★阿修羅♪ > 戦争b17 > 420.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
最新の“ISIS攻撃”は、もう一つの偽旗攻撃?(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/420.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 28 日 00:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

最新の“ISIS攻撃”は、もう一つの偽旗攻撃?
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/isis-eb0f.html
2016年3月28日 マスコミに載らない海外記事


Paul Craig Roberts
2016年3月25日

今回ベルギーでのISISによるものとされる最新の攻撃について、私は詳しく調べておらず、調査するつもりもない。説明は最初の報道で確定されてしまっており、表明されるあらゆる懐疑的見解は、陰謀論として無視される。爆弾は天井にあったという報道と、当局が公表した最初の映像は、実際は数年前のチェチェン人によるロシア空港攻撃の映像だという報道を見た。もしこうした報道が正しければ、確定された公式説明への疑問を投じることになる。

しかし、そうした疑問が問われることはあるまい。

もし様々な爆破が偽旗攻撃なのであれば、攻撃をイスラム・テロリストのせいにするのは、ありとあらゆる狙いに役立つので、各国政府はうまく逃げきるだろう。更なる戦争や、軍事支出や、警察国家の施策など、政府の狙いに役立つのだ。だが、移民を制限したがっている連中、爆破を、対テロ統一戦線を望んでいるロシア政府などによる、欧米帝国主義に対するブローバック扱いしたがる連中、美点ゆえの憎悪を強める欧米生来の美点を強調するために爆破を利用する連中などの狙いにも役立つ。それで、ヨーロッパ人を怯えさせ、ヨーロッパ各国政府をワシントン支配下においておけるので、ワシントンにとって、爆破は好もしい。

本当の疑問を提起するあらゆる人々は、連中の狙いに役立つ爆破をISISのせいにしているあらゆる集団から攻撃されることになる。

ISISが空港なりなんなりを爆破したという報道を、現在見聞きするのと同様、1960年代、1970年代、1980年代には、赤色旅団、赤軍派やら、バーダー-マインホフなど、あれやこれやの共産主義者集団が、鉄道の駅を爆破していた。事実は、これらの爆破は、ヨーロッパ国民に対するCIAとヨーロッパ諜報機関の陰謀「グラディオ作戦」の仕業だった。陰謀は、イタリア政府によって暴露され、大がかりな調査が行われ、攻撃を行ったと非難される共産主義者の信頼を損なう上で、最大の効果があるので、女性や子どもの殺害に注力していたと、諜報機関工作員たちが証言している。イタリアとフランスで、ヨーロッパ共産党は、選挙で勝利して、増大しつつあり、ワシントンは共産主義者の信頼を損ねたがっていた。爆破がその狙いを達成したのだ。

だから、現在、人びとは、ISISがあれやこれやを爆破したという売女マスコミ報道を見聞きはするが、実際にわかることは、これは政府の主張で、第二次世界大戦後の二十世紀、ワシントンが、ヨーロッパ共産党の信頼を損なうためには、それが必須と見なした際、政府は同じ主張をしていた。

欧米政府にとって自国民をだますのはいつも容易だったし、現在も同様に容易だ。

2016年3月26日 ポーランド、ワルシャワからの報告:

ロバート博士

ブリッセル攻撃についてのあなたの記事ですが、ここ数日あなたのコメントを待ちきれない思いでいました。ご指摘の通り、RTは即座に、マスコミが、ブリュッセル攻撃を報じるのに2011年のドモジェドボ空港攻撃映像を利用したと報じました。また遺体の画像は写されていません。

私からポーランドでの奇妙なことを報告させていただきます。一つ目は、右翼国会議員が即座に、ポーランドは難民を受け入れないと宣言しており、当局がこうした出来事を待っていたように見えることです。二つ目は、セイム(ポーランド議会)の多数派を握る右翼政府が、秘密警察ABWや他の治安機関に、裁判所の承認無しに、誰でも監視下における事実上無限の権限を認める極端な対テロ法草案を押し通そうとしていることが明らかになったことです。法案は、秘密警察に、ポーランド国内の全ITシステムへのアクセスも認めるもので、最も奇妙なのは、ポーランドのどこでも、いつでも、わずか 5 PLN (約1.25米ドル)で、IDおよび/あるいは住所の提示無しに、あらゆるキオスク、スーパーマーケットや、ガソリン・スタンドで購入可能な前払い電話SIMカードの登録を強制していることです。更に悪いことに、法案は“テロの脅威”が一体何を意味するか説明していないため、当局による拡大解釈と戒厳令の強制が可能なのです。法案は、その複雑な性格を考えれば、ブリッセル事件のずっと前から準備されていたように思えます。

こうした全てからブリッセル攻撃はやらせだったという結論になります。RTはイスラエルの警備会社がブリュッセル空港警備を担当していたとも報じていて、更に疑念が増します。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2016/03/25/is-the-latest-isis-attack-another-false-flag-paul-craig-roberts/
----------
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. クールクール・K[37] g06BW4OLg06BW4OLgUWCag 2016年3月28日 03:46:09 : fSONrR3EEw : DKImRN_vjEI[22]
>説明は最初の報道で確定されてしまっており、表明されるあらゆる懐疑的見解は、陰謀論として無視される。

全部これ。


2. 2016年3月28日 05:39:06 : GfR5SaR4bE : ajeIVxbweM0[4]


テロがあっても安心していられるわけだ。

次の偽旗はいつかな、どこかな、どんな映像かなあ。



3. 2016年3月28日 10:54:42 : fStvvY0Vls : 67ILUXwmCyQ[2]
日本ではマイナンバーですべての国民を監視することが可能になるような政策が行われております。

4. 2016年3月28日 14:30:02 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[1210]
何で映像を使い回すんだ。数年前にyoutubeにupされた映像と一緒なのは、見れば誰でもわかる。しかも左下にわざわざベルギー事件当日の日付を入れ直しているのだから、これが単なる誤解や錯誤ではなく、意図した捏造であることを証明してしまっている。

この杜撰な捏造で偽旗だと証明してしまっているのだ。
1日もしないうちにバレた。
どうしてこんな使い回しをするのか。
大金をかけて捏造した陰謀が些細なケチくさい使い回しでパーだ。
バカじゃなかろうか。


5. 2016年3月30日 18:59:46 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[209]
ISの様な軍事組織で地域を支配して混乱を維持する方法がロシアの介入で限界に達したので、今度は少数による無差別テロで混乱を助長しようとしているんだろう。
テロ対策の名目で警察の軍隊装備が飛躍的に拡大され、軍産複合体のチンケなビジネスがそれなりに潤うんだろうな、アメリカの州警察なんて戦車も装甲車も完備している、その上テロ防止の名目で何でも有りの警察天国。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b17掲示板  
次へ