★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 169.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
訃報  産経読者よ、三笠宮さまの死に際し、逝去だ薨去だという教養云々の前に、故人の人柄を偲ぶべきではないか
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/169.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 28 日 14:32:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【訃報】 産経読者よ、三笠宮さまの死に際し、逝去だ薨去だという教養云々の前に、故人の人柄を偲ぶべきではないか
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/d41f60f7c9ab7b634b8b725ba8efcfcc
2016年10月28日 のんきに介護


外教
@yuantianlaoshi さんが

こんなツイート。

――今日の今日まで「薨去」なんて言葉知らなかった連中が「『逝去』を使うマスコミは不敬!産経はさすが」ってドヤ顔してるけど、死ぬほどどうでもいい。〔1:24 - 2016年10月28日 〕—―

同感だな。

タイトルに記した通り、

メディアから伝えられるべきは、

皇族であろうと、

故人の人柄ではないかと思う。

たとえば、emi kiyomizu @kiyomizu5 さんが

ツイートされているようなことだ。

――三笠宮さまのお言葉だそうです。
「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、私は経験してきた。」〔17:30 - 2015年12月19日 〕—―




転載元:非自公民の脱原発に一票(しろ)@xciroxjp さんのツイート〔21:30 - 2016年10月27日

Shinji Noma @aihiroshima さん発信の、

こんなお話もある。

――三笠宮崇仁逝去の報。マルクス主義歴史家の服部之総と親密で彼の日本近代史研究会に参加していた。服部の没後の記念集会で当時、研究会の人々と浅草のストリップショウを見たり焼き鳥屋に行ったりしたことを回顧されている。戦後間もない此の頃がご本人にとって一番楽しかったのではなかろうか。合掌。〔13:13 - 2016年10月27日 〕—―

また、

NHK9が珍しく詳しく伝えていることがある。


転載元:徳永みちお@tokunagamichio さんのツイート〔21:17 - 2016年10月27日

こんなお言葉もあるぞ。

agroecotech@agroecotech さんが

伝えてくれている。

――「新聞やラジオは、日本人の悪いところは言わないし、相手の良いところは言わない」
今の話ではありません、三笠宮さまの、戦中のお言葉です
日本人もメディアも、70年以上、全く進化しない
アタマがお花畑...
http://npx.me/dcZp/a3Qa #NewsPicks〔23:10 - 2016年10月27日 〕—―

100歳没とのことだ。

大往生という言葉を思い出した。

合掌



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月28日 16:35:46 : Mq4aFWeBrA : eZU99bpvRyU[3]
――三笠宮さまのお言葉だそうです。

「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、
真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、私は経験してきた。」

−応援隊がまさに今、政権の言葉として
 発している事はここにはじまっている。


2. 2016年10月28日 17:06:39 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[957]
〈新政策が発表されるや、軍司令官はただちに「四悪」を禁止するという厳重な命令をくだした。四悪というのは略奪、暴行、放火、強姦のことである。(中略)ある第一線の大隊長のいうことがふるっていた。今までは敵のいた家は焼きはらって進んだので、自分の大隊の第一線がどの辺を前進しているかすぐ分かった。ところがこんど放火を禁ぜられてみると、第一線がどこにいるかさっぱり分からない、と。まったく笑えないナンセンスであった〉

〈聖戦という大義名分が、事実とはおよそかけはなれたものであったこと、そして内実が正義の戦いでなかったからこそ、いっそう表面的には聖戦を強調せざるを得なかったのではないか〉

 当時から、聖戦への信念を完全に失っていたと明かされているのだ。

http://www.dailyshincho.jp/article/2015/12070705/?all=1


逝去した三笠宮が語っていた歴史修正主義批判! 日本軍の南京での行為を「虐殺以外の何物でもない」と

http://lite-ra.com/2016/10/post-2651.html
_________________________________________________________________________________

ウヨ連中の 言い訳の如く展開する 「戦後の連合国による摺り込み」 なんてまったく関係ない
三笠宮崇仁親王は、大本営参謀という 文字通りの 「日本軍の中枢」 にいた人物であり
当時の日本軍の行動を 実際に見てきた生き証人でもある

当然の如く 崇仁親王は 皇族方 したがって なるべく日本軍の醜悪な行状は見せないようにと
周りの幕僚は 残虐行為など秘匿するに決まっているだろうが それでも隠し切れないほど
残虐行為は 「目に余った」 という事であろう 実際 戦後ではなく【戦中に】 苦言を呈している


「太平洋戦争(大東亜戦争)開戦後、陸軍大尉時代の1943年(昭和18年)1月から翌1944年(昭和19年)1月まで、コードネーム「若杉」(姓は印にちなんで作られた)として南京の支那派遣軍総司令部に勤務。三笠宮は「軍は中国との戦争が長引き戦闘が泥沼状態になっており、軍紀が乱れている者が一部いる事を深く反省すべきである」と総司令官に言い対中政策のブレーキ役となった[1]。総司令部は着任に際して部隊内に通達を出し、勤務中の待遇及び食堂での食事の際の礼遇について周知している。若杉の正体は秘匿されていたため、部内にはかなり後期まで若杉が三笠宮であることを知らない者も多かった。支那派遣軍勤務中には、中国語のエキスパートであった通訳の木村辰男から中国語と中国事情を学んでいる。また、中国共産党の八路軍に興味を持ったことは後の考古学への関心に影響を与える[2]。その後、大本営参謀に転出。(ウィキより引用)」


もう、言い訳は通用しないぞ馬鹿ウヨ諸君 まさか 三笠宮崇仁親王までも 嘘つきだと言い張るつもりかな?


3. 2016年10月28日 20:53:02 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[144]
偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、
真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、
私は経験してきた。

戦後71年を超えた今でも、この国は全く成長していなかったんだね。
というか、21世紀に入って急激に退化してきたわけか。
このお言葉の意味を、三笠宮さまの御遺言として、
今こそ国民一人ひとりが強く肝に銘じるべきである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ