★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 791.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプショックに鈍感な安倍首相を震撼させるイアン・ブレマーー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/791.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 12 日 02:32:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

トランプショックに鈍感な安倍首相を震撼させるイアン・ブレマーー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp9kk9
11th Nov 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


米国の専門家たちは、当然のことながら、トランプ氏の勝利について、

日本よりはるかに深刻に受け止めている。

 米国の有数な政治学者であるイアン・ブレマー氏もその一人だ。

 きょう11月11日の日経新聞インンタビュー記事「トランプショック」でこう語っている。

 ソ連崩壊時に匹敵する重要な出来事だと。

 パックスアメリカーナ(米国主導の平和)に終止符を打ち、

世界は本当に指導的な国が存在しない「Gゼロ」時代に入ったと。

 これを要するに、これからの世界は何が起きるかわからない、

何が起きてもそれぞれの国は自らの国益に応じて柔軟に対応するしかないということだ。

 裏を返せば、日米同盟は不変だなどと言っているようでは、世界の流れに取り残されるということだ。

 彼が指摘していた中で次の二点に私は注目した。

 いずれも安倍首相にとって衝撃的な指摘だ。

 ひとつは米ロ関係が「劇的に改善する」と予言していることだ。

 ただの改善ではない。

 劇的に改善すると言っている。

 米ロ関係の改善は、プーチン大統領の来日を控えて北方領土問題の解決や

日ロ経済協力を進めようとする安倍首相にとっては、追い風のように聞こえる。

 しかし実際はその逆である。

 米ロ関係が劇的に改善されれば、日本は、米国にとってもロシアにとっても、用無しになる。

 利用するだけ利用して、あとはどうでもいい国にされるおそれが出てくるのだ。

 北方領土問題など、まったく動かなくなる。

 もうひとつは、トランプ政権のカギを握る人物は、

トランプ氏の長女イバンカの夫であるジャレッド・クシュナー氏だと喝破しているところだ。

 トランプ氏にはアドバイザイーと称する者が多くいるが、トランプに直接会う者はいない。

 共和党の外交専門家たちもトランプ氏とは一緒に仕事をしようとはしない。

 そう言った後で、ブレマー氏は、一族の、しかも有能なクシュナー氏こそが

トランプを動かすことのできる人物だと言っている。

 白紙のトランプを安倍色に染めあげるなどと、

ピンと外れの過信をしているような安倍首相には、トランプ氏は手に負えない大統領になるのだ。

 この日経新聞のイアン・ブレマー氏のインタビュー記事を読んだ安倍首相は、

衝撃を受けて腹痛を起こすに違いない。


           ◇

米政治学者のブレマー氏「米外交、単独主義強まる」
http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM10H6D_Q6A111C1EA1000/
2016/11/11 日経新聞 朝刊 後段文字お越し

 米国の次期大統領に共和党のドナルド・トランプ氏の就任が決まった。「米国第一」を掲げ、孤立主義や保護主義に傾く超大国の新たな指導者に、世界はどう向き合えばいいのか。政治学者で米コンサルティング会社、ユーラシア・グループ社長のイアン・ブレマー氏に聞いた。

■「Gゼロ」時代に

――トランプ新大統領は世界情勢にどんな影響を及ぼすのでしょう。

 「彼の当選は米国の指導力や自由・市場主義といった価値観を考えるうえで、旧ソ連崩壊時に匹敵する重要な出来事だ。かつて東側諸国が米国を見習おうとしていた時期もあったが、最近では米国の指導力に衰えが目立っている。今回の大統領選挙はパックス・アメリカーナ(米国主導の平和)に終止符を打つものだ。世界は本当に指導的な国が存在しない『Gゼロ』時代に入った」

 ――どんな外交を展開するのでしょう。

 「ユニラテラリズム(単独行動主義)色が濃くなる。外交は一対一で交渉し、互いに利益があると判断すれば話をまとめる。また役に立つと考えた国とだけ関係を強化する。人権や独裁といった価値にも無関心だろう。自身がビジネスマンだった経験が大きい」

 ――日米関係はどうなるのでしょうか。

 「在日米軍の駐留費負担の問題はくすぶるが、テロやサイバー攻撃との戦いなど安全保障面での基本原則は大きく変わらない。ただトランプ氏が同盟に利用価値を見いだせず、安保協力が冷え込めば、防衛力の強化に向けた安倍政権の主張に説得力が出てくるだろう」

 「日本にとっての問題はむしろ経済関係だ。トランプ氏はいまだに日本を(貿易摩擦が激しかった)1970年代や80年代の印象で見ている。日本にはやられっ放しで、高関税をかけるべきだといった主張に傾きやすい。環太平洋経済連携協定(TPP)はもはや死んだに等しい。オバマ政権が掲げたアジア回帰にもトランプ氏は価値を見いだしていない」

■長女の夫がカギ

 ――オバマ政権と険悪だったロシアとの関係はどうなりますか。

 「劇的に改善するだろう。(ウクライナ問題を巡り発動した)経済制裁も解除する可能性が高い。ロシアのプーチン大統領は米国的価値にこだわらないトランプ氏の登場を喜んでいる。プーチン氏は12月に訪日し、安倍政権が進展に意欲を示す北方領土問題を話し合う予定だが、トランプ氏は気にかけないだろう」

 ――次期政権のキーパーソンは誰でしょう。

 「トランプ氏の長女のイバンカ氏の夫、ジャレッド・クシュナー氏だ。実質的に今回の選挙戦を取り仕切り、トランプ氏がイスラエル首相やメキシコ大統領ら首脳と会った際には必ず傍らにいた。トランプ氏にはアドバイザーが多くいるが、本当は直接会っていない。共和党の外交専門家たちもトランプ氏とは一緒に仕事をしようとはしないだろう。一族でしかも有能なクシュナー氏こそが鍵を握る人物だ」

(聞き手はニューヨーク=稲井創一)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月12日 07:40:00 : tTtJLVQ5js : ZwZd4tB2PgE[3]

隠れトランプ支持者なる者が選挙を決めた話が伝わっているが、

トランプ政策を遂行していく負の影響を見るにしたがい「もう良いよ!」

と言い出すのではないか。

民主党政権に飽きが来たものの迷いながらトランプに投票した連中では

ないか。怖いもの見たさという。。。


2. 2016年11月12日 08:09:46 : x77MXoyvl2 : w40XIxOzBhA[338]

格差拡大社会を是正できないアメリカ。 追い詰められた低層市民が最後の権利を行使して変えた結果なのだろう。 願わくばトランプ氏、或いはトランプ周辺の良心に期待。
 

3. 2016年11月12日 08:40:14 : m7SyVrwrV6 : 9b6@d9CHLPA[1]
日経だからどこまでホントか判らんよ。

トランプがイスラエルのネタニエフとの2ショットも宣伝されているけど、トランプもこれからの事で頭一杯だし、どうなるか判らない。


4. 最後の良心武田教授[348] jcWM44LMl8eQU5WQk2OLs472 2016年11月12日 09:23:36 : 5y33NEKSuQ : 4GrU_Udi8yo[180]

またアメリカの国益のための
宗教侵略戦争はじまるな
イスラエルは大喜びだろう


イランとかサウジアラビア
とか戦々恐々なんじゃねぇか?

中国とも殺りかねない


やはり
サイコアメリカは
世界一危険な国だ
左から右へ
ナショナリズムで
何でも起こりうる


世界のジャイアン


大量破壊平気で何十万
殺しても全て肯定する国だぜ



5. 2016年11月12日 15:40:26 : chz8EhrTnc : eMSbDeme3x4[1]
オバマ時代の反動が来るとは思ってたが、やはり来たかと言う感じである。
一番最初に裏切られるのは、白人中間・下層だろう。そこを切るのが一番切りやすいからだ。
はじめは、メキシコ、移民、イスラムに辛くあたっているかのように見せかけるだろうが、移民低賃金労働者階級は、資本家にとって都合のいい人権もない奴隷なので、実質的には切れない。そこで切りやすい白人層を切る。
ただし、トランプ暴政を築いたのは白人中間-下層だから、間違いを認めるのはかなり時間がかかるのではないか。
理由は、一度でもアメリカ白人にあって話せば解かる。奴らは自分の間違いを絶対に認めようとしない。反省と言う言葉がないのだ。
ゆえにモタモタしているうちに、混乱には拍車がかかることになる。
自分達の生活はオバマ時代とは比べようもないほど悪くなる一方、富裕層優遇はオバマ時代の反動で、とてつもなく大きなものになるからだ。
本当に死活問題になってから、やっと騙されていたことに気付くのではないかと思う。今の生活には、まだまだ余裕があったのだと。
そこからが、アメリカの本当の試練の始まりとなる。
アメリカが本当の意味で変わるには、暴君トランプの時代を経ない限りは、変われないだろうと思っていたが、そうなりそうだ。革命は圧政がなければ起りえない。
甘いオバマではスポイルされるから無理なのだ。

6. 2016年11月12日 15:53:38 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[280]
<米国の指導力に衰え>ではなく「国力の低下」だよね!白人労働者層までも生活苦に喘ぐ状況になったの。
世界の『指導者』にならなくてもいいんじゃないか。自国民の生活が第一で良いと思うよ!
安倍首相も世界のリーダになる夢も諦めるがいい。「大日本帝国」が“偉大なアメリカ”に潰されたからね。

イアン・ブレマー氏の「ユーラシア・グループ」は、何を企んでるのかな?木曜日のNHKニース9にも同氏の
インタビューが放送された。中国に対する苛立ち(不満と怒り)は顔に出てましたね。
『ユーラシア大陸』に位置するロシアと中国は、国際政治専門家のご指導に耳を貸さなかったのかな?

世界は広いし、それぞれの国には異なる文化や既存の価値観を持っている。価値観の押し付けは駄目でしょ!


7. 2016年11月12日 19:55:41 : EGxB2LrF1s : RQm5FvLl22k[29]
何が米国主導の平和だ!米国主導の戦争じゃないか!

8. 2016年11月12日 21:26:46 : vTYEtTd4cc : iFsRUROyKqQ[222]
財政的にアメリカが世界の警察官なんて無理な話だったんだよ。
常に世界のどこかで紛争を起こしそこに介入するなんてめちゃくちゃなこと。
トランプ氏が登場したのは偶然ではなく必然。

9. 2016年11月13日 14:09:12 : ZELrXeTXBU : JihgRGeTY8I[1]

トラさん、プーさん、習さんの3人が中心となって

中東を始め、世界は平和な方向に向かって行くよ。

トラさんは、北朝鮮の金さんとも仲良くなって、

北朝鮮も中国化するよ。

そして、南北朝鮮の統一がなって、東アジアも緊張大緩和で平和になる、

メデタシメデタシ、と。


10. 2016年11月13日 14:38:19 : L1nuAUinp6 : oE2F@zunOlU[1]

彼、トランプ氏は、商人だからね。

北朝鮮にもトランプタワーを建てられる様に、

オープンになってもらわないとね。

中国が嫌いなのは、対中国では、赤字だからだよ。

もし、米国製品の輸出が増えるのなら、中国が逆に好きになるはず。

それだけのことだよ。

商人は、シベリアでもアラスカでも、冷蔵庫を売るんだよ。

本物の商人は商売第一に長期的な視点に立って考えるから、

原発なんて割に合わない物にも反対だろう。

当然、長期的視点に立つと戦争なんて発想はないんだよ。

中間層が、人口が多い訳だから、中間層が豊かになれば、

景気が良くなって、皆んな豊かになるっていう発想をしていると思うよ。

だから、最終的には、1%の富を残りの人々に還元しようとする筈。

プーチンがした様にね。

だから、プーチンを味方につければ、あのCIAを手先に使う

闇の悪の勢力も中々トランプには手を出せないだろうね。

何かあったら、CIA本部に原潜から核ぶち込むぞ、と脅すだけでいいからね。

日本にもプーチンと通じる政治家が出て来るといいんだけどね。



11. 2016年11月13日 14:49:31 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[716]
辛坊のウェークアップを不快を1時間以上もこらえながら見た。
結局皆笑って弁解するも真の敗因分析はできていない。
トランプに入れた米国民の知的水準を嘲笑うばかりの傲慢さを見せつけるばかり、果ては「トランプの無知」を正すために安倍と取り巻きが「ご進講」におよぶらしい。
そんな驕った意識ではトランプ無視の失点をカバーするためにさらなる譲歩を強いられるだけだ。
いつでも自分の都合でしか物事を考えない読売頭脳のいかに救えないことか。

12. 2016年11月13日 19:10:55 : EB2xDeO9TM : @YoPaHR9qVM[8]

カルフォルニアの土地は元はメキシコの領土だった事を

ト大統領は知っているので、就任後は万里の頂上は作らないと思う



13. 2016年11月14日 04:12:05 : ZAIZ348942 : qH92SnYGGvM[1]
「(トランプ政権のキーパーソンは)
長女の夫、ジャレッド・クシュナー氏だ。」

ブレマーと同じユダヤ系だから、そうなりゃ有り難いわなブレマー的には。
(成り行き次第ではイバンカさんは「千姫」境遇?)


14. 2016年11月14日 12:51:57 : 8H6mkZOM7A : Mj2YlqSBANA[22]
7様
その通り!

アメリカが世界の警察を気取っていたが
警察どころか陰謀で戦争を起こしていただけの事
どの戦争も紛争も結局は「死の商人」からのご指示でしょ


15. 2016年11月15日 00:19:50 : Oew8aCqKMY : @SpEy3Kzx1M[327]
トランプはバカじゃない。
それと大富豪の彼が大統領選に打って出たのは金じゃなくて名声が欲しいから。
アメリカを救った名大統領として名を残したいのだろう。
彼のその野心と彼に期待した人々の願いが叶うかどうかは危ういところだろうが。

16. 2016年11月15日 01:11:12 : KLfu5Z1Zfg : wwsVnJ2wHPg[1]
安倍はトランプと個人的信頼関係を作ると言っている。
こんな戯れ言で国家間の交渉をすれば世界中からの嗤われるだけだが、無理か、バカだからな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ