★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 262.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「皇后は退位に反対した」という報道は本当か? 渡辺みどりが反論(週刊女性PRIME)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/262.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 21 日 20:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             ひざをつき、被災者と同じ目線で激励されるスタイルは“平成流”('91年7月の雲仙・普賢岳噴火) 


「皇后は退位に反対した」という報道は本当か? 渡辺みどりが反論
http://www.jprime.jp/articles/-/8156
週刊女性PRIME 週刊女性2016年10月4日号


『文藝春秋十月号』には、「皇后は退位に反対した」という見出しが躍っていた。

「内容には、会議で宮内庁参与とともに美智子さまが当初は摂政案を支持し、陛下の退位に反対したが、やがて賛成する様子がレポートされていました。

 宮内庁は、すぐには抗議や訂正の申し入れはしていません」(宮内庁担当記者)

 来春にはベトナムを公式訪問する予定が発表され、今までと変わらない精力的な日々を過ごされている天皇・皇后両陛下。

「美智子さまが、『生前退位』について面と向かって反対したり議論されたりすることは考えにくいと思います」

 皇后・美智子さまの“不賛成”にそう懐疑的なのは、皇室を長年取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。

「昔から美智子さまは、陛下に寄り添い、時にはかばってもこられました。

 宮中の育児法や生活スタイルを改革してきたといわれる美智子さまですが、まず陛下にご相談し、それから昭和天皇と香淳皇后に話をあげていただいていました。

 陛下が考えた“譲位”という結論に、美智子さまも最初は驚いたかもしれませんが、反対されるようなことはないと思います」

 渡辺さんがそう述べるように、民間出身の皇太子妃となった美智子さまはご成婚後、特に家庭生活の面ではさまざまな風を吹かせてきた。

 放送大学教授で日本政治思想史が専門の原武史さんは、公務などの面にも影響を与えてきたとみる。

「昭和から平成になると、天皇と皇后が2人1組で必ず外国や地方を訪れるスタイルが完全に定着し、被災地などではひざまずき、同じ目の高さで話しかけるようになる。

 今回の生前退位についても同様、平成の改革には皇后が関係していると思います」

 そのような天皇と皇后の関係は次の代にも引き継がれるのではないかという。

「雅子妃はあまり外出ができない、祭祀はほとんどやっていないことが非難を浴びます。

 それは明治以降だけを見るからであって、明治以前を見れば天皇は行幸なんてほとんどやっていませんでしたし、宮中祭祀はほとんど明治以降に作られたものです。

 そう考えれば行幸や祭祀をやらなくても伝統的な天皇制には反しない。となると、むしろ、そこを大幅に見直すというきっかけになりえます」(原さん)

 お代替わりに伴い、雅子さまのご要望もあり、皇室のあり方や公務の内容が変更される可能性があるというのだ。美智子さまは'09年のご成婚50年に際しての記者会見で、皇室の伝統の引き継ぎについてこんなことを述べられていた。

「個々の行事をどうするかということは次世代の考えに譲りたいと考えます」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月21日 21:44:25 : 7BaIdZS5m6 : _DM2zlIzAKA[5]
 文芸春秋だろう、書いたのは。

 文芸春秋、週刊文春、芥川賞…、みんな信用できない。


2. 2016年9月21日 23:26:04 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[218]
『これは“報道”なんかでは断じて無い。“エセウヨガセネタ”の典型である。』

これは世が世であれば、「不敬罪」として死を問われる“捏造ガセ”である。
<ネトウヨ・エセウヨ族>の最大の欠陥は、“現実から遊離した妄想”でしか物事を語れないことである。
つまり“ウソとガセ”に縋らなければ存在できない“哀れな人々”なのである。

そもそも「天皇家」の存在は「皇室典範」によって、そのルールが規定されている。現憲法下では、「天皇家の存在理由=国民の総意に基づく象徴天皇」だけが明記されているのであり、その他の「天皇家の諸事」に関しては「皇室典範」及び「皇室会議」に委ねられている、ってのが常識的な「法解釈」である。
例えば、「皇族の婚姻」は「皇室会議」の話し合いの上で決定されるのであり、“立法府”も“行政府”も“司法腐”も、一切口出しする「権限」が無いのである。
従って、「今上天皇」のご要望・ご憂慮は、先ずは「皇室会議」に計り、その提案を<国会>で論議すべきことであり、一内閣腐如きが“インチキ有識者”を集めてとやかく言うべき問題ではない!ってことさ。要は<ヘドロ姦猟&コピペパペット政権>の大いなる「勘違い」なのである。
早い話が、「天皇の政治性」を剥奪したからには、“時の行政府”は「天皇陛下及び天皇家のご要望」に対して、“口を出す或いは検討する権限”は法的に一切認められていないのである。

繰り返すが、先ずは「皇室会議」を開いて「天皇家のお考え」を聞き、その為の「皇室典範改正案」を策定し、「国会」に諮るべきが“法の王道”なのである。


3. 2016年9月22日 00:06:39 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[219]
『ごめんちゃい!肝腎なことが抜けてしまったから追記させてぇ。』

「皇室会議」のメンバーは、皇族代表(確か2名)・最高裁長官・衆参両院議長・内閣総理大臣・宮内庁長官である。
解るでしょう?<ヘドロ姦猟&政治ゴロ>がタッグを組めば、「皇室会議」をコントロールできる仕組みにはなっているんだが、それが「天皇家に対して面と向かっては出来ない」ってことなのさ。
笑っちゃうよねぇ!


4. 2016年9月22日 19:21:34 : xEx6AP8t12 : ZvPvUrYdEYs[17]
内紛を 煽り喜ぶ 週刊誌

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ