★阿修羅♪ > 戦争b17 > 788.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国の戦略原潜が太平洋に乗り出す日は近い むなしく響くオバマ大統領の核廃絶アピール(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/788.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 02 日 00:17:35: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

              中国海軍の094型原子力潜水艦(出所:Wikimedia Commons)


中国の戦略原潜が太平洋に乗り出す日は近い むなしく響くオバマ大統領の核廃絶アピール
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46978
2016.6.2 北村 淳 JBpress


 オバマ大統領が広島を訪問し、核兵器廃絶へ向けてのアピールをした。日本ではオバマ大統領の広島訪問が、あたかも“核廃絶に向けた世紀のイベント”であるかのごとく取り上げられていたようである。

 しかし、それと平行して、アメリカをはじめとする国際軍事サークルで話題となっていたのは、「中国の報復核攻撃戦力が強化されている」という“核なき世界”とは隔絶した話題であった。

■まもなく始動する核ミサイル搭載の中国戦略原潜

 アメリカ国防総省が作成した2016年版『中国軍事レポート』では、「中国人民解放軍海軍は、戦略原潜による西太平洋海域での核抑止パトロールを2016年中には開始するであろう」との予測が述べられていた(「今年の『中国軍事レポート』はどこが不十分なのか」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46933)。それを受けてアメリカやイギリスなどのメディアや軍事関係者たちの間では、「そう遠くない時期に、中国による太平洋での核抑止パトロールが始まる」という情報が取り沙汰され始めた。

「戦略原潜による核抑止パトロール」とは、核弾道ミサイルを搭載した原子力潜水艦(いわゆる戦略原潜)を、敵方の探知しえない海中深く潜航させ続けて、「万一敵が自国に対して核先制攻撃を実施した場合、戦略原潜から核弾道ミサイルを発射して敵に報復攻撃を実施する」というシナリオである。このシナリオを実施する能力を保持することにより敵の核攻撃を抑止することが期待できるため、“核抑止”パトロールと呼ばれている。

 敵の核先制攻撃を抑止するための核反撃能力としては、地上固定基地(サイロ)発射型の核弾道ミサイル(ICBM)、地上移動式発射装置(TEL)発射型のICBM、それに戦略原潜発射型のSLBMが主たる手段となっている。それらのうち、TEL発射型ICBMとSLBMは、敵に存在位置を把握されにくいという特徴により、サイロ発射型ICBMよりも優れた報復手段とされている。とりわけ、ステルス性が極めて高く、大量のSLBMを搭載できる戦略原潜は、最強の核報復攻撃手段である。

■アメリカ西海岸を廃虚にできるJL-2

 数十年前までの中国人民解放軍は、サイロ発射型ICBMにより、かろうじて対米報復核攻撃力を維持していたが、TEL発射型ICBMとSLBMによる報復能力を手にするべく着々と努力を重ねてきた。その結果、近年はTEL発射型ICBMが充実してきていた。ただし、戦略原潜ならびにSLBMの実戦配備はなかなか順調に進まなかった。

 しかし、アメリカ海軍情報筋やシンクタンクの分析によると、昨年には新型の094型戦略原潜から発射する新鋭「巨浪2型」SLBM(JL-2)が最終テスト段階に達したと見られる。そして、いよいよJL-2を装備した094型戦略原潜が西太平洋での核抑止パトロールを実施する日が直近に迫っているのである。

 JL-2の最大射程距離は少なくとも8000kmと考えられている。したがって、例えば三陸沖1000kmの西太平洋の海中深く潜航する094型戦略原潜からJL-2を発射すれば、アメリカ西海岸地域を核攻撃することができる。

 JL-2にはMIRV(個別誘導複数目標弾頭)と呼ばれる複数(3〜4カ所)の攻撃目標を同時に攻撃することができるハイテク核弾頭が搭載可能であり、例えばロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルそれにサンディエゴを同時に火の海にすることが可能である。

■「アメリカの圧倒的な核戦力に対抗するため」

 いくらオバマ大統領が「核兵器なき世界」という理想をぶち上げても、依然としてアメリカは最大の核弾頭保有国の1つであるという事実は変わらない。そしてアメリカの保有する核弾頭数はおよそ7000発である。中国のそれは260発とされており、アメリカが中国を圧倒している。また、アメリカ海軍は14隻のオハイオ級戦略原潜を運用しており、それらに装備されている「トライデント」SLBMは合計336基である。

 このような状況のため、中国当局によると「中国と違ってアメリカは核先制攻撃を否定していない。そのため、中国は強力なアメリカの核戦力を抑止するため、各種報復核攻撃手段を保持しなければ、基本的な国家の安全保障能力を維持することができない」ということになるわけだ。

 このような論理に基づいて、人民解放軍ロケット軍(かつての第二砲兵隊)はTEL発射型ICBMの増強に邁進し、人民解放軍海軍は戦略原潜とJL-2の運用開始を急いでいる。

 現在、少なくとも4隻の094型戦略原潜が運用されていることは確認されていたが、JL-2の完成は確認されていなかった。しかしながら、間もなくJL-2を積み込んだ094型戦略原潜が西太平洋に出動することが、ほぼ確実視されるに至ったのである。

■核戦力を強化する中国側の口実とは

 もちろん、戦略原潜による核抑止パトロールについて、中国政府が公式なコメントを発しているわけではない。しかし、中国共産党系のメディアなどでは、JL-2を装備した094型戦略原潜の太平洋展開を前提として、以下のような議論が展開されている。

「オバマ大統領が“核なき世界”などと言ったところでアメリカの核戦力は国際社会で突出しており、中国の核戦力を凌駕している。そして中国は先制核攻撃を否定しているが、アメリカは場合によっては先制核攻撃を選択することをオプションとしている。そこで中国は、核戦力の規模は小さくとも効果的な核抑止能力を保持しなければならない。このような報復核攻撃能力こそが中国の防衛力の最も重要な要素なのだ」

「アメリカは世界で初めて核兵器を保有し、強大な核戦力を構築した。それとともに強力なミサイル防衛戦力をも構築して、他国の核戦力を徹底的に破壊する能力を手に入れつつある。このように、アメリカ一国だけが強力な核戦力を独占してしまおうという計画を、中国は阻止しなければならない」

「戦力均衡こそが平和を保つというのは歴史的事実である。オバマ大統領が言う“核なき世界”というのは、アメリカ核戦力の圧倒的優勢な状況のもとでは生じ得ない。核戦力が均衡してからでないと、実現不可能なのだ」

 日本がこのような中国による核戦力強化の口実に与することができないのは言うまでもない。しかし日本は、中国に口実を与えてしまっているアメリカの核戦力によって庇護されていると同時に、やはり中国の口実の1つであるミサイル防衛戦力の強化の最大の協力国でもある。そのことを日本は忘れてはならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月02日 00:26:50 : FOXgPfMLps : gt0YjzZB6sU[1]
あかかぶ、何がいいたいの

2. 2016年6月02日 12:07:50 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2659]
宋文洲氏
「「南シナ海問題は米中の大局に影響を与えない」。
米国国務次官、北京で開催中の米中戦略対話で。」
https://twitter.com/sohbunshu/status/738178590571827200/photo/1

もう、アジアの海は中国に任せた!


3. 2016年6月02日 19:34:13 : ftkX5EzCns : QsBSN@WLx4Q[74]
気休めと すぐにわかるぜ オバマ寄席

4. 2016年6月02日 21:18:41 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[500]
空母だ潜水艦だと軍事演習の標的艦みたいなものを今頃作ったってあまり意味は無いんじゃないか、現実は兵器の無人化が進展していて人間が乗り込む軍艦なんて海上パレードや表敬訪問用にしか役に立たないだろう。
潜水艦がいくら無音になったり潜水期間を長期化したって衛星センシング技術を使えば簡単に捕捉されるだろう、そこにシ−ハンターみたいな無人攻撃艦を集中されればイチコロだろう。

5. 2016年6月02日 22:47:53 : aQq0UGoaxY : pNHEWTkf6T8[202]
https://ja.wikipedia.org/wiki/094%E5%9E%8B%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

中国の094型原潜が脅威になると言われ続けて久しいが、海南島の潜水艦基地を整備しているのは、近くに深い海があるからだ。
海南島からだと深い海を辿ってフィリピンの北から西大西洋へ出ることができる。
今話題になっている南シナ海の人工島の近くを通る必要もないことは、以前から分かっていることである。

米軍が台湾ーフィリピンラインで補足できなければ、今でもフリーパスで米本土を直接狙える場所へ行けることになる。

ロシア太平洋艦隊の戦略原潜は、昔からそうしているけどね。


6. taked4700[5446] dGFrZWQ0NzAw 2016年6月06日 21:10:17 : lNXspfQ8lo : AMq7_dLPG6s[6]
>いくらオバマ大統領が「核兵器なき世界」という理想をぶち上げても、依然としてアメリカは最大の核弾頭保有国の1つであるという事実は変わらない。そしてアメリカの保有する核弾頭数はおよそ7000発である。

なぜ、こういった文章が書かれるのか、とても不思議。
アメリカの大統領が核なき世界を理想とすると公言出来たことは大きな進歩。

もし、アメリカの大統領が、自国の核兵器増強を世界平和のための必要条件だと言い出したら、それをどう評価するのか。まさか、「アメリカの核軍備は世界平和のためにかかせない」とでも評論するのか????

ともかく、日本の評論は、というか、世界でも同じだが、最近の評論はおかしいと思う。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b17掲示板  
次へ