★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 312.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシアの日本接近 真の狙いは日米同盟への揺さぶり(NEWS ポストセブン)
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/312.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 20 日 08:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             北方領土交渉によって日米同盟に異変も


ロシアの日本接近 真の狙いは日米同盟への揺さぶり
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161120-00000004-pseven-int
NEWS ポストセブン 11/20(日) 7:00配信


 北方領土交渉に深くかかわった作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏は、ロシア外交の周到さを最も知る人物だ。北方領土交渉が進展を見せつつある今、あえて安倍政権に警鐘を鳴らした。

 * * *
 日本では、経済協力をすれば、ロシアは北方領土問題で譲歩すると考える人々がいるが、その認識は甘い。もちろんプーチン大統領は、シベリア、極東の開発を中心にロシアとの経済協力に日本が参加することを望んでいる。

 しかし、ビジネスはあくまでも利益が上がるか否かというリアリズムで見ているので、政府が音頭をとったからといって民間企業が本格的にロシアへの投資を増やすというような幻想はもっていない。

 むしろプーチン大統領の関心は、アジア太平洋地域の安全保障環境を変化させることだと筆者は見ている。

 日米安保条約の5条前段では、〈各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する。〉と明記されている。平たく言い換えると、日本の施政が及ぶすべての領域で米軍が活動できることになっている。

 日ソ共同宣言に基づく交渉で歯舞群島と色丹島の返還が実現した場合、この2島は日本の施政が及ぶようになる。当然、歯舞群島、色丹島においても米軍が活動できるようになる。

 現在の米露関係の緊張を考えると、米軍の活動が歯舞群島と色丹島に及ばないことをプーチン大統領は引き渡しの条件にすると思う。日本がこの条件を呑めば、日米安保条約の適用除外地域が生じることになる。筆者は、安倍政権がこのような選択をする可能性は十分あると見ている。前原氏との質疑応答では、こんなやりとりもあった。

〈前原氏 米国との議論はどうか。

 安倍首相 日露平和条約は日本が主体的に判断する。日露交渉の全てを米国と協議はしないが、基本的な考えを米国と話すのは当然行う。

 前原氏 米国は1月から新政権。政権移行期に物事を進めるべきではない。

 安倍首相 国際政治は一国の政治状況とは別に動く。米国内の状況に合わせてしか交渉できないなら、相手の立場なら米国と話をしようとなる。〉(前掲「毎日新聞」)

 ここで北方領土問題については「日本が主体的に判断する」と安倍首相は明言している。米国との軋轢が生じても北方領土交渉で具体的成果を残すということだ。このような形で日米同盟に風穴を開けることができれば、プーチン外交の大勝利だ。

 もっとも、安倍政権が歯舞群島と色丹島を適用除外にするならば、日本の施政が及ぶ全領域を米国が共同防衛するという日米安保体制の基本構造が崩れることになる。ここにプーチン大統領の大きな狙いがあると筆者は見ている。

 そのような状況になれば、米国が「中国との武力衝突のリスクを負う尖閣諸島は日米安保条約の適用除外地域にする」というカードを切ってくる可能性がある。尖閣に対する共同防衛から米国が手を引き、この空白を沖縄(特に宮古・八重山)における自衛隊の大幅増強で埋めるというシナリオがでてくる。こうなると沖縄と中央政府の関係は、さらに緊張する。

 杉山晋輔外務事務次官をはじめとする外務省幹部の発言からは、このような難問について考えている気配がまったく感じられない。外務官僚は、多くの事象が同時進行する複雑系としての外交をとらえることができないようだ。それだから、このようなリスクの高い交渉に対して外務省は異議を唱えないのであろう。

 戦後、日本にとって日米同盟は生命線であったはずだ。それが今、北方領土交渉によって静かに崩れようとしている。このリスクを等身大で認識する必要がある。

●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。小誌で半年間にわたって連載した社会学者・橋爪大三郎氏との対談「ふしぎなイスラム教」を大幅に加筆し『あぶない一神教』(小学館新書)と改題し、発売中。

※SAPIO2016年12月号

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月20日 09:24:37 : BAAPTIE7uE : NixAqnljqxQ[2]
宣伝リンク認定28334033.html

「日米同盟への揺さぶり」って、寝言は大袈裟に言うもんじゃないよ。
揺さぶるほどのもんじゃないだろ。
日米同盟の主要な問題は「朝鮮半島有事」である。
日米同盟の対朝鮮有事を動かしていたのは、60歳のカルトおばんである、
日米韓の軍事政策などは、韓国大統領府のTopである少しアタマがアレな崔順実(チェ・スンシル)という60歳のカルトおばんがホストといちゃつきながら適当に決めていたのだ。
自衛隊に毎月毎月インチキ防衛費を5000億円も取られて、日本国民は医療費・学費・道路使用料までむしられてもヘラヘラするまでに洗脳されている。
韓国カルトおばんが鼻クソをほじくりながら適当に動かしている日米軍事同盟など、自衛隊高級幹部三菱天下り作戦の腰掛である。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html

忙しいプーチンが、一体何を揺さぶる必要があるというのか。

http://esashib.com/syudantekizieiken01.htm


2. 2016年11月20日 10:08:57 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[951]
いやぁ、ロシアは大切だよ。
トランプ氏(アメリカ国民・白人たち)は、白人が好き。だからロシアは大事にします。
そして、中国、韓国、日本は大事にしません。バッシングして国内の人気取りの材料にするでしょう。

ロシアは日本をバッシングしませんし、日本バッシングのクッションにもなってくれるかもしれないので、これから重要なパートナーにすべきですね。
もちろん中国、韓国も重要なパートナーです。


3. 2016年11月20日 10:30:02 : DOAzQAszy2 : RYqElUKDqaA[2]
>外務官僚は、多くの事象が同時進行する複雑系
 としての外交をとらえることができないようだ。

−そのとおりだ。
 オバマ氏から「米大統領は2人居ない」など、

 あからさまに批判されるような行動をァヘに
 結果的に許してしまった弛みがそれだ。

世界のお笑いぐさを作ってしまった。


4. 2016年11月20日 19:31:14 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[146]
トランプも 承知の上さ 揺さぶりは

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ