★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 903.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政権基盤を固め直すだけの“私利私欲解散”を許すのか 永田町の裏を読む(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/903.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 06 日 08:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             いったい何のための解散なのか(C)日刊ゲンダイ
 

政権基盤を固め直すだけの“私利私欲解散”を許すのか 永田町の裏を読む
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191165
2016年10月6日 日刊ゲンダイ


 与党幹部から「解散風」をあおる発言が相次ぎ、マスコミもそれに調子を合わせてはやし立てているけれども、これはいったい何のための解散なのか。

「12月の日ロ首脳会談で北方領土で成果が出れば1月が絶好のタイミングになる」とか、「5月に衆院小選挙区定数の『0増6減』のための区割り案が出るが、その後だと候補者調整が難しくなる」とか、「公明党が最も重視する来夏の都議選の前後数カ月は避けないと自公選挙協力に響く」とか、いろいろ言われているが、要するに安倍晋三首相とそれを支える与党の「自己都合」であって、国民はそんな選挙をやってほしいと望んでいるわけではないし、むしろ、安倍の政権基盤を固め直すためだけの党利党略・私利私欲の政局ゲームに国民まで巻き込むのはやめてほしいと思っている。

 日本では「解散は首相の専権事項」という誤った常識がまかり通っていて、首相は好きな時に衆議院を解散できるものだと思っている人も少なくない。しかし議院内閣制をとっている主要国でそんな野放しの権限を首相に与えている国は日本以外になく、どの国も、議会による内閣不信任を受けて行う受動的解散が基本である。イギリスとカナダでは、かつては首相の発意による能動的・裁量的解散が認められていたものの、15年ほど前に法改正が行われて封じられた。

 日本では、憲法第69条で受動的解散が明文化されている点では他国と同様である。なのになぜ「首相の専権」による解散が横行するのか。それは、周知のように、憲法第7条で天皇の国事行為のひとつに「衆議院を解散すること」が含まれており、それが「内閣の助言と承認」によって行うと定められている以上、内閣が(69条を離れて)好き勝手な理由で解散することは許されているのだという「7条解散」論があるためである。だが、第7条は天皇の国政上の形式的な役割についての定めであって、その中から片言を取りだして、それを内閣の実質的な権限の規定であるかにすり替えるのは牽強付会も甚だしく、どう考えても違憲である。

 1952年にこの屁理屈を編み出して「抜き打ち解散」を強行したのは吉田茂首相だ。以来、悪しき慣行となって残ってしまった。イギリスに倣って、こんな首相のやりたい放題の政局遊戯による国民愚弄を封じないことには、政治不信が高まるばかりである。


高野孟 ジャーナリスト
1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月06日 08:45:27 : R4xGfbAPfY : jgIiAph8GB0[9]
自民、総裁任期を延長へ 「連続3期9年」有力に
2016年10月6日 東京新聞

 自民党総裁の任期が現在の「連続二期六年」から延長される方向になった。同党の党・政治制度改革実行本部(本部長・高村正彦副総裁)は五日の役員会で、「連続三期九年」と「期数制限撤廃」の二つの任期延長案に絞って議論を進めることを確認した。

 出席者からは「公聴会で有識者に意見を聞くべきではないか」との意見もあったが、延長に直接の異論は出なかった。役員会後、高村氏は「二案に絞られてきている。どちらも嫌だという人はいなかった」と記者団に語った。党幹部は「三期九年」が有力との見方を示した。

 同本部は党所属の全国会議員を集めた会合を経て年内に案をまとめ、来年三月五日の党大会で総裁任期を延長する党則変更を行う方針だ。総裁連続二期目の安倍晋三首相の任期は現状では二〇一八年九月末で満了するが、党則が変更されれば、同月の総裁選に連続三選を目指して立候補できるようになる。

 総裁任期延長を巡っては石破茂前地方創生担当相や小泉進次郎党農林部会長らが「なぜ今なのか」などと疑問を投げかけている。石破派の鴨下一郎元環境相は役員会後、記者団に「国際社会では国民的求心力のある首相には任期の制限がない」と総裁任期延長を容認する考えを明らかにした。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201610/CK2016100602000146.html


2. 2016年10月06日 08:54:07 : F18LPoOu9k : 9xuIZ5GOIQU[1]
>国民的求心力のある首相
>国民的求心力のある首相
>国民的求心力のある首相

....誰のこと?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ