★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 114.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「米比の橋渡し」とは笑わせる  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/114.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 27 日 10:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

フィリピンのドゥテルテ大統領(左)を出迎える安倍晋三首相=26日午後5時41分、首相官邸、恵原弘太郎撮影


「米比の橋渡し」とは笑わせる
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/10/27/post-5595/
27Oct2016 天木直人のブログ


 繰り返すが、私がここで書きたいのはドゥテルテ大統領の訪日の実態の事ではない。

 それを報じるメディアの事だ。

 ドゥテルテ大統領の訪日の実態については書くまでもない。

 ドゥテルテ大統領の訪日は日本にとって大きな誤算に終わったのだ。

 ドゥテルテ大統領の訪日を決めた時点ではこんなはずではなかったに違いない。

 巡視船などを供与し、日比間で対中包囲網を謳い上げるつもりだった。

 しかし、先に中国を訪問され、その中国で南シナ海の棚上げを宣言された。

 もっと衝撃的なのは、米比軍事同盟の破棄を宣言されたことだ。

 日本は完全に思惑が外れたのだ。

 といって、今からドゥテルテ大統領の訪日を止めるわけにはいかない。

 だから、今度のドゥテルテ大統領の訪日の実態は、いかにダメージコントロールするかであった。

 しかも、それさえもうまくいかなかった。

 ドゥテルテ大統領は、日本に来てまで反米の言動を繰り返したからだ。

 日本に到着した早々、在日フィリピン人の集まりで対米自立を訴え喝采を浴び、2年以内に米軍に出て行ってもらうと、時期まで明示して、同盟見直しを公言した。

 驚くべき事に、サタヤ外相ですら、日本記者クラブで、米軍とフィリピン軍の合同軍事演習は中国側の疑念を高めることにつながりかねないと言ってドゥテルテ大統領の任期中の中止を示唆した(10月27日産経)

 すかさずアーネスト米大統領報道官が不快感を示した。

 日本にとっては面目丸つぶれだ。

 このようなドゥテルテ大統領の訪日の実態をメディアはストレートに報じない。

 それどころか、どの新聞も、首脳会談で、南シナ海を「法の支配で解決」、「平和的に解決」、で合意した事ばかりを強調する。

 そこまではいい。

 私が予想した通りだ。

 しかし、「米国の重要性共有」(産経)や、「米とフィリピンの橋渡し」(日経)、「対米融和呼び掛け」(東京)などとメディアが書いたのには笑ってしまった。

 どこにそれが出来たというのか。

 ドゥテルテ大統領の訪日を大手メディアはどう報じるか、目が離せないと私は書いたが、ここまでウソを書くとは思わなかった。

 それほどドゥテルテ大統領の訪日は安倍首相にとって手に負えなかったということである(了)


             ◇

「米国との同盟は重要」安倍晋三首相との会談で一致 南シナ海問題の平和的解決でも
http://www.sankei.com/politics/news/161026/plt1610260033-n1.html
2016.10.26 22:08 産経新聞

 安倍晋三首相は26日夜、フィリピンのドゥテルテ大統領と官邸で会談し、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題を念頭に、日米同盟と米比同盟のネットワークが地域の海洋安全保障を促進することを期待する共同声明を発表した。ドゥテルテ氏は米国を敵視する姿勢を強めていたが、アジア太平洋地域の平和と安定には米国の存在が重要との認識を共有する形となった。

 両首脳は共同声明で、南シナ海問題の平和的解決に向け、自制と非軍事化の重要性も確認した。ドゥテルテ氏は会談で「国際法に基づき平和裏に問題を解決したい。われわれは常に日本の側に立つ」と表明。南シナ海をめぐる仲裁裁判所の裁定について「判決に基づいた話しかできない」と尊重する考えを強調した。首相は共同記者発表で「紛争は武力に訴えず、平和的に解決する重要性を確認した」と述べた。

 両政府はフィリピン海軍の警戒監視能力向上のため、日本政府が海上自衛隊のTC90練習機5機を比海軍に有償貸与する取り決めに署名した。日本政府が防衛装備を国外に移転するのは初めて。比海軍はTC90を南シナ海での警戒監視活動のほか、人道支援・災害救援などに活用する。比海軍パイロットの教育・訓練でも協力。大型巡視船2隻とテロ対策のための小型高速艇の供与でも合意した。

 首相は会談で、ドゥテルテ政権の麻薬撲滅対策を支援するため、麻薬中毒者の更生支援策などを年内に具体化したい考えも伝えた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月27日 10:50:27 : iEiuOAx65I : T0Nn81492ME[5]
ドゥテルテ氏「厚遇」、首相の思惑 米への橋渡し役探る
2016年10月27日08時05分 朝日新聞

 安倍晋三首相は26日、フィリピンのドゥテルテ大統領との会談に臨み、ドゥテルテ氏ゆかりの地などへの経済支援策を表明した。日本政府挙げて「厚遇」を演出する一方、欧米が批判する「人権問題」を抑える独自の対フィリピン外交に乗り出した格好だ。

 「ミンダナオ和平の定着に向けた農業促進事業に関する合意を歓迎する」「ミンダナオ和平に関する大統領の取り組みを支持し、高速小型艇供与を決定した」――。安倍首相は会談後の共同記者発表で、「ミンダナオ」という言葉を繰り返した。

 ミンダナオ島はドゥテルテ氏が長く市長を務めたダバオ市があり、「政策的に最も重視している地域」(外務省関係者)。高速小型艇供与は8月、岸田文雄外相が同氏とダバオ市で会談した際に直談判された案件で、「異例のスピード」(外務省関係者)での対応だった。

 首相は、ダバオを含む「首都圏と地方部の両方でのインフラ整備」も表明。「力強く支援していく」と語り、会談冒頭で「経済的な目的のために旅をしている」と強調したドゥテルテ氏に秋波を送った。

 一方で、首相は会談冒頭でも共同発表でも、ドゥテルテ氏が米国や国連から非難の的にされている麻薬犯罪対策をめぐる「人権問題」には触れなかった。「最も感情的になるテーマ」(日本政府関係者)と判断したからだ。

 400万人が麻薬犯罪に関わるとされるフィリピンで進む「作戦」では、警察の捜査に抵抗して殺害された人が1711人(今月24日現在)に上る。日本の首相として、ドゥテルテ氏にどのように発言するのかが注目されていたが、ドゥテルテ氏は25日夜、東京都内のホテルで演説し、「米国や欧州連合(EU)は私を攻撃し続けている。あのバカどもは」と改めて発言していた。

 日本側の対応の背景には、訪日に向けて重ねてきた分析がある。石川和秀・駐フィリピン大使が各国大使の中で最初に会談するなど、5月の大統領選勝利直後から接触。ドゥテルテ氏の性格について、「麻薬犯罪が深刻化している現地の事情を踏まえず一方的な批判を加えれば、親日派といえども受け入れがたい」と結論付け、人権問題への直接的な言及を避ける方針を固めた。

 代わりに、日本側は「厚遇ぶり」を演出した。25日にドゥテルテ氏が日本に着くと、岸田外相が高級料亭で接待。岸田氏は予定時刻から15分ほど遅れたドゥテルテ氏を、店の前で待ってみせた。

 視線の先には、日本独自の対フィリピン外交がある。外務省幹部は「親日家だからこそ、米国とも中国とも違う立場で、日本にしかできない外交ができる」。米比関係が冷え込む中、日本がフィリピンとの協力関係をつなぎとめ、中国を牽制(けんせい)しつつ米国への橋渡し役を担いたいというわけだ。

 「人権問題」を抑え、まずは経済協力を前面に出す――。外務省幹部は「2人が会うのはまだ2回目。まずは親密な関係になってくれればいい」と話すが、ドゥテルテ氏をつなぎとめ続けられるか、成果が問われるのはこれからだ。(鈴木暁子、武田肇)

http://www.asahi.com/articles/ASJBV7QD1JBVUTFK01X.html


2. 2016年10月27日 11:03:58 : ko7D6voqkE : MqUbGQI7@3Y[74]
> しかし、「米国の重要性共有」(産経)や、「米とフィリピンの橋渡し」(日経)、「対米融和呼び掛け」(東京)などとメディアが書いたのには笑ってしまった。

しかし、ドゥテルテ大統領が国際仲裁裁判所の判断は拘束力があるとの認識を示し、「ときが来たときには日本の側に立つ。安心してほしい」と述べたことを天木直人が書かないのには笑ってしまった。ここまで隠蔽するとは思わなかった。

南シナ海問題、「日本の側に立つ」=安倍首相との会談で比大統領
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00000065-reut-cn
[東京 26日 ロイター] - 来日中のドゥテルテ比大統領は26日、安倍晋三首相との首脳会談で、中国との間で棚上げした南シナ海問題について、「いずれ語らなければならない問題だが、いまそれを語るべきときではない」と語った。
その上で、「ときが来たときには日本の側に立つ。安心してほしい」と述べた。


3. 2016年10月27日 11:18:19 : aLc3lMJt4g : xJ_azgg26V8[1]
>2

自分の国のために気前よくポンポン札びら切ってくれる奴には

それがどれほどイカレたチンピラだったとしても

「この馬鹿が」と思いながらいちおうお体裁くらいは言うわなあ。


そもそも真に受ける方がおかしい。


この間わざわざアフリカくんだりまで行って血税ばら撒いて
言うこと聞かせようとして見事に失敗して
地球中の笑いものになったのは誰?


4. 2016年10月27日 11:21:48 : Szw5T4twqU : tMYIXtEuBoE[32]
>02
日米の側に立つと言っていないところが味噌!

5. 2016年10月27日 12:42:31 : uqsT5xNuEk : NFLeclXUj60[1]
日本側に立つ=沖ノ鳥島を岩にしてやる

南沙問題でふざけた裁定を下した報復としてふさわしいね
利害で国際関係を考えられない愚か者の結末
完全なるお笑いだ


6. 2016年10月27日 14:04:36 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[124]
頑張れ
ドゥテルテ大統領
 と言いたい気持ち

今の米国に味方を増やしてはいけない

端的に言えば
米国 戦争屋
日本 下請け
下請けの仕事を減らすには戦争屋の味方を減らすこと
ここまで来てしまった日本の現状からはそう願うしかないね


7. 2016年10月27日 17:37:49 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[269]
ドゥテルテ大統領は「嫌米」で『親日』だから、安倍首相がうまく立ち振る舞えれば橋渡し役が務まるのか!

相変わらず、甘ちゃん的な感覚ですね。訪日前のドゥテルテ大統領は「南シナ海問題」について<日本が
「多国間協議」を提唱したいのなら、『中国との2国間協議』の後にしてもらいたい>と言ってたの。
フィリピンは米国の飼犬じゃない「決別する」!中国とロシアの『友人』になりたいと宣言したのにね!

ロシアは<南シナ海周辺の緊張や地域の軍事化拡大は断固反対だと、唯一の手段は【国際法】を基盤とする
交渉である。それは『1982年の第三次国連海洋法会議最終議定書及び条約』の文書を基に相互に
(ASEAN諸国及び中国間)受け入れ可能な解決を見だす必要がある>という立場に立っている。

「国連海洋法条約」第298条は、当事者間の紛争が大陸、又は島嶼の主権に関連する場合は、『強制仲裁』を
受け入れるべきではないと規定している。中国は2006年に「強制仲裁を排除する」政府声明を発表したと。

だが、米国はこの≪国連海洋法条約≫を批准していません。アメリカ独自の【国際法】を実施するのかな?


8. 2016年10月27日 22:21:11 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[1214]
安倍総理ってなんの能力もないんだな
じゃあおまえがやってみろと言われても
自分みたいな馬鹿じゃ政治なんかできるわけもないんだけどさ

9. 2016年10月28日 04:48:33 : JE8FIsjhno : kS0baiusH0M[-5]
アメリカの犬だよね、

安倍晋三不正選挙が一味は?

アメリカが何とかしろ!

と、言われたんだよね♪

橋渡しの語意を知らないんだ!

バカ丸出しだよね!

[32初期非表示理由]:担当:重複コメント多数により全部初期非表示

10. 嫌韓[237] jJmK2A 2016年10月28日 09:32:54 : OvG0t9BHtw : AA24S4xouLY[1]
安倍首相が日米比でシナの包囲網を作り、シナに圧力をかける気満々であった事は
事実だろう。
それがドゥテルテ大統領のシナへのすり寄りにより挫折した事も確かだ。

しかし、それがそんなにうれしい事か?
日本の国益に照らしてマイナスになった事をそんなにうれしがってどうする。
まあ、天木は売国奴だからわかる様な気もするが・・・

これで、シナはアジアで覇権を握ったなんて言いそうだが、
そうはいかの金玉。

ドゥテルテは曲者だ。
習近平と会ったドゥテルテ大統領はポケットに手を入れたままだった。
ガムを噛みながら習近平と握手していた。
(本人は口内炎の薬だと言い張っていたが・・・)
シナに下った訳ではないと態度で示していた。

日本にもリップ・サービスは色々言っていた。
米国への発言もたぶんにはったりの感がある。

日米中の間を上手く動き回り、実利を得ようとする、いや得た
したたかな大統領だ。

3国間を上手く泳ぐことにより、ひよっとすると、
アジアの安定に大いに尽くす人物になるかもしれない。


11. 2016年10月28日 09:47:20 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[105]

>米比の橋渡しとは笑わせる

だよなーっっ=3

自民党系の馬鹿ウヨ族の言うことは落語レベルを遥かに上回って世界中に爆笑の渦が広がる。

自民党系の奴らは頭から馬鹿丸出しだから抱腹絶倒で片腹が痛くて痛くて笑いすぎて笑止千万への道をまっしぐらですよ。

哀れな嫌韓も犠牲者の一人ではないのか。

あいつは能無しのくせに人の言うことを聞かないで威張りたがるだけの単なるアホだ。



12. 2016年10月28日 09:51:35 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[106]

日本の馬鹿ウヨはフィリピン大統領より格上になりたがってる。

無理だろうな。

大統領は実行力が遥かに上だ。それに庶民に歓迎されている。

いずれドテルテ大統領はアジアのバカウヨを駆逐するはずだ。

最終的にアメリカもフィリピンに同調することになるだろう。


13. 2016年10月28日 16:54:44 : nlvnyzGTAJ : XLFsGhHcIP8[72]
ドゥテルテ大統領が中国で発言した内容は実は発言しなかった問題点にある。
すなわち領土問題にはあえて言及しなかった点にある。

領土問題に固執して対決姿勢を煽るのはフイリッピンにとって外交的にみて得策ではない。
アキノ政権の対米追従は現在の中国との関係を配慮するとデメリットが大と判断したのが現政権である。
安倍晋三首相との首脳会談で、中国との間で棚上げした南シナ海問題について、「いずれ語らなければならない問題だが、いまそれを語るべきときではない」と語った。

すなわち領土問題を棚上げして両国の経済的発展を期することが国益と判断したことだ。

日本は棚上げしいた尖閣諸島の領有権を石原氏が都知事の立場でアメリカのヘリテージ財団であえて取り上げ日中の対立を煽った。


14. 2016年10月28日 20:42:31 : RQpv2rjbfs : DnS7syXjc2g[384]
日本もぼちぼちアメリカを見限らなきゃだめだ、見切り千両。オーストリアの核禁止決議案が良い機会だった。決然と反対に加わらなけりゃあだめだ、日本はどこまでヘタレなのだ。情けなくて涙がちょちょぎれるわ。勝手に反対するな安倍のバカ。

15. 2016年10月28日 23:29:09 : 1mw2K3yIKU : 7QXkDsEo49U[11]
フィリピンに子供扱いされた安倍総理 早く政治家を辞めて 中国で勉強しなおしだ。
アメリカでは受け入れない だってアメリカはアホを教育する余裕はない。

16. 2016年10月29日 15:41:38 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[706]
ドゥテルテ大統領からしたら安倍の前では適当なうれしがらせをいっときゃいいんだよ。
それをまともに受け取るならその程度の頭なんだから。
そもそも安倍自らが常習的嘘つきなんだからそんな相手に適当なことを言っても責任問題にはならない。
何か問題にするようなら安倍のように「私はそんな事一言も言ってない」でよし。
あるいは「指摘は当たらない」でもよし。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ