★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 222.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
核兵器禁止条約、国連での賛成決議に日本は反対、これが美しい国か?(まるこ姫の独り言)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/222.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2016 年 10 月 29 日 18:40:19: AtMSjtXKW4rJY gqmCs4LBgrGSbpGg
 

http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2016/10/post-918f.html
2016-10-29


世界で初めて原爆が二発も落とされた国が、国連での採決、核
兵器禁止条約に反対だなんて。。。。

本来なら、日本が賛成の主導を取るべき立場だろうに。。

「核兵器禁止条約」決議が採択 日本は反対
           日本テレビ系(NNN) 10/28(金) 13:31配信

>国連総会の委員会は27日、「核兵器禁止条約」の交渉開始
を柱とする決議案を賛成多数で採択した。採決ではアメリカなど
核保有国に加え日本も反対した。

>岸田外相は決議案に反対した理由を「(反対理由は決議案が
)具体的、実践的措置を積み重ね、核兵器のない世界を目指す
という我が国の基本的立場に合致せず、核兵器国と非核兵器
国の間の対立を一層助長しその亀裂を深めるものであるからで
す」と説明。

なんでもアメリカの言う通りの国だけのことはある。

米国が反対と言えば、日本も反対と。


親分の言われた事には、自国民を泣かしても何の思いも至ら
ないのかご無理ごもっともで追従している。

それこそ、フィリピンのドゥテルテ大統領のツメノアカでも煎じて
飲んだら、少しは日本国民の方に顔が向くのではないか?

岸田外相は、もっともらしい理屈をこねているが、できるかどう
かはさておき、世界で唯一被爆した国としては率先して賛成に
回るのが筋だし、世界共通の認識として示すべきじゃないのか。

いつまでも米国のご機嫌取りでは情けない。

不思議な事に、これだけ米国の言いなりになっている国が、憲
法だけは、押し付けられてもいないのに押し付けられていると
言い張り、独自憲法を作ると詭弁を弄するのだ。

しかも原爆どころか、世界的規模の原発事故まで起こして、核
の恐ろしさを十分に体験した国が、反対の立場とはね。

この国はどこへ行こうとしているのか、何を発信したいのか。

核兵器を法的に禁止する枠組みについて、国連が本格的な議
論に乗り出すのは画期的なことだと言うし、だとしたら日本も積
極的に世界をリードするかと思いきや、何のことはない反対の
立場だと。

核兵器禁止条約に賛成した国は、被爆国の日本が反対という
立場を見て、キツネにつままれた気分ではなかろうか。

これもまた、不思議な国日本だ。

広島、長崎の被爆者の方々から、非難の声が相次ぐのも当然
と言えば当然の話で、まったく被爆者に対しての配慮もなけれ
ば、寄り添う姿もない冷酷な政府だ。

そして日本の立ち位置が、どうなっているのか支離滅裂状態だ。

日本政府は支離滅裂で良いかも知れないが、日本国民の多く
は、核兵器禁止条約に反対しているわけではないのに、一蓮
托生にされて悔しい思いをしているのではないか。

安倍政権は、勝手に決断するなと言いたい。

これでは世界からますます信用を無くす。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月29日 19:14:29 : ZixDEIawOE : EdeLn3Jzd1s[3]


        天皇の思も踏みにじり 醜い国にまっしぐら


       天皇よりエラいと 思い込んでる アホアベよ


   そんなに 核で もがき苦しみ血反吐を吐いて 死んで逝く 


        他国民と 日本国民を見たいか


              キチガイが



2. 2016年10月29日 19:38:05 : ZixDEIawOE : EdeLn3Jzd1s[4]


https://www.youtube.com/watch?v=71Fmm4B1gts


        鈍感なやつは コレ でも聴いて 感性磨け



3. 2016年10月29日 19:58:41 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[770]
安倍・山口・横畠の三バカによって、すっかり醜い国になりましたね。

4. 2016年10月29日 20:18:01 : x77MXoyvl2 : w40XIxOzBhA[322]

 ホントのハナシ
 安倍晋三になってからの日本
 「恥ずかしい国」になったよね。
 にも関わらず続いていくのかなァ

5. 2016年10月29日 23:18:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7651]
2016年10月29日(土)
核兵器禁止条約の交渉開始決議案の採択を心から歓迎する 日本の「反対」は恥ずべき態度
日本共産党幹部会委員長 志位 和夫

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-29/2016102901_02_1.jpg
 一、国連総会の第1委員会は27日、核兵器禁止条約の締結交渉を来年開始する決議案を圧倒的多数の賛成で採択した。これにより、「核兵器を禁止しその全面廃絶につながるような法的拘束力のある法文書」の交渉が、市民社会も参加して、来年3月、6〜7月に国連で開催されることが確実となった。核兵器を違法化して「核兵器のない世界」へ向けて扉を開く画期的決議案の採択を、心から歓迎する。

 これは、被爆者を先頭に核兵器廃絶の緊急性を訴える日本と世界の世論と運動、核兵器禁止条約の「早期締結」を求める諸政府が20年来とりくんだ歴史的な成果であり、わが党はひきつづきその促進のため力を尽くすものである。

 一、日本政府は、核兵器禁止の法的措置を検討する作業部会(OEWG)を設置する昨年の決議案に「棄権」したが、今回の決議案に対しては「反対」に転じた。同盟国に対して決議案への反対を求めた米国の圧力に屈したものであり、唯一の戦争被爆国の政府にあるまじき、あまりにも情けない態度であることを、きびしく批判しなくてはならない。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-29/2016102901_02_1.html


6. 2016年10月30日 11:35:17 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7649]
2016年10月30日(日)
核兵器禁止条約
日本政府に厳しく抗議
広島で被爆者訴え

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-30/2016103001_02_1.jpg
(写真)ハンドマイクで訴える佐久間理事長(一番奥)=29日、広島市中区

 広島県原水協と広島県被団協は29日、広島市中区の原爆ドームそばの元安橋で「日本政府が『核兵器禁止条約』制定のための交渉開始決議に反対したことに厳しく抗議する!」と書いた横断幕を掲げて宣伝しました。29人が参加し、原爆写真パネル十数枚を展示して「ヒバクシャ国際署名」を359人から集めました。

 県被団協の佐久間邦彦理事長、大越和郎事務局長、県原水協の古田文和事務局長、川后和幸、高橋信雄の両代表理事がハンドマイクでリレートーク。佐久間氏は「私たち被爆者が念願してきたことが、やっと国連で取り上げられようとしているのは、みなさんから寄せられた署名が大きな力になっている。それを裏切る日本政府の態度を、許すことはできない」と訴えました。

 母親が原爆投下直後に姉を探して入市被爆したという被爆2世の女性(65)=広島市中区=は署名に応じ、「入市した時に山ほどの死体を見たと話していた母は、体調も悪くて早く亡くなりました。今回の決議で日本政府はアメリカから圧力をかけられたようだが、被爆者のことを考えてもらわないと、また世界のどこかで被爆者が生まれることになる」と語りました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-30/2016103001_02_1.html


7. 2016年10月30日 19:58:37 : Xa6jeySpeE : GzdlP_f0PJc[1]
安倍晋三のニュークリア梅毒がもたらす決して美しくない醜く恥さらしな国。

https://twitter.com/yoksig/status/791979216367525889


8. 2016年10月30日 20:46:50 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[1232]
そもそも 美しい国って何?

9. 2016年11月24日 13:40:35 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7268]
2016年11月24日(木)
核兵器禁止条約 画期的な動き
非人道性 諸国が認識
粘り強い運動 世界動かす

 日本共産党の第27回大会決議案は第2章で、10月27日に国連総会の第1委員会が核兵器禁止条約の締結交渉を来年開始する決議案を、圧倒的多数で採択したことに言及し、「核兵器廃絶にむけた画期的な動き」と評価しています。

 一度に大量の人を無差別に殺し、大規模な破壊をもたらす大量破壊兵器のうち、生物兵器と化学兵器についてはいずれも、禁止条約がすでに発効しています。ところが核兵器については、兵器そのものを禁止する条約はいまだに締結されていません。
核軍拡競争

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-24/2016112403_01_0.jpg
(写真)核兵器禁止条約について交渉する会議を来年に招集する決議案を採択した国連総会第1委員会=10月27日、ニューヨークの国連本部(島田峰隆撮影)

 1945年8月、米国は広島、長崎に人類初の原子爆弾を投下しました。46年1月に開かれた第1回国連総会は第1号決議で、原子兵器その他の大量殺りく兵器の廃絶を求め、米国も賛成しました。

 ところが米国と当時のソビエト連邦との対立が深まる中、49年9月にはソ連が原爆の保有を宣言。英国(52年10月)、フランス(60年2月)、中国(64年10月)もそれぞれ核保有国となります。

 米ソ両国が中心となる軍事同盟は、核兵器を戦略の柱にすえます。大量の核兵器を持つことで相手に攻撃をさせないという「核抑止力」論にもとづき、米ソ両国は膨大な数の核兵器を保有するようになります。

 こうした動きに、核兵器廃絶を求める国際的な声も上がります。54年3月に米国が太平洋ビキニ諸島で行った水爆実験で日本の漁船が被災したことをきっかけに、翌年8月に始まった原水爆禁止世界大会は一貫して、核戦争阻止、核兵器全面禁止・廃絶を掲げてきました。

 55年4月に開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)は核兵器廃絶を要求。これが非同盟運動に引き継がれ、国連総会でも核兵器の禁止・廃絶を求めます。

 核実験を地下だけに限定する部分的核実験禁止条約(63年10月)や核保有国を5大国に限定する核不拡散条約(NPT)(70年3月)が発効しましたが、核軍拡競争は続きました。70、80年代には米ソが保有する核兵器の削減で合意したこともありました。しかし、核兵器そのものを禁止し、廃絶するには至りません。
毎年の決議

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-24/2016112403_01_0b.jpg
(写真)核兵器廃絶を求めてニューヨーク市内をパレードする日本からの参加者=2010年5月2日(行沢寛史撮影)

 95年5月、それまで25年の期限付きだったNPTが無期限に延長されたことを一つのきっかけに、核兵器廃絶を求める声が国際的に広がります。

 核兵器の違法性を認めるよう求める国際的な運動を受けて、国際司法裁判所は96年7月、核兵器の使用と脅威は一般的には国際法に違反するとの勧告的意見を示しました。それをふまえて国連総会では、核兵器禁止条約の実現を求める決議が毎年、採択されるようになります。

 2000年5月のNPT再検討会議は最終文書で、「自国の核戦力の完全廃絶の達成に対する核兵器国の明確な約束」を確認。同条約6条にもとづいて核5大国に核兵器廃絶を迫るきっかけとなります。

 オバマ米大統領は09年4月、プラハで行った演説で、「核兵器のない世界」の実現に「核兵器を使用した唯一の核保有国として、米国には行動すべき道義的責任がある」と表明。国際政治の場で核軍縮の機運も高まりましたが、米国をはじめ核保有国とその同盟国は「核抑止力」論にしがみつき、具体的な進展は見られません。

 そのような状況のもとで新たに、核兵器は非人道的な兵器だという側面から廃絶を追求することが国際政治で始まります。

 12年5月のNPT再検討会議第1回準備委員会で、16カ国が「核軍縮の人道的側面」という共同声明を発表。核兵器が「再び使われるなら、甚大な人道的被害は避けられない」と訴えました。同年10月の国連総会ではこの共同声明が34カ国に広がります。

 13年3月には、ノルウェー政府が「核兵器による人道的影響」国際会議を開催。同会議は14年2月にメキシコ、同年12月にオーストリアで続いて開かれ、共同声明に賛同する国は155カ国となりました。
138カ国賛成

 こうした流れを受け、第70回国連総会は15年12月、核兵器禁止条約を含む具体的な措置を議論する初めての作業部会を開くとした決議案を138カ国の賛成で採択。作業部会は今年3回開かれ、核兵器禁止条約の交渉を17年に開始するよう求めた報告をまとめ、今年の国連総会に提案しました。

 日本の被爆者は一連の国際会議の場に加わり、被爆の実相を語り、核兵器禁止・廃絶こそが被爆者の願いであることを訴えました。

 核兵器の全面禁止・廃絶を求める世界の粘り強い運動は、各国政府を動かし、ともに手を携えて、核保有国を追い詰めてきました。核兵器禁止条約が実現することで、保有国はいっそう孤立を深めることになります。
人類史上初めて「違法化」
□日本共産党 第27回大会決議案から

 核兵器禁止条約に、かりに最初は核保有国が参加しなかったとしても、国連加盟国の多数が参加して条約が締結されれば、核兵器は人類史上初めて「違法化」されることになる。あらゆる兵器のなかで最も残虐なこの兵器に「悪の烙印(らくいん)」をおすことになる。そうなれば、核保有国は、法的拘束は受けなくても、政治的・道義的拘束を受け、核兵器廃絶に向けて世界は新しい段階に入ることになるだろう。わが党は、「核兵器のない世界」への扉を開くこの画期的な動きを、心から歓迎する。
□核兵器禁止条約の交渉開始を求める 国連決議(骨子)

 第71回国連総会第1委員会が10月27日、採択した、核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議の骨子は次の通りです。

 一、国際機関や市民社会が、多国間核軍縮交渉を前進させるため、それに参加し、発言することには価値があると認識する。

 一、多国間核軍縮交渉を前進させることの普遍的目標は、核兵器のない世界を達成し維持することに変わりないと改めて強調する。

 一、核兵器を禁止し、完全廃絶につながるような法的拘束力のある措置(=核兵器禁止条約)について交渉するため、2017年に国連の会議を招集するよう決定する。

 一、すべての加盟国に同会議に参加するよう促す。

 一、同会議はニューヨークで3月27〜31日と6月15日〜7月7日に開き、国際機関や市民社会の代表が参加し、発言するよう決定する。

 一、同会議に参加する諸国に対し、核兵器を禁止し、完全廃絶につながるような法的拘束力のある措置をできるだけ速やかに成し遂げるよう最大の努力を払うよう呼び掛ける。

 一、同会議はその進展について第72回国連総会に報告書を提出し、総会は交渉の進展を評価してその先について判断を下すよう決定する。
世界の核弾頭数(2015年推定)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-24/2016112403_01_0c.jpg
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-24/2016112403_01_0.html


10. 2016年12月07日 22:40:02 : btr4HBfL2s : TkB5GQGbDoo[18]
..
(唯一の戦争被爆国であり、核兵器の非人道性を訴えてきた。だから核兵器禁止条約に日本は賛成すべきだ)・・・これは知恵の回らない政党(民進党を始めとする無責任野党)の愚説です。

核兵器が軍事のみならず、外交力として どれほど威力を持っているのかを 保有国は知っています。 これが即ち安全保障だからです。
近隣の(ならず者国家・・・中国・ロシア・北朝鮮) が日本に対して手出しできないように対策を持たなければ、均衡を保つことはできません。
核兵器が偏在している国際社会の現状に対し、世界の滅亡という危機から脱するための知恵を世界中から発信すべきす。 しかし、その知恵もないままに(ならず者国家)が群れる中で核兵器禁止条約に飛び込むのは非常に危険なことです。 唯一の被爆国であれば尚更のこと。 日本は二度と被害に遭ってはならないから安全を担保するのです。
●安全保障を確保する意味で、日本は選択肢を狭めたら 今後の外交で太刀打ちできなくなります。


11. 2016年12月07日 22:44:45 : btr4HBfL2s : TkB5GQGbDoo[19]
ロック?

知性が落ちる


12. 2016年12月07日 22:49:25 : btr4HBfL2s : TkB5GQGbDoo[20]
...
(唯一の戦争被爆国であり、核兵器の非人道性を訴えてきた。だから核兵器禁止条約に日本は賛成すべきだ)・・・これは知恵の回らない政党(民進党を始めとする無責任野党)の愚説です。

核兵器が軍事のみならず、外交力として どれほど威力を持っているのかを 保有国は知っています。 これが即ち安全保障だからです。
近隣の(ならず者国家・・・中国・ロシア・北朝鮮) が日本に対して手出しできないように対策を持たなければ、均衡を保つことはできません。
核兵器が偏在している国際社会の現状に対し、世界の滅亡という危機から脱するための知恵を世界中から発信すべきす。 しかし、その知恵もないままに(ならず者国家)が群れる中で核兵器禁止条約に飛び込むのは非常に危険なことです。 唯一の被爆国であれば尚更のこと。 日本は二度と被害に遭ってはならないから安全を担保するのです。
●安全保障を確保する意味で、日本は選択肢を狭めたら 今後の外交で太刀打ちできなくなります。


13. 2017年2月18日 11:42:18 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6008]
2017年2月18日(土)
核兵器禁止条約 国連で交渉準備会合
日本欠席、中国は出席

 ⁅ワシントン=遠藤誠二⁆3月から国連で始まる核兵器禁止条約の制定を目指す交渉会議にむけた準備会合が16日、ニューヨークの国連本部で開催され、条約交渉会議の議題や日程などを大筋で決定しました。参加を表明している諸国の代表が参加する一方、米ロ英仏の核保有国、日本などは欠席。中国は出席しました。

 準備会合では、コスタリカのゴメス・ジュネーブ国際機関代表部大使を交渉会議の議長に選出。採択された議題によると、3月の会議で、前文をはじめとする条約の重要項目について協議することになります。議事の進め方では、実質討議でNGO代表の発言が認められました。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)を代表してタイの代表は、「核兵器が存在する限り、脅威をもたらす。核兵器が使われない唯一の保障は完全な廃絶だ」と発言。多くの諸国が核兵器のない世界の実現への支持を表明しました。

 核兵器禁止条約について交渉する会議の開催は、昨年12月の国連総会で決まりました。3月27〜31日、6月15日〜7月7日の2回にわたり開かれます。

 核保有5大国のうち米国、ロシアは反対の立場から交渉会議には参加しない意向。唯一の被爆国である日本は「核保有国が参加しない条約は核軍縮につながらない」と主張し、交渉会議に出るかどうか決めかねています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-18/2017021801_04_1.html


14. 2017年2月18日 12:09:43 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6007]
2017年2月18日(土)
志位委員長、駐日ベネズエラ大使と会談
核兵器禁止条約の国連会議で協力を確認

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-18/2017021802_02_1.jpg
(写真)イシカワ氏(左)と志位氏=17日、東京・ベネズエラ大使館

 日本共産党の志位和夫委員長は17日、都内のベネズエラ大使館で、セイコウ・イシカワ駐日大使と会談し、3月にニューヨークで開かれる核兵器禁止条約を交渉するための国連会議の成功に向けた協力を要請しました。

 志位氏は、大使の日本共産党第27回大会への出席に感謝。大使は「歴史的な大会でした」と成功を祝福しました。

 志位氏は、3月の国連会議の画期的な意義を強調し、この問題での日本共産党の取り組みについて紹介。核兵器禁止条約の実現を主張してきた非同盟運動の現議長国ベネズエラと協力を強めたいと述べました。

 イシカワ大使は、禁止条約をめざす同じ立場で協力したいと表明し、要請を本国に伝えると応じました。また、ベネズエラ国内で広島・長崎の被爆者を招いた講演会をはじめ核兵器の違法性を教育していると紹介しました。

 会談には、日本側から緒方靖夫副委員長・国際委員会責任者、田川実国際委員会事務局長、ベネズエラ側からゴンサロ・ビバス、カレン・ロメロ両公使参事官が同席しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-18/2017021802_02_1.html


15. 2017年3月15日 10:51:00 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5687]
2017年3月15日(水)
核兵器禁止条約交渉会議
保有・傘下国は参加を
平和首長会議が公開書簡

 162カ国・地域の7200以上の都市が加盟する平和首長会議は14日、27日から始まる核兵器禁止条約交渉会議を前に、「交渉に参加の意向を示していない核保有国及び、その核の傘の下にある国々に対しては、この交渉に積極的に参加するよう強く要請する」とする公開書簡を発表しました。

 書簡は、総人口が10億人を超える組織を代表し、核兵器を禁止し廃絶するという共通の目標を再度強調したいと表明。核兵器禁止のために多国間条約に関する交渉に参加しようとしているすべての国の代表者に対し、その洞察力と指導力に敬意をしめしています。

 今最も必要とされているのは、国々が核兵器を持たないようにするための方策であり、地球上から核兵器を完全に消滅させるという目標に向けて、一歩踏み出さなければならないと強調。「その一歩は、核兵器の法的禁止であり、これこそが目標に向けての重要かつ不可欠な転換点になります」と指摘しています。
各国外相も次々発言
核兵器全廃が第一 インドネシア

 インドネシアのルトノ外相は13日、首都ジャカルタで開かれた核不拡散条約(NPT)関連会合で、「核兵器が存在する限り、その使用による破滅の危機は常にある。だからこそ核兵器の全面廃絶が第一の目標であるべきだ」と述べ、核兵器禁止条約の重要性を強調しました。

 ルトノ氏は、NPTに加盟していない核兵器保有国がある現状に触れ、「核兵器を禁止する条約を論議することが極めて現状にふさわしい」と指摘しました。

 同国外務省のハサン多国間問題局長は会合で、インドネシアが核兵器禁止条約の草案を起草するための作業グループ立ち上げに向けて努力中だと述べました。

 インドネシアは非同盟運動の創設国の一つで、核軍縮分野の調整担当国を務めています。
日本の参加を要求 オーストリア

 14日付の英字紙ジャパン・タイムズによると、オーストリアのクルツ外相は、「世界で唯一の被爆国である日本は道徳的な意見を持ち、核軍縮に関して計り知れないほど有益な見解を示すことができる」「日本の見解を聞く機会を歓迎する」と語り、3月27日から始まる核兵器禁止条約を交渉する国連会議への参加を日本政府に求めました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-03-15/2017031501_02_1.html


16. 森のしんたろうさん[1] kFiCzIK1gvGCvYLrgqSCs4Lx 2017年3月29日 06:17:20 : 54msNwmrWo : 0UUPotCbOBQ[1]
日本は歴史上唯一の被爆国です。
核兵器は恐ろしい認識をもっている国であり、
その認識を各国に理解できるよう努力すべきであろうと思うし、
国連でのこのような話は、めったにある物ではないし、
こんないい話ないのです。まあそれぞれの考えもあるでしょうが、
アメリカだって、大国が恐い話で実際、核兵器の保有も、
そんな認識さえあれば、持ちたいのが本音なのでしょうか?
考え方も若い世代になるにつれ、戦争の恐さも認識しているだろうし、
映画で若い人に刺激の点、遊びの点だけでは?
これは外国の方にも知っていてほしい。
原爆は小さな太陽を彷彿させる熱だとゆう事を。
日本だって、いい加減降伏しないから、原爆の使用に踏み切ったのであって、
今の自分達の世代、核なんて関心あるのでしょうか?
こんないい話、めったにないし、日本も反核のバックアップはすべきだと
思います。外国が恐いって、もうすこしモラルが必要ではないでしょうか?
反核の合意により、米国もなかなかリーダーとして、核を無くせないでしょうから、賛成により、世界の反核の意識の政治に繋げていくべきだと思います。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ