★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 729.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
明仁氏は、自身の祖先を朝鮮人とした学者こそ重用した。
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/729.html
投稿者 たかひら正明 日時 2016 年 11 月 30 日 09:03:21: QsA0.6buzUiq6 gr2CqYLQgueQs5a@
 

ネトウヨが返答できないシリーズ

皇族詐欺にまつわる話で、 竹田某なる者が皇族詐欺ではないと主張する方々へ

竹やんにヨシリンの皇族詐欺への反論出せって言ってやりなさい。
朝生でも対面してんだから、どこででも言えるだろ。


また明仁氏こそ安倍ちゃんに対抗するリベラルの星である。
夫妻は度々ゴードンさんだの五日市憲法だの護憲の立場をワザワザ公式に示している。

明仁氏の話するなら、上田正昭氏の話をしないとね。

これ、西村さんから直接聞いたし、役人とかからも植田さんお話として聞いた。
ちなみに西村さんって、豊田商事の永野会長刺殺事件の時にも現場で刺し殺した被疑者にインタビューした人ね。

皇国史観、差別に抗い、天皇や司馬遼太郎に
大きな影響与えた〜上田正昭
ジャーナリスト 西村 秀樹
http://gr-test.gendainoriron.jp/vol.08/serial/se01.php

上田さんは何度も御所に呼ばれているので、風邪気味で侍従長からの電話を断った時もあった。
その時、直接かけてきたのは明仁氏だ。

誰か御所でも皇居でも呼ばれたネトウヨ推薦の学者とかいるんかね?

宮内庁のホームページによると、平成13年つまり2001年、皇居で毎年催される歌会始(うたかいはじめ)は1月12日(金曜日)だと確認できる。
この年、上田は歌会の召人に選ばれる。
HPによると、「人々が集まって共通の題で歌を詠み、その歌を披講する会を歌会といいます。(略)これらの中で天皇が年の始めの歌会としてお催しになる歌御会始(うたごかいはじめ)といいました。先の大戦後、召人は広く各分野で活躍し貢献している人を選び」ましたと書いてある。
この文章の始め、上田が宮司を務める小幡神社境内に上田の詠んだ歌が歌碑になっていることを紹介したが、そもそもは2001年のことが始まりだ。
同じ2001年12月18日、明仁(あきひと)天皇は宮内庁記者クラブのメンバーとの記者会見に臨んだ。HPに「お誕生日に際し(平成13年)」と題する質疑応答が掲載されているので、そこから引用する。
記者からは翌年2002年に開催予定のサッカーワールドカップの日韓共同開催を前提に「歴史的、地理的にも近い韓国に対し、陛下がもっておられる関心、思いなどをお聞かせください」と質問した。
天皇からの答えは以下のようであった。ちょっと長いが引用する。
「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています、武寧王は日本との関係が深く、この時以来、日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。また、武寧王の子、聖明王は、日本に仏教を伝えたことで知られております。
しかし、残念なことに、韓国との交流は、このような交流ばかりではありませんでした。このことを、私どもは忘れてはならないと思います」。
さらに、今後のことについて、こう釘を刺して発言している。
「ワールドカップを控え、両国民の交流が盛んになってきていますが、それが良い方向に向かうためには、両国の人々が、それぞれの国が歩んできた道を、個々の出来事において正確に知ることに努め、個人個人として、互いの立場を理解することが大切と考えます。両国民の間に理解と信頼感が深まることを願っています」とまとめた。
この発言は、韓国の新聞社はほとんど一面トップで大きく報じた。日本国内では、朝日新聞だけが発言を紹介した。記事はこうだ。「天皇陛下、W杯で交流に期待」「韓国とのゆかり感じてます」「桓武天皇の生母、百済王の子孫と続日本紀」と続いた。


実は、天皇と皇后が京都に宿泊した際、上田を京都御所に招待し、三人でゆっくり食事をしながら歴史話に興じたとの話題を、上田から聴いたことであった。
昨年末の亀岡でのインタビューも、実は2009年にJR車中で上田本人から打ち明けられたことを改めて確認すること、ディテールを詰めることであった。
招待の名目は、歌会始の召人を務めたことに対し、いわば「お疲れさま」とでも言おうか、返礼の催しであったという。時期はわたしが上田から高月町から京都までJRの車内で二人きりの秘密レクチャーを受けた前年の2008年、明仁(あきひと)天皇と美智子皇后が「源氏物語千年紀記念式典臨席」で奈良と京都を訪れた時期(10月30日から11月2日)で京都滞在中の11月1日。時間は午後7時すぎからおよそ2時間に及んだ。
場所は、京都御所の一画にある大宮御所。大宮御所の紹介として、京都御所の一部で、天皇、皇后、皇太子および皇太子妃の行幸啓の際の宿泊に使用されているとあるので、場所は京都御所のなかにある大宮御所に違いない。
以下は、上田から直接聞いた話である。
上田が御所に到着すると、玄関に天皇と皇后が出迎えたという。
食事の席につくと、天皇から歌会始の召人へのねぎらいがあり、皇后からは
「京都に宿泊するときは、京都の料理人に食事を作ってもらうのですが、今回は上田先生をおもてなしするために、皇居から料理人を連れてきました」ともてなしの言葉があったという。
TBSテレビの『天皇の料理番』でも紹介されていたが、天皇、皇后の料理をつくるのは単に料理の腕がいいだけではなく、天皇皇后の健康を考えたり、次の行程を考慮してのメニューを作らねばならないだけにたいへんな仕事ではあろう。
天皇と皇后、それに上田の会話のあれこれを記すことはなかなかに難しいことだが、上田が話してくれて興味深かったことは、「侍従からの話では、天皇は宮殿でのご進講の折、東京大の教授でも呼びかけるとき皆、苗字だけですが、先生と付けてお話になるのは上田先生だけです」とのことであった。
美智子皇后からは「先生、どうして教科書に南朝のことはあまり書いていないのでしょうね」と質問を受けたこと。
また天皇から、上田の「帰化人」を学習院大学時代に読んだこと、あるいは百済復興の最後の戦闘である白村江の戦い(663年)、さらには武寧王、百済仏教の日本伝来などなど、東アジアの古代史に関して数多くの質問が飛び出したと、上田は熱心に話してくれた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[2610] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年11月30日 09:23:40 : qv1gAhAi6g : wUU6VTGq5nI[49]
 
 戦前から、皇族や日本政府は、朝鮮半島と日本列島を政治的・民族的に一体化しようとしていたから、皇族や政府に近い人が朝鮮人差別をおこなっていたわけではない。
 
 作家の宮沢賢治のような、豊かとはいえない一般庶民が、新興宗教に没頭し、朝鮮人差別を激しくおこなっていた。
 
 竹田恒泰氏のような皇族関係者が、朝鮮人差別をおこなうことは、近年まで考えられないことだった。
 

2. 新共産主義クラブ[2611] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年11月30日 09:32:29 : qv1gAhAi6g : wUU6VTGq5nI[50]
>>1(補足)
 
 戦前は、朝鮮半島の人々は、朝鮮半島と日本列島との政治的・民族的な一体化に対して、民族の自尊心を傷つけられるとして、反発をしていたのである。
 
 同じように朝鮮半島の人々の気持ちを傷つけているとしても、戦前の皇族と、竹田恒泰氏のような、今の皇族関係者による朝鮮人差別とは、やり方が全く異なっている。
 

3. 2016年11月30日 09:55:53 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[562]

 天皇家は 「三種の神器」で分かるように ユダヤの失われた10士族のうちの一族だ

 だから 天皇家は ユダヤでの歴史 2600年を 天皇家の始まりとしているのだね

 ただ ユダヤ人は 弱かった 弱かったから 逃げたのだ そして 日本まで 逃げてきた

 ===

 遅れて 来たのが 百済の王様だよね〜〜 百済は敗れて 日本に逃げてきた

 その逃げてきた 百済が 天皇家を 乗っ取って 今の 天皇家になる 

 というのが 大筋だよね〜〜
 
 ===

 DNAを調べれば 一発でわかるんだけどな〜〜〜

 すでに どこかの研究所では 解明済なんだろうけど 絶対に 口外しないのだよな〜〜
 


4. 中川隆[5199] koaQ7Jey 2016年11月30日 10:01:19 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5633]
>>1
天皇一族の先生は福沢諭吉

福沢諭吉は人種差別、アジア蔑視の思想を天皇一族に教えた:


私(福沢諭吉)は、「暗に政府のお師匠様」であった

1897年8月22日「時事新報」(社主・福沢諭吉)から 


「王政維新の前後に日本国中の人が専ら老生の著訳書ばかり読んで文明の新知識を得たるは紛れもなき事実にして、或いは維新政府の新施設も拙著の書を根拠にして発表したるもの多く、暗に政府のお師匠様たりしことは、故老の忘れざるところなり」
(福沢諭吉全集第20巻)

昭和天皇は、皇太子(2009年3月現在の天皇)の教育に小泉信三をあてました(1946年4月〜1958年).

小泉信三は、福沢諭吉の「帝室論」を教材に、青年時代の現天皇の教育をおこないました(小泉信三「ジョオジ五世伝と帝室論」).


皇太子の家庭教師役を任命されたとき、小泉信三は慶応義塾の塾長(1933年〜1947年)でした. 彼の父親も、慶應義塾の第二代の塾長(1887年〜1890年)でした.慶応義塾は、諭吉が創設し、第1代塾長は諭吉でした.
彼は、「政府の影のお師匠様」(注)であり、天皇家の先生でもあったのです.


(注)「福沢諭吉全集」(第20巻414頁)


「立君の政治」は「人主が愚民を篭絡するの一欺術」

(天皇制は「支配者が、バカな国民をだますための一つの詐欺的な手法である」)

(1881年「帝室論」福沢諭吉全集第5巻271頁)


小泉信三は、「そう指摘されたら、どう答えるか」を若き現天皇に教えていたのです.(注)

現天皇は、皇太子に何を教えたのでしょうか?


(注)

「福沢諭吉の『帝室論』を読むために、殿下も私も、それぞれ福沢全集の一冊をこの一隅に持ち込んだこともある」
 
「部屋の大きさは二十畳ぐらい」

「両陛下がお出ましになったときにもここへお通りになる」

「壁に寄せて直立ピアノが置いてある」

「皇太子殿下は主にその二階にお住居になっている」

(小泉信三「ジョオジ五世と帝室論」)
http://hibari-yukichi.blogspot.com/2009/03/blog-post.html


福沢諭吉の実像は、日本の民主化への貢献というよりは、軍国主義を煽ったことの方にありました。


「時事小言」の社説で、


「印度・支那の御(ぎょ)し方を英人に見習うのみならず、その英人をも苦しめて、東洋の権柄を我が一手に握るべし」


とか


「滅亡こそ朝鮮人民の幸福」


などという非常識で勇ましい文章を書きなぐっていました。(このことは安川寿之輔氏の研究に詳しく書いてあります。)


この福沢の実態の見落としは、単なる軽率と済ませられるものではなく、丸山思想の根本的欠陥と見るべきと考えます。


福沢諭吉が日本の侵略主義を煽ったのは、自分の国は自分で守る気概を持った国民を作ること、つまり国民国家を作るためでした。こういう「国民」を作り出すためには、民族の一員としての平等感と国政への参加意識を持たせる必要がある、と考えました。

これが人民主権(民主主義)の思想の役割でした。

福沢にとって独立日本国を作ることが第一義で、民主化はそのための方便という二義的な意味しか持っていませんでした。


ところが丸山は「国民国家を作るための民主主義」という思想構造を理解できなかったために、福沢の民主主義の部分だけしか見えず、一方では福沢が重視した侵略思想の方を見落としたものです。


しかしながら福沢のこの思想は、福沢の性格のゆがみとか間違いというような個人的なものではなくて、明治期の時代の空気であったことに留意する必要があります。


この侵略思想は、自由民権運動の中にも顕著に現れていることは、板垣退助、大井憲太郎などの過激な侵略思想を見れば明らかです。福沢や民権派の運動の効果もあって、この思想が順次政府によって実行されて、挙句の果てに昭和の戦争を招いたものであり、長い眼で見れば、彼らは昭和軍国主義の先駆者ということが出来ます。


しかし福沢や民権派の人々が、この日本近代の侵略主義を作りだしたと言ってしまっては、彼らの力の過大評価になります。

彼等はこういう日本の近代化の時代の空気を代表して表現しているに過ぎません。
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-79b8.html

英国もフランスも、人の土地を奪っている! 
(対中侵略15年戦争の諭吉の布石)


「今は英国もフランスも、競争して人の土地を奪っている」

「今は競争世界で、英国なり、仏国なり、・・・

皆吾れ負けじと、人の隙に付け入らんとするの時節なれば、理非にも何も構ふことはない、

少しでも土地を奪へば、暖まりこそすれ・・・遠慮に及ばぬ、「さっさ」ととりて暖まるがよい」

(1881年「宗教の説」福沢諭吉全集第19巻711頁 「福沢諭吉のアジア認識」299頁)

「支那と戦に及ぶこともあらば、・・・真一文字に進て其喉笛に喰付くこと緊要・・・北京、是なり」

(1882年 「喉笛に喰付け」全集第8巻260頁)


「支那国果たして自立を得ずして諸外国人の手に落ちることならば、我日本人にして袖手傍観するの理なし. 我も亦奮起して共に中原に鹿を逐わんのみ」

(1882年 全集第5巻313頁)


「朝鮮は固より論ずるに足らず、我目ざす当の敵は支那なるが故に、先ず一隊の兵を派して朝鮮京城の支那兵を塵(みなごろし)にし、・・・. ・・・両国の戦争となることあらば、・・・日本の勝利必然なり」

(1884年 「戦争となれば必勝の算あり」(全集第10巻159〜)


「目につくものは分捕品の外なし.

何卒今度は北京中の金銀財宝を掻き浚えて、彼の官民の別なく、余さず漏らさず嵩張らぬものなればチャンチャンの着替えまでも引つ剥で持帰ることこそ願はしけれ. 

其中には有名なる古書画、骨董、珠玉、珍器等も多からんなれば、・・・ 一儲け ・・・. 


・・・其老将等が、生擒の仲間で幸にまだ存命にてあらんには、・・・

之を浅草公園に持出して木戸を張り、・・・之に阿片煙を一服させると忽ち元気を吹返しましてにこにこ笑ひ出します、・・・御慰み」

(1894年 「漫言」全集第14巻570頁)

この諭吉の教えにしたがって、日露戦争(1904〜1905)年の後、旧日本軍が「対中継続的侵略の決意」として、大連近郊より持ち帰った唐時代の文化遺産「鴻臚井(こうろせい)の碑」があります.


それは、1300年ほど前に作られた石碑で、その時代のその地方の唐の統治を示す歴史的な記念碑です(朝日新聞 2006年5月28日). おそらく、旧日本軍は、中国の統治を日本が奪うという意思の確認のために、略奪して日本に持ち帰ったものと考えられます.

この碑は、明治天皇に献上され、21世紀の現在でもひそかに他の略奪物と共に、宮中に保管されています.

日本政府あるいは天皇家は、これらの文化財を含む略奪品を中国へ返還する意思を表明していません. まさか、永久に返還する意思はないということではないとは思いますが.
http://hibari-yukichi.blogspot.com/2009/03/1881711299.html


福沢のアジア侵略思想の歩み


 1880年代前半に福沢が『時事小言』、「東洋の政略果たして如何せん」などにおいてすでにアジア侵略の強兵富国  政策を提起していたが、日清戦争が近づいた1894年に書いた論説「日本臣民の覚悟」では、


「我国四千万の者は同心協力してあらん限りの忠義を尽くし、・・・・事切迫に至れば財産を挙げて之を擲つは勿論、老若の別なく切死して人の種の尽きるまで戦ふの覚悟」


を呼びかけた。ここに至って、福沢のかつての一身独立論は国家への滅私奉公の前に完全に呑み込まれ、跡形なく消失したといえる。


 また、これに続けて福沢は、


「戦争に勝利を得て・・・・吾々同胞日本国人が世界に対して肩身を広くするの愉快さえあれば、内に如何なる不平等条理あるも之を論ずるに遑あらず」


と公言して憚らなかった。


 さらに、福沢は旅順の占領も終わり、日清戦争の勝利が見えてきた1895年1月に書いた論説(「朝鮮の改革・・・・」)において、


「主権云々は純然たる独立国に対する議論にして、朝鮮の如き場合には適用す可らず。・・・・今、日本の国力を以てすれば朝鮮を併呑するが如きは甚だ容易にして、・・・・・」


と記し、その後の韓国併合の可能性を予見するかのような主張をしていたことに安川さんは注目を喚起された。


 こうした福沢の言動は安川さんも指摘されたように、『坂の上の雲』において司馬が日本にによる朝鮮出兵を「多分に受け身であった」と記しているのがいかに史実に悖る虚言かを、同時代人の言説を通して物語るものといえる。 

また、NHKは『坂の上の雲』の第一部で毎回、冒頭に「まことに小さな国日本が」というフレーズを流したが、上の福沢の言説は当時の日本が少なくとも対朝鮮との関係では「小国」どころか、何時でも朝鮮を呑みこめる国力を持った強兵富国の大国であったことを意味している。

植民地として統治された相手国の認識を等閑に付して、武力で近隣国を占有した自国を「小さな国」などと呼号するのは、過去に自国が犯した罪に対していかに無邪気かを物語っている。



5. 中川隆[5200] koaQ7Jey 2016年11月30日 10:12:32 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5634]
>>3
>DNAを調べれば 一発でわかるんだけどな〜〜〜


日本人にはユダヤ人の遺伝子は全く入って居ない事は周知の事実だよ


6. 2016年11月30日 10:33:30 : 4BEw1pJ3kg : fr3b_SGFWFY[36]
御一人と「妙におだてあげられた学者もどき宮司」が、同じことを話題にしても中身も重みも実態感もまるで違う。あの宮司さんが重宝がられたのは「しきたりとか」なんかそういうものに詳しいから、御一人が時々点検されていたというだけのこと。

さらに売文業者たる『「学者もどき」もどき』の書き散らかした「2割そば粉8割小麦粉」の言説を真に受けて、うまいうまいとすすって物知り顔に古代東アジアを語るのは、寝言だけにしてほしいものだ。

百済とか語るときは、日本・中国・韓国朝鮮の史書原典復元書原文をせめて数ページでも読んでからにしてはどうか。百済に関して、書店で目を引く本やウェブに書き散らかされた記事は、政治記事でいえばタブロイド紙・娯楽誌と同じ水準。政治事象でそんなもの引用したら恥ずかしいでしょ?百済も同じ。簡単に手に入ったわかりやすい情報は、「売り物」ってこと。金取ってるかどうかは別として。天皇家の話題ですぐはしゃぐ阿修羅掲示板名物T・N君が見事な例だよ。


7. 2016年11月30日 10:45:58 : 4BEw1pJ3kg : fr3b_SGFWFY[37]
>4,5
なかがわたかし君、眠ってると思ったら、出てきたのね。エライエライ。期待を裏切らない良い子だね。
でも、受け売りコピペはいい加減にやめないと。

それと、言い切り口調はなかなかしっかりしてるけど、なかがわたかし君、今までに1回でもDNA鑑定とか分析とか自分でやったことあるの?
DNA分析したことはないとしても、なかがわ君が依拠する統計処理の母数や特異値の扱いについて、自分で検証したことあるの?

なかがわ君、昔昔ユダヤ人の定義で暴れてたけど、5に書いてある日本人の全体とユダヤ人の全体はどのように規定したの?

あたしほんとに最近心配してるんだ、なかがわ君のこと。昔のなかがわたかし君の病気の初期のころは、アホなこと言い散らかしてても自ら墓穴を掘ることはそんなに多くなかった。でも最近、ほとんど全部、自己矛盾したりおおざっぱすぎたりして墓穴を掘って、そこにはまってる。病状悪化したのよね。

お薬飲んで、眠りましょう。


8. 中川隆[5202] koaQ7Jey 2016年11月30日 11:08:18 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5637]
>>5 の続き


天皇一族のY-DNAは:

華北漢民族系: Y染色体O2系統(旧 O3系統)
長江稲作民系: Y染色体O1b系統(旧 O2系統)

のどちらかだからユダヤ人とは全然違う:

ユダヤ人のY-DNA遺伝子 
http://www1.parkcity.ne.jp/garapagos/

  10月8日付けのNature Communicationsに

「アシュケナージ系ユダヤ人の母方の系統の起源はヨーロッパ」

という内容の論文がでました。

一般常識ではユダヤ人は中東のセム族出身の民族です。

ユダヤ教から分かれたキリスト教もイスラム教も含めセム族が世界の宗教の発信者だと言うことは驚くべきことです。 過酷な中東の砂漠環境で部族をまとめるために「神」が必要だったらしいのです。


  するとアシュケナージの人々は中東からヨーロッパに離散した際にヨーロッパ大陸の先住民を現地信仰から大量にユダヤ教に改宗・入信させたということになります。

ユダヤ教のどこが改宗・入信するほど魅力的なのか、もしくは精神的な抵抗がないよう現地信仰をうまく取り込んだのか(たとえば日本では仏教が「お盆」など当時の日本列島の縄文-弥生系の先住民の祖先信仰・習慣を大量に取り込みやっと民衆に受け入れられたように)は門外漢にはわかりませんが、短絡的に考えると

離散したユダヤ人は男性がほとんどで、まだ生活が不安定だった数千年前のヨーロッパの先住民の女性と交配し部族集団(むしろ宗教集団か?)に取り込み民族化していったと推測することも出来ます。

  mtDNAのハプロタイプの頻度分布は次のようにヨーロッパ大陸(つまり欧州白人)起源が81%も占めており、ユダヤ人本来の出自の中東系はわづか 8%に過ぎなかった。つまりアシュケナージ系ユダヤ人とはユダヤ教という宗教でまとまった珍しい宗教民族集団だと言えるのでしょう。

  興味のある方は是非、下記原著をお読みください。

A substantial prehistoric European ancestry amongst Ashkenazi maternal lineages

Marta D. Costa, Joana B. Pereira, Maria Pala, Verónica Fernandes, Anna Olivieri, Alessandro Achilli, Ugo A. Perego, Sergei Rychkov, Oksana Naumova, Jiři Hatina, Scott R. Woodward, Ken Khong Eng, Vincent Macaulay, Martin Carr, Pedro Soares, Luísa Pereira & Martin B. Richards

Nature Communications Volume: 4, 2543, Published 8-Oct-13


  ただし、図中の最大の頻度を持つハプロタイプmtDNA「K」は西ユーラシア系ではあるのですが中東でもかなりの頻度を持つので必ずしもヨーロッパ起源とは言えません。

メソポタミア農耕文明を興したのはY-DNA「J」系の「J2」ですが、農耕がヨーロッパに浸透する際にY-DNA「J2」のパートナーのmtDNA「K」も一緒に移動したと考えると「K」は中東起源とも言えるのです。

  欧米人はどうも敵対するイスラム文明の担い手であるY-DNA「J」が自分たちの出自に直接関与していることを認めたくないのでしょう。

もしAshkenajiのmtDNA「K」32%を中東起源とすると、ヨーロッパ起源は 49%、中東起源は40%となり拮抗するのです。欧米白人にとってはおぞましいことなのでしょうね!!

  ちなみに図中の最大の頻度を持つハプロタイプmtDNA「K」はアルプスで凍ったまま発見された約5300年前のアイスマンのmtDNAハプロタイプでもあります。ただしアイスマンのハプロタイプ「K」の子亜型「K1ö」は現代では既に失われ母親の女系は断絶したことが知られています。

一方、アイスマンのY-DNAの子亜型は「G2a」になりスターリンと同じコーカサス系となります。   

アイスマンの時代にコーカサスから既にアルプスまでコーカサス人は移動をしていたことが良くわかります。アイスマンの父親はヨーロッパに入った後先住民の女性と交配したと考えられますが、中東経由で母系と一緒に移動してきた可能性もあるのです。


  更に言えば図中の mtDNA「M1」は「M」系列の中で後述の「M*」の次に古い子亜型です。中東から西に出戻りしマダガスカル島の「M23」と共にアフリカ唯2の「M」系です。

これもヨーロッパ系ではありません。中東系(あえて言えばアフリカ系)なのは明らかです。

この論文の著者の分類は若干恣意的です、

西欧系mtDNA「N」系が最も多いのはその通りですが、アシュケナージの母方がヨーロッパ系と言いきるのは正しくはないですね。ヨーロッパ系と中東系の混合というのが正しいです。


  ヨーロッパで最大の頻度を誇るmtDNAハプロタイプは図のmtDNA「H」になりヨーロッパ人の40〜50%を占めています。


  では、Y-DNAから見たユダヤ人はどんな集団なのか?

一体何故、欧米人はユダヤ人のことを謎解き扱いするのだろうかY-DNAの頻度分布から調べて見ました。


  この分野の重鎮中の重鎮のHammerが2009年に子亜型・孫亜型までしっかりと調査した論文がありました。しかもこの論文の共著者にはこの分野の創始者のひとりのKarafetも、ユダヤ遺伝子研究専門のBeharも名を連ねているそうそうたるメンバーの報告になっています。研究者にはユダヤ人が謎の存在として調査せずにはいられないようです。

     
また調査中にわかったことは、欧米人が話題にするユダヤ人とはほとんどアシュケナージのことであってセファルディではないことも面白い一面です。

それほどアシュケナージが欧州ユダヤ人の中核で欧米の政治経済を動かす存在なのでしょう。


  調査では、海外の研究者はユダヤ人集団をひとくくりではなく「Cohen」、「Israelite」と「Levite」の3種類に分けて調査していました。

    また当方には良くわからないのですが、要するにユダヤ教を信奉する人は全てユダヤ人らしい。エチオピアのユダヤ人=Beta・IsraelのようなY-DNA「A」の黒人もユダヤ教信者なのでユダヤ人になるのだそうです。


・Cohen(Kohen)は世襲の司祭者の末裔らしく、アロンの男系子孫と考えられているらしい。アロンはモーセの兄なので当然Levite出身であることは言うまでもないのですが、何故モーセの子孫がいないのか?は、これから調べてみます。

・Israeliteは俗人、要するに一般大衆のことらしい、勿論、政治家も首相も宗教従事者以外は皆ここに属するようです。

・Liviteは「主みずからが嗣業」だそうで、あのモーセの出身部族だそうです。Cohenの男系先祖はモーセの兄のアロンと考えられているらしい。ということはCohenも本来はLeviteの一部のはずなのですが違うらしい。


  また研究者はAshkenazi(アシュケナージ)とSephardi(セファルディ)に分けても調査しています。


・Ashkenazi(アシュケナージ)は、ディアスポラ(離散)後にドイツ語圏や東欧圏に定住したユダヤ人を言うそうで、大雑把にヨーロッパ系ユダヤ人と言われているそうです。

・Sephardiはアシュケナージ以外の中東系ユダヤ人のことらしいが、それなら本家ユダヤ人ではないかと思われるのだがどうだろうか?


ともかくこの分野の重鎮中の重鎮の Hammaer と Krafet の二人が加わって研究・調査しているくらいなので、ユダヤ人の起源は欧米人にとって、我々が想像できないほど重大な?魅力的な?題材のようです。


以上の前提でY-DNAの頻度分布を見ると

● CohenのY-DNA頻度分布はAshkenaziでもSephardisでもセム系のY-DNAであるY-DNA「J」が80%近くを占めており、ユダヤ人本来のセム系の遺伝子を維持しているオリジナルJewであることが見て取れます。

  いわゆる純系のレヴィ部族に近いと言え、由緒正しいユダヤ教徒=ユダヤ人のようです。「司祭」なので厳しく男系部族遺伝子を守ってきたのでしょう。


● LeviteはSephardiとAshkenaziでかなり異なる様子です。

  Ashkenajiではスラブ系Y-DNA「R1a」が52%も占め、10%のセム系「J」からスラブ人がレヴィ族を乗っ取った様子が見て取れます。   

「主嗣系」にもかかわらずです。過去に何か入れ替わる歴史があったはずですが、一体何が起きたのだろう?   

Ashkenaziを にせユダヤ人と呼ぶ人もいますが、この遺伝子頻度を見るとAshkenajiの Leviteに関しては充分納得出来ます。

  一方、Sephardiではスラブ系「R1a」は4%しかないのですが、代わりにインド亜大陸発の移行期のY-DNA「K」が23%も占めており、バルカン系と思われるY-DNA「I」も20%を占めています。40%以上が他遺伝子に置き換わっているのです。

  不思議な頻度分布です。主嗣系にもかかわらず、他の遺伝子の混入が激しい。一体どこで交配したのだろう? これではSephardiを中東系と定義するのは非常に無理があります。

  ともかくLeviteと呼ばれる集団は、本来のセム系ではなくすっかり他の遺伝子集団に変貌している。ユダヤ教にとってはLeviteという存在はどうでも良い包末集団なのかもしれない。

いや、それも変です。Leviteを調べると包末どころか、他の Cohen や Israeliteのように相続できる土地や財産を持たない代わりに、彼らから寄付・寄進を受ける神聖な立場のようです。   

何しろモーセの出身家系の子孫のはずなのですから。その神聖な存在のはずにも関わらず、ある時 Y-DNA「R1a」,「I」や「K」等の異遺伝子集団にごっそりと乗っ取られたのだと思われます。

そうして AshukenaziとSephardi は確立し、現代まで存続してきたようです。   


● Israeliteは俗人=一般ユダヤ人なので現代イスラエル人の標準的はY-DNA頻度と考えても差し支えなさそうです。

36%程度が本来の中東セム系Y-DNA「J」であるが、ラテン(地中海)系Y-DNA「E1b1b」も20%程度あり、   ゲルマン系のY-DNA「R1b」も13%もあり、パキスタン系のY-DNA「R2」もあるなどCohenやLeviteとも異なる頻度分布を示しています。一体どんなキッカケでユダヤ人に紛れ込んできたのだろう?不思議です。

  ユダヤ人が布教活動でいかに多くの信者を取り込み、ユダヤ教徒=ユダヤ人という宗徒=民族を実践してきた特異な「宗教民族」であることを如実に表しているようです。

  余談ですが、あのヒトラーの父親はユダヤ人だったとの説が根強くありますが、ヒトラーのY-DNAはユダヤ人 Israeliteの重要な構成成分の「E1b1b」なので間違いなさそうです。


● ユダヤ人全体としては、セム系Y-DNA「J」が約43%なので今でも中東系と言っても差し支えなさそうですが、次が約17%の地中海(ラテン)系、11%のゲルマン系Y-DNA「R1b」と続きます。

  いかにAshkenaziやSephardiのLeviteが異様で特徴的な特異なY-DNA頻度分布を持つかが改めて良くわかります。   

とにかく「主嗣系」のLeviteが何のためにセム系以外の他 Y-DNA遺伝子を Ashkenajiでは71%も取り込んできたか、非常に興味深いのです。

当然そうしなければユダヤ教は消滅する危険性があったからには間違いなかったのでしょうが、どんなことが起きたのか?ディアスポラなのか?  

Leviteがヨーロッパ系Y-DNA遺伝子「E1b1b」,「I」,「R1a」と「R1b」を71%も取り込む過程で、現地の先住ヨーロッパ女性と交配を強力に進めた結果、mtDNAの約80%もがヨーロッパ系に変貌したものと考えられます。   

アシュケナージやセファルディはユダヤ人が中東をでてヨーロッパ大陸に新天地を求めて移動したときに現地ヨーロッパの先住女性と交配しながら新しいユダヤ教徒=ユダヤ民族を形成していったものと思われます。   

その間に現地改宗男性も教徒に加わり、アシュケナージはセム系からヨーロッパ的に大きく変貌していったと思われます。
http://www1.parkcity.ne.jp/garapagos/


9. 2016年11月30日 11:42:06 : 4BEw1pJ3kg : fr3b_SGFWFY[38]
>8 なかがわたかし君

引用元Forbiddenで開かないよ?君のネタもとで会員制じゃないの?

それとNature Communicationsってさ、日本の○いネット同種じゃないの?なかがわたかし君のふるさと。たましいのありか。秀才の集うオ○○ト。

もっともらしくアイスマンの遺伝子情報なんかひけらかしてさ。ドンだけのことが明らかになっているか、なかがわ君、確かめてから引用してるのこの記事?やっぱり自分の都合のいいようになるなって思ったら、何でもかんでもダヨネ。

前も言ったけど、自説の補強引用は恥だよ。自分の仮説の反対意見を引用してその検証反証によって自分の仮説の優位を説くのが普通だよ。

なかがわ君は、秀才だから、あたしのようなアフォを啓蒙しようとしてinformativeなプレゼンをしてくれてるのかもしれないのでそれならそれは感謝するけど、その場合は、その引用元を選んだなかがわ君自身の見識や信憑性に影響が出ることは承知してるよね。

でも、今回のなかがわ君の引用、長いから読む人少ないのでそれはそれでいいのだが、私は気に入ったよ、この筆者「と思われます。」って正直かつ丁寧じゃん。なんだよ、なのさ、って言ってないよね。さらにこの筆者、Nature Communicationsの論者の分類の恣意性もさらっと触れてる。なかがわ君よりは頭の良さでは引けを取ってるけど、引用作法は結構熟達者だねぇ。

とにかく、お薬飲んで眠ってる方がいいよ。まあこの話題は君の得意分野だから、アフォにもわかりやすくかつ説得力のあるコメント出してくれることはずっと前から期待してるので、よろしくね。今の水準じゃあねぇ、寝言以下だよ。


10. 2016年11月30日 12:38:50 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[563]
 
 >日本人にはユダヤ人の遺伝子は全く入って居ない事は周知の事実だよ

 うんうん ユダヤの10士族の一つは 海を船で インドを越えて

 揚子江の下流にたどり着いたのだが そこには モンゴルから南下していた

 倭人(尻の青い民族)がいて そこで しばらくの間いて 日本の大阪 堺までたどり着いた

 天皇家の ユダヤは 船に乗れる程度の 50人以下の人数だから 日本のDNAには 残らないでしょうね〜〜
 
 倭人は 揚子江から 何回にもわけて 日本に来たのだと思うのが それでも 500人以下だと思うけどね〜〜

 日本のDNAの 半分は 韓国人のDNAと 同じだと理解している
 


11. 2016年11月30日 12:45:37 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[564]

 平成天皇の家庭教師は アメリカのカソリックの婦人が いたと記憶している

 平成天皇は 帝王学としては 福沢諭吉の教育を受けているけど〜〜

 心情的には カソリックに 近いと思われる 

 ===

 それに 美智子さんも カソリックのはずで 二人とも 合わせれば カソリックだし

 世の中の常として 天皇よりも 美智子皇后の ご意思のほうが 天皇家を 左右しているだろう

 だから 皇太子や 子供たちは 仏教よりも カソリックのほうが強いだろう

 ===

 じゃによって 4さんの 長文は 「却下」 します
 



12. 2016年11月30日 12:55:49 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[565]

 愛の言ってる ユダヤ人は 今のユダヤ人とは まったく違う

 失われた 10士族とは 失われたのであって DNAは 不明なのではないか??

 ===

 日本の 天皇家の 先祖は ユダヤの儀式を 日本に持ち込んでいて 

 皇紀2600年というのは ある意味 メルヘンの世の中だけど

 愛は 失われた10士族 = 天皇家 という メルヘンを 採用しているのだね
 
 ===

 あ〜〜 修正 倭人が南下してきたのは 揚子江ではなく 長江だったかもね
 


13. 2016年11月30日 12:56:44 : GC5XTG1GwJ : P30JRqWgRt0[4]
まあ一言で「朝鮮人」といっても、現在の朝鮮人と、古代の朝鮮人はほとんど別民族だからね。

世界史・中国史で習うと思うが、朝鮮半島は、高句麗・渤海・遼・金・元・清といった、北方遊牧民系(モンゴル系)国家の侵略や影響を受けてきた。

そのたびごと、混血が進み、現在の朝鮮人のような、大きめの体格が特徴になった。

一方、古代の朝鮮人は、今の西日本の日本人を見ればわかる通り、比較的小柄で細身だったんだろう。

そのまま、遊牧民族系の性格と、農耕民族系の性格との違いになっている。


14. 2016年11月30日 13:01:04 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[566]

 失われた ユダヤの10士族が 日本に到着するのは 400年位だろうけど〜〜

 倭人(尻の青い)は 弥生時代を作ったはずだから もっと早く やってきていたはずだ

 つまり 長江の倭人と 日本の倭人の間に 交易(交通手段)が 確立していた可能性が高い
 

 


15. 2016年11月30日 13:40:32 : 4BEw1pJ3kg : fr3b_SGFWFY[39]
今上陛下東宮時代(そのうち一般人の中学高校相当期間1946-1950)、家庭教師となったヴァイニング夫人は、いわゆるクェーカー教徒であって、カトリック教徒ではない。ちょっと調べればわかること。

同時期(1949)東宮参与になった小泉信三は洗礼を受けたのは最晩年(臨終時といわれている)であるが、カトリック色の濃い正田家から皇后陛下入内を推進した。
今上陛下の東宮時代の御教育掛常時参与といえば、我々じじいの世代では、まず小泉信三の名が出るもの。


16. 2016年11月30日 18:55:01 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[567]

 15> さん クエーカーでしたか

 ま〜〜 愛の言いたいことは わかるよね〜〜
 


17. 2016年12月01日 02:25:37 : 2ATN4fbdNk : YzjwyhIBt34[71]
古代に近畿圏に入ってきた豪族が朝鮮半島から来たって説は信じられる。
だって、関西ってなんか朝鮮ぽいから。関東人から見るとね。
そう言われるのがなぜ嫌なのかもわからないけど。
どうせ日本列島は古代からいろんなとこから来た民族人種の吹き溜まり。
普通に考えてそうだろう?
自分の先祖だけは全てこの列島で発生したという人は、他の人類との血縁はないのだろう。別の生物種ということになるが、そうなのか?

18. たかひら正明[8] gr2CqYLQgueQs5a@ 2016年12月01日 08:16:41 : whMWnwKciU : 1MDs63N72M4[8]
ちなみに堺にある日本最大の“仁徳天皇陵”と呼ばれている古墳だが、世界遺産にしたい堺市では大仙古墳と呼んでいる。

仁徳など存在しないが定説となっており、仁徳の子どもの古墳の方が古いなど突っ込みどころ満載なので、誰のは墓だとかの説明はなく、ただ巨大な前方後円墳という建造物として申請している。

ゆえに、後の研究で、渡来人豪族の墓だと解明されても、何を批判されることもないとの主張。
仁徳としているのは宮内庁であり、その宮内庁は、世界遺産登録に後ろ向きであるようだ。
渡来人豪族の墓だと解明されると、最も困る役所であるからだろうね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ