★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 259.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
平身低頭で党員に「赤旗」購読を呼びかける共産党 赤旗を読まない共産党員などあり得なかったが・・・(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/259.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 11 日 00:27:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

              しんぶん赤旗」の部数減少が止まらない(写真はイメージ)


平身低頭で党員に「赤旗」購読を呼びかける共産党 赤旗を読まない共産党員などあり得なかったが・・・
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48089
2016.10.11 筆坂 秀世 JBpress 


 東京の豊洲市場問題では、小池百合子東京都知事の活躍もさりながら、共産党の都議団が大いに活躍している。石原慎太郎元東京都知事の豪華海外出張などを厳しく追及してきたのが、共産党都議団だった。国会でも稲田朋美防衛相や菅義偉官房長官の白紙領収書問題を取り上げ、厳しく追及した。これらの追及は、大いに評価されてしかるべきだ。

 民進党との選挙協力でも東京10区や福岡6区で共産党が候補者を降ろし、野党統一候補を成功させた。両選挙区とも相手候補が圧倒的に強く、野党統一候補が勝利することは困難だろうが、共産党としては統一できただけでも大成功ということだろう。

■「しんぶん赤旗」日刊紙が休刊の危機か

 だが、喜んでばかりいられない深刻な事態が共産党を襲っている。その最大のものが「しんぶん赤旗」(以下「赤旗」)の部数激減である。

 共産党にとって「赤旗」は、二重の意味で党を支える最も重要な手段となってきた。1つは、財政面である。

「共産党の政治資金収支報告を見ると自民党に次いで収入が多い。共産党は財政が豊かだ」と指摘されることがある。だがこれは正確ではない。政治資金収支報告には「赤旗」の売り上げがそのまま収入として表示されているが、「赤旗」を発行するためには、記者などの人件費、紙代、印刷代、運送代など、さまざまな経費を必要とする。この経費を差し引けば、決して多くはない。

 平成26年分の収支報告によれば、収入は225億円となっている。このうち機関紙誌(新聞、雑誌)の収入が194億円であり、総収入の約86%が機関紙誌、つまり「赤旗」の売り上げが占めている。しかし、その発行経費が138億円かかっており、差し引き56億円が実際の収入ということである。

 ちなみに自民党の場合、収入は234億円で共産党とほとんど一緒だが、経費など一切かからない政党交付金が占めており、この額がそのまま実際の収入となっている。

 共産党の活動は、党員が納入する党費などもあるが、それはごくわずかだ。実際には大部分を「赤旗」の売り上げが支えている。

 共産党にとって深刻なのは、この「赤旗」が減り続けているということである。かつて発行部数は、公称350万部を誇っていた時期もあった。だが現在は、週1回の日曜版が100万部、日刊紙が20万部の合計120万部にまで激減している。

「赤旗」は、北海道から沖縄まで発行する全国紙である。それが20万部や30万部では、そもそも採算が取れない。十数年前から日刊紙は赤字で、それを日曜版の黒字で補ってきた。

『週刊新潮』(10月6日号)によると、日刊紙は発行するたびに月7000万円の赤字になっている。年間8億4000万円という巨額の赤字というわけである。早晩、休刊という事態に追い込まれる可能性すら出てきているということだ。

■繰り返されるキャンペーン、笛吹けど踊らない党員

 共産党も手をこまぬいてきたわけではない。この数年間をとってみても、何度も「赤旗」部数を増やすための「大運動」なるキャンペーンを繰り返してきた。だが増えるどころか、減る一方である。

 先月、共産党は第6回中央委員会総会を開き、来年1月に第27回党大会を招集することを決めた。ここでも志位委員長が、次のように述べて党員を叱咤している。

「いま党勢拡大の空前の条件と可能性が広がっており、それをくみつくした取り組みを行うことを呼びかけたいと思います。

 わが党が野党共闘という新しい方針に踏み出したことは、党と国民との関係を大きく変え、党に対する新たな注目、期待、支持が広がっています。(中略)

 いま目の前に大きく広がる党勢拡大の新たな条件と可能性を、あまさずくみつくし、『党勢拡大大運動』を必ず成功させようではありませんか」

「党勢拡大の空前の条件」とは、よく言ったものである。これまでも何度も何度も同じようなことを言ってきた。だが「空前の条件」などどこにもなかった。だからこそこの数十年間、党勢は上向きになるどころか、下降の一方だったのである。

 慶應大学塾長などを務めた小泉信三氏が、『共産主義批判の常識』(講談社学術文庫)という著書の中で、「職業革命家は、長短ともに職業軍人に相類するところがある。職業軍人が往々特有の偏視、誤算、希望的観測に陥ったように、職業革命家もしばしばそれを免れないのではないだろうか。吾々はこれに対して、着実に人民大衆の利害を思え、といわなければならぬ」と指摘している。

「職業革命家」というのは、共産党の指導者と解すればよい。「偏視」「希望的観測」とは言い得て妙である。軍の指導者が、その条件もないのに、「空前の条件」などと言って兵士を動かせば、大変な犠牲を出すだろう。一般の共産党員の立場に立てば、無駄な労苦を強いられるだけである。

■もはや党員も読まない「赤旗」

 私が在籍していた当時から、「赤旗」の拡大は、「党大会が終わるまで3カ月だけで結構ですから購読してもらえませんか」とか、「選挙が終わるまでお願いします」などという調子で増やすのが大半であった。増やしたといっても、ほとんどが3カ月程度の短期読者だった。3カ月後には、確実に減るのである。この実態を知らないわけがないのに、「空前の条件」などと言って、党員の尻を叩くというやり方は、もはや行き詰まっていると言わねばならない。

 2014年に行われた共産党の第26回大会では、「2010年代に『成長・発展目標』を実現するために、50万の党員(有権者比0.5%)、50万の日刊紙読者(有権者比0.5%)、200万の日曜版読者(有権者比2.0%)」にすることを決めている。

 残すところ3年余だが、目標に向かって前進するどころか、すべての分野で後退しているのが現状である。

 党員数は、公称30万人とされているが、政治資金収支報告にある党費の額から試算すると、党費を納入している党員は20万人程度という指摘も共産党研究者によってなされている。党費は納めないが党活動は熱心に行うなどということはあり得ない(私が入党した数十年前なら、党費を納めない党員は除籍させたものだ)。

■党員に向かって「心から呼びかけます」

 そして「赤旗」の2つ目の役割だが、レーニン以来、共産党機関紙は、党を組織し、党中央と党員をつなぐ最も大事なものだとされてきた。また広範な国民と結びつく最も重要な「武器」とされてきたのである。これも私が入党した当時は、「赤旗」日刊紙を読まない党員などあり得なかった。それだけで党員としての要件が欠落していると見なされたものである。

「赤旗」日刊紙の購読者で一番多いのは、もちろん党員である。だが市役所など役所関係にも、相当な部数が議員などによって入れられている。したがって、もし党員数が30万人、日刊紙の発行部数が20万部という数字が事実ならば、およそ半分の党員が「赤旗」日刊紙を購読していないということになる。

 実際、今年の8月28日共産党書記局から、「党員のみなさんに、『しんぶん赤旗』日刊紙の購読を心から呼びかけます」という文書が出され、翌日の「赤旗」に掲載された。前代未聞のことである。党員ですら「赤旗」日刊紙を読んでいないというのは、共産党にとって恥ずかしいことだ。まさに恥も外聞もなくである。

 昔なら、読まない党員は離党させてきた。だが離党させると党員はますます減ってしまう。党員に向かって、「心から呼びかけます」などと平身低頭でお願いしているのである。こんな革命政党があるだろうか。ブッラクジョークである。この実態のどこが「空前の条件」なのか。

 ところが事態は、さらに深刻になっているようだ。なんと今年の7月、8月で「赤旗」日刊紙が3万5000部、日曜版が7000部も激減したというのである(『週刊新潮』)。もはや「大運動」なるものが大失敗に終わることは確実だと言わねばならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月11日 01:03:00 : a8fR8otgX2 : JYkNnDBQg_Y[3]
いつものネガキャン

2. 2016年10月11日 01:37:02 : nz6zw9L83k : H85R8RtEodo[4]
読まなくなったわけじゃなくて、今までは党員一人で3部くらい購読していたのを
2部に減らした、とかそんなのが部数減の原因じゃないの?

3. 2016年10月11日 03:28:18 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[644]
今の時代、共産党員もオンラインで読むだろ。それより反共勢力が経済難で
赤旗買えなくなったんじゃないのか。かわいそうに。

4. 2016年10月11日 07:16:36 : bWASKEhfuU : AOIu5T__5W0[2]
>3さん購読数減の分析はかなり現実に近い。
 党員は地域に根ざして地道に生きている。

 特に地方は疲弊し収入減が購読減に拍車を
 かけている。生活そのものが深刻だよ!。


5. 2016年10月11日 07:41:19 : soyjLclnrQ : icYjuXo5Il8[1]
NHKやJBpressのクソ報道では本当のことがわからない。

6. 2016年10月11日 08:58:58 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[450]
>>1>>5

綾瀬コンクリ殺人共産党の実態について赤旗がまともに報じたことがありましたっけ?


7. 2016年10月11日 11:36:57 : kUxpCH3l2I : zC0AhjY3DDc[2]
6は安倍の末端のくそ工作員。

8. 新共産主義クラブ[2391] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年10月11日 13:42:12 : AdFWSGyYDo : nMGrl2Xv5qA[30]
 
 海外の読者向けに、しんぶん赤旗の、中国語版やスペイン語版を発行しては、どうだろうか。
 
 しんぶん赤旗の、日本語版よりも、中国語版の方が売り上げが大きくなったら、中国人読者による記事や党への影響を指摘する声も上がるかもしれないが、その当否は、あくまでも記事の内容次第だろう。
 

9. 2016年10月11日 23:42:05 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[459]
>>7
てことは>>7は殺人共産党の末端くそ党員てか 笑

俺がどうあれ

コンクリ殺人の中に共産党員がいたことは事実ですが何か?


10. 2016年10月11日 23:43:01 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[460]
>>8

何の得があるんだよ 呆

日本で参政権付与できるくらいのことでないと興味なんて示すわけないだろ


11. 2016年10月12日 01:59:43 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[468]

The 売国奴

共産党「日韓合意が 
あっても慰安婦に賠償しろ!!

個人賠償責任は消滅しない!!」
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/300.html#c1

>文鮮明と金日成が和解した92年以降は、
この従軍慰安婦問題に朝鮮総連系の在日も運動に関わるようになり、
北朝鮮の“ニセ慰安婦”が続々と現れ、
「日本兵は慰安婦の首を日本刀で切り落として、それを煮て、
煮汁を飲まされた」などと国際社会に言いふらしているのだそうです。


では、そもそも統一教会がこの「性奴隷問題」をでっち上げたのなぜか? 
理由は複合的で、日本と日本人の国際的信用を貶め、
韓国に賠償金を払わせ、在日韓国朝鮮人の政治的立場を優位にし、
さらに日本人女性を洗脳して
「人身売買の商品」に仕立て上げるのが狙いだったのです! 
日本女性に贖罪意識を植え付け、
「自分が似た境遇になることで罪の償いをする」と信じ込ませる
トリックが含まれていたのです! 


Aさんによると、事実、私の姉のように、このトリックですでに
数千人の日本女性が統一教会の「人身売買の商品」に仕立て上げられ、
とくに需要の多い韓国の田舎に売り飛ばされたそうです! 


私はこの話を聞いて、愕然としました。
さらに(Aさんとは別の人から)あの辛淑玉も統一教会系の団体の講演
などを引き受けていると聞いて、在日韓国朝鮮人という人たちが
信用できなくなりました。  

http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/794.htmlより抜粋
私の姉は韓国統一教会に洗脳され、事実上の性奴隷として韓国に連れ去られてしまいました。(wantonのブログ)


結論 共産党も統一教会も在日コリアンも従軍慰安婦捏造利権の同じ穴の狢

これマジ!

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い

12. 2016年10月12日 10:25:57 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[475]

【統一日報】戦後、多くの在日朝鮮人が日本共産党に入った
beチェック
1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2016/10/12(水) 08:45:49.86 ID:CAP_USER.net

目を覚ませ 在日韓国人たち(2) 迷いが混乱を生み、活力失う
反共民主主義に忠実だった時代、民団は輝いた

 われら韓国人、在日韓国人は誰なのか。そして、われわれは今、なぜ混乱し不安なのか。韓国社会が今極度の混乱に陥っている原因は明確だ。建国からの68年間、国家は建設したのに、国の主人たる国民がまだ育てられていないためだ。何よりも、71年前に強いられた南北分断という根源的矛盾をまだ克服していないからだ。

1959年12月28日に出港した第3次北送船(小島晴則氏撮影)

 個人であれ国家であれ、目標がなければ迷い葛藤することになる。もちろん、大韓民国には明確な国家目標がある。いうまでもなく、北韓解放・自由統一だ。韓国社会の葛藤は、この明確な目標を否定することに起因する。

 韓国社会の今日の混乱、特に理念葛藤は、解放直後に似ているとよく指摘される。そのとおりだ。今の混乱の淵源は分断をもたらした解放空間である。1945年8月15日、植民地朝鮮に解放が突然訪れてきた。強大な軍国主義日本が降伏したのだ。自力で近代国家を建設する能力が備えられる前に解放がやってきたのだ。まったく準備されていないまま迎えた解放は当然混乱した。どういう国を建てるべきかについて具体的なビジョンと合意はなかった。

 軍国主義から解放されたのは、植民地朝鮮と朝鮮人だけではなかった。日本国民も軍国主義から解放された。日本社会は敗戦の衝撃があまりにも大きすぎたため、その事実を感じなかっただけだ。明確に感じなかったとしても、日本が軍国主義から解放されたのは、文明史的に見て否めない事実だ。
 
 解放された朝鮮人と日本人はそれぞれ異なる未来に向かって進むことになる。日本はまず戦前へ戻ること、つまり敗戦で破壊された街を回復することが目標だった。だが、朝鮮人たちにはそもそも戻るべき「以前」がなかった。戦いもせず国と民を日本に渡した封建体制の朝鮮王朝に戻ることを誰も望まなかった。

 南北韓は米軍とソ連軍に分割占領された。南韓には先進海洋文明が移植された。北韓にはスターリン主義・全体主義が暴力的に移植された。日本との関係が物理的に遮断されて日本の痕跡は急速に消され、韓日両国国民間の和解の機会も消えた。

 全体主義の暴力が本質であるスターリン主義は、暴力をもって短期間で革命的に移植することができるが、人間の認識能力と教養を前提とする自由民主主義は、容易に移植できるものではなかった。長年の努力と熟成が必要なのが人間の理性の活動だ。経済では圧縮成長も可能だが、認識と教養は短期間で成長できるものではない。

 解放空間で、在日同胞の求心体として登場したのは、不幸にも民族主義を刺激する社会主義者、共産主義者だった。在日朝鮮人は、当時の状況を客観的に判断し、将来を展望することができなかった。無理もない。1960年代になって独立を得るアフリカ大陸のほぼすべての国が社会主義を最も進歩した体制だと信じて受け入れた。自由民主主義と市場経済は、構成員に義務と責任と忍耐を要求するが、社会主義は簡単だった。平等という理念だけで充分だった。だから後に歴史の反動勢力だったと判明する共産主義を支持した。

 多くの朝鮮人が日本共産党に入った。共産主義や社会主義が20世紀の人類社会を後退させたという事実は、当時から見れば遠い将来に証明されるものだった。

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=81511&thread=19

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1476229549/



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ