★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 260.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
秋の臨時国会でTPPの承認に全力を挙げるぞby安倍、TPPには絶対に反対ですbyヒラリー(まるこ姫の独り言)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/260.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2016 年 9 月 21 日 20:26:33: AtMSjtXKW4rJY gqmCs4LBgrGSbpGg
 

http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2016/09/post-1.html
2016-09-21


どうなっちゃってるの?

安倍首相は、秋の臨時国会でTPPの承認に全力を挙げると息
巻いてきたが、一方、ヒラリークリントンは、”私はTPPに絶対反
対します”と言っている。

アメリカ様の為には、国内の反対なぞ歯牙にもかけず、なにが
なんでも数の力で仕上げて来た安倍政権は、ここでもごり押し
して批准にこぎつけるのか。

親分の米国が乗り気でないのに、批准する価値があるのか。

面白い見ものが始まった。。。。

クリントン氏 安倍首相にTPP反対の考え伝える
           NHK NEWS WEB  9月20日 10時27分

>アメリカを訪れている安倍総理大臣は日本時間の20日朝、
アメリカ大統領選挙の民主党の候補、ヒラリー・クリントン前国
務長官と会談し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の早
期発効を目指す考えを示したのに対し、TPPに反対の考えを
表明しているクリントン氏は同様の考えを伝えました。

せっかく、秋の臨時国会でTPPの承認にこぎつけて、米国に
良い子良い子されたかったのに、肝心のヒラリークリントンに、
”わたしはTPPに絶対に反対です”とくぎを刺されてしまった。

安倍首相にしたら、”なんのこっちゃい”だろう。

ヒラリーが表敬訪問する前日に、安倍首相は「臨時国会でT
PPを承認する、アメリカも早期承認を」と講演していたのだと。

大統領にトランプがなっても、ヒラリーがなっても、どちらもTP
Pに反対の立場で、日本だけがいきり立ってきた図だ。



どちらに転んでもTPPに乗り気ではないのに、アメポチの安
倍がノーと言えるかどうか。。。。

今国会で数の力を駆使して強行しても無意味になってしまう。
もしも強行するようだと、その裏にはTPP利権が隠れている
と思わざるを得ない。

私たちは安倍政権がどう出るか、注視してみる必要がある。

とても面白い見ものだ。


>「雇用を奪うあらゆる貿易協定を阻止する」 ヒラリー

あの大国の大統領候補が、TPPは雇用の機会を奪うと言っ
ているのに、日本の首相は雇用に関して何も感じてこなかっ
たのか、何の危惧も覚えなかったのか。

常日頃、”私は国民の生命・財産を守る義務がある”と言って
きた人間とも思えない鈍感力だ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月21日 20:56:08 : WlmtaudkVU : U7gsG6FhLOw[6]
良いのじゃない。

アメリカはTPPに参加せず。

中国、ロシアも蚊帳の外。

日本がボス的存在になる。

結果は、どのようになるか。

アメリカの影響がなくなるだけ、被害は半減。

それも良いじゃないか。

自民党の政治よりも

アメリカの政治に関心を持った方が、良さそうだ。


2. 佐助[3808] jbKPlQ 2016年9月21日 22:51:53 : cLoPFxP7a2 : QkvC_PQ6Z0A[76]
多極化で世界信用収縮の渦中に米国に自殺せよと迫った安倍総理,恐ろしや

歴史は、現象の結果を原因として書かれているため、この金の役割は見えません。そのため、30 年代の恐慌の結果から経済学は「関税高くしたり、通貨を切下げたり、自国経済の救済のみを優先させたために、恐慌は発生した」という教訓で一致。だから、2008 年のリーマンショック後も、世界の政治と経済の指導者は、自国の農業畜海産と対外競争力の低い中小企業を犠牲にしても、関税障壁を低くし、外資を導入し、土地や株のバブルを復活させれば、恐慌にはならない、と確信しているのです。

世界の基軸通貨が金とのリンクを維持すれば、世界の通貨交換(為替)は安定する。だが、金とのリンクを停止すると、世界の通貨交換は金の枠組みから自由となり、為替はフロートになる。すると、各国の通貨は膨脹しバブルとなる。

そしてキンを大量に保有する国の通貨が、世界通貨を兼務する矛盾を解消しないかぎり、世界に波及する金融恐慌バブルは、姿を変えて復活する。

ナチスドイツと軍国日本が、第一次世界金融恐慌から早く脱出できた決定的で、普遍的な要因は、世界の金融システムから隔離された「経済鎖国」のセイである。「経済鎖国」とは何か? それは、貿易と外国からの投資を制限することだ。しかし米国は高関税で逃げ切った。

しかし経済鎖国は、世界的金融バブルの打撃を軽減する。だが、経済現象の停滞は免れない。

政府日銀と企業が、信用恐慌から早期脱出するためのマニフェストは、次期産業革命へ大胆にシフトすることです。次期産業革命とは何でしょうか?

次期産業革命とは「放射能・CO2を発生させない動力」への転換革命です。すでに実用化されていますが、政府と大企業は既得権益(設備・技術)を失うため、国家から補助金をもらいながら、ゆっくりと進行させたいと考え抵抗しています。


3. 2016年9月21日 23:10:29 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[429]
TPPを発効するためには、条件が2つあって・・・

1.署名から「2年以内」に、12か国の承認手続きが済む
2.それが無理でも、承認ができた国のGDPの合計が「85%以上」となる

ただ、GDPについて見ると、参加国全体に占める割合は、アメリカが「60・4%」、日本が「17・7%」。つまり、この2カ国のどちらかがいなくなれば、TPPは行き詰まる。
http://www.tbsradio.jp/51536

真正売国奴・宗像直子氏の野望も風前の灯火です。


4. 2016年9月22日 14:10:43 : ZB2LRDAuQo : 4Twxmx9kqrI[1]
佐助さんの経済認識は的確で関心します。

ですが、誰でもそうですが、その対案には苦慮されているようです。
次期産業革命が必要だとの認識は、経済の構造的な変革がなければ、現状の市場主義経済の矛盾(ゴローバル化)が拭えないこと。

>「放射能・CO2を発生させない動力」への転換革命です。

テーマとしては現実的でもあり、確かに一つの方向性でしょう。
私は観念的ではありますが、何でも、かんでも世界一を目指すグローバルの精神を改め、地域ごとの繁栄の方法を考える風潮が高まることを期待したい。

さらに大きな、空想的な問題として通貨革命を思っています。
今まで思い込んでいる通貨の概念、価値観を大衆自身が見直すことです。

これは大変で、おそらく100年程は実現しないかも、と思っています。

佐助さんのような文章を、真剣で受け止める人が少ないことを憂いますね。
そのような意味でレスしました。


5. 2016年9月22日 14:12:53 : ZB2LRDAuQo : 4Twxmx9kqrI[2]

天橋立の愚痴人間

忘れていました。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ