★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 221.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「今まで米国追随外交だったが、たまには…」 二階氏(朝日新聞)-TPP批准に米国が一緒についてきてくれたら良い
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/221.html
投稿者 JAXVN 日時 2016 年 10 月 29 日 18:34:35: fSuEJ1ZfVg3Og SkFYVk4
 

「「今まで米国追随外交だったが、たまには…」 二階氏
朝日新聞デジタル 10/29(土) 16:28配信

■二階俊博・自民党幹事長

 (TPP批准について)米国大使館レベルに話を聞いてみると、自分らが逡巡(しゅんじゅん)しておきながら、日本に期待すると。しかし私は、そんなことがあっても良い。今まで経済問題でもみんな、米国に追随していく外交だった。たまには日本が、米国が甲乙の判断がしがたい状態でも日本はこう考える、だから遅れてでも良いから米国が一緒についてきてくれたら良い、という外交があっても良いんじゃないか。

 そんなことを私が平気で言っていると、米側は黙って聞いている。「そりゃ困る」とかなんとか言わないね。(BSジャパンの番組で)」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000051-asahi-pol

「たまには日本が」って、普段は米国追従が基本という事ですね。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 佐助[3939] jbKPlQ 2016年10月29日 19:32:27 : EPbzpPtFcg : JZu5dAhutnk[78]
政府は,機軸通貨の交代と鎖国と高関税政策が認識できない「ジレンマ」に嵌まる

誰の巷の噂にも上らない,TPPの別の恐ろしい怖さがある,それは,世界機軸通貨の交代と海外市場の拡大による蜃気楼化された経済指数の怖さ,それは世界の信用膨張で、最も恩恵を受けた国が日本だからだ。そのため、日本は、最大の打撃をこうむる。

それは十年を経過しても、生産・販売・株式・雇用・投資・貿易の指数を回復できなかった。この恐怖の体験を日本は避けられない

ナチスドイツと軍国日本が、第一次世界金融恐慌から早く脱出できた決定的で、普遍的な要因は、世界の金融システムから隔離された「経済鎖国」のセイである。

どんな理由であれ、能動的であれ受動的であれ、「経済鎖国は、世界的金融バブルの打撃を軽減する。だが、経済現象の停滞は免れない」

しかも日本と米国への輸出依存度の高い国は、今回のスーパーバブルの台風の目に直接巻き込まれ、その影響からの脱出に時間がかかる。そして、このスーパーバブルの原因が、ニクソンのドルとキンの交換停止にあることを知らない。

ではナゼ、日本だけが、90年代に経験した失われた10年間の苦痛を、再び10年以上も経験しなければならないのか? 今度の苦痛は、いざなぎ景気越えの見かけの景気をともなわない。なぜなら、見かけのいざなぎ景気越えは、国内市場の縮小を海外市場の拡大によってカバーされた、蜃気楼化された経済指数が正体だからだ。


1929年の米国政府は、輸入商品に高関税をかけ規制した。外国投資流入は規制しなかった。いや、外国投資の利益を防衛するため、高関税政策を採用していたのだ。

この米国の高関税政策に対する各国の報復関税が世界に普及したために、世界貿易が三分の一になり、第一次世界信用収縮恐慌は発生したのだ、と経済学は総括した。
だから今日、世界のエコノミストは全員、超関税自由貿易?義者なのである。つまり、関税をゼロにし、自国の農業や中小企業を壊滅させても、世界信用収縮恐慌の再発は絶対に防止すべきだと信じているのだ。そのため信用収縮の怖さを認識できない。

そのために、世界信用収縮恐慌を発生させる世界機軸通貨の交代は見えない。そして、迫りくる二番底・三番底の崩壊のインジケーターの足音が振り切れるタイミングも予知できない


2. 2016年10月30日 07:18:50 : SeQLYK4hbo : OjZFZSMHWTw[1]
アメリカの本当の権力者は日本が先にTTPを批准するのを待っている。ヒラリーもトランブもTTPを止めることはしない。実際はTTPには賛成となる。

アメリカの国際多国籍企業の 言いなりなのが今の安倍日本。


3. 2016年10月30日 07:21:13 : MpdWe4afJY : M29zU@RYGjg[2]
2さん然り ヒラリー、トランプはTPP批准
見込み国に積極的に呼びかけはしていない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ