★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 607.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
靖国参拝の議員 実は「票が欲しい」だけ 
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/607.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 18 日 22:50:16: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

靖国参拝の議員 実は「票が欲しい」だけ
http://79516147.at.webry.info/201610/article_141.html
2016/10/18 21:16 半歩前へU


▼靖国参拝の議員ども、実は「票が欲しい」だけ
 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は18日午前、秋季例大祭中の靖国神社を集団参拝した。議連は、自民党、民進党などから85人が参加したと発表した。

 安倍は、参拝を見送る代わりに「内閣総理大臣 安倍晋三」の名前で真榊と呼ばれる供物を奉納した。

 質問されると判で押したように「英霊に誠をささげる」、などともっともらしいことを言うが、彼らの靖国参拝の狙いは別のところにある。

 票だ。票が欲しいがために参拝を繰り返しているだけである。ところが、肝心の遺族会は高齢化で会員は減少の一途をたどっている。労働貴族の連合と同様の、「組織の空洞化」が進んでいる。

 実態のない組織にすがりつく。湯船が空の銭湯に通っているようなものだ。このあたりがずれている証拠。それにしても合点がいかないのが、小泉進次郎ら若手議員の靖国参拝。欧米では靖国神社を「戦争神社」と呼んでいることを承知なのだろうか?

 なぜ、靖国神社がそう呼ばれるか、知らないのではないか?おそらく、「先輩議員が行くのでついて行く」程度の認識だろう。なぜ、天皇陛下が参拝しないかを理解していれば、あんな場所に行くはずがない。

 とにかくいい加減な議員が多い。中途半端な人間が、生半可な考えでチョロチョロする。こう言うのを見ていると、がっかりどころか、不快になって来る。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月18日 23:14:57 : KCZIr5cOkU : S5XLuAfb0as[11]
戦没者への慰霊をするなら、何故千鳥ヶ淵戦没者墓苑に行かないのか?

何故靖国という特定のカルト宗教施設に行く必要があるのか?
靖国神社「神社」と言いながら、他の神社と比べても鳥居の向きも違うし、参拝の仕方も違う。神道ではないカルト教だ。

靖国は元は長州田布施の道教のカルト宗教施設が、明治時代になって長州が官軍になり東京に移設された宗教施設で、神社でもなんでもない。

道教はそれこそネトウヨが大好きな中国の民間信仰の宗教で、死者を鏡に移して行き返らせるというカルト宗教だ。

現にここでは戦死者の名前を鏡に映して、軍神にするというキチガイじみたことをしている。

参拝についていろいろ言っているネトウヨ連中は、何故陛下が靖国に参拝しないか、その理由を考えたことがあるのか?陛下は千鳥ヶ淵に行くぞ。

心から戦死者に敬意を示すのならば、千鳥ヶ淵に行け!


2. 2016年10月18日 23:18:38 : TJ3Kmfl8RM : owgxlGNLOUs[1]
<オーストリア>ヒトラー生家の解体検討
オーストリア政府は17日、北部ブラウナウにあるナチス・ドイツ総統、アドルフ・ヒトラーの生家だった建物の解体を検討していると明らかにした。
◇「ネオナチ聖地化」を警戒
 地元メディアによると、政府は生家が「ネオナチの聖地」となることを強く警戒。ソボトカ内相は17日、第三者委員会が「建物の大規模な改装が適切」と答申したことを受け、生家を解体して別の建物を建て、慈善団体などに利用してもらう考えを示した。(毎日新聞 10月18日(火)11時24分)


顧みて、日本のA級戦犯の生家は「帝国陸海軍神の聖地化」されていることはないであろうか。靖国神社はどうなんだろう。安保法制によって海外進出して戦死者がでればその御霊を靖国神社へ奉納すべく稲田防衛大臣なら当然考えているのであろう。オーストリアに倣って、解体以外の道はなさそうである。


3. 2016年10月19日 01:19:29 : dKhliHMqQY : EJZvDhTuJQk[104]

遺族会を解体すればいい。国の為に何の役にも立ってないだろ。

いつまで戦争をネタにして国から人並み外れた年金を取るのか。

靖国神社か護国神社の邪義に殺されたんじゃないのかよ南方に送られて。

大本営の軍部が殺したんじゃないのか国の為だと国民を騙して。

遺族会が戦後レジュームの正体だろ。なんで集団的に狂ってるんだ。

昔は護国でも今の時代は護憲こそ価値がある。改心してください。



4. 2016年10月19日 10:12:11 : unA9hWYW1I : ZvrK62aHhUQ[194]
●いつも疑問に思うのは、安倍一味ら極右どもが、執拗に「アジア太平洋戦争」の美化正当化やら、「戦前ノスタルジー回帰」妄論等を、喚き立てて恥じないが、一体あの敗戦亡国の破綻地獄へと陥った過程で、尊い犠牲となった数多の戦没犠牲者の中、どれほどの人々が、それぞれの非業な最期に臨み、ヤツらの戯けた言説に、再び日本を愚かな戦争へと誤導させた道に、不遜勝手極まる忖度で、尊崇するいわゆる「英霊」の全てが、あたかも共感し賛意を示すとでも、看做しているのか!!

●恐らく殆どの戦没犠牲者は、二度と再び決してあの愚かな戦争への道を、後世に辿らせることがあっては成らぬとの、強固な悲願のもとに、非業な最期に臨んだに違いない筈だ!!

●もしそうならば、安倍一味ら極右どもは、慰霊と称して己の野望に利用するために、膨大な戦没犠牲者の真意と切なる悲願を、勝手に無視蹂躙するという、それこそ英霊を冒涜する二重の大罪を、犯していることではないのか!!


5. 2016年10月19日 12:35:25 : ZQaUpuhUK2 : cc0dtlqGZdo[68]
票が欲しいから参拝するのですよ。「戦争神社」だと知って参拝するのですよ。
靖国は神社ではなく、「東京招魂社」であり、鎮魂とは無縁。戦死者の魂を呼び寄せ、生きている人間に死者の復讐心を乗り移らせる呪術の場。
靖国参拝を命令しているのはアメリカのジャパン・ハンドラーやCIAネオコン。
戦後、アジア侵略の象徴的な存在である靖国を焼却するはずでしたが、それを阻止したのがCIAと深く結びついていたスペルマン枢機卿の高弟ビッター神父で、ビッターもCIA人脈。
アメリカ好戦派に従属する安倍首相がアジア侵略の歴史を書き換えようとしているように、靖国参拝させているのも安倍首相の飼い主であるアメリカ好戦派。
安倍首相の飼い主に尻尾をふっていれば、不正選挙で議員にしてもらえるのです。

6. 2016年10月19日 17:36:10 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[1458]
大室長州神社ともいうね。安倍の親族が戦犯で祀られているのかも?政教分離ができていない証拠だ。

7. やもめーる[-319] guKC4ILfgVuC6Q 2016年10月21日 00:00:58 : gB0sUrFXp2 : jdr1feKRAm4[-16]
>>5
やはり893組織よりも狡猾で悪辣なイスラエルエセユダヤマフィア組織
ジャパンハンドラーズは解体すべきで。イスラエルとは国交断絶
もやむなしである。イスラエルよいつまで被害者妄想ぶるのだ!?
そろそろゲームは終わりだ!!

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
8. 2016年10月22日 22:34:51 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[248]
『<ヤスクニ>は既に存在根拠を失った“廃虚”である。』

<ヤスクニ>とは、天皇を“神”に祭り上げた<大日本帝国憲法>下でのみ通用した“カンペイ社”であり、古代以来の由緒・伝統ある「神道・神社」とは全く無縁の存在なのである。(所謂<神道連盟>も大半はこの“カンペイ社”の残党であり、神道を名乗る資格すら無いのである。)
<ヤスクニ>の財政は、火の車状態にある。
だって、<ネトウヨ・エセウヨ族>は少数派であり、ろくすっぽ寄付&賽銭しないし、<政治家・企業>は寄付できない仕組みになっているからである。
同じカルトでも、<ソーカガッカリ>や<コーフクノカガク>の方がよっぽど資金力を持っている。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ