めに宿舎を出発すれば、それでいいんです。

 オリンピックはたった二週間で終わるんです。
 競技施設だって、仮設のところがいっぱいありました。鉄骨むき出し。二週間たったら、壊してしまうところがいっぱいありました。
 あと既存施設の利用。日本人の大好きなアメリカのロサンゼルスで開かれたオリンピック、国の税金、カリフォルニア州政府の税金を一切使わず、それでいて、500億円以上の黒字を生み出しました。

 組織委員会がリーダーシップをとって、知恵を絞って運営諸経費(競技施設建設等を含む)をねん出するんです。協賛金を募り、テレビ・マネー…エトセトラで資金を募るのです。やれ、国はもっと税金を回せ、都はちゃんと施設を作れ、経費は2兆円にも3兆円にもなるなんて、とんでもないことを偉そうにうそぶく組織委員会の会長は失格です。

 IOCが、IOCが…と、すぐにIOCを持ち出して、IOCを隠れ蓑にして国や都から金を引き出そうとしている東京の組織委員会会長は最低です。IOCはオリンピックを開催してもらって、なんぼの組織。オリンピックが開催できなければ、IOCの存在価値がなくなります。
 東京側が資金的に困っている、当初計画を変更しなくてはならない、でなければ、開催できなくなる…といえば、IOCは東京側の言い分を受け入れます。
 IOCって、そんなところです。

 まあ、オリンピックを口実にした"東京改造"の土木利権をむさぼろうとしているいまの組織委員会のトップクラスにすれば、ほかの開催都市のとっかん開催やごたごた開催の実情はあまり知られたくないんだろうけど…。
 いまからでも遅くない。都が主導権を握って組織委員会を改変し、身の丈のオリンピックをやろうって気になりませんかね。とにかく金のかけすぎ。利権を忘れてほしいね。

 組織委員会はまず、賃貸料が莫大な虎ノ門ヒルズから撤収し、都庁近くの体育館にでも事務局を作ったらどうですか? あなたたちは特権階級の人たちではないんですから。

 


3. 2016年9月20日 17:19:05 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[877]
しかしまあ、この 極悪人 石原慎太郎から見れば 舛添なんてコソ泥ていどの可愛いもんじゃないか
猪瀬だって同様だし  舛添叩きの あの大騒ぎは、いったい何だったんだろうね
何でもっと早く この石原慎太郎という極悪軍国ジジイを やり玉に挙げないんだ
あの世へ行ってしまってからでは遅すぎるぞ。 

4. 2016年9月20日 18:10:41 : mDKzDcBqII : B80_Ph9fCbY[1]
小池の評価が上がるのは避けられない事態だな
おれは責任者の告訴、処分までたどり着けば評価するけど、現時点ですでに石原ファミリーは
社会的に死んだ

石原慎太郎は使い勝手がよかったが耄碌したし、ガキどもは低能だから
古くなったのは捨てて、新しい売国傀儡人形に交換しようという宗主国の意向かなと思った


5. 2016年9月20日 21:40:01 : MPcxhsBOyo : YoYEUY8OKEM[127]
地下水位以下で、どんなに厚く防水コンクリートを打設しても、必ず地下水はしみ出して溜るものだ。

この基本を知っている専門家は、都の中に相当数いるはず。

300億越えの大型請負契約を、メクラ判で押すということは、あまりに無防備、損害賠償の責任者になるかも知れないという恐れを、感じもしなかったのか?

決裁者は、私は素人とか、知らなかったとか言っても、その責任は免も関与していたとすれば。

余りに大きな額の、取り返しのつかない過失である。

都議会も承認案件であれば、同罪になること必定。


6. 2016年9月21日 12:43:37 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[879]
もはや、豊洲新市場は白紙撤回しかない そしてその損害補償は 石原慎太郎と 石原プロの持つ版権すべてを
競売にかけて支払うのが筋と言うもの 落ち目とはいえ石原プロ まだまだ人気は高いゆえ
今ならまだ相当な資金を集める可能性はある (故 石原裕次郎の肖像権は お宝的価値である)

本当に落ちぶれてからでは遅い


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ